コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

カオスヘッドな僕ら
日時: 2020/07/22 16:59
名前: 夢兎 (ID: 9Yth0wr6)
参照: www.kakiko.cc/novel/novel3a/index.cgi?mode=view&no=18233

 こんにちは。夢兎、またの名前をむうと言います。
 いつもは二次創作(紙ほか)板にて執筆をしていますが、
 今回この作品を機にオリジナル作品にもチャレンジしたいと思います。

 ちょっと個性強めの妖怪幽霊たちが繰り広げる、怪異コメディです。
 怖い要素は(多分)ないので、楽しく見て下さると嬉しいです。


 おかしな仲間に翻弄されながらも成長する(かもしれない)主人公。
 そして彼らとの出会いは一体何を生むのでしょうか?
 カオスヘッドなキャラたちが繰り広げる怪異譚、始まり始まり!


 〈注意〉

 ●作者は他の作品と掛け持ちしているので、不定期更新になりがちです。
 ●なるべく明るい要素を予定していますが、話の都合上流血などが入るかもしれません。
 ●荒らしや中傷行為はご遠慮くださいませ。



 〈キャラクター〉
 ※増える可能性あり!
  まだ出てこないキャラもいますが、楽しみに待っててくださいね!


  僕(百木ももきちか

 下校帰りに事故って命を落とした中3男子。
 ふとしたことで天界に行く道が途切れ低迷中。
 変人に絡まれがちな主人公。一応幽霊。
 真面目な人はとことん損をする。


  クコ(九子くこ

 天界管理局で働く天使。関西弁。
 推定年齢14歳(実年齢600歳)。
 セーラー服と丸メガネが特徴のドSっ子。
 ときどきおばあさんっぽい口調になる。


  死神(紗明さあき
 
 札狩ふだがり≒悪霊退治を担当する死神。クコの悪友。
 二重人格持ち。
 朝は酷く大人しいが、夜になるとめちゃうるさい(つまり迷惑)。
 パートナーは八雲。


 
  ヤクモ(栗坂八雲)
 
 本作のW主人公。都内の公立中学に通う中1女子。
 オカルトや怖い話が大好物の天然娘。
 周のことを「おモチくん」と呼ぶ。


  ロリ(ユルミス・ローズベリ)

 九子の悪友。ゴテゴテとしたドレスに身を包んでいることからロリと呼ばれている。
 宇宙のあらゆる情報が詰め込まれているという「アカシックレコード」の管理をする悪魔。
 マッドな一面があり、ギャーギャー狂った後にコロっと機嫌が良くなる。
 怒ると人の魂を抜く(つまりヤバい奴)。
 


 ********************

 【目次一覧】

 □第1章 リスタートする人生
 
 第1話「僕が死んだ理由」>>01
 第2話「クコと言う名の少女」>>02>>03
 第3話「やらかしてしまったので」>>04
 第4話「栗坂八雲」>>05>>06
 第5話「黒札と白札」>>
 第6話「そして物語は始まる」>>

 


 
 

 
 
  

Page:1 2



Re: カオスヘッドな僕ら ( No.2 )
日時: 2020/07/17 15:56
名前: 夢兎 (ID: 9Yth0wr6)


 「あははははは! ごめんごめん。そんなに怒らんといてや」
 「人生初キスの相手が、まさかの天使とは……」

 ケラケラとお腹を抱え、笑い転げるのはセーラー服の女の子。
 ボブヘアの髪と赤い丸メガネが、彼女の服装にとても合っている。
 ただ一つ気になるのは、その頭に浮いている光輪と、背中に生えている二対の羽だ。
 これで服も白いワンピースだったら、もう完全天使の正装。


