ダーク・ファンタジー小説

スキルワールド
日時: 2018/03/08 22:07
名前: マシュ&マロ


 どうも、マシュ&マロです

 この小説は『スキル』と呼ばれる能力を持つ者が存在する世界を題材にしたファンタジー作品です。
{自分の文才はかなり低いですが、諦めずに書こうと思っています}



※注意書き※

・オリキャラの募集はリクエスト掲示板でやっています。

・小説への意見や指摘は、リクエスト掲示板にあるスレットへお願いします

・作者は投稿が遅かったりしますので、ご了承下さい

・スキルワールドの説明などはリクエスト掲示板にありますので興味のある方はお読み下さい


それでは小説スタートッ!!

Page:1 2 3 4



Re: スキルワールド ( No.17 )
日時: 2018/04/13 17:55
名前: マシュ&マロ



友間を含めて五人の人物は、夜になりかけた沈む夕日が窓から照りつけるなかで少しずつ準備を進めていた


 「おい黒奈、冷蔵庫からコーラ取ってくれ、コーラがなきゃエネルギー切れの時ヤベぇーし飲まなきゃシャキとこねぇんだよ」

 「はいはい分かったよ ((ガチャ! )、はいコーラ (( ポイッ」

 「おっ! サンキュー黒奈」と言いながら放り投げられたコーラをキャッチするとズボンのポケットへ無理に押し込んだ

 「京八、今6時ちょっとよ、そろそろ行くから準備早く済ましてよね」

 ジャッキーはそう言った後に自分の身なりを確かめ満足そうに微笑んだ

 「別に遊びに行くわけじゃねぇだろジャッキー?」

 「バカ言わないでよ、このバカ京八! 女子は何処でもオシャレな方が良いの」

 「いやいやだからってスカート履くか?、もしかしたら走るかも知れねぇぜ」

 「だったらアンタ達みたいなズボンよりスカートの方が動きやすいわよ」

 そう言って頑として意見を譲らないジャッキーは、天井に届きそうな程のノビをしてから足元にある自身のスマホを拾った

 「それと良いわねシセラ、友間、龍紀、私か京八に何かあったら携帯に電話するから電話が鳴ったら最低限の覚悟はしておいてね」

 「俺とジャッキーの場合ねぇだろ、なあ黒奈?」

 「ん?....あ...、そうだね」

 京八の問いに友間は返事を返したが、どこか上の空といった感じだった

 「どうしたんだぜ黒奈、ちょっと前から何か気に掛かってるみてぇだけどよ?」

 「ん〜....、何かちょっと嫌な予感がしただけ」

 「何だよそりゃ、スタート地点から悪い予感ってよ」

 軽い感じで受け止める京八だったが、それと裏腹にジャッキーはこんな事を言った

 「なら、気を引き締めて行きましょ、どっちも....ちゃんとした人の形で戻って来たいしね」

 「お...おう、そうだなジャッキー」


 すると今まで何かをしていた龍紀が口を開いたのだった


 「大丈夫だよ京八、こっちは敵がきても準備万端だからね♪」

 そう言うなり今までイジっていた物を持ち上げて構えた、その正体はスナイパーライフルだった

 「確かにな、龍紀も居るしシセラもいるからこりゃ安心だな」

 「ちょっとぉ、シセラが病気で激しい運動が駄目なの忘れてない?」

 「あっ、そうだったなジャッキー」

 「ふん!、まぁそんな事よりそろそろ時間だから行くわよ京八」

 そう言ってジャッキーは京八を置いて玄関へと行ってしまったのだった

 「妹思いだねぇ、まっ そんじゃ行ってくるな龍紀、黒奈」

 「シセラも体には気をつけなさいよ」

 「う...うん、お姉ちゃんも....気をつけてね」

