ダーク・ファンタジー小説

あなたと私が刻む夏【ストラグルタブーサクリファイス感想ここで
日時: 2017/03/02 23:01
名前: 狂yuki

山に面した小さな村、深野村

1972年、夏

何もしなくても汗をかくほど、暑い。小学生がかけっこをしながら家に帰る。
「俺んち、カブトムシ捕まえて飼ってるんだ!」
「いいないいな、見てえな!おい、吉村んち行こうぜ!」
「よっしゃ、行こ行こ!」


その脇を、一人の孤独な女子高生が通る。
夏目 美夜子(なつめ みよこ)。
美しい艶のあるオレンジ色のロングヘア。とてもよく似た顔の妹が一人いる。
だが、その妹は美夜子のように塞ぎ込んだ性格ではない。誰とでも仲良くなれる。


それでもたった一人、帰り道に影を落とす美夜子に話しかけてくれる少年がいた。
神谷 霧人(かみや きりと)
少し長いくらいの黒髪。容姿は真面目だが、クラスの男子の中では一番親しみやすい。

「……霧人君。どうしたの?そんなに急いで…」
「…ぁああ…、追い付いた…。一人じゃ寂しいだろ、一緒に帰ろうぜ」
「……ぁ……ぅ」
「んえ?」
「…ぁりがとぅ……」
「ちょ…、いいって。気ぃ使ってるとかそんなわけじゃなくてさ、ホントにお前、いつも一人だから…」
「だって私、…他の女の子みたいにチョコレート作るの上手くないし、…それにほら、地味だしさ…」
「ん〜、そうかな…。俺はお前、すっごくいい奴だと思うけど」
「…………へ?」
「だってさ、倉田とかに妹と比べられても、お前はお前を貫いてんじゃん。
俺なら自分曲げちゃうかもしれないってのに。凄いよ」
「……霧人君がそう言うなら、そうなのかな」
「そうだよ。……あ、そろそろ家着くな。じゃあ…美夜子、また明日な!」
「……ぁ…………うん………」

一人、取り残される。
バス停前。
地蔵の頭に雨粒が落ちる。
傘を忘れた。それでもバッグの中を探る。やはり無い。
仕方無く、小さなバス停で雨宿りする。ボロボロのトタン屋根が頼りない。

時刻表を見る。お金がないからバスが来ても乗車出来ないのに。

バスが来る。だが、運転手が「またか」と、呆れた顔をして通過するのが分かった。
ここで雨宿りをするのは何回目だろう。それでも、霧人君が来てから、その数は減った筈だった。

霧人君は、とても優しい。だから皆から好かれる。
正直、皆から好かれる霧人君を見るのは嫌だった。
私の一部が消えてなくなるようで。存在が否定されているようで。
私は、私を受け入れてくれる霧人君が好きだから…。私の外にいる霧人君を見ると、胸が苦しくなった。

雨がやんでもいないのに、美夜子はおもむろに立ち上がり、
雨の中を帰ろうと歩き出した。

昼過ぎなのに空は暗い。ザアザアと雨が降り、田んぼを潤す。
そして、美夜子の心を枯渇させていった。


次の日

霧人は珍しく学校を休んだ。これまで一度も休みがなかった霧人の突然の欠席に
クラス全員驚きを隠せなかった。美夜子は、一日中、頭が真っ白なままでいた。

「なあ夏目。霧人の奴何で休みなんだ?仲良しだから知ってるんじゃないか?」
「…いや…私は知らないよ」
「神谷君、何でお休みなの?珍しいよね…」
「…うん…」

**********

その日の帰り、霧人の家を訪れた。
「……ぁぁ、美夜子…。来てくれたのか…。いや、ちょっと今日、風邪でさ…」
「……ぁ、…大丈夫…?」
「んん、…お前が来てくれたから…大…丈夫…はは」
「クラスの皆、心配してたよ?早く治…」
「お前は?」
「………え……?」
「お前は…その………、……ぁあ、やっぱりいいや。じゃあ、その…、今日はありがとな…」
「……うん」

