ダーク・ファンタジー小説

命を売り買いする場所。
日時: 2019/03/20 18:22
名前: とりけらとぷす

第1話【囚われの身と貴族の僕】




今日も街は、奴隷の売り買いで賑わっている。
奴隷売り達に群がって、ただただ金のことを叫んでいる貴族達の中に、僕の父親がいた。
いつだってそうだ。僕のことなんか構ったこともないくせに。
今日も僕に、奴隷を選ばせるんだ。
誰だっていい。ただ僕は、人間を売り物にしているのが、気に食わないだけだ。
奴隷も、生きてる。僕たちと同じ、”人間”として。
売り買いだなんて、こんな世の中に生きてる僕が恥ずかしい。
「どうかしたのか?レオ。さあ、今日はたくさんいるぞ、どれがいい?」
父親が、まるで子供におもちゃを買ってあげるかのように言った。
人間は、おもちゃじゃない。生き物だ。
僕が睨み付けると、父親は笑った。
「誰でも、命の重さは同じだ」
僕が言うと、父親は鼻で笑った。
「命?何言ってるんだ、レオよ。アレは売り物だ」
「売り物じゃない、人間だ!」
「お前は、本当に分かってないな。奴隷の数は、貴族の誇りの高さであり、貴族の象徴だ」
「うるさい!分かってないのは、父上だ!」
僕は、父親を突き飛ばし、走った。
人混みを抜け、誰もいない場所へと走る。
途中で後ろを振り向くと、石台の上に、奴隷売りと縄に結ばれた奴隷の姿が見えた。
僕は、何もできない。それが、焦れったくて、辛くて、虚しくて、悲しくて、泣いた。
僕は、貴族の子供。僕の立場は、上。だけど…
「何も出来ない。僕には、何も出来ないんだ」




ここで一旦切らせて頂きます!

自己紹介遅れました、とりけらとぷすです(=゚ω゚)ノ

第二作品目となります!よろしくお願いします!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第1話【囚われの身と貴族の僕】>>3

第2話【誰も救えない】>>4 >>5

第3話【カエルノコハカエル】(父親目線)>>6 >>7

第4話【冷たい夜が明ける】>>8 >>9 >>10

第5話【命を買うこと】>>11

第6話【彼女との日々(1)】>>12 >>13

(シフティの昔話)>>15 >>16 >>17

第6話【彼女との日々(1)】〔続き〕>>18

第7話【偽りの彼と秘密】>>19 >>20 >>21 >>22 >>23 >>24

第8話【彼女との日々(2)】>>29 >>30

第9話【Witch hunting】>>33 >>34

第10話【Witch huntingーstartー】>>37 >>40

第11話【それぞれの約束を果たすために】>>43 >>44 >>45

第12話【始まりの鐘が鳴る】>>47

【参照500突破記念番外編】
#0-0【プレタリアの街】>>50 >>51

第13話【海の向こうの答え】>>52 >>53 >>54 >>55

【特別企画:キャラ選挙(結果)】 >>67 (現在閲覧不可)

【参照1000突破記念(イラスト)】 >> (現在閲覧不可)

第14話【作戦会議】 >>66 >>75

第15話【新たなはじまり】 >>76

第16話【地下道を行く】 >>77 >>78

第17話【松明の夜】 >>86 >>87 >>88

第18話【王様の秘密】 >>89 >>90 >>91

第19話【空虚な王座と真実の種】>>92 >>93

第20話【罪と報復】>>95 >>97

【訪問者様】

○電波様
この小説に初コメしてくれた方です。
著書:リアルゲーム

○みーこ様
著書:凛花と恐怖のゲーム。〜人生ノ崩壊!〜

○のれり様
別作品でお友達になりました。いつも私の作品にコメを下さる方です。
著書:Amnesia

○泡沫兎様
著書:喪失物語

○榛夛様
とても素敵なお話を書いてらっしゃいます。カキコの中で、私の尊敬している方です。
著書:君の涙に小さな愛を。

○とらじ様
著書:世界を壊す精霊たちー人間たちに復讐しない?ー

○梅酒様
著書:

