ダーク・ファンタジー小説

ぼくらときみのさいしゅうせんそう(更新停滞中)
日時: 2017/01/09 13:33
名前: 利府(リフ)
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel2a/index.cgi?mode=view&no=3688

2016年冬大会のシリアス・ダーク部門にて金賞を受賞させていただきました。
本当にありがとうございます。

Twitter垢 @flovehal0980(主に謎の人のファンの方をフォローする垢です)

※今後の進路を決める大事な時期に入りましたので、更新が停滞しがちです。
 短編集の方でたまに生存報告しますので、生きてるかの確認はそちらでお願いします。
 幸せな結果に終われたら戻ってきます。でも期待はよしてください。


※過去話書き直し実施中!
内容が修正されておりますので前に見た方も読み返していただければ幸いです!
修正しました >>5 >>6 >>7 >>8

※作品の感想をいただけたら執筆の励みになります!コメントお待ちしています!



この世は戦争ばかりになる。それが終わる日があるのなら、人類はきっと滅んでいる。
神はそう分かりきった表情で、人間を生みました。



処女作と言い張りたいんですが、この作品の前に2本ほど許し難いクオリティのものができてしまったので、これはここに上げた作品としては3作目となります。
人がさらっと、そしてたっぷり死ぬと思うので一応グロ注意ということで。

物語は現代。なんか異能バトルっぽいものです。その中でなんやかんや起こって、そのついでに死人がぽろぽろ出ます。
物語構想は既に完成しているので、死ぬキャラは死ぬ運命です。そのつもりでお願いします。
また、物語の一部にぽろぽろ伏線もどきを仕組んでいます。上のリンクの短編集のヒントの方で伏線のヒント的なものも紹介しています。
あと、どのキャラに死相が出てるかとかの問い合わせには応じませんが、なんでこいつ殺したんじゃテメー!!みたいな声が上がりましたら後々そのキャラの回想的なものは作る予定ですのでお気軽に声をかけてください。

あと再度言いますが、この小説にコメントが来なさすぎて逆に「この小説価値がないんじゃないのか...?」と思い始めてるので、暇で死にそうだったら「あ」だけでもいいのでコメントしてやってください。もちろん「お前ここ意味わかんねーぞ!!」との声が上がったらそのシーンの推敲などを行います。Twitterに誹謗中傷を送り付けてきても結構です。アドバイスは有難く頂きますがアカウントはブロックします。こちらもお気軽に。


キャラに救いは持たせたい、その一心で一応書いてます。暇つぶしに一部だけでも観戦してください。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
※グロ表現・軽い(?)暴力表現があります。
 苦手な方はお気を付け下さい。

※先述したとおり、物語の核心へと迫るヒントを少しずつ散らして置いています。
 人物の行動には勿論、小説の表現にも含まれていることもあるので
 ちょっと考えながら読みたい人に適してる…のかな?



prologue…開戦 >>01-19
(黒い雨の日だった)


first chapter…兵器 >>23-36
(その死を見た日だった)


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

(FREE…病室 >>38))
(安堵を得た日だった)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


Second chapter…盟友 >>41-57
(彼の人が来た日だった)


third chapter…死神 >>58-84
(歯車が一つ噛み合った日だった)


four chapter…兄弟 >>85-97 >>99-105 >>108-114 >>119
(探し人を求める二人だった)






以後連載中です。




追記:この小説に関連する短編を集めた「ぼくらときみは休戦中[短編・作者の呟き]」の
   リンクを上に貼りました。

   また、そのページのNo.42にてこの小説の一部キャラクターの容姿や性格を載せております。
   この小説に登場するキャラの短編もありますので、興味があればどうぞ。

   一部は本編とリンクする話となっております。その話については本編読読了後推奨とさせていただきます。


*****


コメント有難く頂戴します!またのお越しをお待ちしています!
>>98 >>106 >>115(芹さん本当にいつもありがとう)



「繋がり〜1絆〜始まりの刻」/氷プリン

↑にて友人がコメディ・ライト版での執筆を始めました
この作品を読むよりこっちを読むのがいいかも。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11



Re: ぼくらときみのさいしゅうせんそう(コメント募集) ( No.111 )
日時: 2016/05/12 23:45
名前: 利府(リフ)