そして、美夜子はまた、バス停で物思いに耽って、そしてゆっくり、家に帰った。

続く

Page:1 2 3



Re: あなたと私が刻む夏 ( No.7 )
日時: 2017/02/21 15:12
名前: フランドールX

明るい作品かと思ったら、、、
ここから怖くなりそうですね

Re: あなたと私が刻む夏 ( No.8 )
日時: 2017/02/22 20:07
名前: 狂yuki

美夜子は、1973年3月1日、魔弥を呼び出した。
呼び出した場所は、「ズグの社」
ズグとは深野村に伝わる三人の土地神の中の一人で、
幼い男女の姿に化けて夜に現れるとされるという。

魔弥が、美夜子の後ろ姿を見つけて言う。
「どうしたの、みーちゃん」
その声に、美夜子が振り返って、答える。
「……うん?」
しかし、美夜子の顔は、異常な殺気を帯びていた。魔弥が思わずビクッとする。
「…っ、ど、どうしたのみーちゃん!?」
「…ぁ、……ぅ、ん……」
体をフラフラ揺らしながら、魔弥に近づく美夜子。
スカートの懐をまさぐる。出てきたのは
「………ぇ……ナイフ……」
あまりの恐怖に思わず笑う魔弥。
「…ぁぁぁ…ぁ、あ、あ、ははは、あははは…悪い…冗談よね、みーちゃん。どうしたの…いきなり…」
「……………ぅぅぅ…………」
「……ねぇ、話がある…なら………き、聞…く、よ…?……」
「ぁ…たを殺…て……」
魔弥の言葉など一言も聞かずに美夜子は詰め寄る。
「……ねぇ、やめて、みーちゃん。私達…友達じゃない!」
「……………ぅぅぅ………」
「だから………や、………やめてよ!こんなこと!こんな悪ふざけ、何もおも…」ドスッ
ここで魔弥の言葉が止まった。

美夜子が、ナイフで魔弥の腹を刺した。血が溢れる。
魔弥は咄嗟にナイフを抜こうとする。自分の血で、その手が赤く染まる。

「…がはっ!……ぅう…あ"……ゲホッゲホッ」
美夜子はナイフを引き抜き、今度は脚に突き刺す。
ドスン
「あ"ぁ"ッ……!」
魔弥は舌を出し、目を上に向け、ヒクヒクと震えだした。
美夜子は、魔弥の脚に突き立てたナイフをグリグリと動かし、脚を抉る。
「あがあああああああッ、いああっ…うああああああああああッ!?」

グジュグジュと、湿った音がする。


美夜子はその魔弥を見下ろし、そして胸を刺す。
「…………ぃゃぁあああああああああッ!もうやめてええええええッ!!!!」
泣き叫ぼうとする魔弥の口をハンカチで塞ぐ。
白いハンカチが赤く染まる。魔弥が友達の証としてくれた白いハンカチ。
ハンカチで口を押さえている方の手が、魔弥が痙攣を起こす度に揺れる。
胸に刺したナイフを腹に向けて動かす。
痙攣が強くなる魔弥の体。その体の暖かさを感じつつ。
「……」
無言で魔弥を痛めつけ続ける。
「ッーーーーーーーーーーーーーーッ!!!!!!!!!!!!」
口を押さえているので、必死の悶絶も聞こえない。
ハンカチごしに魔弥の呼吸が伝わる。
声を出そうと必死で呼吸しているのが分かる。

腹に達したナイフは、腹の肉を抉り、彼女の腸を露呈させた。
魔弥が先程より大人しくなる。目には涙と絶望を浮かべている。
ハンカチが魔弥の唾液で濡れている。それを取る。唾液が糸をひいている。

腹の肉を剥がす。
「………………ぅぁ……ぃ、…ぁ……」
魔弥が手を僅かに動かす。最後の抵抗だろう。だが、美夜子は片手でその手を押さえつける。

魔弥の、美しいピンク色の腸。美夜子はそれを掴む。
ニュルッ
柔らかい。手に血がつく。
それを、握り潰す。

ブチュン

ビクン。と、魔弥は一回だけ痙攣を起こした。しかし反応はほぼない。
美夜子は魔弥の腸を全て引っ張りだしはじめる。

その時にはもう魔弥は死んでいた。涙と唾液で顔が濡れている。

内臓を全て抉り出し、次は心臓。
動かなくなった心臓を掴み、ナイフで抉り取る。
その心臓を、「ズグ様の井戸」に投げ捨てた。
「ズグ様の井戸」は、ズグが連れ帰ってきた死者の臓物を喰らう場所とされる。