○はな様
著書:セイギセイギ

○雪様
著書:

○亜咲 りん様
著書:*童話集*白雪姫の林檎

※間違い等ありましたらお知らせ下さい。
※現在特別企画、記念イラストの閲覧が出来ません。申し訳ありませんが、もう暫くお待ちください。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19



Re: 命を売り買いする場所。 ( No.94 )
日時: 2018/10/09 06:58
名前: 双葉アリア

感想を小説板に書くのは不適切と思い削除しました
ご迷惑をおかけしました

Re: 命を売り買いする場所。 ( No.95 )
日時: 2019/02/11 19:29
名前: とりけらとぷす

第20話【罪と報復】



「…どこで何をして来た」

そこには予想していた通りの父親の顔があった。いつものように強張った顔で、僕を見下ろしている。
父がいつものようにガミガミと説教を始めたが、そんなのは僕の耳に入ってこなかった。

僕が宮殿へ侵入したことがバレた。
父親が殺されるかもしれない。
どうして黙って帰してくれたんだ?

そればかりが頭の中を埋め尽くして、他のものが入ってくるのを断固として受け入れなかった。

「ーーー僕、」

「アルドリア・カナリオ殿に、国家からの勅令である」

大きな声が聞こえて、シフティが深刻な顔で父親を呼びに来た。

「カナリオ様、国家から使いが来ております」

「国家からだと?」

「はい…至急こちらへ。レオ様はここでお待ちください」

父親はシフティと同様真剣な顔をして部屋を出た。
窓を覗くと、宮殿から10人ほど召使いが来ていて、巻物のようなものを開き、読み上げているようだ。何と言っているのかははっきりと聞き取れなかった。
その後、血塗られたような紅い封筒を渡すのを見て、僕は窓から飛び退いた。

「あれって…まさか」

僕はあの封筒の意味を知っている。あの紅い封筒の意味することを。
先に帰しておいたのはそのせいか。僕みたいなバカで未熟な奴は帰したところで逃げたいということを想定したのだろう。その思惑通り、僕は逃げずに屋敷にいたというわけだ。
父が急いで駆けつけて来て、シフティに外で待つようにと命じて扉を閉めた。

「この意味がわかるか」

父親の顔はさっきまでの表情とは一変して、変に穏やかな顔をしていた。
いや、穏やかなんじゃない。もはや呆れ果ててどうしようもない顔だった。
僕は黙って頷いた。

「ナイフを持ってるか」

「え、ああーーー」

ナイフと呼んだのは、僕の帯刀している短刀のことだった。腰のあたりを探って、初めてないことに気づく。

「あれ…無い?」

「はぁ…。もういい」

身の回りを慌てて探す僕をよそに、父親は机の引き出しからナイフを取り出して、封を開けた。
最初からそうすれば良いものを、と溜息をつく。

「読め」

「読まなくてもわかる」

父親が差し出した紙に顔を背けると、いいから読め、と顔のすぐそばまで持ってくるので、僕は仕方なくそれを受け取った。

「ちゃんと読むんだぞ。一字一句逃すな」

「わかってる」

読んでも読まなくても同じだ。
そう思いながらも、父親が目の前に腕組みをして座っているものだから、ゆっくり目を通してゆくことにした。

『先日、アルドリア一族の御子息、レオ殿が王の間に侵入し………ーーーーーーーーーーーーーーー宮殿の資料室に放火した模様ーーーー』

は…?僕は1枚目から手が止まった。
確かに、僕は偶然エレベーターを降りてしまった為に資料室へ入った。そしてそこから会議室(手紙では王の間)に侵入した事は確かだ。
何か言おうと父親の方を見ると、いいから全て読めと合図してきたので、読み続ける事にした。