本当に申し訳ない
今年から受験生なので、更新がさらに疎かになると思いますが
それでもよろしい神様のような方はもうしばらくお付き合いください

今回視点はトヤマ家です
絶賛スランプ

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


「椅子はお嬢さんから見て一番左側を使ってくれない?花が一番綺麗に見える席よ」
「はっ、はい」

ワインレッドのクッションが敷かれた椅子は予想以上にふかふかで、されど重厚感がある。
高いものだろうとは察していたが、今自分が住んでいる寮の椅子の何十倍の値段だろう。
そしてロングテーブルの横についた席から、花の露がちょうど輝いて見えるのがまたいい。
考えつくして、この配置にしたのだろうか。

「綺麗に見える?」
「うん、綺麗さね、とっても。…花が見えにくいけど」
「そうよね。完璧じゃないでしょう、私が話せるのはそういう事よ、お前。
 トヤマ家の過去だとか、私の子息の事。ミコトはそれを聞くのが嫌だから別の部屋に行ったの」
「…面倒くさいからじゃないさね?」
「私だって同じことを考えた。でも、本当に嫌そうにしてるの。
 気持ち悪い、馬鹿みたいなきっかけと結末。

 だから、気をしっかり持って聞いてよ、お前」

*****

トヤマ家は簡単に言えば、人のようで鳥のような奴らの一族なの。

ミコトもお前にそんなことを言ってなかった?あぁ、やっぱり言ってるわよね。
能力を持っていることが当たり前の人間なの。お前、そんな奴はどちらかといえば嫌いでしょう?
知った口をきくなって顔だけど、しょうがないのよ。人はそう、たまに醜いからいいの。

体に加えて頭が働くから悪事を働いて、口が動くから人を毎日傷付けている。
それを止めたいと思ったことはあるけど、止められたことなんてないでしょ、お前もミコトも。

それがいいの。

私はね、このトヤマ家の中の“傍聴者”なの。そういうものでいる、その信念を持っているわ。
この家で育っていくものをただ見届けて、ときに捻じ曲げて面白く変える。
ミコトとタケルにもそれぞれの信念があって、だから私はその信念を守っている。
前に市松先生にも怒鳴ったわ、それを守ってやれって。
お前にも、あるはずよ。そういう核がね。
ミコトとタケルはその核が昔に膨脹した、っていうのが正しいわ。

二人はただ、私に対して『もう大切なものを失いたくない、そのための障害を壊す』って言うのよ。
これだけなら、何があったか気になるでしょ?


簡単よ。二人は誰かを救って、誰かを殺す気でいる。

お前はミコトに好かれている、それは彼女にとって素の姿なのか、仮面をかぶった姿なのか。
タケルも同じよ。でも案外、間の抜けた人間なの。だから、こういうことをした。
衝撃的かしら?案外、普通よ。強い能力を持っている者に限った話、なのかは分からないけどね。

私は二人の昔話をよぉく知っている。

お前に全て理解できるなら、お前が全く後悔しないなら、
お前が完璧な答えを出すのなら、喜んで話してあげるわ。

…無理?

あぁ勿論、そんなことできないって、分かってるわよ?
だって、完璧なものなんてどこにもない。
今お前は「はい」と言わなかった。だから、その心意気を評価して教えてあげる、変わり者。


あの姉弟の弟はね、世界が何度変わっても一人ぼっちの、可哀想な子なの。

Re: ぼくらときみのさいしゅうせんそう(コメント募集) ( No.112 )
日時: 2016/05/29 01:21
名前: 利府(リフ)

そしてもう一つ、教えてやることは。
トヤマタケルもトヤマミコトも、私からしてみれば何一つも繋がっていない。
意外かしら。そうよね、お前たちは何も知らない。私の子供も、聞かれないのをいい事に黙った。
でもオウムにとって、黙っていることは苦痛なの。だから、ここまで来たお前には私の知る全部を話す。
でも私が知ってることはこの世界のほんの一部。お前だってそうでしょ。みんな、みんなそうでしょ?
市松先生だってそう。人間すべて、一かけら一かけらを所有して、存在価値を保っている。

そしてトヤマタケルは、もともと私の腹からは出てきていない。
私、いままで誰とも交わったことなんてないのよ?信じてよね、お前。
生まれてから、必要のない限り外に出ることはない。散歩なんてしない。
嫌でしょう、お前?それで良いと思うのは、人でなしだと思う?
はっきり否定はしないのね、お前。やっぱり、変わり者だわ。

話が逸れたわね。ああ、別にさっきまでの内容は忘れてなんかいないわ。
こうみえて年齢と姿がかみ合っていないんだけど、頭は冴えているの。
トヤマ家は、そういうものが集まるのかしらね。これは、そのままの意味よ。

それで、一つ聞くけど。

お前、誰かと幸せに暮らすとしたら、どうする?