 だからか。


 「え、何でセーラー服?」
 「うちを見て驚かんどころか、女の子の服まで気にすんの? それ、誰得なん?」
 「黙れ堕天使」


 ウキャキャキャと口を大きく開けて、再び笑い転げる天使。
 人に叱られて興奮するタイプだろうか。だとしたら僕の人生終わってる。


 「別に、最近はこれが流行りなんよ。可愛いやろ?」
 「それで君は何なの? マゾ?」
 「えらいカンチやな。うちは、君を天界に案内する、ただのすがない天使や」


 いやいや、『ただのすがない』じゃなくて『完全にS』の天使だろ。
 ……え。ってことは僕はやっぱり……。


 「死んだで。少しは自分の命大切にしいや」
 「少しはフォローしてくれへんの!!??」


 あ、ヤバい。コイツの変な口調がうつってしまった。
 そもそも、セーラー服で羽生えてて輪っかついてて関西弁話す変な奴に、『天界はこちらです』って案内される僕ってどうなんだ。

 こんなことになるなら、もっと親孝行すればよかった。
 今は弟、『炙り昆布、まだ?』って泣いているのかなあ。
 

 「それで、僕は君に…えっと」
 「うちの名前はクコや」

 クコ? おかしな名前だな。
 まあ、周も充分変だと思うけど。

 「うち、九人姉妹なん。末っ子なんで、九子クコや」

 ……結構、安直すぎる名前だった。
 じゃあ、君のお姉さん方の名前も、もしかしたら……。


 「一子かずこ二美ふたみ三子みこ四子よつこ五子いつこ……」
 「あ、もういいです」


 (お母さぁぁぁぁん、もうちょっと名付け頑張ろ―――――――!!!)


 天使、いやクコは、僕の顔をジッと見つめてくる。
 何のつもりか分からないが、取りあえず何も言わないでいると…。


 「君、ひょっとして今エ〇いこと考えてたやろ」
 「黙れバカ」


 こいつ、本当に僕を天界に送り届けるのが目的なんだろうか?
 ひょっとして、ただ僕をからかうためだけに地上に降りて来たのだとしたら。



  ピィンッ


 「ちょ!? 何するん!?」


 猛烈にむかっ腹が立った僕は、クコのおでこにデコピンを食らわせてやった。

Re: カオスヘッドな僕ら ( No.3 )
日時: 2020/07/18 08:15
名前: 夢兎 (ID: 9Yth0wr6)

「そういや、君の名前は何なん? 教えてくれへんと困るわ」

 クコは、肩にかけていた通学カバン(のようなもの)の中からタブレットのようなものを取り出して何やら操作する。

 そして彼女が突きつけて来たのは、氏名や死因などを書く欄が並んだ画面だ。
 一番上の『管理局からのお知らせ』欄には、ここに記入した個人情報は固く守られますとある。何か地味に人情味がある。

「ここに書けばいいの?」
「せや。あ、ちなみに地上におれるのはたった十分しかないから」

 たった十分!?
 その時間を過ぎるとどうなるんだ?
 ま、まさか自分の存在が消滅するとか?
 そ、それとも空から隕石が落ちてくるとか?

 どんなところかも分からない、ましてや存在を認識されていない天界の住人の言葉だ。
 きっと予想をはるかに超えるような、超自然的な何かが……。

「いや、どうもならへん」
「(ガクッ)あ、そ、そう……」

 自分が思ったより平和な内容に、氏名をタッチペンで書いていた僕は大きくずっこける。

 タブレットを受け取って、記入欄をチェックしながら彼女は
「でも、生活は不便になるわな」
と付け足した。

「どういうこと?」
「君、百木くんか。百木くんは誰にも見えんし触ってもらえん声もかけてもらえん、永遠にボッチや。ざまあ」

 ん? 今、一瞬イラッとする単語が聞こえたような気がしたが。
 怪訝な顔に敵意を籠めて天使を見ると、彼女は視線をそらし口笛を吹き始める。

「それに今は天界で『白札』『黒札』っちゅーもんが売れとる。万が一、悪霊に絡まれてみぃ。その分、天界は安心っちゅう訳や」
「白札って言うのは? ってか、何で天界なのに悪霊がいるの?」
「は? あんた、そんなことも知らんの」