『ーーー資料室にアルドリアの紋章の刻まれし
刃物がーーーーにより発見され………ーーーー此れを以てそなたのご子息を国家への反逆者と見做す』

「…僕の首が飛ぶんだろ?父上、」

後一枚残して手を止めて父親を見上げる。残り枚は見ても見なくても同じだ。
というより、少し怖かったのかもしれない。今こうして生きている命が、この脈打つ心臓が、一瞬にして止まってしまうという現実を受け止めたくなかった。
まだやらなきゃならないことが沢山ある。
皆が平等な世を作るんだ。奴隷制度なんか無くなればいい。皆が皆、ひとりの人間として人生を全うできるように。
そのために、やっと動き出したのに。僕は僕自身で、その歯車の根を止めてしまうのか?
このままではただの独りよがりに終わってしまうじゃないか。そんなの嫌だ。絶対に。
僕の正義は確かに、現時点ではただの偽善者たる行為でしかない。だけど、それが全うされて、人々の自由が保障された時、初めて僕は僕の正義を認めることが出来る。これまでしてきたことが無駄でなかったと思えるはずなのに。これまで父親に散々馬鹿にされたことが、父親に認めてもらえるようになるはずだったのに。
こんなことで呆気なく消えてしまうなんてあんまりだ。
今にも泣きそうなのをぐっとこらえて最後の紙を見ることのできない僕を見て、父親は苦渋の表情を浮かべた。
こんな父親の顔を見たのは初めてだった。

「それを貸せ」

父親は僕から紙を奪い取って、最後の一枚を僕の目の前に提示した。

「レオ。顔を上げろ。ちゃんと見るんだ。ちゃんと見ろ!」

だんだん大きくなる声にびっくりして、僕は死刑囚の名前を嫌でも見なければならなかった。
そこに書かれていたのはーーーー。


『ーーーー死刑:アルドリア・カナリオ殿』


僕は驚いて声も出せずにいた。

「死刑執行日は明日の夕刻だ」

明日の夕刻、父親が死んでしまう?そんな馬鹿な話があるのか。
大体、一体全体、どうして僕じゃないんだ。

「…何で。何でなんだ。どうして父上が…」

「私がこうなる事は前からわかっていた事だ」

そういえば、と思い出す。会議室の中で、ルドルフとか言う大臣が時期王座を狙っていて、父が邪魔だと言っていた事を。
前々からわかっていたといえ、その時期を早めてしまったのは確実に僕のせいだ。

「父上、でも…王様はいない。ルドルフって大臣が王座を狙っていて、父上を殺そうとしているんだ!」

そこで、ふと一つの疑問が湧いて来た。
それは、父親は王族に仕える王の第1秘書出会ったにもかかわらず、王様がいないとなれば、父親は一体今日の今まで誰に仕えてきたのか、と言う事だった。

「父上…王様はいないんだ。僕は見てきたんだ!それに、僕は確かに資料室に迷い込んだ。だけど、燃やしてもないし短刀をそこに落とした覚えも…」

父親は僕が言い終わらないうちに「わかっている」と言った。

「王様はいなかった。みんなが恐れおののいていた王様はいないんだ。そんな、大臣からの死刑宣告に父上が従わなくてもいいじゃないか。それに、王様がいないのに、父上は一体今まで誰に仕えてきたんだ!」

「…王様はいる。私はそのお方に仕えてきた。時期王座はルドルフではない」

「王様はいるって、あのボロボロの王座ーーーあんなのに、王様が座っているっていうのか?父上、ちゃんと本当の事を言ってくれ!この国は、アルドリア王国だったのか?それは本当なのか?」

もう、何が何だか訳がわからなかった。王様は亡命だと聞いていたのに、父親は、王様はいると言う。その方に仕えてきたのだと。
もしかして、父親は何かに騙されていて、虚構の王様に仕えてきたのではなかろうかと言う悪い考えが頭に浮かんだ。

「どうして、お前がそれを…」

「僕は見たんだ。王座の上の獅子の紋章、アルドリアの紋章を!教えてくれ、父上。全て、教えてくれ!僕もあそこで見た事全てを話すから」

父親は明らかに動揺している様子だった。でも、すぐにいつものしかめっ面に戻って話し始めた。

「…本当は、レオ、お前が十五で元服を迎える際に全て話すつもりだった。でももう時間がない。時間のある限り全て話そうーーー」




























Re: 命を売り買いする場所。 ( No.96 )
日時: 2019/02/13 08:13
名前: マリック



ハンドパワ-!!