ふうん。家族、か。やっぱりそうなのね、それがちっぽけに思える人間はどこか捻くれている。
お前は、そういう意味で保守に走る。私はそんなことはしない。

――私が欲しいのはね、自分を犠牲にしてでも相手を守ると誓った者よ。
お前に心当たりはある?あるのなら、教えてみて。
…はぁ、そうよね。それが普通。
じゃないと、この状況は私が手を出すことなく変わっていく。


あれ、お前、この話の意味が理解できるの?
…そういえば、ミコトが必死に話していたわね。フユノギハルミは、そういう人間だと。

お前の、能力は。“早知”。

それは、理解を早めるもの。
他よりも、早く知る者。それが、お前。そうよね。
そういうお前に、この言葉を託したいの。この世界のために。
いい?よく聞いて――



ジリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリリ。

劈くように、彼女の声を切り裂くように電話のベルが鳴り響いた。
戸惑いを隠せない彼女の顔は遠く、その感情までは読めない。
あたしはベルの轟音を無視した。頭で、どくどくと熱い血が回るのだ。
こんなの、普通の人間の起こすものじゃない。他から加えられた拷問だ。なんなんだ、これは。

(トヤマ家は鳥の家族、傍観者の彼女は、トヤマオウム。トヤマタケルは、一人ぼっち。
 あの姉弟は、人間を救って、障害は殺す。トヤマミコトはあたしの前で、仮面をかぶっている。
 トヤマオウムはあの姉弟の親じゃない。トヤマオウムの、望みは…!!)

そこで、しびれるような痛みと共に、力が抜けて行った。
貧血の時のように、吐き気がして、目の前が白くなって、音が遠くなる。
頭が回らなくなって、少女が扉を開けて電話に向かうのを横目で見るのが精一杯だ。
それでも今度は記憶を手繰って、さっきの血の流れの原因を思い出す。
理解だ。―――そうだ、これが。

早知、だ。
あたしの、能力だ。

それを感じて、心になにか優越のような衝撃のような、例えられない何かが落ちる。
少年の声が、微かにする。これはきっと、ガダイ君の声だ。この力を抱いていた、彼の声。
声に耳を傾けて、あたしはがくりと頭を下げる。
申し訳なさと、やるせなさの中に、決意があった。


あたしの役目は、彼の代わり。
この理解しようがないほど目まぐるしく変わる世界の、
狂言回しだ。
 

『やっと、俺に能力が手に入ったんだ…!』
バットを握る手を思い出す。全く関わることがなかったのに、擦り傷の多い頬を思い出す。
何度叱られても髪を切らなかった、意地っ張りだったことも。
彼の記憶のように、浸透していく。あたしに託されて、溶けて外から見えなくなっていく。
あたしは両手を重ね合わせて、指を交差させ、強く力を込めて、祈った。

「ありがとう。あたしが、君を使ってごめんね、どうか…許して、さね」

彼を奪うという事は、改めて理解すると心が狂いそうなほど擦り減っていくもの。
もう彼はあたしになった。それだけなのに。

「ハルミ、能力を…手に入れたのね」

扉を開いたトヤマさんの優しい声が聞こえて、顔を上げた。あたしの目に熱いものが溜まっている。
そんなの気にしないはずだったのに、彼女がつかつかと歩いてきて抱きしめてくれるから、
涙が形を作ってこぼれてきて、自分とトヤマさんの制服に染みていく。

「オウムがハルミにこの話をしたのは、君の能力の開花を促すためだった。
 こんなことをしてしまってごめん、でもこれで…戦争に勝つための、力が増えた。
 今の君なら、タケルの居場所も、すぐに分かるはず。行こう、有能」

「うん…分かったさね、トヤマ、さん…」

ぼんやりと見える彼は、黒い影。潤む瞳の中で、それだけをあたしは捉えていた。

Re: ぼくらときみのさいしゅうせんそう(コメント募集) ( No.113 )
日時: 2016/06/17 23:23
名前: 利府(リフ)