最後は頭だ。目を抉り取る。頭を、地面に埋まった「御砕きの岩」で砕く。
「御砕きの岩」は、ズグが連れ帰ってきた死者の頭蓋骨を粉砕して脳を飲みほす場所だ。
眼球は、「千里の祈り箱」に入れる。「千里の祈り箱」は、死者の肉体の一部と引き換えに
誰かが幸せになるという、いわば呪いの賽銭箱だ。

残った肉体と臓物を、大きな風呂敷で包み、社の後方、「肉喰らいの小山」に埋める。
「肉喰らいの小山」も、ズグの死体食いの場だ。

こうして美夜子は、死と願望成就の神、ズグに魔弥の全てを捧げた。
全てを誰にも見られずにやり終え、美夜子は汗を拭いた。
冬なのに汗をかいたのは何年ぶりだろうか。
いつもに比べて気温が高かったというのもあるが、重装備と重労働のせいでもある。
「…ぅ………ぅ……、……ん…ふふふふ」
美夜子は笑いはじめる。
「………ん………ふふふふふふふ、ふふふふふ
……ぁは、ぁ、ああぁあ、あははははははははは、ハハ、アハハハハハハハハハハハハハハハ!!!!!」
全てを終えた。吹っ切れた。理性などとうにない。
ナイフを持ったまま、ひたすら、狂ったような顔で笑う。
「これで霧人君は私のものなんだああああああっはっはっはははははは!」

美夜子は、霧人への愛が人一倍強いことに再び気づいた。
「待ってて、霧人君。私は、絶対あなたを離さないから」

続く。

Re: あなたと私が刻む夏 ( No.9 )
日時: 2017/03/02 22:11
名前: 狂yuki

美夜子は霧人の家を訪れた。

インターホンを鳴らす。出ない。

「...」

美夜子はハンマーを持ってきていた。
扉をぶち破る。
両親がいたとしても、殺せばいい。
もう、理性などない。あはは

廊下をよろめきながら歩く。
電気がついていない。

「あは、あは、あははは、あ、ははははは」

美夜子の笑いが凄絶さを増す。
「あっははははははハハハはははははハははははははははは」

階段を上る。一段ずつ、踏みしめて。

霧人君、もうすぐ会えるね。私達、また、会えるね!!

そして、霧人の部屋の前。

ノックをする。出ないと分かっていても。
そして、

「あああああアアアああああアアアアああアああアアあアア!!!」

ハンマーでまた、扉をぶち破る。

するとそこには



ギシ

ギシ

ギシ


「キィャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ!!」

霧人は首を吊っていた。
目が死んでいる。だが、どこかに復讐心が見える。

「イヤ...イヤ、何、で、よ?イヤアアアアアアアアアアアアアアア!」

足元を見る。
そこには、遺書があった。

「この世界に絶望しました。私は新な世界に逃げます。」

美夜子は何のことか見当もつかなかった。
だが、目の前の死体に心を破壊された。

そして、

キリ

キリ

キリ

キリ

世界を捨てろと言わんばかりに、

キリ

キリ

キリ

キリ
苦しくなる

キリ

キリ

キリ

キリ

刹那、美夜子は喉に凄まじい熱を感じた。

美夜子の首から、血が吹き出た。
美夜子の手には、カミソリがあった。

私も...その世界に、逃げさせて...

魂が異空間を泳ぐ。
崩壊と、悲しみと、勇気の世界へ...


終わり


『ストラグル』禁断の、破滅した世界へ続く

Re: あなたと私が刻む夏 ( No.10 )
日時: 2017/05/14 15:01
名前: 狂yuki

この物語は、地球が宇宙生命体に侵略された『ストラグル』の世界に続きます。
『あなたと私が刻む夏』の世界に絶望した主人公達が逃げ込んだ世界が、ストラグル タブーサクリファイス編の少し前の世界です。
この物語については、タブーサクリファイス編終了後に。
美夜子や霧人がやって来るその頃に、拓徒達が生きているのかも、注目です。

ではまた、ストラグルシリーズで。

あなたと私が刻む夏【ストラグルタブーサクリファイス感想ここで ( No.11 )
日時: 2017/03/03 00:02
名前: フランドールX

この物語がアレと繋がる?

Page:1 2 3



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。