ダーク・ファンタジー小説

虚無なる夜
日時: 2019/05/23 10:37
名前: 無名




 
  「兄さん…、兄さァーーーん!!」


  甲高い声。


  …誰の声だろう。


  この響き渡る声は、誰のものなんだろう。


  何か…心の底にある何か…それを抉るような声。


  幼いのに、それに似合わない運命を背負ったような悲壮な声。


  誰だ?そしてこの声は、何で聞こえてくるんだ?


  聞きたいと望んでいるわけでもないのに。




「……め…した…?」


声が聞こえる。耳元で。さっきとは違う。
さっきまで聞こえていた声はフェードアウトしていた。


「……うぅん」


情けない声が出てしまう。


「ああ、起……し…ね」


どうやら女の人の声のようだ。すごく聞き覚えがある。


「蒼さん」

「はいッ!」


情けない声を出さないように力んでいたのだろうか。名前を呼ばれて吃驚したのだろうか。
自分でもありえないくらいの声で返事をしてしまった。


横には………


「……ああ、すみません、つい……。中々起きられなくて………」

「構いません。あと一回呼んで起きなければ実力行使で叩き起こすつもりでしたので」

「ひどい…」


オリヴィア=ヴェルラン。
数年前、身寄りのない自分を拾ってくれた恩人だ。
ヨーロッパの『機関』から来たらしい。


「……学校の時間ですよ。先生に滅茶苦茶に叱られるのと、私に叩き起こされるのはどちらが最善に近い選択ですか?」


「………どちらも嫌─」
「という解答はやめてくださいと言おうと思いましたが先を越されましたね、誤算です。
まあ、こんなことで時間を無駄にしては行けませんね。速く着替えて、行きなさい」


オリヴィアは修道女だと言っていた。『機関』で修道女…というのはよく分からないが、とにかく『正しい生活』というものを強要してくる、ちょっと怖い人だ。


「朝ごはんは─」
「ありません。予定時間を1分過ぎた時点で私の朝ごはんになりました」

「あああ…お腹が絶望的なくらい空っぽだ…」

「道端のバッタでも食べたらどうです?我々もそういうものばかり食べてきたので、問題はないかと。では行ってらっしゃい」

「オリヴィアさんが言っても説得力ないって!僕よりはるかに逞しいじゃないか!それに、バッタって黒い汁吐き出すから嫌いだよ…」

「未消化の…ああ、えーと…あなたにも解るように言うならば『ゲ…ナントカ』です。それより速く行きなさい」

「何で食欲失せるようなこと言うんですかッ!?」

「とにかく規律を破った分まで擁護することは出来ません。自力でどうにかしてください。
こういうのは、例外を認めたら最後です。
ほら、言っている間にも時間は過ぎていますよ」

「うう…厳しいなぁ…」

渋々。
靴を履く。サイズが合わなくなってきた気がする。今週末に買い換えよう。
…オリヴィアさんが金を出してくれるかどうかは別として。

Page:1 2 3 4 5 6 7



Re: 虚無なる夜 ( No.28 )
日時: 2019/07/24 23:29
名前: 無名

───数日後


「気分は良くなりましたか?」

「ああ、うん───ありがとう」

結局、あの日のことはオリヴィアにもフィネにも伝えていない。

伝えられるわけがない。

───。

兄さんは最後、俺のこの力のおかげで人間に戻れた。

生憎会話は出来なかったけど…それでも良いのかも知れない。

確かに会話をしたかったというのはある。

だけど、兄さんは死んでしまった。

どんなに抵抗しても抗えぬ事実。

「───この手で守れるものって、何なんだろう?」

一人、呟く。

誰も守れないかも知れない。

そしてそれはとても怖いことだ。

誰も守れないのなら、そんな力は必要ない。

そんな力を持ったバケモノも必要ない。

この世にいる理由なんてない。

「くそ、教えろよ、偉い奴───。
科学者だろうが何だろうが構わない…俺の力は何のためにある?
これで俺にどうしろって言うんだ?」

こんな力だけ渡されて、用途も何も知らないのでは他人を不幸にするだけだ。

ならば、死ねと言うのか?

