ダーク・ファンタジー小説

第二の人々【完結】
日時: 2017/08/26 00:08
名前: ももた

檻の中で飼われる虎は、虎ではあるが、虎的ではない。

ならばきっと、箱庭に閉じ込められた僕たちは、人間ではあるが、人間的ではない。

箱庭の中の幸せに満足して、それを受け入れる人もいるだろう。

でも、僕は、理不尽なこの世界に、抵抗してみせる。

***

初めましての方は初めまして。ももたです。普段は複ファにいます。
こちらで書かせていただく小説は、思いつきで書くものなので、分かりづらい・拙い・中途半端の三拍子そろってます!一応結末も考えているんですが、多分「それで?」って言いたくなります。設定もガバガバです。
グロい表現はないと思いますが、胸糞悪くなるお話です。苦手な方はブラウザバック。

【目次】

第1章:幸福……>>1-3
第2章:疑念……>>4-7
第3章:真実……>>8-9
第4章:脱出……>>10-12
あとがき……>>13

【登場人物】

アイザック・バリスター(16)
エリア9に住む少年。出身はイギリス。白人。穏やかな性格で、頭はキレる方。幼なじみの2人と何不自由なく育ってきた。

シノヅカ・ノゾミ(17)
エリア9に住む少女。出身は日本。東洋人。常にクールで、幼なじみ3人のうちのまとめ役。謎めいた部分がある。

ダン・ベルマン(19)
エリア9に住む少年。出身はアメリカ。黒人。明るく、病気とは無縁そうなほどの筋肉バカ。年上のくせに頼りない。

ワン・シンリー(享年10)
エリア9で3人と共に育った少女。6年前に病死している。出身は中国。東洋人。無口な少女だった。

Page:1 2 3



Re: 第二の人々 ( No.9 )
日時: 2017/08/06 18:15
名前: ももた

「でもさ、発信機があるとして……そんなもん、見当たらねえぞ?」
ダンは身体中をかきむしるように調べる。しかし、怪しい手術痕などは見当たらない。手当たり次第に調べようとするダンに対して、アイザックは冷静に呟いた。
「逆に考えよう。発信機があるなら、頻繁に電池を取り替えなきゃいけない……」
ノゾミは少し考え込む。
「月に一度の健康診断……それなら取り替えるチャンスがあるわ」
「そうだね、でも……」
問題は、どのタイミングで取り替えているのか。アイザックは健康診断の時の様子を、脳内で再演する。
(最初に目、鼻、喉、耳の検診……心拍数を図って……それから……)
「爪だ……」
アイザックが呟く。
「つ……爪?」
「なるほど……そういうことね……」
勝手に納得を始める2人に、置いてけぼりをくらったダンは狼狽えた。アイザックは彼をなだめ、説明を始める。
「ダン、人間には癌にかからない体の部位が2つあるんだ。1つは髪の毛、もう1つは爪」
アイザックの言葉を継ぎ、今度はノゾミが説明する。
「私たちの体をドナーとして提供するなら、移植の必要がほとんど無く、体に変調をきたさない部位に発信機を付けるべきなの。指先なら、血中の酸素濃度を測るときにパルスオキシメーターを取り付けるわ。検査のふりをして電池を取り替えていたのね……」
言われてみて、ダンは人差し指の指先を確認する。全く気にしたことはなかったが、言われてみれば、他の指に比べるとその指だけがコーティングされているように見えた。
「でも、発信機の場所は分かったけど、どうやって取り外すんだよ……まさか、切るのか?」
ダンが怯えた声で問いかける。アイザックとノゾミは、思わず吹き出してしまった。
「大丈夫よ、ダン。おそらく発信機は、爪の上に糊付けされている状態なのよ。薬剤を使ってそこだけ剥がせばいいわ」
ノゾミは笑って、ダンのベッドから立ち上がる。
「そうと分かれば、脱出の準備に取り掛かりましょう。発信機は私がどうにかするわ。2人は脱出経路を考えてちょうだい」
ノゾミはそう言い残し、ドアを閉めた。廊下に出ると、壁に背中を預け、少しばかり天井を仰ぐ。
「楽しかったなぁ……もう、お別れか……」
部屋の内側から聞こえてくる2人の話し声を名残惜しげに聞きながら、ノゾミはとうの昔に一人部屋になってしまった自室へと向かった。

