コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

___今、染まってしまえば、本当に成れそうで。
日時: 2020/06/13 17:25
名前: 真朱 (ID: l1OKFeFD)
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel6/index.cgi?mode=view&no=20129

クリックして頂き感謝です!そして初めまして、 真朱 と申します^_^至らない点も有りますが、ぜひスレにいらして頂ければ作者嬉しいです。
あとあと、コメントも募集しています!宣伝もオッケーです、作者見に行きます!

スレッド設立 2020/04/30



養子として今まで生きてきた高校生、紅雨。
次女として生きてきた高校生、紅新。
血は繋がっていないが、複雑な心境は2人共変わらない。
霊感と人生を共にする2人の少女の物語。

【とりあえずのお知らせコーナー】

サブスレ(短編集)のURLは上にあります!(複雑・ファジー版です。少し過激な表現も使うので、苦手な方はクリックしないのをおすすめします by作者)
サブサブスレ(?)はコメディ・ライト版で執筆しております!恋愛系です♪


【お客様】
・雪林檎さん ・美奈さん

コメント頂けると嬉しいです!作者泣くかも。

【小説目次】

一気に読みたい方向け>>0-31


登場人物>>01

〘1学年 4月〙

1学年 4月編を一気に読みたい方向け>>02-28

#1>>02 #2>>03 #3>>04 #4>>05 #5>>06 #6>>07 #7>>08 #8>>09 #9>>10 #10>>11 #11>>12 #12>>13 #13>>14 #14>>17 #15>>18 #16>>19 #17>>20 #18>>21 #19>>22 #20>>23 #21>>26 #22>>27

まとめ>>28

〘1学年 5月編〙

1学年 5月編を一気に読みたい方向け>>29-31

#23>>29 #24>>31 #25>>32

Page:1 2 3 4 5 6 7



Re: ___今、染まってしまえば、本当に成れそうで。 ( No.28 )
日時: 2020/05/21 17:10
名前: 真朱 (ID: sjVsaouH)

●1学年 4月編まとめ

私の小説をご覧になっている皆様、どうもありがとうございます←(>▽<)ノ
まだまだ物語は序の口ですが、初めの方はまだ物語が複雑(伏線も混じっているカモ)なので、一気にまとめてみました♪初見さんは、ネタバレになってしまうので、本編を読んでからの閲覧をオススメします!







✰✰✰✰✰✰✰✰✰✰✰✰✰✰✰✰✰✰✰✰✰✰✰


紅雨こうは櫻庭家の養子であり、実の両親は亡くなった。紅雨と同い年の紅新べにと紅雨、紅新の10歳年上の姉、紅(くれない)は櫻庭家の実の娘。

・本編にはまだ出て来ていないが、紅雨達の母、翡翠ひすいは霊媒師であり毎日忙しい。作中に出て来た朝ご飯などは、翡翠が作ったもの。

・長女の紅は、海外(多分ロサンゼルスとか?)に在住しており、自分の夢を追いかけている。
なので、櫻庭家の継承権は紅新にある。

・紅雨の友人陽和ひよりは、小学校から仲が良くバレーボールに5年間打ち込んでいる。今は同じ高校の同学年男子に絶賛恋愛中。陽和の意中の相手は、小学生の頃仲が良く転校してしまった子。しかし、高校は同じだったという運命の再会的シチュエーションが陽和を待っていた。

・紅雨のクラスは1年5組であり、陽和と同じクラスである。

・不良であり、女子生徒の新木ユカは、紅雨と同じクラスである。パンクなファッションを嗜み、目付きが怖い。しかし、1回も学校を遅刻した事が無く虐められていた男子中学生を助けた事がある。おまけに成績も良く、根は優等生らしい。

・紅雨は小説サイトの赤城あかき由良ゆらと言う作家がお気に入りである。紅雨は親しみを込めて“先生”を付けて呼んでいる。

・小説サイトの作家、赤城由良はアマチュアだが実力は本物。サイト内のコンテストで何回も賞を取っている。…普通に小説家としてデビューすればいいのに。

・本編にはまだ出て来ていないが、櫻庭家には父が居ない。病気で亡くなったらしく、翡翠と同じように霊媒師であった。

・紅新は、方言っぽいのを話す。これは大阪に住んでいるイトコの穂那瑠ほたるに教えてもらったらしい。紅新は意外と流されやすい性格。

・紅雨は紅新について心配をしていた。陽和からのアドバイスによると、紅新は思春期真っ只中らしい。

・紅雨が通う稔川みのりかわ高校は、稔川の近くにある。晴れた日に稔川の流れが緩やかなら良い事が起きるとか。子連れに人気のスポットでもある。制服はブレザー。ネクタイである。校則がちょっと緩い。偏差値は60ぐらい。

・紅新が通う向島むこうじま高校は、制服がセーラー服である。男子は学ランらしい。偏差値は60ぐらい。

Re: ___今、染まってしまえば、本当に成れそうで。 ( No.29 )
日時: 2020/05/22 17:43
名前: 真朱 (ID: jX/c7tjl)

#23 「祝うべき誕生日」

『ハッピーバースデー!!』

こんな言葉を叫ばれるのは、来月になるだろう。
何にしても、来月_____6月1日は『誕生日』と言うイベントがあるからだ…本当の誕生日ではないが。

本当の誕生日。
例えば春生まれだったり。例えば冬生まれだったり。実は早生まれかもしれない。もしかしたら紅新とは年齢が1歳違うかもしれない。そんな期待や疑問がアレコレ浮かび上がって飛んで行き、天井に跳ね返って空気中に漂う。