死ぬべき命をこの世に生み出すなんて、不条理が過ぎるだろう。

オリヴィアが買ってきてくれた冷却シートを頭に貼りつける。

痛い。

いきなり頭が冷たくなる。

しかし、ジワジワと苦しめられる熱より鋭く痛い冷たさの方がマシだ。

「───」

「熱って大変なのね」

他人事みたいに───ん?誰だ?

気が付くと、いつの間にかそこにはフィネがいた。

「おっと…お前いつの間にいたんだよ…」

「お見舞いに来てあげたのに何よその反応はー…」

「あのなぁ…いつも一部屋跨いで寝てるような同居人にちょっかいかけに来ることをお見舞いとは言わんのだよ」

「ひどーいー!私に対する偏見ひどーいー!」

「だぁぁ分かった分かった…頭痛いから静かにしててくれ…」

「へえ、頭が痛いってどんな感じなの?」

ボケだろうか?

まあ、ボケではないかもしれないので優しく教えてやる。

「どんなって言うか…まあとにかく痛みを感じるんだよ、頭にね」

「よく分かんないなー」

「何でだよ…」

「それも分かんないなー」

「お主、もしかして俺をバカにしてるのかね?」

「してないよー、本当に分かんないんだから」

「ふぅん?」

「あ!蒼、今『嘘つけ』みたいな顔した!腹立つゥゥッ!」

「ハッハッハッハ───痛ェ…。
フィネ、俺を笑わすなよ…頭痛が酷くなったぜ」

と言いつつ、本当はこのやり取りに何の問題もない、ということはフィネには言わない。

Re: 虚無なる夜 ( No.29 )
日時: 2019/08/04 02:32
名前: 無名

───翌朝。

玄関を開けると、いきなり乎遥の顔があった。

当然吃驚した。

後退し、よろめき、後ろ向きに転けた。

「───つぅぅ…何だ、乎遥か…」

「蒼くん、大変だよ!街で吸血鬼が発見されたんだって!吸血鬼って何!?」

起き上がろうとしていたのにまた転けてしまった。

「馬鹿野郎…血を吸うバケモノだよ、伝承上───ああ、いや、作り話の」

本当は知っている。

吸血鬼が存在して、この世界に紛れていることを。

あの日吸血鬼と邂逅してから、

アイツと兄が戦ってから、

それが解るようになっていた。

まるで覚醒したみたいに、今までとは違う力が体の中で蠢いているのが解る。

でも、その吸血鬼の存在をなぜ乎遥が知ったのだろう。

「誰から聞いたんだ?それ」

「新聞に載ってたんだよ、今朝の地域新聞に」

「───俺んところは地域新聞じゃないから知らなかったよ」

新聞───。

何故だ?

何故、吸血鬼のような神秘の存在が?

広まったとしても、信じるのは乎遥くらいじゃないか?