 知るわけないだろ。お前と会ったの、つい十分前だぞ。
 ん? ちょ、ちょっと待って。
 この天使と会ったのが、十分前?
 と言うことはつまり……。

 僕が内心冷や汗ダラダラな状態に気付いたのか、クコは怖すぎるほどニコォ―――――っと笑みを浮かべ、

「さ、さ。うちはもうお役御免何で帰ろっと」
「アホォオォオォオォオォオォオオオ!!!!!」

 パトカーがサイレン音をけたたましく鳴り響かせながら、僕のすぐ横を通り過ぎて行った。

Re: カオスヘッドな僕ら ( No.4 )
日時: 2020/07/18 08:34
名前: 夢兎 (ID: 9Yth0wr6)


「ぷはぁ~。くぅぅぅ~!!」

 ベンチに腰をかけながら、彼女が飲んでいるのは何と缶ビール。
 天使はお酒をたしなむらしい。
 こいつの場合、たしなむといった丁寧な言葉は当てはまらないが。

「お酒大好き近所の父ちゃんかよ」
「それを言うならおばさんやで。うち、飛鳥時代生まれやさかい、昭和も平成も令和も越えてるスーパーピーポーやから」
「ふぅん……ってはああああ!? あ、アスカジダイデスッテ!?」

 飛鳥時代ってことは今からひいふうみい。
 えっと、今から六百年も前?

 ってことはお前、スーパーピーポーじゃなくてアラフォーエンジェルだろ。
 意味的には。

 っていうか、中身は子供・頭脳はばあちゃんって。笑えない。
 名探偵にでもなるつもりか。

 その場合活躍しないのは目に見えて分かる。
 きっと、あの蝶リボンから発射される睡眠針でチクッとされて、「眠りのクコ郎」とか言われるんだろう。

「あのさぁ、クコ。君にはもう何て言うか……呆れしかないよ」
「うちかて、やりたくてああなったわけやないもん」

 ぷうっと頬を膨らませ、そっぽを向くクコ。
 幽霊は人の目に見えない触れない、声もかけてもらえない。天界の方が地上の何倍も安心安全……か。

 自分でそう言ったのに、あっさりと仕事をミスったものだからダメージも大きいだろう。

「ごめん……。さっきの言葉、忘れてくれ」
「百木くんおおきにな。うち、いつも人に迷惑ばかりかけてしもて」

 意外と殊勝な彼女の言葉に、僕は目を丸くする。
 ベンチに腰かけて缶ビールを飲み干すクコは、泣いているようにも見えた。

「って、過ぎたこと気にしてもあかんし、未来に目を向けてみよさ」
「う、うん。クコは、僕みたいに地上で暮らす幽霊は見たことあるの?」
「姉ちゃんからは、三人くらいやな。話には聞いとるで」

 クコの話によると、一くくりに天使と言っても色んな仕事があるようだ。
 彼女のように死者を天に送り届ける「案内人」、人を守り助ける「守護天使」、人の恋の悩みに寄りそう「キューピット」など。

「そういう子ぉたちは、『札狩ふだがり』でええ成績取って、人間とうちら怪異の関係を……」
「ちょ、ちょっと待って。天使って怪異のジャンルに入るの?」
「天国の反対は地獄。せやからジャンルに入ってもおかしゅうないやろ」

 そ、そんなものなんだろうか。
 オカルトに対して詳しくない僕は、引っ掛かりを感じながらも彼女に話の続きを促す。

「そんで、札狩って言うんは要するに悪霊退治や。今、天界ではおかしなグッズが販売されとる。その一つが、白札と黒札。使い方は簡単、その札を人や物に貼るだけで、霊をいとも簡単に呼び出せるん。これは元々、死神が狩る霊がぎょーさんおるから、労働力減少のために作られたそうやけど……」


