コメディ・ライト小説(新)

Re: 初恋は夕陽色。 ( No.4 )
日時: 2017/10/08 16:38
名前: ましゅ ◆um86M6N5/c

**prologue


 4月――。私たちは高校2年生。
 始業式から早2週間ほど経とうとしている。
 
「琉香ちゃんー、一緒に帰ろう~」

 私と違う女の子らしい声で私を呼子は――涼宮かな。そして私は吉沢琉香。

「うん」

 私も彼女のように可愛い声なら良かったのに。つくづく思うその不満は口に出しはしないが、本当に私をこの声にした神様を恨む。


「2年になったら勉強も難しくなったよねぇ」
「そうね。まぁ、かなだったら余裕なんだろうけど」
「えー、そうかなぁ」

 下駄箱を開けると、普段目にしない……何かピンク色のものが入っているのが目に映る。嫌がらせかな、と思うが自分が何か言った覚えはない。かなにばれないように恐る恐るそれを取り出し、それを閉じているシールをはがすと。

『校舎裏に来ていただけませんか?――皆川翔』

 封筒はお花柄。いかにも女子が選びそうなものなのに、それは男子――しかも同クラの子だった。