ウオォォォォ!!!

山田『す、すごい!!なんてパワ−だ!!』

Re: 命を売り買いする場所。 ( No.97 )
日時: 2019/02/24 11:27
名前: とりけらとぷす






ーーー遠い昔、此処はアルドリア王国だった。王宮を中心に、西をイーストリア、東をウェストリアとしたアルドリア王国は、他国とも貿易を行う盛んな王国だった。昔から王が神格化されているのは今とは変わらないが、それでも、これほどの独裁国家ではなかったという。
ところが、王が病気がちになり政権が家臣の大臣に渡った頃、ちょうど今から100年前のこと、その家臣により魔女狩りが実行された。魔女がいると言われたプレタリアという変わった人種の住む集落が魔女集落であるとされ、襲撃された。
その直後、魔女狩りを企てた家臣は何者かによって殺され、王様も不慮の死を遂げた。
王が死んだとの知らせは国民を混乱に陥らせる可能性があったため、どこからが現れたシータという白髪の若者にその政権が渡されたというが、詳細は知らない。一説にはプレタリアの生き残りという説もあるが、詳細は不明。ただ、何らかの理由でアルドリア一族が王の側近に繰り下げられたのは確かだ。
その頃から国は閉ざされ、いわゆる鎖国状態になり、今に至る。
アルドリア王国という名は消え、名もないただの王国として20年ほどは差別のない平和な国を保ったという。
しかし、魔女狩りを企てた家臣の末裔はそのことに不満を抱いていた。そして、シータ王を暗殺し、王は生きているという設定のまま、国民に困難をきたすことなく政権をものにすることに成功。頭の回る家臣だったので、暗殺されることを恐れて皆知らんぷりをした。その中に、王の側近であったアルドリア一族も含まれたという。
その家臣は現ルドルフ大臣の祖先だそうだ。
100年前、急にアルドリアが王座から外され、見知らぬ若者が王座に着いた事例をもとに、ルドルフ大臣の祖先は前々から王座に上がる機会を伺っていた。しかし、いくら政権を動かせる地位まで上り詰めたとしても、王座から外されたはずのあるドリアの家紋はいつまでも王の間に飾られていた。それに不満を覚えたルドルフ大臣は、政権だけでなく、王座までも奪おうと決意。そして、父を暗殺し、アルドリアの地位さえも奪い取ろうとしたーーー

「それじゃあ、80年前から王様はすでにいなかったということか?」

「いや、正確にいうと、王子は生き残っていた。ルドルフ一族が政権を横取りする中、アルドリアは王族の血を残そうと努めていた。王はルドルフも知らない地下の部屋へ匿われた。お前は私が誰に仕えてきたのかと言ったな。私はまさに、王の末裔に仕えてきたのだ」

「どうして、そこまでして」

「王様が、この腐った王国を建て直す唯一の光だと、代々アルドリアが考えてきたからだ」

この腐った王国を建て直す、唯一の光ーーー。

「私はこれまで仕えてきたが、もう仕えることができない。レオよ、お前の短刀が見つかったという資料室の一番奥の本棚は隠し扉になっている。そこから木の箱へ入って下へ行くと、王の末裔の部屋へたどり着くだろう。王様のことはお前に頼んだ」