Re: 第二の人々 ( No.10 )
日時: 2017/08/12 20:24
名前: ももた

第4章:脱出

脱出の準備は、順調に進んでいた。当分の間の食料に着替え、貨物飛行機の運行予定、発信機の取り外しもめどが立っていた。そんなある日、アイザックが言った。
「ねえ、シンリーのことはどうしよう?」
その名を聞き、ダンとノゾミは作業をする手を止めた。
「もちろん、連れて行こうぜ!居場所だって分かっているんだし」
「そうね、反対する理由がないわ。でも問題は……」
「シンリーが脱出を拒否した場合……か」
十分に思慮分別のついている3人と違い、シンリーは6歳の少女だ。3人の言葉を受け入れてくれるかどうかは疑問である。
「アイザックはどうしたいの?」
考えあぐねているアイザックに、ノゾミが問いかけた。
「僕は……連れて行きたい!ここに残して死なせたくない!またシンリーが死んでしまうのは嫌だ……」
「なら、そう言えばいいんじゃない?」
ノゾミは優しく微笑んだ。ノゾミの言葉に背中を押されたのか、アイザックは力強く頷く。そしてまた3人は、脱出の準備を再開した。

***

アイザックは綺麗に整えられた自分のベッドを見つめる。今日、自分たちはこの箱庭を脱出する。
「終わったわよ、ダン」
「ありがとう、ノゾミ」
発信機を取り外したノゾミは、それを小瓶に放りいれた。
「なんに使うんだ、そんな物?」
「ちゃんと使い道があるのよ。さあ、出発しましょう」
ノゾミは自分の荷物を担ぎ、立ち上がった。そして3人は部屋を後にする。物心ついてからずっと世話になっていた住処を出て、もう一人の親友の元に歩み始めた。

Re: 第二の人々 ( No.11 )
日時: 2017/08/13 20:32
名前: ももた

シンリーは、眠りにつこうと自室に戻ってきた。片側には、荷物が全て片付けられたベッドがある。涙をこらえて、自分のベッドに横になる。
不意に、窓を叩く音が聞こえた。ここは一階だ。堂々と玄関から入ってきても差し支えは無いのにと思いつつ、シンリーはカーテンを開けた。外には、この間万博で出会った3人がいる。驚きながらも彼らに恩のあるシンリーは、窓を開けた。
「どうしたんですか……?」
シンリーは恐々尋ねる。
「シンリー、少し部屋の中に入れてくれるかな?」
「は……はい……」
窓を大きく開き、彼らを招き入れる。3人が部屋に入ってくると、その内の1人が鬼気迫った表情で話しかけてきた。
「シンリー、今すぐ身の回りのものを整えてほしい。僕たちと一緒に外へ逃げて欲しいんだ」
アイザックの声色は、小声ながらも凄みがあった。シンリーに恐怖心を与えてはいけないと思い、ノゾミが言葉を継ぐ。
「私たちは、この箱庭でドナーになるために生まれてきたの。ここにいれば殺されてしまう。だから、一緒に逃げて欲しいの」
「ドナー……?」
「誰かに心臓や骨をあげることだ。ドナーにされた方は死んじまう」
シンリーは、少し考えるそぶりを見せる。そして、頷いた。
「やっぱり……病気じゃなかったんだね……」
シンリーの予想外の言葉に、3人は顔を見合わせた。するとシンリーは、今は空になっているベッドを指差す。
「この部屋ね、前はもう1人住んでいたの。5日前に返ってきた健康診断で、病気にかかっていることが分かって死んじゃったけど……でもね、病院に行く前はすごく元気だったんだよ!だから、ずっと信じれなくて……」
堰を切ったようにシンリーは泣き出した。ノゾミはその体を抱きしめる。ふと、昔の自分を思い出した。同室だった彼女の死の真相を知ったのも、ちょうどこのくらいの年だった。
「ついて来てくれる?」
アイザックが優しく問いかけた。するとシンリーはもう一度頷く。涙をぬぐい、アイザックを正面から見上げた。
「よし、じゃあシンリーも身支度しようぜ!俺たちも手伝うから」
ダンは張り切って服の袖を捲り上げる。すると……
「その必要はないわ」
ノゾミがそれを制止した。

Re: 第二の人々【完結】 ( No.12 )
日時: 2017/08/26 00:06
名前: ももた

空港内に警報ブザーが響き渡る。
『貨物便T208に侵入者の反応。即座に捕らえよ』
AIロボット達が動き回る音がする。統率のとれた無駄のない作動により、あっという間に問題の飛行機が包囲される。AI達のうちから3体が、その機体に乗り込んだ。重火器を抱え、ネズミ一匹通すまいとしている。
AI達は発信機の反応を確かめた。コンテナの裏に3つ。しかし、AI達は予期せぬ事態に面した。その発信機の位置は、3つが重なり合うように存在しているのだ。人間ではありえないほど密接に。
急いでコンテナの裏に回り込む。そこに人の姿は無かった。あるのは、取り外された発信機が3つ詰められた、小さな小さな小瓶だけだった。