タケル「ヘイヘイヘル君ビビってる―!!」
ミコト「ヘイヘイ最近出ないカンザキ&ヤシロコンビビビってるー!!」

ヘル「でもお前らカレカノいないじゃん、おいらいるんだけど」
ミコト「爆ぜろ」

今回そういう感じです BGM神曲(あさき)にしようか迷ったけどやっぱり溺れる宇宙猫
この曲でうごメモPV作ってたけど進捗なかったんでKill everybodyに切り替えました

*****

おかしい。
そう気づくのは早かったけど、ここまで背筋がぞわぞわとするのは初めてだ。
何におびえているかって、それは単純に。

誰もいないことに、おびえている。

日が落ちてきた。どうして、街に明かりが灯らない?

あの鳥、カラスの群れを追ってきたはずなのに、鳥の鳴き声さえない。
誰もいない。“キョム”だ。聞いたことがある、それは確かに…兄ちゃんに。
空と建物と植物と空気しかない。オレの“モクシ”で確認できるものは、五指にも満たない。
それが怖いのだ。誰かいないのか、オレは一人きりになんてなりたくない。

(……バカか、オレ。さっき、兄ちゃんを置いていっただろ?一人で、強がっただろ?)

バカらしくて一人で笑うと、視界がまたにじんできた。
目がかゆい、だから泣いてる。さっきはそう言っただろ。悲しくないのにどうして泣く?
怖いだけで泣くなんて、ずっと探してた姉ちゃんにもタケにも顔向けができない。

「姉ちゃん…タケ……」

諦めるつもりがないのに、あきらめたような口ぶりで言ってしまった。
まるでこのあとに、オレはダメだったよだとか言いわけぶった言葉をつなげるつもりなのか。
とっさに口をふさぐ。でも嗚咽がもれそうになって、勝手にかくごを決めていた。

「おにいちゃん、だいじょうぶ?」

聞こえてきた声は自分の真下にあった。
すぐにその姿をみて、ホッとした。ああよかった、子供だ。小さな男の子だ。

「おーおー、どうしたんだ?オレはだいじょぶだ、なんにも心配しなくていい。
 今のは目にゴミが入っちゃったんだ、お前にもそういうこと、あるか?」
「まえまであったかもしれないけど、もう分からないなぁ」
「そうかそうか!ぼーず、迷子じゃないよな?」
「迷子じゃないよ。いまからヒミツのさくせんをじっこうするって、あの子がいったんだ。
 だから、ぼくだけちがうところにいるの。あのカラス、もうみつかったかなぁ…」

…あのカラス?
オレはくい気味に叫んだ。

「な、なぁ!!そのカラス、どこにいるって!?」
「え?おにいちゃん、カラスの友だちなの?じゃあ、うーん…」
子供は戸惑った声で、オレに耳うちをした。


「向こうにたいようにいちばん近いビルがあるんだ。そこの、上にカラスがいるんだ。
 なにをしてもどれだけいじめても鳴かなくて、きみがわるかったなぁ」


そこまで聞いて、まだ何か言いたそうな子供にありがとうとだけ返してオレは走り出した。
“ジジョウ”が違ってくればこの子を叱りつけていたのだが、やっぱりタケが先だ。
すぐにタンクトップと胸元の間に挟んでいたケイタイを取り出して、兄ちゃんに電話をかける。

『イワン?どこにいるんだ、教えてく…』
「兄ちゃん!!隣町のタイヨウに近いビルだ!その屋上にタケがいる、早く来てくれ!!」
『あ、あぁ』

何かを聞こうとする兄ちゃんの声をさえぎった。さっきまでいた子供の姿はもうないけど、
子供はうそをつかない。しょうじきでいい子だ。だから、こういうじょうきょうだと信用できる。

駆けて、足がどっかに引っ掛かるたびに激痛がはしる。きっとあざになる、すりきずもたっぷりだ。
空が少しあかい。もう夕ぐれだ。なら、タケを見つけるのはこのタイミングしかない。
タイヨウが近くなってきた。その真下にあるビルが、真っ赤にぎらぎら光っている。
あたりを見回してみると、いくつか並んでいるはずのたてものがぬけ落ちている。

(バケガクじゃせつめいがつかない。こんなの、みんなでかんがえるしかない…)

ビルの中に駆けこむ。人はいないけど、綺麗なところだ。植物がたくさん、よく育ってる。
ヒマワリはちゃんと日の当る所にある。そんなの常識だけど、優しいところだ。
あったかい家、というか…とにかく、団らんの場所?

