ダーク・ファンタジー小説

藤の如く笑えよと
日時: 2019/08/03 20:38
名前: 千葉里絵
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?n=12561

 遥か昔、未だこの國が國神様に造られてから幾百年しか経っていなかった頃に、ある女が居たそうな。
 その女は産まれは貴族ではなかったが、赤子の頃に有力な四家のうちの一家に拾われ、貴族となった。
 人々からは「藤花の君」と呼ばれ、大層美しい女人に育ったそうな。
 そんな時分に日嗣の御子、つまり若宮が妃を取ることになった。
 妃は四家の姫から選ばれる事になった。
 勿論、藤花もそのうちの一姫である。
 姫達はそこから一年、同じ土地で暮らした。
 しかし、同じ土地とは言えども、姫たちは一人に一つ宮を授けられた。
 これが後の授宮の儀の元となる。
 藤花は夏ノ宮を若宮から授かった。
 しかし、生活の中で姫同士が話すことはまず無かった。
 皆、少しでも若宮に振り向いてもらおうと必死だったのだ。
 だが、若宮は夏ノ宮に足繁く通っていた。他の宮とは比にならない程であったという。
 そんな中、遂に若宮が妃を選ぶ日がやって来たそうな。
 誰もが、自分の主を最も信じるべき女房達でさえも、藤花が選ばれると思っていた。
 四姫が揃うと、妃を選ぶ段になる。
 若宮は迷うことなく藤花に近寄り
ー懐刀で刺し貫いた
誰も一言も発せなかったそうな。

 この愚か者めが。私を欺き通せるとでも思うたか。女人の神聖な宮によくも女でないお前が入ったな。ましてや、人でさえないお前が入れる場ではない。お前の養父は騙せども私を騙すことは出来ぬぞ。
と言われたそうな。
 今までの若宮の夏ノ宮へのお通いは、藤花の証を得るためであった。

 そうか、気付かれていたか。しかしな、若宮よ。御主にはこの後、数多の困難が待ち受けているであろう。その困難に苦しみ、藻掻け。そして辛くなれば、我の名を呼び、乞い願うが良い。何時でも助けてやろうぞ。我を妻としなかった御主を………
 藤花はそう言うと藤の花弁と成り散っていったと。
「東ノ領ノ翁ニテ語ラレタル話集ヨリ『藤花ノ事』」

Page:1 2 3 4



Re: 藤の如く笑えよと ( No.13 )
日時: 2019/07/27 13:31
名前: 千葉里絵

「申し訳ありません……私が姫様に宮中のことをあまり教えなかったばかりに……」
 そう言いながら頭を下げる山吹を見てちどりは慌てた。別に山吹を責めるつもりはなかったのだ。
「いいえ、いいえ。山吹は悪くないわ。私が悪いのよ。宮中の事なんて何一つ知らないのに、のこのことやって来て……やっぱり妹が、あの子が来た方が良かったのよ……」
 今日一日で自分がいかに常識が無いのかを知った。あの子だったらもっと上手く立ち回っただろうと思うと悲しく、辛い。
 本当なら妹が「ちどり」という名を貰い宮中に赴く筈だったのを、自分が奪った。こんなにも無能な自分が。
 「姫様……こんな所で泣かないでくださいませ……」
 気が付けば涙が溢れていた。女房達が心配そうに此方を見ている。
「でも、でも……」
「姫様、大丈夫です。私共がついています。取り合えず宮に行きましょう」
 きっと美しい宮ですよ、という山吹の声はいつもよりも少しばかり明るい。
 そんな山吹の優しさに、ますます涙が溢れそうになる。
「……ええ、そうね。きっと美しいわ」
 ちどりは溢れた涙を拭った。こんなに優しく、自分を心配してくれる人をこれ以上困らせてはいけない。
 そう思い、今の自分に出来る精一杯の笑みを見せると、山吹も少し安心したように柔らかい笑みを溢した。
「では、行きましょうか」
と声を掛けると帝家から派遣された女官の一人が前に出てきた。
「ちどり様、この度帝家より遣わされました、初音と申します。春の宮まで私がちどり様を案内させて頂きます」
 そう言って先頭に立った初音は、そばかすのある愛らしい顔立ちをしていた。
 

Re: 藤の如く笑えよと ( No.14 )
日時: 2019/08/27 18:10
名前: 千葉里絵

「ええ、初音宜しくね。……情けない姿を見せてしまってごめんなさいね」
 ちどりが恥ずかしくなってそう詫びると、初音は驚いた様な顔をした後慌ててそれを否定した。
「……い、いいえ。ちどり様、そんな情けないだなんて……。あの、ちどり様が不安に思うのも仕方がないと、あたしは思います……。あ、ちどり様のお気持ちがあたしなんかに分かるわけはないのですが……その……えっと……」
 何と言えば良いのかわからず、でも確かにちどりのことを思いやってくれているその言動を見て、ちどりは初音に少し心を開いていた。
 今さっき初めて話した女官。春家から一緒に来たわけでもないのに、こんなにも優しく人を思いやれる人。
 この子なら、友達になってくれるかも知れない。ちどりはふとそう思った。
 確かに身分はあまりにも違う。初音を見ている限り、恐らく平民か或いはそれ以下の出かも知れない。
 山吹の前で「お友達になってくれる?」等と訊いたら山吹が気を失ってしまうかも知れない。
 なら、後で二人きりになれたときに声を掛けてみようと思った。
 この心優しく、素直な少女に。