「わかった。任せてくれ。その人が、国家を建て直す鍵となるなら」

「…最後までお仕えできないのが残念だ。これも、あの罪の報復だろうか」

父親のため息交じりの独り言を、僕は逃さなかった。

「…罪って?」

「ああ、私は幼い頃、罪を犯してしまったのだーーー」

そこで僕は初めて父の過去を知ることになる。
まだ元服もしていない、ちょうど今の僕と同じ歳の頃、奴隷を解放しようとして謝って人を殺しまったこと。そして、身分の高い父は祖父によって事実を隠蔽されたが、共に計画を実行した下級貴族のピエタという人は罰せられたということだ。

「…だから、お前が生まれて、私がどう振る舞ってもその馬鹿みたいな正義感を増していくのを見て、呪いだと思ったよ。あの頃の私が仕返しをしに来たんだと」

初めて心のうちを見せた父は、威厳なんて少しも感じられない、等身大の人間に見えた。
父は、あんなことが二度と起きないように、僕を他の貴族と同化させようとして厳しくしていたに違いない。貴族の嗜みを身につけ、うまくこの残酷な世を渡れるように。
僕は父の抱えていたものの重さに胸を痛めずにはいられなかった。
今まで、どんなに辛かったことだろう。僕は、どんな仕打ちを父にして来ただろうと思うと、涙が溢れて止まらなかった。
そして、こんな時になるまで気づけなかったことを何よりも悔やんだ。

「それで、そのピエタって人は…」

そう口に出した瞬間、僕の中の幾つもの線がふと一つにまとまった。

ーーー彼の本名は、ピエタ・ロマーノ。レオ様の父上様の、親友の息子です。

「ロベルトの本名は、ピエタ・ロマーノ…?」

それに、ルドルフ大臣の言っていた島の研究を任されている人の名も、確か、ピエタだった。
そして、レンツェさんの言っていた言葉を思い出す。
ーーーカナリオにお伝えください、お前は悪くないとーーー

ということは、あの時僕があった人は、ロベルトではない…?じゃあ、一体…。

「父上、その、ピエタって人はどうなったんだ?」

「わからない。私とピエタは二度と会えなくなってしまった。ある人は階級を下げられたとか、25年の島流しになったとか、ギロチンにかけられたとか、色々だ。もう行方はわからない」

「もしかしたら、僕、王宮でその人に会ったかもしれない。その人、言ってたんだ。お前は悪くないって。そう、カナリオに伝えてくれって」

「まさか…そんなはずはない。私は王宮に出入りしていたんだぞ」

「でも、いたんだ。ルドルフ大臣達の会議の中の一人に、島の研究結果を言い渡してた。その人は父上の政界からの左遷を歌っていたけれど、ルドルフ大臣は父上を殺すと言った。きっと、陰ながらでも父上を守ろうとしていたんだよ、その人は」

「そうか…お前の聞き間違いだとしても、少しは救われた気分だ」

「僕、ロベルトの所へ行ってくる。ロベルト、言ってたんだ。父上のせいで、ロベルトの父親がって。ロベルトの本名は、ピエタ・ロマーノ。今、わかった気がする。あの時、ロベルトが言っていたことが。今聞きに行かなきゃだめなんだ」