階段をさがして登り、のくり返しの中、廊下のみちはばが狭くなった。
わかれ道を無視して突っ切ると、小さく外が見えた。
屋上への扉だ。
行くしかない。タケはきっとここにいる。


――――オレだけでも、こいつの味方になる。
そう決意した。
ほんの少し一緒にいて、何かわかったわけじゃないけど。オレの中のなにかが決めたんだ。


「タケ!!」
扉が開いて、その向こうに。



「イワン…?」

なんら変わらぬ姿で、タケは佇んでいた。

Re: ぼくらときみのさいしゅうせんそう(コメント募集) ( No.114 )
日時: 2016/07/03 19:14
名前: 利府(リフ)

ハイキター。ついにヘルの彼女です。
書きたいシーンは次に持ち越し。だって受験生疲れるから。

*****

やっと見つけた。その安堵感で、息がなぜか苦しくなるような感覚に襲われる。
目のまえにタケがいる。それだけで、擦り傷の痛みがどっと増した。多分、これは“クンショウ”だ。
褒めたたえられる、そういう傷だ。
それなのに。

目のまえのタケが、あまりにも苦悶に満ちた顔をしている。…泣いてる、のか。
どうして?だとか、そんな言葉が顔に書かれている。
肌のどこかしこに、夕焼けと同化するしずくが付いている。

「え…なぁ、タケ?どうしたんだ…?」
「…今すぐ、ここを出てくれ。ここは、俺が食い止める、だから…
 これ以上、俺に嫌なものを見させないでくれ」

戸惑うしか、なかった。
怯えているのは、この“ムジン”の街のせいなのか。いや、さっきの子供が言っていた「いじめ」なのか。
とにかく、思考の終点をまず先に述べる。

「助けてくれる人がいないのは、こわいよな。オレだって分かるよ…」
「っ、だからなんだよ…?イワン君がっ、俺の決めたことを手伝うのか?」
「あぁ、さっきそう決めた。だから、いっしょに帰ろう。タケ」

そこまで言ったところで、ものすごい剣幕でタケが叫んだ。


「馬鹿!!俺の言ってることがわかんないのか!?、一人で帰れよ、
 そうした方が俺もお前も後悔しないんだ!!出て行け!!!!」

その声色で確かに、タケが自分の感情の何もかもを吐露したしたことはわかった。
なにか、ここにキケンなものがあるということも。
それでも、オレの心になにひとつ響きはしなかったのだ。
瞬きも普通のスピードのままで、息もあらげず、ただオレはそこにつっ立ったままでいた。

 
「……………なぁ…わかってくれよ…」

そこでやっと、悲痛な声は聞こえてきた。
ぼそりと言ったから、オレ以外には分かりやしない。

オレは、分かっているつもりでいるんだとおもう。多分、全人類がそうだ。
ときにそれに“イワカン”と“ギモン”をいだいて、不安になる。
目のまえに立っているこいつだって、オレがすぐ考えを曲げるやつだと思っている。
子供っぽいから。よく人にめいわくをかける“ジコチュウシンテキ”なやつだから。

(そんなこと、今までオレはなんども分かっていたよ…)

誰だって、一番じぶんを知るのはじぶんだ。
だけど、いまのオレはなんだか違うって、おしえてやりたいのだ。
タケにも、オレにも。

わかって、くれるだろ。


オレは、隣のビルの屋上に陣取る、異形のなにかを見すえた。


形容できない形だ。近いものを言うとすれば、しろい布がぐねぐねとアメーバ状になったものだ。
でも、よく見ると、腕と手らしきものはある。
気持ちの悪い。息をのむと、タケがはっと顔を上げてオレを突然つきとばした。

「だから逃げろって言ったろ…?あいつが、この街を消したんだ。
 人間も、建物も、この街の生きるものすべてを消し去った、…はは、笑える話だろ。
 俺はそれを何一つ守れなかった……」
「は?…え、冗談止めてくれ、タケ。あれが――――――」

その瞬間、布は手を振り上げて屋上に手をついた。


まだ、状況を理解できていない、そのオレに敵は“タンジュン”な事実をつきつけてきた。



その瞬間、ビルは溶けるように消え去ったのだ。



硫酸のように?

なんらかの力で破壊されたように?

いや、それじゃ説明などできなかった。


バケガクでもカガクでも証明できない、これは…!!