 そうして京八とジャッキーはアパートを後にし、そして部屋の中にはシセラと龍紀、それと友間だけとなった

Re: スキルワールド ( No.18 )
日時: 2018/04/15 10:18
名前: マシュ&マロ



 ・ ・ ・ 。 

 無言の空気が気不味く押し積める部屋では、無言で何かをしているシセラと龍紀、そして何か話そうと必死な友間がいたのだった

 「 ・ ・ ・ ね、ねぇ龍紀」

 「んっ....何?友間」

 「ところでさ、俺らってスキル使えるけどさ、何かスキル使える人とかの呼び方とかってあるの?」

 「ん〜と....“アビリティア”って言ったと思うよ ・ ・ ・ 」

 「 ・ ・ ・ (俺に話術の才能を誰かぁ〜〜)」

 「ブゥー ブゥー )) 友間、京八からの電話が鳴ってるよ」


 龍紀の呼び掛けでやっと電話が鳴ってるのに気づいたが、電話が鳴るのは二人に何かがあった時だけだ ・ ・ ・

 友間は多少ながらも震えた手で自身のスマホを掴んだ、そして京八からの電話をとってみた


 『あっ! やっと掛かったぜ、手短に説明すんが敵に見つかった!。...いや、俺の行動はもう既に敵に知られてたみてぇだ、そっちにも敵が来るかもし.....』

 「もしもし京八!、どうしたの!!」

 『チッ!、敵に囲まれた ((ツー、ツー』

 「 ・ ・ ・ ヤバイ!龍紀!、身構えといて!、それとシセラも ((コン!コン!」

 すると玄関の方からノックの音がして龍紀はハンドガンを構え、シセラは頭を抱えて目を瞑った

 「じ、じゃあ俺が様子を見てくる」

 「ああ、お願い友間」

 そう言って返事した龍紀はまるで今までとは違うハンターの様な眼をしていた、友間は玄関へと慎重に近づき少し様子を伺った


 コン!コン!.....、バン!!バン!!


 「(こ、怖いな) ....は、は〜い誰でしょうかぁ?」

 覗き穴から外を見てみる、大柄で髪を角切りにした男が立ってドアを叩いていた

 「(や、ヤバそうだから開けない方が.....)」

 「チッ!、こんなドアなど邪魔だ」

 「へっ!、今なん...((ドゴッ!!」

 ドアに突然として穴が空き、その穴から出ている腕でドアの鍵が開けられた

 「ガチャ!)) やぁやあ諸君こんばんは、そして死ね!」


 とうとう敵に部屋への侵入を許してしまった、そして友間の頬を冷や汗が垂れ落ちた......。

Re: スキルワールド ( No.19 )
日時: 2018/04/19 18:25
名前: マシュ&マロ






  パァンッ! パァンッ!



 ・ ・ ・ ・ 部屋に最初に響いたのは銃声だった、しかしソレは龍紀の持っている銃からの音だった。

 銃弾は二発、侵入してきた敵の眉間と心臓部に的確に命中させ敵の体を後ろへと傾かせたのだった


 「や、やったね龍紀!」

 「.....いや...、まだだよ」

 「へっ ・ ・ ・ 、!?!」

 「あ〜イテテ、頭と胸を迷わず撃つたぁ中々の銃の手慣れようだな」

 敵の男は撃たれた部分を抑えながら立ち上がると撃たれた箇所から手を離すが、何と撃たれた箇所には傷どころか銃弾の跡すら無かった

 「俺のスキルは“特化系の『タフネス』”、つまり俺の体は戦車並みの硬度ってわけよ」

 そんな風にベラベラと自身のスキルを明かす男に対して、龍紀が途中で口を開いた

 「ふ〜ん、特化系のスキルねぇ、ならコレならどう?」


  ・ ・ ・ ・ ジャキ!
 
 ......パァン! パァン!