Re: 藤の如く笑えよと ( No.15 )
日時: 2019/09/16 16:11
名前: 千葉里絵

     第二章 春の宮

「綺麗……」
 春の宮に足を踏み入れた時、ちどりはそれ以外に言葉が出てこなかった。
 桜の木を使った柱は優しい色合いをしていて、控えめだが美しい模様が彫られている。
 華やかすぎず、かといって地味なわけでもないこの宮をちどりは一瞬にして気に入った。
 先程までの暗い気持ちも落ち着き、この美しい宮を食い入るように見つめている。
「姫様……美しいですね……」
山吹が小声で話しかけてきた。
「ええ……とっても。……だけど山吹は昔一度ここに来たことがあったのではないの?」
「いいえ、この宮に入ったのは初めてでございます。姫様の母君はこの宮ではなく、夏の宮を前帝后様から頂いたので……」
「そうなの……家によって賜る宮が決まっているわけではないのね」
「はい、そうでございますね」
 暫く二人で黙っていると、ふと山吹が何かを思い出したように声をあげた。
「あ、荷物がまだ届いてない……!姫様、此処で待っていてください。貴女達、着いてきて!」
慌ただしく数名の女房を連れて山吹は宮を出ていった。
宮には今、帝家からの女房しか残っていない。ちどりは思いきって、初音に声を掛けた。
「初音……ちょっと此方に来て」
初音はちどりに声を掛けられると一瞬びくりとしたが、静かに近くにやって来た。
「な、何でしょうかちどり様……」
「そんなに怯えないで?あのね、初音。私貴女とお友達になりたいの」
「……え?」
 初音は意味が分からないという様な表情で顔を上げた。
「どういう……意味でございますか……」
「お友達よ。おともだち。私同じくらいの年頃のお友達がずっと欲しかったの。いつも遊び相手は山吹だったから。だけど、他家の方達はお友達になるのに時間がかかりそうで……」
「だから……あたしですか?……駄目です!駄目ですちどり様。ちどり様はお姫様。あたしは女官です。お友達だなんて……そんな……」
 初音はうつむいて衣の裾をぎゅっと握りしめている。怯えているように、出来るだけ小さくなろうとしているかの様にぎゅっと握りしめている。
「初音……私、貴女がいいの。とても優しそうで、可愛らしくて、人のために泣いてくれる貴女がいいの。貴女だからお友達になりたいの……お願い。心細いの……」
 ちどりは思わず、心細いと本音を口に出していた。確かに、山吹も見知った女房達もいる。けれど、慣れない環境に置かれたちどりは心細さをひしひしと感じていた。
 言ってしまった、また弱音を吐いてしまった、と思い顔をあげると泣きそうな目をした初音と目が合った。
 「ちどり様……申し訳ございません。ちどり様が心細いだなんてわかっていたのに、突き放すようなことを言ってしまって……申し訳ございません……」
 最後には初音は泣き出してしまっていた。

Re: 藤の如く笑えよと ( No.16 )
日時: 2019/09/30 20:38
名前: 千葉里絵

 嗚呼、やっぱりこの子は優しい。今日会ったばかりの私にこんなに寄り添ってくれる。
 人の痛みに敏感で、優しすぎる。でも、だからこそちどりは初音が泣いているのを見ていると涙が溢れてきた。
 先程の情けなさからくる涙ではなく、人の温もりに触れて溢れた涙だった。
「ち、ちどり様……そ、そんなに……泣か、ないでください。ちどり様、は……きっと、笑顔が似合う……御方ですから」
 涙でぐしゃぐしゃになっている顔を袖で少し隠しながら、初音が涙声でそう言った。
 言葉の節々から優しさを感じた。彼女がどの階級の出であろうと、どうでもいいと思った。
 他の姫と同じように、この子も人で、心があるのだと気づいた。
 平民やそれ以下とは関わったことの無かったちどりにとってそれは、新鮮な驚きだった。
 心があるのなら、他家の姫達と接するのと違う接し方はしてはいけない。
 姫も、女官も、皆平等に接しなくては、とちどりは初音と二人で泣きながら感じていた。
 しばらく泣いて、二人とも落ち着いたところに山吹や他の女房達が帰ってきた。
 後ろからは動きやすそうな装束を身に付けた人々が荷物を手に付いてきている。
 山吹は春の宮に足を踏み入れるや否やちどりの目が少しばかり腫れているのを見つけ、駆け寄ってきた。

Re: 藤の如く笑えよと ( No.17 )
日時: 2019/09/30 20:51
名前: 千葉里絵

〜作者から〜
 いつも読んでくださる皆様のお陰で、『2019小説大会金賞』を受賞することが出来ました。心より感謝申し上げます。


 今日、小説の更新のためにサイトを開いたら金賞受賞「千葉里絵」と書かれていて夢かと思いました。十回くらい見直しました(笑)。
 初小説で拙い文をいつも優しい眼差しで読んでくださっている方、この度作品に投票してくれた方、本当に有り難うございます。
 作者はモチベーションが上がりまくり、表情筋は緩みまくっています。嬉しい限りです。
 更新は相変わらず遅く、文章も可笑しな所などあると思いますが、これからも「藤の如く笑えよと」を宜しくお願い致します。
 

 そして、話がいきなり変わって申し訳ないのですが、現段階で好きなキャラクターを私に教えて頂くことは可能でしょうか。今後の参考にしたいので、可能でしたらご協力お願い致します。

Page:1 2 3 4



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。