コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

大トロ短編集
日時: 2020/08/01 12:05
名前: 大トロ。 (ID: 3VZsLdTg)

まず、こんな興味をそそる訳でもない題名&自分が自己満足で書いていく短編集へ
お越しくださりありがとうございます。

ゆるーく短編小説書き溜めていきます。
不定期更新。暇つぶしになるような小説目指してます。

※大トロはあまり情景描写をしない切り身です。
セリフだけでゆるい小説書きます。

ちなみに主は生魚が苦手です

Page:1



◆夏休みにダラダラすごしてる姉妹の話◇ ( No.1 )
日時: 2020/07/28 17:10
名前: 大トロ。 (ID: 3VZsLdTg)

____とある家の一室にて
ひとつの机を囲み勉強をしている姉妹がいました。

◆あじぃぃぃ...

◇魚?

◆違うわw暑いって言ってんの。

◇あっそれはわかる。
今日は...なんだっけ、今年1暑い日なんだっけ。

◆温暖化のおかげで今年も暑くて仕方ないんですわー
あやめーアイスー

◇私はアイスではありません。

◆フヒヒッそんなツッコミする人未だ居るんだなw

◇私はそれよりおねーちゃんの「フヒヒッ」が気になる

◆姉妹だからか声むっちゃ似ててなんか腹立つ。

◇フヒヒィッwww

◆やめろw
...っはぁー、あやめがアイス持ってこなかったら溶けるかもー
おねーちゃん溶けてしまうかもー

◇おねーちゃん溶ける?!本当?!

◆なんでそんな嬉しそうなの?姉が溶けて嬉しいのか?!

◇だっておねーちゃんが溶けたら世界的に有名になれるじゃない?
ニュースになるんじゃない?

◆事件性しかないだろ溶けたら...
てか、もし私が溶けたとしたら双子なんだし、あやめも溶ける可能性あるんじゃない?

◇えっやだ(即答)

◆即答かよ。

◇私はあくまで観客として居たいから

◆なんだそれ。

◇そんな事より、全然勉強すすんでないじゃん。

◆話逸らしやがって...化学とかそういうの苦手なの。

◇どこ?

◆ここの...熱で溶けるうんたかかんたかってとこ...

◇おねーちゃん

◆は?

◇A,おねーちゃん

◆いつまで続けるんだその話題...てかそれ私の場合
「なつめ」って書かなきゃいけないじゃんやだ!(切実)

◇いや、誰が書いたとしてもここの解答欄は「おねーちゃん」って書くんだよ。
あっちなみに「ね」の後は伸ばし棒ね。

◆妙なとこにこだわりあるなぁ...

◇それは...あれ、おねーちゃんがスーパーなカップのバニラ味を食べないのと
一緒だよ。美味しいのになー...あーむっ

◆だって...って!あやめ自分だけアイス取って...!!

◇残念これが最後の1個でーす

◆くそぉ...食べたかったのに...1口!1口でいいから...!

◇スーパーなカップのバニラ味〜w

◆くそぉぉぉぉ!!!

______夏休みにダラダラすごしてる姉妹の話。END.

ただの独り言。 ( No.2 )
日時: 2020/08/01 22:00
名前: 大トロ (ID: 3VZsLdTg)

どうもこんにちは、大トロ。でございます。珍味目指してます。

誰か神のお方のイラストに色をつけたいです。
線画恵んでくれる人いませんか?
合作しません?(((しつこい

□ヤンキー兄弟と先生の話。■ ( No.3 )
日時: 2020/08/02 12:02
名前: 大トロ。 (ID: 3VZsLdTg)

*____少年が息を吐くと、季節に似合わない白い息が空へのぼっていく。
それと共に辺りには鼻を突いてくる独特な匂いが充満するのであった。

□...タバコの煙って青白く見えることから紫煙とも呼ぶそうですね?

■そんな知識を持ってることよりも
教師の隣でタバコを吸い始める君が凄いと思うよ。ハコを出しなさい。

□...はぁ。この雰囲気を味わって欲しいものですがね。

*少年はハコを先生に手渡した。

■...まぁ君が素直にハコを出した時は、もう中は空っぽだってことはわかってるんだけどね。

□いつもはそうですね。でも今日は1本残しておきました。先生へのプレゼントです。

■うわっありがとう(←タバコを吸わない人)

□なんすかその反応...これはお詫びというか感謝の気持ちを持って残したんすよ?

■えっ俺なんかしたっけ?

□ほら、兄貴の喧嘩を止めてくれたんですよね?
おかげで兄貴に大した怪我もなかったみたいで、良かったです。

■止めたというか巻き込まれたというか...1歩遅くて相手は悲惨なことになってたけど...(ボソッ)

□ん?どうしましたk■なんでもない。

□なんで食い気味なんすか...w

■...君がお兄さんをそう思うように、自分も自分を大切にすればいいのに。
って言おうとしただけだよ。

□言ってるじゃないっすか

■言うだけタダだと思ってね。
お兄さんに対してすごく大切にしてるっぽいけど、
自分に関しては無関心でしょ?

あとタバコ。嗜好品として使うのは勝手だけど
君の場合自分を痛めつける為にやってるんでしょ。
それは多方面に失礼だと思う。法律的にもうアウトだけど、

□...なるほど、それも一理ありますね。

■まぁ君が今すぐ死のうとしてる訳じゃないっぽいから、そこは安心だけど
...お兄さんにはバレないようにしなよ?

□わかってますよ。兄貴に心配させたくないですし、こういう事してるってバレないようにリスカとかしてないんですから。

自分は自分のことを殺したいくらい嫌いです。
でも兄貴に心配とか、そういうのはさせたくない。
だから、自分の嫌がらせ程度にジリジリ寿命を縮めてやるんです。

■...若いのに色々大変だね。
まぁ相談くらいは乗るからいつでも言えよ?

□先生イケメンかよw
まぁそうですね、そうする事にしますよ。

◽︎あおいー!!!

□ん?

◽︎ここに居たんか葵!!探してたんだぞ
今日は一緒にバット探すって言っただろ...って

なんかここタバコ臭くね?

□あっ...えっと...

■...あー...ゴホッ

◽︎おータカハシ居たんか...って!

■ハハ...ゲホッゲホッ

◽︎ちょっとタカハシ!!葵の隣でタバコ吸うなやアホ!!
葵に害あるじゃん!やめろよどつくぞ!

■ごめッゲホたまたま1本残っててゴホッゴホッ仕方ないからゲホッゴホッオエッ

◽︎えっこれ、どついたら死にそうだけど大丈夫なんタカハシ?

あっタカハシ倒れた!もうなんなんだよぉぉぉ!


____(自分が嫌いな)ヤンキー弟と(なんやかんやで相談に乗ってくれる)先生の話。 END.


Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。