「大体話は分かったよ。白札と黒札で呼び出せる霊が違うんだろ。例えば、黒札は悪霊とか。だから札狩って言うんだね」
「……百木くん、さっきから何なん、その無駄な要領の良さは」
「無駄だけ余計だよ。いや、何か話の文脈から、そうかなって思っただけで」
「それにしても凄いわ! こんなに頭ええなら何で初めから言わへんの?」

 彼女の興奮の熱は上がりに上がっている。
 思わぬ自分への尊敬。横に座るセーラー服の天使は、頬に手を当てたりその場で足踏みしたりと、妙に落ち着かない。

「やっとこれで姉ちゃんに認められるわ。何やねんみんな、うちのことアホとかバカとか言うて。百木くん、姉ちゃんに今度絶対紹介したるから!」

 声を上ずらせ、クコが僕の両手を取る。
 そして、眼鏡の奥の瞳を優しく細め、

「今に見とき! うちは絶対出世したるで――――!」

と天に高々とこぶしを突き上げたのだった。

Re: カオスヘッドな僕ら ( No.5 )
日時: 2020/07/22 17:00
名前: むう (ID: 9Yth0wr6)

 ごめんなさあああい!
 何か削除するとか言ってて悪いんですけど、やっぱ書くことにしました!
 それに基づき、八雲ちゃんの方を削除します。
 あ、あとちょっと作者の罪悪感から、W主人公の名前を悠から八雲に変えましたw
 それでは続きです。お待たせしました。

 ********************


 時間と言うのは毎日すごいスピードで流れている。
 歩道を歩きながら、僕は西の空の美しい夕焼けに心を奪われる。
 鳥が家へ帰っていくのを確認し、自分はどこにも行く当てがないことに肩を落とした。

「どないしたん百木くん」
「別にどうもしないよ」

と言って、僕はある建物の前で足を止めた。
 数年前に建てられたばかりの木製の二階建てアパートで、ベランダで洗濯物が風に揺れている。

 きっと今頃みんなは、テーブルを囲んで夕食でも食べているのかな。
 それとも、少しは死んでしまった息子のことを思ってくれているのだろうか。

「どないしたん百木くん」

 二回目、クコが尋ねて来たので、僕は答える。

「うち、ここだから」
「……誰だって、いずれ一人になる。寂しい時は言うたってくれてええよ。君の担当になってしもた以上、見捨てるっちゅう様なことは出来ひん。話し相手にもなったるし、膝や胸に飛び込んでくれてもいいんよ?」
 
 ……おい、お前サラッと変な文章を挟むのやめろよ。
 呆れと怒りで開いた口が塞がらない僕に、クコはニヒヒッと意地悪な笑みを浮かべ、


「えっち」
「黙れアホ天使」

 ウキャキャキャと目の端に涙を浮かべる天使と付き合うのは結構疲れる。
 だからと言って一人では何もできないところが、人生の難しさだ。

 そんなことを考えていると、横断歩道の向こうから女の子が一人、こちらへ歩いてくるのが見えた。
 大人っぽい濃紺のブレザーに、やたらと丈の短いスカート。

 確かあの制服は、駅前の牡丹ぼたんヶ丘中学の。

「百木くん、折り入って頼みたいことがあるねんけど」
「何?」
「あの子のほっぺに、何か白いものが貼りついてるように見えるんやけど」

 言われて、注意深く女の子を観察すると、確かに左の頬に白い正方形の札が貼られてある。
 これまでのクコの説明と情報を照らし合わせれば、あれの正体は。

「ということで、【ボッチざまあみやがれ】の百木くん!」
「何がボッチざまあみやがれだ」
「あ、やっぱり、【足が短い百木くん】の方がええやろか」
「どうにもならない部分だよ!!」

「ハイハイ。早速出番やで。コッソリ後から忍び寄って白札回収。そしたらあの子と仲良くなれるかもしれんし、収入も入るで! 夏のWサービスや!」

 何だよ夏のWサービスって。
 服屋のセールみたいに言うなよ。
 ん? 収入? 収入が入るのか?

