ダーク・ファンタジー小説

怖い恐い話
日時: 2017/07/06 13:54
名前: 兎妬

『 窓 』

私は換気以外、窓はあんまり開けない方だ。
なぜかというと、怖いのだ。窓を開けると入ってくるのは風だけではないから。霊感がある私にとって、窓を開けると入ってくるのは空気だけではなく、もう人間ではないものが入ってきてしまうだ。私は今まで、そういうものを何度も見てきている。ほとんどは何かを語りかけてきたり、記憶を見せてくるだけだが、襲ってきたりするのもいた。
その時から、私は窓を換気をするとき以外は絶対に窓は開けないようにしていた。すると、人だったものは全く入ってこなくなった。それで安心していた。

それでいいと思っていた。

それで解決したと思っていた。

私は浅はかだった。

幽霊と名前は変わっても元は「あれら」も私たちと同じ人間だったのだ。

窓をほとんど閉めきるようになってから入ってこなくはなった、けど窓の前に佇んだり窓を叩いたりとしてきた。でも、そんなことは予想の範囲内なのでこちらが気にしなければ全然問題なかった。窓に佇んでいるならカーテンを閉めればいいし、叩いてくるならばイヤホンを付けて音楽を流せばいいだけだった。これで問題はなかったのだ、なかったはずなのだ。でも、その日はいつもと違った。
その日の夜、私はいつものように服を寝巻に着替え布団に入った。窓の外に何かの気配を感じつつも、窓は開けずにそのまま眠りについた。
その夜、私は夢を見た。夢の中で私は自分の部屋にいて、まさに寝る直前だった。まるで巻き戻したビデオを見せられている感覚だった。布団に入り、寝ようとする。けど、夢の私は違うことをした。寝ようとしていたのになぜか起き上がって、おもむろにカーテンを開けた。カーテンを開けると窓にはある一人の女性が立っていた。その人物を見て私は目を見開いた、そんなはずはないと思いたかった、でも目の前にはなんど目をこすってもそこには同じ人物がっていた。母さんだ、あれは間違いなく私の母さんだった。窓の外に立って自分を見ているのは忘れもしない、私の母さんだった。
母さんは四年前に病気で亡くなっている。昔から体が弱かった母さんには病気なんて耐えられるはずがなかった。母さんは生前と変わらず優しい笑顔を私に向けていた。久々に見る母さんの笑顔に目が熱くなり、少し泣きそうになる。それが母さんにも見えたのか、母さんは心配そうに私を見ている。窓越しでなく、目の前にいたらきっと私のことを抱きしめてくれるだろうな。母さんはとても優しいひとだったから。
そこで、目は覚めた。
身体を起こし、カーテンを閉めきった窓を見る。まさか、あれはただの夢であって現実に母さんはそこにはいないのだ。母さんには亡くなってから一度も会ってないのだ。だから、いるはずはない。確かに、あの優しい母さんなら霊感がある私のことを心配してきてくれているかもしれない。あの優しい瞳で、また私を見てくれるかもしれない。
でも、亡くなってから一度も会いに来てくれていないのだ。きっと居るはずがない、けど先ほどから何かがいる気配が消えない。きっと違う、そうに違いない。窓から目を離せない。夢に出てきた母さんの優しく、暖かい笑顔が頭に浮かんでくる。
少し開けるだけなら、少しくらいなら大丈夫だろう。母さんでなかったらすぐに閉めればいいのだ。そうだ、少しだけ開けるくらいなら…。ゆっくりとカーテンに手を伸ばし、窓の鍵の部分に触れる。カチャ、と音がしてゆっくりと窓を開けた。するとカーテンの隙間から見慣れた服と肩まで伸ばした髪が少し見え、耐えきれずカーテンを勢いよく開けた。


「 や っ と 開 け て く れ た の ね 」


そこにいたのは母さんではなく、見るも絶えないほど見た目が酷い女だった。
肩まで伸ばした髪はべたべたと粘っていて、ものすごく傷んでいた。そして、母さんと同じ服を着ていたけれど服もしわだらけで、物凄く汚れていた。顔はあの優しい母さんな訳はなく、クマやシミやニキビなどがたくさんある本当に酷く、恐ろしい顔だった。