 今度は男の両膝に当たり、思わず床に膝を着いてしまった男は少し驚いたがすぐに龍紀を睨みつけた

 「やっぱりね、どんなに硬いからって言って表面は守れても銃弾の衝撃は伝わるみたいだね、特に筋肉の少ない関節とかは」

 「それが何だって言うんだよ!?」

 「それは、君に多少のダメージぐらいは与えられるって事だよ」

 「ふん!、ソレが分かった所で無駄だ! ((バッ!! 」

 男は龍紀に向かって飛び出した、だが男の視界の隅に鉄に変化した友間が見えた

 「させるかッ! ((ドガッ!!」

 「グッ!...このガキが!」

 「鉄の拳はさすがに効くみたいですね」

 そんな会話の後、ようやく友間と敵の二人の戦いが始まった

 「バキッ)) ぐッ! クソガキッ!((ドガッ!」

 「何の...これくらい ((バンッ!」

 「友間!、ちょっと下がって!」

 「えっ!龍紀、何で?」

 「いいから、早く!」

 「う、うん分かった」

 「待てガキィ!」

 龍紀に言われるままに友間は狭い部屋の隅へと飛び退くと同時に龍紀が何か丸い物体を敵へと放り投げた


 チ!チ!チ!チ! ....ピカァーッ!!


 眩しい光が友間の目を貫き思わず目を反らす、先程に放り投げられたのは閃光弾だったらしい

 「行くよ!友間とシセラも」

 「え、ちょっ待っ.....」

 龍紀に手を引かれて眩しく光る部屋の中を駆ける友間、そして少しすると三人は外へと勢い良く飛び出した

 「友間!、シセラを抱えられる!?」

 「外に出てどうするの?」

 「部屋の中は狭いし他にも住居者がいるから人に見られない場所に移動しよう」

 「分かった、ちょっと失礼するねシセラ」

 「あ...あ..はい、すみません」


 そうして友間はシセラを背負って龍紀は自身の銃器が入ったスーツケースを抱えると、敵が来る前にアパートを後にした


 [〜少し進んで〜]


 「ハァ ハァ ハァ ハァ 、友間とシセラは大丈夫?」

 「ハァ、ハァ、俺は大丈夫だ、だがちょっとシセラの方を心配した方が良さそうだ」

 「す..すみません、ちょっと....振動に慣れなくて.......」

 慣れないどころか走る友間の背に乗るシセラは顔色がどんどん青紫へと変色していった

 「休ませた方が良いと思うけど、....敵が一人とは限らないからあと少しだけ頑張ってねシセラ、それと友間も」

 「任しといて、体力なら少しは自信があるからさ」

 「は、は..い......うぷっ! ・ ・ ・ 頑張ります」


 色々と危険な状況の友間・シセラ・龍紀、それと行方の分からない京八とジャッキーはこの先どうなってしまうのでしょうかね?

Re: スキルワールド ( No.20 )
日時: 2018/04/20 20:04
名前: マシュ&マロ



 真っ暗な夜道、街灯だけが光照らすだけの人道を急ぐように駆ける三人の姿があった


 「ハァ ハァ ハァ ハァ .....ねぇ龍紀、どこか隠れられそうな場所でも探さない?」

 「ハァ ハァ ハァ ..うん、そうした方が良いね、友間と......それとシセラも含めて」

 「は、はひィ....お願いします..うっ!」

 完全に顔色が青紫になっているシセラは、友間の背で必死になって強烈な吐き気と戦っていた

 「何処が良いかなぁ〜、ん〜......あっ! あそこは友間!?」

 「えっ? てっ、あそこって危険じゃない?」

 そんな事を言う友間の目には暗がりに佇んでいる工事途中の廃墟ビルが見えていた

 「好き嫌いは言えないでしょ、それにシセラもそろそろ楽にしてあげないとね ・ ・ ・ ・」


 [ 〜 廃墟ビル前 〜 ]