***

「ノゾミ?今、何て……」
「私は箱庭の外に出るつもりはないと言ったの」
うろたえる一同をよそに、ノゾミは自分の担いでいた荷物を降ろし、それをシンリーに差し出す。
「あなたの荷物よ。生活に必要そうなものは、全て揃えてあるわ」
「なっ……お前の分は?」
「準備してないわよ。最初から」
シンリーは差し出された荷物を、受け取っていいのか迷っていた。なかなかシンリーが受け取ってくれないので、ノゾミは先にシンリーの発信機を取り外す作業に入った。
「6年もあるとね、余計な情報まで手に入ってしまうのよ。例えば、自分たちが誰のために生きているのか……とかね」
持って来た薬品をコットンに染み込ませ、シンリーの手を取る。
「アイザック・バリスター、56歳、依頼人のためには手段を選ばない悪徳弁護士」
発信機が爪から浮いてきたら、ピンセットで素早く剥がす。
「ダン・ベルマン、59歳、麻薬の密輸で財を成したメキシカンギャング頭領」
外した発信機は、先ほどと同様小瓶に入れる。
「王星麗(ワン・シンリー)、36歳、人身売買ブローカーの娘」
仕上げにシンリーの指についた薬品をガーゼで拭き取り、ノゾミは顔を上げる。
「そして……篠塚希(シノヅカノゾミ)、37歳、夫と2人の子供がいる一般主婦」
ノゾミは微笑を浮かべ、アイザックとダンを仰ぎ見た。
「私のオリジナルは、社会的に見れば取るに足らない人物かもしれない。でもね、そのささやかな幸せを奪おうとは思えないの。私がいなくなることで、夫から妻を、子供から母を、奪うことになるかもしれない」
そして立ち上がり、アイザックとダンの側に歩み寄る。そして……
「ここで、さようならよ。今まで、ありがとう、2人とも。あなた達はこの運命にどうかあらがって……」
2人を強く抱き寄せた。アイザックの頬を、涙が伝う。
「嫌だ……嫌だよ、ノゾミ……何で……」
「言えば私を止めていたでしょう?いいのよ、これで……私は……」
しばらくの抱擁の後、ノゾミは2人から離れた。それからシンリーの元に寄り、彼女のことも抱きしめる。
「きっと、あなたに言っても何のことだか分からないでしょうけど……私、あなたと友達になれて良かった。あなたが死んだ時は悲しかったけど……今、あなたを救うことができることを、誇りに思うわ」
シンリーも自然と涙か溢れ出た。ノゾミには一度しか会ったことがないのに、その優しい笑顔は何故か懐かしく感じた。
「さあ、いきましょう。あなた達が無事に外に出ることができたら、私がこの小瓶を別の飛行機に放り込んで、あいつらを混乱させるわ。きっと、着陸した空港への伝達は、遅らせることができるはず。その隙に逃げるのよ」
涙を止めることができない3人を振り返り、ノゾミは困ったような笑みを浮かべる。

「泣かないで。私、この人生に満足してるのよ?」

Re: 第二の人々【完結】 ( No.13 )
日時: 2017/08/14 05:57
名前: ももた

【あとがき】
長編と思ったら、長編にならなかった笑
読みごたえがなかった方、申し訳ありませぬ……
ここまで読んでくださった方、ありがとうございまする!
科学が進歩しすぎて倫理がないがしろにされた世界を描いてみたかった作品です。もしヒトクローンが生まれたら、その人はどんなことを考えるだろう……と想像しながら思いついた話です。思いつきなので、設定はかなりハチャメチャですね……皆さんが科学のあり方について考えるきっかけにでもなればと思いました。

小ネタですが、アイザックとダンとノゾミについて……
バリスター、ベルマン、ホープ(希望)ときてピンときた方、握手!!
ただ、名前がカッコいいかなと思っただけです。特に元ネタと関連付けた訳ではありません笑

ケータイから打ち込んでいるので、文章が読みにくかったかもしれませんね。そこはご了承ください……

感想等ございましたら、ぜひコメントしてください!お粗末様でした!

Page:1 2 3



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存