「…ろ」
「………っ、はぁ?」


ぼそり、と呟く声がする。
布はビルがあったはずの場所の真下に居座り、簡潔にそれを述べた。



「零。私と彼の目的が死なぬ限り、この偽りは溶けて失せると決まっているのです」


その刹那にタケが黒い翼を生やし、オレをビルの下へ叩き落とした。
鋭い痛みが走り、文句を言ってやろうと上を見上げると。

タケの涙は、あふれ出していた。





「さようなら、ジャバウォッキー」


零の、誰に向けたかも分からぬ言葉の前に。

Re: ぼくらときみのさいしゅうせんそう(コメント募集) ( No.115 )
日時: 2016/07/05 22:12
名前: 芹

読みましたよ!続きがきになるなぁ
さて、宣言通り愛を叫ぶ
タケルくーーーーーーーーーーーーーーん!!!!!!!!

Re: ぼくらときみのさいしゅうせんそう(コメント募集) ( No.116 )
日時: 2016/07/06 21:11
名前: 利府(リフ)

わーい芹ありがとや―
タケルへの愛の深さが底知れぬ

続き的には敵とちょっと戦って
あとは探索編になるよ
イサキ&シンザワとカンザキ&ヤシロの直接対決とかもある

Re: ぼくらときみのさいしゅうせんそう(更新停滞中) ( No.117 )
日時: 2016/08/02 14:07
名前: 利府(リフ)

お知らせがありましたので上げさせていただきます、申し訳ありません…
ページのトップに更新停滞の原因を入れましたのでそちらをどうぞ。
たぶん2ヶ月に1回程度は戻ってきます!続きをお待ちください!
細かい生存報告は上のリンクから見れる「ぼくらときみは休戦中」からどうぞ。

Re: ぼくらときみのさいしゅうせんそう(更新停滞中) ( No.118 )
日時: 2016/12/20 21:15
名前: 利府(リフ)

近日本編更新

Re: ぼくらときみのさいしゅうせんそう(更新停滞中) ( No.119 )
日時: 2016/12/22 21:00
名前: 利府(リフ)

消えた雑踏と靴跡を眺めて、おいらはざまあみろとばかりに笑う。
今日がこの街の終末になった。いとしい最終兵器が、静かにこの街を滅ぼした。
今の自分は少年の姿をしている。無垢な少年、人畜無害な、されどおいらにとっては害でしかない人間のからだだ。
同じ空の下でおいらと人間たちが共存していくなんてこと、難しいったりゃありゃしない。薄々それが分かってるからこいつらは無意味にも戦争に巻き込まれ、...いや、戦いに参加させられる。おいらたちの目的の達成とともにひとり残らず死んで、積み上げたゴミのような文明が崩れていく。

生憎おいらたちは、人間以外あんまり殺したいとは思わない。

だってこれは戦争だ。人間しか、核とか地雷とかは作れないだろ?
おいらはそんな馬鹿げた連中が大嫌いだ。人に優しく。人類みな兄弟。何いってんの、今日もまた人間は人間によって死ぬんだ。
共食いだ。螺旋階段だ。それも下りの。デジタル?機械?能力?人間の進化?そんなの、“おいらの時代”ではまだ馬鹿げたものだったのに、人間って本当に死にたがり。

だからおいらはね、こんな姿になって、あることを成し遂げてやろうと決めた。
それはね。


*****

──屋敷を出て。

「ハルミ、もうすぐ着くよ」

焼け落ちるように赤い空を前にして、あたしたちは羽ばたいていた。
ガダイ君の意思を受け継いだあたしを認めたトヤマさんは、こうしてあたしを再び戦いの場に招こうとしている。

あの電話のベルの後、トヤマさんの携帯にも電話がかかってきた。
相手はトヤマさんが「駒鳥」と呼んだ、ロビンさんだった。緑のボタンを押すと、携帯の向こうから必死に叫ぶ声が聞こえてきた。それに加えて、トヤマさんはスピーカー機能までONにして電話に応じる。街の雑踏は聞こえなかった。