僕は立ち上がった。父上はただ穏やかに行って来いと言った。

「レオ、今まですまなかった」

部屋を出る時、父はかすれそうな声でそう言った。僕は本当の父の声に背中を押されて駆け出した。




















Re: 命を売り買いする場所。 ( No.98 )
日時: 2019/03/20 18:20
名前: とりけらとぷす



第21話【偽りの彼と秘密(2)】

灯台の階段を駆け足で登る。
ロベルトの部屋を勢いよく開けるとともに、ロベルトの驚いた顔が目に入った。

「レオ、様…」

「ノックもせずにすまない。ロベルト、話がある」

「わかりました。今はアザレア夫人も妹も不在ですから、リビングの方へ」

「いや、ここで構わない」

ロベルトの部屋に入り、ドアの内鍵を閉めた。

「初めてここへきたあの日、お前は僕が何も知らないと言っていたよな。ようやく、その意味がわかったよ」

「何なんです。一体何のことですか」

ロベルトは苦笑しながら窓の外を見た。誤魔化し切ろうったって、そうはいかない。
僕は今日、ロベルトの核心に踏み込むと決めたのだから。

「父から聞いた」

その言葉を聞いた瞬間、ロベルトの目つきが変わった。
何を、と聞かないのはきっと、それが何であるのかを彼が理解しているからだ。

「お前の本名はピエタ・ロマーノ。父上の親友、ピエタの息子ーーーそうだろ?」

「違う、と言ったら?」

「違わない。ルドルフ大臣に内通していたのはロベルト、お前だな?おかしいと思ったんだ。島に問題があるかもしれないのに、いきなり王宮へ行こうと言い出すなんて。魔女狩りだって、僕に期待しているとか言って…全てこうなるための罠だったんじゃないか。父上への復讐か?もしそうだとしたら、お前は、そんなことで満たされるのか?それで、満足か?父上を殺すことが、お前の目的なら、僕は…お前を信じた僕は、信じ合っていると思っていた僕は、どうしたらいいんだよ…」

言っているうちに、何かがポタリと床に落ちた。
こうなったのは、誰のせいなのか。父親のせい?それとも、ロベルトのせい?わからない。今となっては何を信じたらいいのかも。

「ごめん。こんな感情的になるはずじゃなかったんだ…」

顔を上げると、ロベルトの歪んだ顔があった。
はぁ、と長いため息を吐き、僕の目を見る。緑色の瞳が夕日を受けて橙色に光る。

「そうです。復讐ですよ、貴方の父親へのね。まだ10歳という齢で僕が黒だと気づけたのはなかなか頭が良い。僕の父ですか?ああ、あの父親が何と言ったか知りませんが、貴方の父親のせいで僕の父がどんな酷い目にあったことか。何です、話しますか?今更?貴方に話したことで何かが変わるとは思えませんね」

「ロベルトの父親は、生きてる」

「は?何を言っているんです。僕の父親はずっと前に過去にかこつけて王宮へ呼び出され、過酷労働の末、死んだんです。母は犯されて、生まれたのが今の妹です。母は妹を産んだ時に死にましたし、それから僕は孤児院へ入れられました。里親になってくれたのが、アザレア夫人ですよ。僕の家族を壊したのは、あの男だ。貴方の父親なんですよ!毎日毎日、僕は貴方の父親を憎み続けてきた。この気持ちが、貴方に理解できますか。大切な家族を壊された、僕の気持ちが、貴方に理解できるのか!」

ロベルトの拳がテーブルに降り注ぎ、酷い音を立てた。
ロベルトの過去は僕の想像を遥かに超えておもいものだった。僕は、父上のせいでロベルトの父親が罰せられたことを恨んでいるのだと思っていた。だけど、それだけじゃない。ロベルトの母親も酷い目にあっている。そして、それで妹が生まれた。母親が死んだ。
僕の父親を恨むのは、当たり前な気がした。殺してしまいたいくらい、辛かったんだろう。
胸の辺りがじんわり痛んだ。本当に心は心臓の辺りにあるのだと実感する。
僕にはきっと理解できない。理解できないに決まっている。
僕が父上に敵意を抱いていただけで、それ以外は何不自由なく暮らしてきた。何かを失うのはきっと、これから起こることが初めてだ。
僕は静かに首を振った。

「そんな目で見ないでください。同情なんて要らないんですよ!もう、沢山だ!」

僕に浴びせる酷い罵倒は、もう、あの頃のロベルトでは無いようで。
きっと、これが本当のロベルトーーーいや、もう一つの顔、ロマーノなのだろう。
でも、本当に?僕の見てきたロベルトは、本当に全部嘘だったのか?
僕の前に映る彼は、目の辺りを真っ赤に染めて俯いていた。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。