ダーク・ファンタジー小説

異能力+近未来
日時: 2019/04/08 20:05
名前: azuno*

近未来の日本、化学も進み事件の数も減っている未来の日本。それにより日本の刑事も
科学で作られた武器を手に事件解決を進めていた。この日本に能力者が現れるようになった。
それは幾つかの思想に分かれていた。過激派、中立派、保守派、警察側は保守派の能力者に
力を借り新たに力を付けた。科学×異能力×警察の近未来の物語。

序章【成神真実と大神千夜】>>01-04
1.新入り成神真実 >>01
2.能力者、成神真実 >>02
3.大神千夜について >>03
4.ペアと初顔合わせ >>04

1章【初仕事】>>05-09
5.保守寄りの中立派能力者 >>05
6.成神真実の成り行き >>06
7.廃ビルの中 >>07
8.ランデブー >>08
9.早乙女秀介の影 >>09

1.5章【早乙女彩斗の計らい】>>10-12
10.早乙女彩斗が見た二人の未来 >>10
11.大神が知った成神のこと >>11
12.二人の仲を縮める策 >>12
13.芽生えた何か >>13



Page:1 2 3



Re: 異能力+近未来 ( No.11 )
日時: 2019/04/06 15:20
名前: azuno*

大神「読心術…」
早乙女彩斗は片目を閉じ大神を見据える。
早乙女「君、ちゃんと成神ちゃんの資料に目を通してないようだね。質問するけど彼女は
何がキッカケで能力に目覚めた?資料をしっかり読んでいれば答えられるはずだ」
少し厳しい口調で早乙女は訊いた。大神は顎に手を当て考える。そのうち大神は溜息を吐き
テーブルに伏せた。
早乙女「虐められていた時支えてくれた友人や家族の存在だよ。彼女は自分の言いたいことや
思い、考えをハッキリ言えるタイプじゃない。自分の考えを言ったら否定される、間違っている
かもしれない、そういう不安が彼女は大きいんだ」
大神「そんな風に見えなかったんだが」
早乙女「そうか。なら彼女は君に心を開き始めている証拠だ。そんな性格があって彼女は
虐めに遭っていたらしい。そんな彼女の支えは数少ない友人と家族、彼らへの感謝だろうね。
その感謝の気持ちで能力に目覚めたらしい」
話し終え再び早乙女は口を開いた。インターホンが鳴った。
早乙女「さてと…三人で世間話した後セッティングしてやるよ」
早乙女は玄関に出てドアを開けた。私服姿の成神真実が立っていた。
早乙女「こんにちは成神ちゃん、中に入って」
成神「あ、ありがとうございます早乙女さん」
成神は靴を脱ぎ家の中にあがる。部屋に入ると大神と成神は互いに驚いた。
成神「大神さん!?」
大神「成神、どうして…!」
早乙女「俺が呼んだ。二人とも、な。それに互いを知る良い機会だろ?」
早乙女は席を移動して二人の真ん中の席に移る。成神と大神は向かい合うように座る。
早乙女「さてと…俺は少し席を外すけど二人はゆっくりしな」
そう言って早乙女は部屋を出た。

Re: 異能力+近未来 ( No.12 )
日時: 2019/04/06 16:00
名前: azuno*

大神はさっき早乙女が見せた二枚の絵を見せた。
成神「この絵に描かれている場面を早乙女さんは見たんですね」
大神「そうらしい。俺が早乙女秀介を撃ち殺せばお前が俺を撃ち殺す、だが撃ち殺さなければ
お互い悲しまずに済むらしい」
成神は絵を見つめていた。そのうち顔を上げ大神を見た。
成神「じゃあ大神さん、早乙女秀介を撃ち殺さないでください!!」
大神「ッ!お、おう…善処はする」
ドアが開き早乙女が入って来た。
成神「早乙女さん」
早乙女「多少は仲が縮まったかな?」
成神「どうでしょうか…あ、でも約束事はしました」
興味深そうに早乙女は「ほぉ」と呟いた。
成神「早乙女秀介を撃ち殺さないっていう約束です」
早乙女「そうか約束かぁ…良いんじゃないか。約束したからには守らないとな大神」
外は日が沈み真っ暗だ。その時、電気が消えた。
早乙女「あれ?ブレーカーが落ちたのかな…ちょっと見てくるから二人はここで待ってなよ」
早乙女は懐中電灯を持ち部屋を出た。月の微かな光だけが部屋を照らしていた。
大神「成神、お前の名前って由来とかあるのか」
成神「真実って名前の由来ですか?しんじつっていう感じをそのまま名前にしてるんですけど
嘘を吐かない、素直な子になって欲しいって意味らしいです。大神さんは?」
大神「俺は…千夜一夜物語から名前を取ったと言われた」
成神「千夜一夜物語…女性不信の王様がシェヘラザードを正妻として迎えるんですよね最終的に。
私、結構読書とか好きなんです。読書意外だと絵を描くこととか…まぁ自慢できるほど
上手くは描けませんけど…大神さんは運動とか好きなんですか?」
大神「あぁ」
電気が戻り早乙女が部屋に戻って来た。それから二人は家へ帰った。