何もかもがおかしい。

「あら、ネタバレしちゃったね…。ところで、吸血鬼って血を吸うの?蚊みたい」

「でも見た目は人間に近い。あと、霧やコウモリにもなれるね。不老不死で───」

不老不死───。

でも、アレは違った。

兄は、違った。

兄だったバケモノは、違った。

兄───威苳は死んだのだ。

確かに、この力によって吸血鬼としての性質を打ち消されたのだ。

だから死んだ。

延命治療をやめた人間が死ぬように。

威苳は結局吸血鬼という形で延命治療をしていたに過ぎない。

どのみち、形あるものは何であろうと滅びる。

それが吸血鬼という存在でも。

不老不死など幻だ。

「まあ良いや、怖いから一緒に来てよ蒼くん」

「分かった分かった。───あれ?孝之は?」

「途中まで一緒だったけど怖くなって置いてきた」

「言ってることが色々とおかしいだろお前…」

いつものように突っ込みながら、学校へと向かう。

今日の天気は晴れだ。

だからきっと大丈夫。そう信じていたい。

Re: 虚無なる夜 ( No.30 )
日時: 2019/09/02 01:17
名前: 無名

吸血鬼。

血を吸うバケモノ。

そして、自分の兄はそんなバケモノに成り果てていた。

目を逸らしたくなるような悲劇。

人間としての死。吸血鬼としての生。

それは即ち正しく刻まれる鼓動の否定。

祝福されるべき命への冒涜。

輪廻転生の拒絶。

永遠という時を生きる吸血鬼。

兄はそれになったのだ。

そして、目の前で吸血鬼としても死んでしまった。

兄は言った。

『あの時も殺せなかった』と。

兄が人間として死んだ時も、吸血鬼として死んだ時も。

結局何も出来なかった。

救うことなんて到底。

「───」

この体に宿っているという『異排す正点』はきっとこの世界の言葉では説明出来ない気がする。

それでも届かなかった。

一体、どこまで行けば皆を守ることが出来るのだろうか。

どれだけ強くなれば、この狂った世界を幸せに生き抜けるのか。

考えているうちに校門に辿り着いた。

「───あれ、乎遥と孝之はどこ行ったんだ?」

Re: 虚無なる夜 ( No.31 )
日時: 2019/09/09 01:23
名前: 無名

乎遥と孝之───それだけではない。

『人』の気配が全くしない。

「何だ…俺は夢でも見てるのか?」

「───人間という生物は成長しないね。
あの忌々しい女騎士が生きていた時代から何も変わってない」

どこからか声が聞こえる。

「誰だ?どこにいる?この状況はお前のせいなのか?」

「───初対面でいきなり質問責めか。礼儀知らずめ」

トン、

軽い何かが落ちたような音。

振り向く間もなく。

「私のことは───オリヴィアだったかな?あの女騎士から聞いていると思うが」

今度は耳元で囁いた。

咄嗟に腕が動く。

『また』だ。
あの邪悪な何かが体を乗っ取ろうとしているのだ。

「ぐッ───!」

全力で腕の動きを止める。

「はは、自分の体すら支えられないとは…随分とソレの扱いに苦労しているようじゃないか」

「う…るさい…」

「私はレア・ディサーク・イニュグイル。君は『地球(ほし)の子』を匿っているな?」

「地球の…子…?」

「…とぼけるなよ、中神 蒼」

突然、体が浮く。
首を掴まれたような感覚。
地に足がつけられないことへの不安が思考をマイナスの方向へと導く。

「私も一応魔術師だったのでね、この程度のことなら簡単に行えてしまうのさ。
言っておくが、吐くべきことを吐かなければ君をここで殺す。
…ああ、あとは君が気にかけていた他の人間も殺す」

「そ…そんな…ことで…吐くと思うか…?知りもしないことを…どうやって吐けって言うんだ…?」

レアは舌打ちをした。
ただそれだけ。
それだけで、脇腹が裂かれた。

「ぐッあァあああああああ…!」

溢れ出た血液がシャツを濡らし、異常な冷たさと張り付く不快感を与える。
激しい痛み。

「───ッ」

ズキン、ズキンと痛みが増幅する。
傷は深く、その深さは『助からない運命』を突きつけてきていた。
納得するしかない絶望。

このレアという男は強い。
直感で分かる。
オリヴィアでも太刀打ち出来ない相手であることが。

Re: 虚無なる夜 ( No.32 )
日時: 2019/09/13 02:01
名前: 無名

「どうする?助けでも呼ぶかね?
周りにいた人間はこの『擬似結界』には入ってこれないわけだが…」

「『擬似──結─界』──?」

「君は他の人間がどうにかされたと勘違いしていたみたいだが、それは違う。
君が結界に連れ込まれているのさ。だからこの結界の外では人間たちがいつもと何も変わらぬ日常を謳歌している。
もっとも、君は私が認めなければ外には戻れないがね」

異排す正点を持っていながらこんな目に遭うとは、偶然か必然か。

「戻ったとしてもその傷だ」

既に意識が朦朧としはじめている。

しかし、この時間は実に長く短いものだ。

こんな苦痛を味わうくらいならすぐに死んでしまいたい、という渇望が時を「長く」感じさせる。

もう一度フィネやオリヴィア…乎遥や孝之と一緒にいられる元の世界に戻りたい、という願望が時を「短く」感じさせる。

「ああ、そうだ。
吐けば君を吸血鬼にしてやろう。そうすればもう永遠の時を生きていられるぞ。さあ、吐け」

「────」

『吐く』という決断を下すことは容易い。
だが、下すことは敗北を意味する。
永遠に拭いきれぬ屈辱が待っている。

蒼はそんな道を選ぶくらいなら、と潔く目を閉じた。

そして思考を止め、呼吸を断ち、『魂』が苦痛も快楽もない暗闇の底に落ちるのを待った。

Page:1 2 3 4 5 6 7



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。