「 や っ と は い れ る 」


体の中に自分ではないものが入ってくる感覚を最後に、私の意識はなくなっていった。



この物語はフィクションです、またこの物語は自作です。








初めまして、ここまで読んでくださりありがとうございます。この物語を作った兎妬(とと)と申します。
ホラー小説や怪談話が好きでして、その手の話をよくネットで漁っています。また、私が言うのも恥ずかしいのですが自分も少々霊感はある方だと思っています。あまりはっきり見える方ではありませんがそれなりの心霊動画や、話を聞いていると頭痛に襲われたりすることがあります。
そんなことはさておき、どうだったでしょうか。初めて書いてみたのですが書いていて、楽しかったです。
一応、短編集ということで合っているのでしょうか。短く、怖い話をちょくちょく書いていくつもりです。
では、ここらへんで今回は切らせていただきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。



目次はこちら >>23

Page:1 2 3 4 5



Re: 怖い恐い話 ( No.21 )
日時: 2017/07/01 07:14
名前: 阿修羅

コメント失礼します。

覚えているでしょうか?お久しぶりです。阿修羅です。
多分…覚えてないかと思いますが…

久々に読ませて頂きました。コインロッカーベイビー、子供の親への切実な願いがとてもかわいそうで、最後の女性の遺体に綺麗な花が添えられていたシーンでは、泣きそうになりました…。

どんなに酷いことをしても、その子にとっては親に変わりないし、自分の大好きな人なんですね…。いっしょにいられるなら、手段も問わない…。

どこか悲しげで、ゾクッとするお話…とても気に入りました。

コメント失礼しました。


阿修羅

Re: 怖い恐い話 ( No.22 )
日時: 2017/07/06 13:30
名前: 兎妬(コメ返し)

94虎さん

コメントありがとうございます。子供というのはいろんな意味で純粋なので今回はそれをうまく活用してみました。感動していただけて何よりです、これからも頑張ります。


阿修羅さん

コメントありがとうございます。もちろん覚えています、また読んで下さってありがとうございます。おいていったことへの恨みはありつつも、この子は人の子だったので、やはりままという存在が必要だったんですね。きっとあちらで今度はたくさんままに甘えているかもしれませんね。気に入ってくださったようで何よりです。

目次 ( No.23 )
日時: 2017/07/14 17:07
名前: 兎妬

ゼロ 窓 >>00
ヒトツ目 しいちゃん >>01
フタツ目 修学旅行 >>02
ミッツ目 紅い女 >>03
ヨッツ目 玩具 >>09
イツツ目 コインロッカーベイビー >>16
ムッツ目 コインロッカーベイビー 後編 >>19
ナナツ目 佐藤さん >>24
ヤッツ目 お前のせいだ >>25

Re: 怖い恐い話 ( No.24 )
日時: 2017/07/06 16:05
名前: 兎妬

『佐藤さん』

わたしの名前は、佐藤紅音。このマンションに住んでいるあの子の母親の姉。妹が生前に「自分が死んだらあの子のことを傍で見ていてほしい」と頼まれた。そして、妹はあっけなく逝ってしまった。あんなにも息子のことをかわいがっていて、孫を見るまでは死なないと豪語していたのに。人間とはとてもあっけないんだと思った。
妹が死んでから、あの子はおばあちゃんたちが引き取った。そして大学生になり、このマンションに一人暮らしをはじめた。私は妹の言葉を思い出し、このマンションに住むことにした。妹の大事な息子を、傍で見守ることが私がしてあげられることだから。だから、あの子が大学に行くときは後ろからついていったし、帰るときもちゃんと帰れるように見守っていた。不審者が出れば、私が排除した。あの子に怪我をさせるわけにはいかないの、だって大切な子なんだから。だから、私の手がどれだけこのワンピースと同じように、赤く紅く染まろうと気にしない。妹がやっとの思いで、産んだ大切な子だから。
でも、人間って酷い。私はあの子が無事に帰れるように、不審者を排除しているのに私が不審者扱いだなんて。むしろ褒められることだと思うけど。まあ、どう言われようといいのだけれど。
そして、その日もまたいつものようにあの子の後ろを見守っていた。でもあの子はいつもと違った。私の存在に気づいた。私は慌てて先ほど買った夕食の食材を見せて、説明した。いつも気づかなかったあの子がどうして気づいたのだろう、絶対いつも気づかれなかったのに。私はあの子を見送った後、盗聴器を確認した。あの子に危険が迫ったら、いつでも駆けつけられるようにあの子には盗聴器を仕掛けてある。どうやら大学で友達から聞いたようだ。なるほど、確かに大学でそんな噂を聞けば後ろも気にするようになる。