 「じ、じゃあ一旦シセラをお願いね」

 そう言って友間はシセラを龍紀に託すと、立ち入り禁止と書かれた看板を無視してビル前に設置されたフェンスをよじ登った

 「ガシャン! ガシャン! )) ヨッ!と、それじゃあシセラをこっちにお願い」

 「うん分かった、ゆっくり受け渡すよ」

 シセラを慎重にフェンス越しで受け取る友間、シセラを受け取ると再び背に乗せるが今度は顔色を確かめてからだ

 「大丈夫、シセラ?」

 「だ...大丈夫......だと...、思います」

 「ん〜、ちょっと心配」

 「そんな流暢なこと言ってないで行くよ、お二人さん ((ガシャン!、トッ!」

 そうして忙しげに廃墟ビルへと入っていく三人、だが安心の一時もあと少しほどしか続かないだろう ・ ・ ・ ・ 。






 「フゥ〜、これで一安心できるぅ〜〜」

 「油断は禁物だよ友間、この町にいる以上は僕達に安全な場所なんて無いんだから......」

 「わ...、私も....そう、思います」

 「ん〜、でも京八とジャッキーの行方が分からないし任務も遂行できてないから基地に戻ることも無理そうだね」

 「そうみたいだね、僕の武器も残ってるとしたらスナイパーライフルと替え玉の弾丸にハンドガン一丁、それと閃光弾と煙幕弾が二つずつってトコだね」

 「なら武器にも限りがあるって事だね、.....あっ! 龍紀さぁ、基地と連絡取って誰か呼べない?」

 「あっ!そっか!.....でも、上手くいくかは分からないよ?」

 「それでも助かる可能があるなら実践あるのみ!.....、・ ・ ・ ・ じゃない?」

 「まぁ.....、それもそうだね♪」

 ビルの床から勢い良く腰を上げた龍紀は自身のポケットからスマホを取り出してドコかに電話をした


 プルル〜 プルル〜

 プルル〜プルル〜


 「 ・ ・ ・ ・ ガチャ!)) あっボス?、えぇ....ちょっと事態が悪化してまして......。」

Re: スキルワールド ( No.21 )
日時: 2018/04/22 12:54
名前: マシュ&マロ


 「 ・ ・ ・ えぇ...はい..はい、よろしくお願いします、では...((ピッ!」



 ボスとの電話を切った龍紀、肩から力を抜いて友間とシセラの方へ体を向き直した

 「 ・ ・ ・ その...援助は呼べたんだけど....、軍用ヘリを使っても最低でも丸二日はかかるってさ」

 「じゃあ、二日間は援助が来るまで町の中でサバイバルか?」

 「まー・・・そうなると思うけど、ボスから追伸で『大変だと思うが味方なら、もう一人君達の近くにもいるはずだ』って言われた」

 「..?、...ん〜“もう一人の味方”..?」

 すると友間はピンとくるような出来事を思い出した、・・・それは町に着いてからの道のりで誰かに追われてると思ったという感覚だ

 「味方は、俺達の周りに...いる....。」

 意味深そうに友間は言うと考え込んでいた顔を上げて周りを見回してみた、しかし自身を含めてシセラと龍紀の三人以外は誰の気配もしなかった

 「ん〜・・・・ 一体何処にいるんだ....」

 だが友間に急な尿意が襲ってきて、トイレがないかと周りを見回していると外の工事現場に簡易式のトイレがあったのを思い出した

 「ごめん龍紀、ちょっとトイレ行ってくる」

 「んっ、うん分かった..?」

 そう会話してから部屋のドアノブを回す友間、ここはビルの一階にある部屋だったから部屋を出てから更にビルの玄関にある押しドアを押して開けると外へと出られた

 「え〜と、トイレは.....おっ! あったあった〜♪」

 そう言いながらトイレを見つけると早速トイレのドアを開けて中へと入っていく、この時ドアを閉めるのも忘れずにきちんと閉めた

 「ふ〜と、さっさっと済ませるか」

 友間はそう言いながらズボンのチャックを全開にすると、用事を済ませるために用を足した。だがそんな時だった・・・・


 コンコン! ガチャ!


 急にドアが開くと友間の背にナイフが突き出されたのだった


 「・・・・あ、あの〜...どちら様で..?」


 [〜 ・ 一方その頃 ・ 〜]


 「ねぇシセラぁ~、友間なんか遅いねぇ〜」

 「は、はい...確かに ・ ・ ・ 遅い...ですね」

 そんな風に暇をもて余す二人だったが、部屋のドアが開いた事で二人共ドアの方へと振り向いた

 「もぉ〜、遅いよ友ま...ぁ....」

 「よおガキ、また会ったな」

 そこにはアパートに押し入ってきた男がいたのであった

 「マズイッ! ((ジャキッ!!」

 ハンドガンを構える龍紀、だが動くのが一足遅かった


 バシンッ!!