「もしもし!?ミス・ミコト!?」
「何その名称、寒い」
「そんなことよりっ、今すぐ隣町へ向かってくれ!!」

隣町。確か、相当賑やかなところだった。うーん、お母さんともっかい行きたいなぁ。
いや、待て。こんなに必死な電話ということは、まさか。

「弟がミスター・タケルを見つけたらしいんだ!弟が先に彼の元へ行ったが、どうにもこれは......護衛が必要だろう。今すぐ二人とも来てください」

その言葉に思わず絶句した。
街に敵がいる、という可能性はさっきから薄々感じていた。それが、タケル君を狙った、ってことだ。やはりあの時、叫んででも止めておくべきだった。あの兄弟の家族を探すために奔走する精神を、抱きしめてやるべきだったのだ。ああ、体が震える。目頭が熱くなってきた。

「分かった。今すぐ行く」
トヤマさんが抑揚のない声で返事をすると、ロビンさんは待っています、とだけ言って電話を切ろうとした。.........電話を切ろうとした、と分かる自分に、違和感を覚えたけど。するとトヤマさんが真剣な顔をして、待って、と声をかける。

「勝手なことしないでよ、優男。君の能力には期待してるの」
「......先走らない様に、と?」
「分かりにくいか。じゃあ簡潔に言う、死ぬなよ」

ロビンさんの笑う声がした。

「......僕はイワンの家族ですから、こんなところで死ねません」

そこで電話が切れた。

不思議と、その電話の向こうから、街に溢れる音が聞こえない理由がわかったような気がした。
その理由は何かって、悪いやつが街を滅ぼしたんじゃないか、と。あんまりにも馬鹿げた被害妄想だなと思った。だから、その時トヤマさんに伝えることはしなかった。

だが、それは間違っていなかった。


街の建物が、不自然に消えている。夕焼けに照らされる建物の数は、太陽に近付くにつれ、まるでコロナに溶かされたかのようにして減っていく。
人は一人もいない。あの日と全く違う。お母さんと一緒に歩いた新鮮な街の景色も、人間の群れも、ないのだ。
「早知」の的中に、あたしは絶望した。

頭の中に、新しい何かがやってくる。血流に混じって、未来がやってくる。

あたしははっとして目を見開いた。


血が、少年の華奢な体から吹き出るのが見えた。

顔まではわからない。それでも、それは確かに見知った人間の少年だった。


「おえ、...っ」

吐き気を堪えるために、両手で口を押さえる。トヤマさんがあたしを抱き抱え直してくれたが、それでも不快感は溢れて止まらない。あの光景は的中するというのが、重苦しく自分の中にのしかかってきた。

そう。
タケル君が、一番危ない。

「トヤマさん、お願い、急いで...」
「いや、待って」
「何が!?...ここまで来て引き返すつもりじゃないさね、あんた!?」
「おかしい点があるの」

トヤマさんが、地面のある方向を指さした。


「人と建物がこれだけ跡形もなく消えておいて、血痕ひとつない。それに、どうしてあの部分だけ、煉瓦の床がなくなって、荒地が剥き出しになっているか説明がつかない」
「......え、それって」
「分かったみたいだね、感心だわ。じゃあ解答でもしようか」

あたしの声を遮って、トヤマさんは汗を一筋流しながら言った。


「能力だよ。でもこんなの、測定不能(オールレベル)どころじゃない。
まるで異次元のものだ。言ってしまえばこれ、

人間兵器だよ」

Re: ぼくらときみのさいしゅうせんそう(更新停滞中) ( No.120 )
日時: 2017/01/09 08:20
名前: 利府(リフ)

今日の深夜にTwitterで「入賞おめでとうございます」という文字を見て「はて?」と思ったんですよ。
入賞とはなんぞ?となって、しばらくして唯一の思い当たる節である小説カキコを見に来てみたら、ありがたいことにこの小説が金賞という憧れの賞をいただいていました。

深夜でさえなければ「ホア゛アアアアアアアア!!!!」という奇声を上げて地面に向かってドリルの如く突撃し墓穴を掘ってそこに入って永眠していました。

受験前にとんでもないプレゼントをいただけて嬉しさしかありません。
閲覧・投票をして下さった方、本当にどうもありがとうございました。このご恩は忘れません。土下座でも何でもさせてください。
受験が落ち着いた時期からぼちぼちと更新をしていきたいと思っておりますので、よろしくお願いします。金賞を取っても気ままな小説で申し訳ない。金賞の名に恥じないような文章を書いていければいいと思っております...。いいのか?いいんだろうな。たぶん。

夏大会までにはまた何回か投稿します。
たくさんの投票、本当にありがとうございました!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大4000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。