次の日、あの子の友達がいなくなってしまったそうだ。あの子と仲良く話していたから、あの子もとても心配していた。可哀想に、私もあの子が心配だと心配になる。そういえば昨日の夜いなくなったらしいけど、私がいつも使ってる包丁から変なにおいがし始めたのも、昨日からだったっけ。まぁ、あまり深く気にしなかった。そして次の日もその次の日も、私はあの子を見守った。心なしかあの子が日に日にやつれていってるように見えた。ちゃんとご飯を食べてないのかな、それとも何か悩み事はあるのだろうか。朝、大学に行くあの子に何気なく声をかけてみた。聞くと、自分の周りの友達が次々といなくなっていき、深く悲しみ大学ではいい目で見られてないと言う。
私はあの子を悲しませている「不審者」を探し出すことにした。あの子の悲しみの原因を立ち去らなければ、でも中々不審者は見つからなかった。いつもなら、すぐに見つかるのにその不審者だけは、いつまでたっても見つからなかった。とうとうあの子は大学に行かなくなってしまった。ご飯も食べず、部屋でひたすら泣いていた。私はあの子を元気づけようと、夕食の買い出しに行った。あの子の好きなものはオムライス、妹が生きていた頃よくあの子に作っていた。さすがに母の味は再現できないかもしれないけど、きっと喜んでくれるはず。
そして、食材を選んでいたらすっかり暗くなってしまった。夜道を一人で歩いていると、明らかに自分の足音とは違う音が混じっていた。私が足を早めると、もう一つの足音も早まった。このまま振り切ってしまおうか、それとも消そうか。護身用にナイフなら常備していた、でも純粋にどんな人か気になった。なので、思い切って振り返ってみた。すると、そこにはやつれたあの子が立っていた。びっくりしている様子のあの子に声をかけると、あの子も買い物をした帰りのようだ。片腕を後ろに隠しているけど、ビニール袋の音が丸聞こえだった。同じマンションに住んでいるのだから、確かに帰り道は一緒だった。せっかくだからご飯をごちそうすると言って、マンションへ帰ろうと後ろを振り返った瞬間、背中の真ん中に重い衝撃が来た。そして、鈍い痛みがじんわりと広がっていった。背中が熱くなり、後ろにいるあの子を見る。あの子は泣きながら、私を睨んでいた。なんで殺したんだと叫ばれた時、私は気づいた。不審者は私だったのだ、最初から不審者なんてどこにもいなかった。私はこの子に近づいた人を無差別に消していただけ、勝手に不審者と頭の中で決めつけていた。
あぁ、この子が怒るのも当たり前だ。この子の友達も、全て私が消したんだから。どうしてこうなったのかな、最初は見守ってるだけだったのに。どこでおかしくなってしまったのだろう。いつからか、私はこの子を「守る」ことをはき違えてしまったようだ。ごめんね、こんなことになってごめんね。向こうに行ったら、妹にどんな顔をすればいいのかな。なんて呑気なことを考えているうちに、意識がどんどん遠のいていくのがわかった。

「なんでだよ、いつも見守ってくれてたじゃねぇか。紅音、おばさん…」


人間って、本当にとても呆気ないのね。


この物語はフィクションです、また自作の作品です。

こんばんは、どうも兎妬です。今回は紅い女のサイドストーリー(?)となっています。あんまりまとまっていない感じでしたらすみません(;'∀')
なんというか、作品に間が空きすぎて佐藤さんがどんな感じだったか忘れるというプぷちハプニングと戦いながら書きました(自業自得です)
そのおかげで全然怖くなくなってしまった感じがありますね、もっと精進いたします。
ここまで読んで下さり、ありがとうございました。

Re: 怖い恐い話 ( No.25 )
日時: 2017/07/14 17:05
名前: 兎妬

『お前のせいだ』


夏、私はおばあちゃんの家に遊びに行きました。私のおばあちゃんはとても怖い話が上手で、夏に遊びに行く度に苦手だけれどよく聞きました。その夏もおばあちゃんに話を聞かせてとねだりました。

「じゃあ、おばあちゃんが体験した話を聞かせてあげる」

昔、私はよく友達とかごめかごめをして遊んでいたの。私が子供の時代はゲーム機とかそんなものはなかったの。それでね、かごめかごめだけじゃお面白くないから私たちも、罰ゲームみたいに負けたら何かをするっていうのをやっていたの。それで、その時は近所に有名な廃墟があったから負けたら一人で行くっていうのをやっていたわ。

「かーごめ、かーごーめ、かーごのなーかのとーりーは、いーつーいーつでーやーるーよーあーけーのーばーんーにー、つーるとかーめがすーべったー
うしろのしょーめんだーあれ」

