コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

デゥエルマスターGT
日時: 2020/06/07 07:53
名前: 札切勝鈴

世界のカードゲームデゥエルマスター

これはデュエルの王を決めるための物語



ルール
ライフは20
デッキは50枚(メインデッキ40枚EXデッキ10枚)

Page:1 2



Re: デゥエルマスターGT ( No.2 )
日時: 2020/06/07 08:03
名前: 札切勝鈴

主人公

不動克光かつみつ
黒の世界のカードマスターであり中学1年生
おじいちゃんの意思を継ぎマスターをめざす

ライバル
籐同院秋保あきほ
銀の世界を統べる絶対的なカリスマ

Re: デゥエルマスターGT ( No.3 )
日時: 2020/06/29 07:56
名前: 切札勝鈴

前回のあらすじ

世界大会編にて組織[アバスノナリス]の王であるガイウス・ペテルギウス3世の野望を阻止した勝鈴
しかし暗黒神の力を使ってしまった勝鈴に対し不吉な言葉を残した冥帝ガイウス

『その力。一度使えば貴様の魂に未来永劫、二度と消えぬ力となり、まとわりつくだろう…』

そう言ってガイウスは冥府の腕に掴まれ。闇の中へと消えていったのだった…

Re: デゥエルマスターGT ( No.4 )
日時: 2020/06/29 08:09
名前: 切札勝鈴

倉太郎『勝っちゃん!!やったよ!!ついに冥帝を倒したんだよ!』

??『まったく、相変わらずムチャクチャなデゥエルで勝ちやがってェ…』

勝鈴『アキホ!!!生きてたのか!?』

あきほ『ああ…』

準決勝にてガイウスの右腕ユリウスとの戦いにて天空闘技場が大破!!スタジアム諸共海に沈んでいったあきほだったが

あきほ『実は空中でたまたま藤同院財閥の無人型航空母艦が飛んでいてな。そいつに間一髪着地したって事よ』

あきほ『で?なんだったんだ?あのカード。いきなりEXデッキに出現したように見えたぞ?』

勝鈴『ああ…俺にも和姦ねぇ…。しかも今は、テキストもまったく読めない文字に変わっちまってんだ』

倉太郎『わわわッ!ほんとっすねぇ。何語でしょうか?見たことの無い文字です。帰ったら博士に聞いてみましょう』



こうして俺たちは、博士のいるデゥエルラボへと向かった
しかしこのカードがまさか世界大戦を起こしたあの禁忌のカードとは今は誰も知らなかった…

Re: デゥエルマスターGT ( No.5 )
日時: 2020/07/06 08:36
名前: 切札勝鈴

-はかせラボ-
はかせ「ん?どうした勝鈴?尻からうどんでも止まらなくなったか?」
勝鈴「そ、そうなんだ。昨日から急に…ってちげぇ-よ。これだよこれ!!これ見てくれよ!!」
はかせ「とっとと肛門科に行け!!」
はかせ「え?カードについて聞きたい…だと…!?」

こうして俺たちは博士に突然現れたカード。そして勝鈴の手の甲に現れた◆型の文様についても聞いた

はかせ「勝鈴…お前…」
勝鈴「(ゴクリ)」



はかせ「死んだな@◇@」

Re: デゥエルマスターGT ( No.6 )
日時: 2020/07/06 09:02
名前: 切札勝鈴

勝鈴「ええええええぇぇぇ!!」
驚愕の事実!!勝鈴は死んでいた!!享年12歳!!

クラ太「どゆこと!?」

勝鈴「おいおい説明しろよ!!意味わかんねぇっ手羽先!!」

はかせ「これは【七大罪】のカードじゃ」

はかせ「話は長くなるが、七つの大罪カードは、4世紀のエジプトの初代デゥエルマスターであるエヴァンゲルオスの著作『新約デゥエル聖典』に八つの「王と魔王の始まり」として現れたのが起源でじゃ。ゼキラ神教の正典である聖書の中で七つの罪源について直接に言及されてはいない。八つの想念はエヴァゲリオスによると「暴食」、「淫蕩」、「強欲」、「悲嘆」、「怒り」、「怠惰」、「虚栄」、「傲慢」であーる
それを5世紀の初めに(360年頃-430年頃)が「八つの主要な悪徳」として東洋語世界つまり日本へ伝えた。一覧の四番目と五番目が入れ替わり、順序が1貪食、2淫蕩、3強欲、4怒り、5悲嘆、6怠惰、7虚栄、8高慢となったんじゃ」

はかせ「そして、6世紀後半には、当時黒のカードの王であったグレゴリウス1世(540年頃-604年)がその内の「高慢」をすべての悪の根として別格扱いとし一覧から外し、高慢から生まれる「七つの主要な悪徳」として次のものを挙げた。1虚栄、2嫉妬、3怒り、4悲嘆、5強欲、6暴食、7淫魔のカードじゃ。奴はそれらを七神官の精神へと黒い楔として封印したんじゃ」

はかせ「そして今お前がもっているそのカードが〝強欲のマルモルクスドラゴン〟じゃ」
勝鈴「よく分かんねぇ????」
勝鈴「じゃあこの黒い◆がそのカード本体って訳か?」

はかせ「そうじゃあ!!!!!!」
はかせ「そしてそのカードは持っているだけで使用者の魂を削り取り、お前は死ぬぅ!!」
勝鈴「な!?なんだってぇーーー!??」
はかせ「死を回避したくばすべての大罪カードを集め!!暗黒神龍ベジッドソードを呼び出すしかないんじゃ!!」



突然とって付けたような中二染みた設定が出できたデゥエルマスターGTゥ!!
楔のリミットはすぐそこまで来ている!!どうなる勝鈴!!


Page:1 2



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。