 頬への平手打ちが炸裂してバランスを崩してしまい銃を落としてしまう、急いで拾おうとするも男に腹辺りを掴まれ宙へと投げ出された


 バリンッ!!


 運が良いのか悪いのか、龍紀は部屋にあった窓からガラスを割って外へと姿を消してしまった

 「これで、どっらも恨みっこ無しだ」

 そう言って男は龍紀に撃たれた両膝を摩って深く息を吐く、さすがの頑丈さにも弱点はあったようだ

 「まーあとは、お嬢ちゃんの始末ってだけか」

 そうしてシセラへと足を動かす男、それをシセラは体を引きずりながら後ろへと後退する


 ズリ....ズリ....ズリ..、ドンッ!....。


 背中が壁に触れる、これでシセラは逃げ場を失ったというわけだ

 「あ...あぁ..助...けて..、お姉..ちゃん...」

 「そんな震え声で言おうが誰も来ねぇんだよ、バカが!」

 「ぜ、絶対に...来ま..((ドゴッ!!」

 一撃の拳がシセラの腹に当たる、これでも軽めなのだが何せ体が弱いため口から吐血を吐き出し自身の服と男の片腕を汚した

 「チッ!、汚ねぇな....楽にして殺ってやろうと思ったが、思う存分になぶり殺してやんよ」

 その声と共にもう片方の腕がシセラを見下ろすように掲げられる、思わず目を瞑ったシセラだがジャッキーのある一言を思い出した




 ・・・・・・〜・・・・・・〜




 「ねぇ、シセラってさ人は好き?」

 「や、優しい....なら好き..かも」

 「そっか、・ ・ ・ ・ でも世間は優しい人ばかりじゃない、シセラのお母さんの様な人だっている」

 「うん ・ ・ ・ 、怖...いし嫌...。」

 「まぁそうね、....だけどねシセラ、もしアナタが怖い人達に襲われたりしても・・・私がそばに居れなかった時は自分で、自分の力で戦いなさい!」

 「自分の....力..?」

 「そう、アナタにあるスキルで戦うのよ」

 「だ、だけど....人が傷つくのは....、...見たくない」

 「うん。私だって同じ気持ちだもん、....でもアナタにとって大切な人や失いたくない存在があるなら必死で戦いなさい」




 ・・・・・・〜・・・・・・〜



 「......たく...ぃ」

 「あぁッ!、何ぶつぶつ言ってんだよ....たくっ!」

 「死に....たく..ない」

 「おいおい、泣いてんのか嬢ちゃん、まったくこれだからガキってのはなぁ」

 「私は...生きる.....いえ、...生きてみせます!」

 「はいはい、そうですか知るかよ」


 そう言って振り落とされた拳、だがその拳はシセラでも何でもない空間に落とされ空振りした....いや、空振りではなく避けられたの方が正しいか?

 「なっ!、普通に歩くのも大変なガキのくせに!」

 そう言って憤慨する男から少し離れた場所に息を切らし膝が震えながらも壁に触れて立っているシセラがいた

 「ハァ ハァ ハァ ハァ 危な...かった..。」

 「クッソ!、ガキがぁ!」

 男が右腕に力を入れながらシセラに向かって襲いかかってくる、だがシセラは体力を使い果たしており移動すらままならなかった

 「(使いたくは....なかったけど、殺るしか....ない!!)」


 スゥ~......““苦痛ノ解放””ッ!


 そうシセラが叫んだかと思うと同時にシセラを中心とした爆発が起こり、男もろとも部屋の所々を吹き飛ばし全てを爆風と一緒に焼き払ったのであった




 「ハァ ハァ ハァ ハァ も...ぉう、限か....!!..ゲホッ! ゲホッ! ((ドサッ!」

 さっきの爆発で焦げてしまった床にシセラは多量の血を吐きながら倒れた、そんな時に誰かがシセラの目の前に現れた・・・・ 。

Page:1 2 3 4



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。