シリアス・ダーク小説

異世界の協奏曲
日時: 2018/06/26 20:50
名前: にゃあこ (ID: s00TEuml)

異世界、この世界は現実世界とあまり変わらない街並みもある。
中学二年生の空野 三葉はある日、いつの間にか異世界に来ていて
名前もミツバ・ソラノという名前になっていた。

そんな彼女のヤバい異世界生活!

Page:1



何故か起きたら異世界に ( No.1 )
日時: 2018/06/26 21:04
名前: にゃあこ (ID: s00TEuml)

少し癖っ毛の黒髪ショートの少女、彼女は家に帰ってきて制服を脱いだ。

「ハァ…何が粉雪なんだか?雪が見たいなら北海道に行けばいいのに」

空野三葉の言葉はごもっとも。正論だった。
そんな彼女は何となくでそのまま眠りについた。

安心してほしい髪は洗っている。(ムダ話)

 ◆


それから何時間だろうか?一日が新たに始まった。正し…異世界で、だ。

「(ん!?どこ?私の家?いやいやいや私んちはこんな豪邸じゃないし
 そもそも一軒家ですらないし自分の部屋なんて…あったっけ?」
「おーい大丈夫かーい?寝ぼけてんの?」

誰もいないのに彼女に語り掛ける人物がいた。中性的な声なので性別はイマイチ
分からなかった。

「えっと…誰?てか、どこにいるの?」
「あ、ゴメン!自分、見えない存在なんで…とりあえずここは異世界」

突然のこと過ぎて彼女は目を白黒させていた。
異世界、など言われても常人には納得できないだろう。

「あ、へぇ〜異世界…」
『そうそう。Youは今日から空野三葉じゃなくてミツバ・ソラノってことだから。
 服はクローゼットにあるからね。それと魔法ってのも使えるようになってるから。
 おっと忘れるところだった。君はここの国、和国ジュージスの人間ってことになってる。
 そこんとこよろしく、まぁ百聞は一見に如かずっていうし頑張れ!』

お前、頭大丈夫か?と言いたくなるのをぐっとこらえミツバは服を取り出し
着替えた。

そして扉を開けその街、地図に書いてあるところを見るとここはジュージスの
桜区というらしい。そこに足を踏み入れた。

「私が住んでた町と似てる」

そうこの異世界はホントに彼女が住んでいた場所と似ているのだ。

町に出たら歩いてみよう ( No.2 )
日時: 2018/06/26 21:21
名前: にゃあこ (ID: s00TEuml)

「ほぇ〜これスマホみたい」
ミツバはすでに魔法などに慣れてきていた。

それは説明書のようなものでしばらく彼女には必須になりそうだ。
ほとんど人間らしいが耳が長いエルフや鱗や尻尾がある竜人など…
本などでしか見たことがない種族がたくさんいた。

「おやぁ?君、転移者かい?」
「え?転移者?」

そこには一人の男が立っていた。右手首に水色のバンドをつけていた。

「そ、僕は通りすがりの住民さ。で、転移者っていうのはこことは違う
 世界から来た人の事だ。つまり僕たちからすれば君の住んでいた場所は
 異世界ってこと」
「成程…少し勉強になったかも」

ミツバは頷きながらそう言った。

その住民と別れて彼女はまた歩き始めた。
今は少し暑いのだが辺りには桜が咲き乱れていた。

「ここって今、夏だったような気がするんだけど…桜って春だよね?」
ミツバは早速この区について調べ始めた。

どうやら桜区だけでなくこの国、ジュージスには一年中咲く桜、シーズンブロッサムという
桜がそこら中に咲いているらしい。なのでこの国は別名、桜の国と呼ばれているらしい。

「…一年中ってすごいな〜」
そんなことを呟いてミツバは桜を見つめた。


話を聞けば情報が手に入る ( No.3 )
日時: 2018/06/27 17:40
名前: にゃあこ (ID: s00TEuml)

来た道を戻ると途中である話を聞いた。
とある店で…。

「お嬢さん今日の新聞、見たかい?」
三十代くらいの女性がそう話しかけてきた。
「新聞、ですか?い、いや見てません…」
「新聞にも載ってたんだけど最近、モンスターの群れがウロチョロしてるらしいから
 気を付けないと…」
「は、はぁ…ありがとうございます」

半信半疑ながらミツバは礼を言い自宅へと戻った。
それが事実なら出かけたりして大丈夫だろうか?という不安は
割と早く消えていった。

時間帯はすでに夜。
その時間に彼女は外に出てしまった。

「…?」

何かの気配がして振り返るも誰もいない。それで彼女は少し不安になった。

そして恐る恐る目を前に向ける…。

グゥォォォァァぁ!!!

「ギゃァァァァ!!?熊ァァァァァァ!!!?」
しまった!と口を塞いだ時には遅かった。すでにその巨大熊は豪腕を
振るっていた。

後ろを振り返り前のめりに飛び込んだ。

上を豪腕が通り過ぎた。

「えっと…魔法は…」

息を吐いて吸って目を開いた。

「魔法の弓<マジックアロー>」

水色の弓矢が熊を貫いた。



「あの貴方ですか?このモンスターを倒したのは…」

暗闇から黒い鎧を着た男と小柄な少女だった。

「も、もしかしてお姉さんが倒したの?すっごーい!」
「キララ、少し落ち着け。それとこのモンスターを倒してくれてありがとう。
 私はグレイ、聖騎士です」

彼グレイはそう言った。

「グレイはね魔族なんだけど聖騎士なんだよ。聖騎士団アイオーンって知ってる?
 いろんな種族が入ってるんだよ。じ、じゃあね!」


Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。