Re: 異能力+近未来 ( No.16 )
日時: 2019/04/10 15:50
名前: azuno*

春日「染岡さん何してるんですか」
染岡「資料とか色々まとめてるんだ。咲那ちゃん的にマミちゃんはどうかな?」
染岡は大きく伸びをして春日咲那のほうを見た。彼女は少し考えてから話す。
春日「仕事熱心で良いと思います」
染岡「彼女と大神をくっつけて正解だと俺は思う。大神も彼女によって何か変わるかもしれない」
染岡はそっと微笑んだ。優しい笑みだ。二人を、春日たちを家族のように彼は思っている。
染岡「あの二人を見てるとドラマを見ている気分だ。たまにはあの二人だけを職場に
閉じ込めてみるか」
春日「何か企んでますね係長、二人に内緒で仕掛けてみますか」
その事は染岡から成神と大神以外全員に伝えられた。

成神「じゃあ皆さん頑張ってくださいね」
染岡「あぁ職場は頼むよ二人とも」
全員が出ていった。また二人だけが残された。パソコンと向かい合い仕事を進める。
二人だけが一室に残されたのは早乙女彩斗邸以来だ。
大神「意図的に俺たちを残してったりしてな」
成神「え?」
大神「割と子どもみたいなところがあるからな。染岡さんは」
大神は笑った。普段からムスッとしたポーカーフェイスしか見たことが無かったので新鮮だ。
その表情を見て成神は微笑んだ。大神の心の中で何かが芽生えた。成神の感情は更に大きくなった。

Re: 異能力+近未来 ( No.17 )
日時: 2019/04/10 15:52
名前: azuno*

夕方、日が沈み始めた頃。辺りはブルーシートで囲まれている。北川雄二、20歳、新米の
新聞記者だ。
成神「北川雄二君か…」
大神「知り合いか」
成神「学生時代に彼に虐められてたんです。苦手な人だったしあまり苦には感じません」
成神は少し微笑む。悲しみ半分、嬉しさ半分、虐められていたとはいえ自分と関わっていた
人物なので悲しくないワケではないようだ。
春日「やっぱり…」
綾辻「何がやっぱりなんだ」
春日咲那は何かを拾い上げた。先には血だまりが続いている。
春日「何か薬でも打ったんですかね?注射器がありました」
大神「向こうまで血が続いてるな。誰かが怪我をしてここを去った。その誰かが恐らくコイツを
殺した人物だろ」
染岡「…春日ちゃん、その注射器見せてくれるかな?」
染岡優真に春日は注射器を渡した。微かに山吹色の液体が入っている。
染岡「能力強化剤、かな?」
成神「え、そんなのあるんですか?」
染岡「ないことは無いよ。実際国でも実験されてたし、まぁでも力が簡単に手に入る分それ相応の
対価を支払うことになる」
染岡は注射器を地面に叩きつけ踏み潰した。
天海「となると相手は過激派の能力者ですか」
染岡「そうなるな。この殺し方、ナイフや銃では出来ない、恐らく素手だよ」
綾辻「素手!?馬鹿な素手で人を…」
成神「能力は色々あります。漫画とかでよくあるじゃないですか、身体強化系の能力とか。
この場合だと該当するのは身体強化、肉体強化系の能力ですね。殴られてる」
成神は死体をまじまじと見た。

Re: 異能力+近未来 ( No.18 )
日時: 2019/04/10 15:53
名前: azuno*

染岡「強化系の能力者か…非能力者の俺たちだと少し分が悪いな…」
天海「そうなると犯人との戦闘は避けたいですね」
大神「避けられるとは思わないな」
大神が口を開いた。
成神「さっき報告がありました。同じように殺された死体、今度は異能力者も含まれてるみたいです
一人は黒人の用心棒らしいですよ。ギリギリ意識を持っていた被害者から聞いた話だと物騒な
事を口にしたらしいですよ。三対一でも良い、殺り合うためにここに来たってさ。で、三じゃなく
五人でかかったけど返り討ち。相手はまだ若い青年で細身ではあるけど筋肉質だったって」
染岡「随分な戦闘狂だな」
春日「格闘戦で強い人ならいるじゃないですか」
全員の視線が大神に集まる。
染岡「また頼んでいいか。相手は面倒な能力者だ、なら此方は戦闘向きの刑事と同じく能力者で
対抗するしかないな」
染岡は歯を見せて笑った。

別の場所ではその能力者、八神諫(やがみいさみ)は古い廃屋にいた。
八神「早乙女秀介…だったか。言われた奴は殺した。色々情報は教えてもらう」
早乙女秀介は八神諫を見据える。
秀介「いいよ約束だからね。君の他に能力者を見つけてね、成神真実。君の両親を見殺しに
した刑事、成神真(なるかみまこと)の娘だと思われる女刑事だよ。これだけ君が殺人を
犯したんだ。きっと彼女は現れる」

Page:1 2 3



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。