「白札は一つにつき三万、黒札は十万やったかな。回収して、担当の天使に渡すと、天界から毎月労働に見合った分だけお金が……」
「ホワイト会社マジ感謝ですわ!!!」

 こうして僕の初めての札狩がスタートすることになったのだが、僕はまだこの先待ち受ける事件を知らない。

 お金の話題でテンションが上がる子供である僕は、早速女の子の背後に忍び寄り、ちょっと失礼して白札をはがそうと――。
 そう思い、彼女の頬に手を伸ばそうとした直後、

   バァァァァァァァァァァン!!


 という大音量と共に、僕の体は宙に舞った。
 そして、数メートル先のガードレールに無様にぶつかる。

 「百木くーん!」

 珍しくクコが自分の身を案じてくれている。
 何か、むなしさが二重に増してくるのが悲しい。

 そんな僕を横目でチラッと見やると、女の子は腕を組み、言った。

 「汚ねー手でアルジ様に触んじゃねーよ、人間。ケッ」

 ……………は??
 ちょ、これ、どういうこと―――――――!?
 
 

Re: カオスヘッドな僕ら ( No.6 )
日時: 2020/07/22 17:04
名前: むう (ID: 9Yth0wr6)


 女の子は結構可愛かった。
 茶色の髪は肩までの長さで、くせ毛なのか先端が内側にカールしている。
 しかしながら、『カワイイ』と言う表現はどうやら違ったようだ。

「ナイストゥミーチューってことで初めましてッ」
「は?」
「アルジ様がいくら可愛いからといって舐めんなよ人間」
「は?」
「ってかお前『は?』ばっかり言ってんじゃねーよワオ!」

 なんだこいつ。うるさいわ馬鹿。うるさいを通り越して胡散臭いわ。

 最近の中学生女子ってこういうキャラが受けるのだろうか。
 分からん。最近の女子のトレンドが全く分からん。

「………あんた、さては紗明やろ。なんでこんな女の子に憑依しとんねん」
「……ああん? お前まさかクコか? ハッ、奇遇だな運命!」

 僕を挟んで、クコと紗明と言われた女の子(?)が会話を始める。
 だがその内容は、僕には丸っきり分かんなかった。
 憑依? なんのこっちゃ。

 あなた頭おかしいんですか? 
 という意味のクコなりのジョークなんだろうか。上手いこと言うな。

「運命? そんなもんいらん。うちはあんたの顔も見とうないんやで」
「ハッ。マジかよ嫌われちゃってる。アイムサッドで俺悲しい」
「………ほんまに口が減らんようやな」
「口? 口へったらモノ食べれんじゃんうーわアイムハングリー」


 もう我慢できない。
 そう思った僕は、紗明に憎まれ口をたたきまくるクコの腕を引っ張って距離を取らせると、彼女に耳打ちをする。

「何なの、お前アイツの知り合いなの?」
「………別に、ただ天界では一緒に釜の飯を食べた仲や」
「お前何時代の人間だよっ!? あ、飛鳥時代か」
「だから知り合いと言うのとはちゃう」
「それを知り合いって言うんだよこっちでは!!」

 あー、頭いたい。

「紗明の本性は死神。今は宿主に憑依中。こう見るともうロリコンの極みや」
「はぁ……」
「なあ百木くん、あんな変人とは付き合わん方がいいで!」

 そう言いきり、クコは振り返って紗明(死神?)をキッと睨む。
 そして、右手を握りこぶしにすると、そのまま拳を彼女(彼?)の腹に向け――。

「ちょ、ちょ、ちょ、ちょと待ったぁぁぁぁぁ!」
「あんたは一遍死んどき――――――――!!」


 僕の制止を振り切って、クコは突進する。
 その拳が紗明の腹にめり込む。
 彼は「グェッ アイムバットEND」と変なセリフを口走って、空中で一回転。
 大の字になって伸びてしまった。


「ほら、姿見せてみい!」



 クコは阿修羅の顔で、紗明の前に仁王立ちをした。


 



Page:1 2



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。