「あーあ、はずれちゃった」

その時、廃墟に行くことになったのはさとこちゃんっていう子なの。さとこちゃんは、少し怖がりだけど廃墟でもずんずん進んでいく子だったの。だから、少しだけ怖がっていたけれどでもどんどん中に入っていったわ。私たちは、廃墟の前で待っていたのだけれど夕方になっても帰ってこなくて、中に迎えに行こうかと思っていたの。そしたら、中からいきなりさとこちゃんが走ってきたの。出てきたさとこちゃんの顔は物凄く怯えていて、身体がとても震えていたわ。何を見たか聞いても何も答えてくれなかったの。ただ、ずっとあることだけ呟いていたの。

「私は悪くない、私は悪くない、私悪くない」

そして三日後、さとこちゃんは行方不明になってしまったわ。警察にも言ったのに、いくら探しても見つからなかったわ。でも、しばらくしてあの時遊んでいた私たちで集まって、さとこちゃんがいなくなった原因に心当たりが出てきたの。それが、あの廃墟。思えばあの廃墟に行ってから、さとこちゃんの様子は変わっていってしまった。ずっと何かに怯えていて、何かに憑りつかれたようだった。私たちは勇気を振り絞って、廃墟に行ったわ。
とても怖かったわ、でも皆で一生懸命さとこちゃんを探したわ。そして廃墟の奥の部屋、とても静かだった。それがすごく怖くて、皆で手を繋いで入ったわ。そしたらそこに、さとこちゃんがいたわ。

「え?さとこちゃん生きてたの?」

「いいや、いきていなかったよ」

「でもいるって…」

「そう、いたの」

「じゃあ、どうやっていたの?」


「天井の骨組みのところに、首を吊って死んでいたわ。何故か風が吹いてさとこちゃんの顔が見えたわ、とっても腐敗していたよ」


「だからって…なんでこんなところ来るのよ〜、翠」

私は、あの話を聞き居ても立っても居られなくなり実際に廃墟に来てしまった。さすがに一人は怖かったので、友達も連れてきた。しかしおばあちゃんが子供の頃にあったのに、まだ残っていた。古びていて、いかにも出そうな雰囲気だった。
恐がってる友達を引き連れつつ、廃墟に足を踏み入れた。中はとても寒くて、夏とは思えない気温だ。廃墟は木造で出来ていて、足を踏み出す度にぎしぎしと音がしていた。けれど、特に心霊現象が起きるわけもなく私たちは、奥へ奥へと進んでいった。そして、一番奥の部屋に足を踏み入れようとした。

すると、いきなり背後に気配がした。振り返ってみると、小さな女の子が立っていた。私たちは悲鳴を上げて逃げた、逃げている途中ではぐれてしまい私は一人になってしまった。勢いで入った部屋の隅に縮こまり、震えていた。
しばらくして、部屋のドアが開いた。そこから女の子が出てきて、段々私の方に近づいてきた。私の目の前に立ち、私をまっすぐ見つめていた。そしてゆっくり口を開き、ニコッと笑い私にこう言ってきた。

「お前のせいだ」

何度も何度もお前のせいだとまるで拷問のように連呼された。私はそれに恐怖し、無意識のうちに私は悪くないと、あの話のさとこちゃんのように言っていた。


「どうしよう、お母さん。あの子出かけたきり帰ってこないの」

「どこにいったの?」

「それが、翠の友達に聞いたらお母さんが言っていた廃墟に行ったらしいのよ。怖くなってはぐれちゃったから急いで戻って探したんだけれど、どこにも翠がいないの」

「…?あの廃墟に行ったの?」

「うん、どうかしたの?」

「おかしいね…あの廃墟」


「もう、何年も前に取り壊されたはずなんだけどねぇ」






「次のニュースです。×日から行方不明になっていた○○翠さんが、昨夜遺体で発見されました。遺体には首に縄で締め付けられた痕が見られ、死因は窒息によるものとみられます。
当時、翠さんがいた場所は辺りに民家もなく人も通らなかったとのことです。警察は、自殺とみて捜査を進めるそうです」


この物語はフィクションです、また自作の作品です。

こんばんわ、兎妬です。書いてから思ったのが、こちらの方が前より怖かったかな?みたいに思ってしまい、なんとも言えない兎妬です。こういうホラー小説を書いてるとき、明らかに無音はとても書きづらいです。なので、私は心霊スポットに行く動画とかをよく聞きながら書いています。怖いBGMを聞くのもいいですが、それだけではなんか寂しいんですよね。怖いBGMがかかっていて、かつ人の怖がっている声だととても小説が書きやすいんですよね。不思議(ドSとかじゃないです苦笑)
今回はいつもより短めになりましたが、少々読みやすかったでしょうか?読みやすかったら幸いです。
ここまで読んで下さり、ありがとうございました。

Page:1 2 3 4 5



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存