「私の本当の誕生日って、いつだろう。」

そんな疑問が頭を過ぎった。
本当の親の元で生まれ、本当の親の元で育った人間は本当の親の元で生まれた時が誕生日となる。けれども、本当の親と別れた場合_____誕生日は変わってしまう。つまり、本当の誕生日を知らないまま一生を終える…そんな事は嫌である。

私の周りの人々_____母様や姉様、紅新や陽和。皆、実母を持っている。それなのに私は_____

「ちょっといい?」

「いいけど。」

ドアがノックされると、ゆっくりドアノブが回された。暖かい色のドアが開かれると、現れたのは髪に水滴の付いた紅新。

「ちょっと話あるんけどいい?」

「話?」

その言葉は、私の感情を少しかき乱てた。

Re: ___今、染まってしまえば、本当に成れそうで。 ( No.30 )
日時: 2020/05/22 13:38
名前: 真朱 (ID: jX/c7tjl)

今日、このスレッドを覗いてみたら、閲覧数が300超えてました!ありがとうございます!(*´ω`*)

Re: ___今、染まってしまえば、本当に成れそうで。 ( No.31 )
日時: 2020/06/13 17:26
名前: 真朱 (ID: l1OKFeFD)

#24 「心して聞いてよ」


「なんでホットチョコレートがあるの?」

「それだけ重要な話なんよ。重要な話をする時は、ホットチョコレートを飲むでしょ?淹れといたから。」

「そっか。」

我が家では、『ホットチョコレート』を重要な話をする時に飲むものとされてきた。理由はよく分からないが、おそらく心が落ち着くだとか…そのようなものだろう。

「紅姉ちゃんの話だからね。」

彼女は台所で手を洗いながら口を開いた。
水しぶきが重なって、聞こえにくかったが私の耳の中にはしっかり行き届いている。

「進路とか?それとも、帰国するとか?」

「えぇと。私もあんま知らんけど、そう言う関連じゃない?…あ。もしかして恋したりしてぇ。」

「こ、恋!?」

まさか…あの恋愛下手の姉様が。
もしかして、外国の男はチョロいのだろうか?だとしたらもっとしっかりして欲しい…。

「あ〜、冗談だって。そこまで悩まんでもさぁ。」

「いや…ホントに彼氏とか出来てたらどうなるんだろって思っちゃってさ。」

「んな、彼氏できるわけ無いでしょ!あの恋愛下手姉貴なんだから。恋愛上手になって欲しいよ。」

彼女は少し溜息を交えていた。

Re: ___今、染まってしまえば、本当に成れそうで。 ( No.32 )
日時: 2020/06/13 17:26
名前: 真朱 (ID: l1OKFeFD)

#25 「古いWi-Fiに脅かされ」






___________ガガッ。___________



「何だこれ。ネット回線変えればいいのに…。おかげでこっちも苦労大量で…。」

ネット回線が悪く、中々テレビ電話が繋がらない。わざわざ姉様が、テレビ電話をしようと言っているのにこの貴重な時間が、ネット回線によって簡単に押し潰されてしまうではないか…。

ネット回線が悪いのは、基本的に母様が原因を握っているとも言える。何せ、母様は朝から霊媒師として依頼に赴き深夜まで依頼主の元まで駆け巡っている。この生活が続いているからか、母様はスマホなどをプライベートの時間としては全く使わず今までWi-Fiを1度も変えてこなかった。しかし、これと言った不便は起こらない。つまり、この古いWi-Fiが日常生活を脅かすわけではない。が、残念な事に古いWi-Fiはテレビ電話にだけ実力を発揮する。それがあって、テレビ電話は上手く繋がらないのである。

「どうすんのこれ…。と言うか、さっきから英語の文章ばっか出て来てんけど。紅雨、これ何言ってるか分かんでしょよ。」

「えっ、また英語の解読させられんの?もう懲り懲りなんだけれども…。それに、難しい単語とかは読めないからね?」

「んなぁ、そんな事言わんでお願いーよ。紅雨は学年トップクラスの英語脳でしょ!ほらぁ、このとーり!」

彼女は手をパンッと合わせた。
そこからは、必死さも滲み出ているようで。

「わ…分かったよ。やればいいんでしょう。」

「本当ぉね?!さすが、ウチの紅雨。素晴らしかね…。」

一言発すると、一気に彼女が蘇る。
目は活気を取り戻していて、嬉しみも垣間見える。さすが…。紅新はいつまで経ってもチョロい子供である。




______________________________________________




「えーっと。これか…。」

私は早速、英文の解読を始めた。
文字がびっしり詰めてあり、気が遠くなりそうだが、ここでめげてはいけないであろう。私はそう考えると、黙々と英文を読み勧めた。




___________あ。___________

「紅雨ー。何か分かった?」

のびのびとくつろいでいる紅新を、私は鋭い目で見た。

「ちょ、紅雨!そんな怖い目してどーしたの?何かあったん?」


やはり…彼女は楽天家で間違いなかった。 
何せ、その英文の内容はテレビ電話の利用規約に同意していない為エラーが発生したと言うだけの内容であったから。


Page:1 2 3 4 5 6 7



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。