ダーク・ファンタジー小説

天使たちの婚約
日時: 2019/10/05 17:55
名前: 見尾

こんにちは〜☆

見尾です

この話の登場人物を紹介します

マイン

何かと動作が不良な天使。落ちこぼれ。マイの妹

マイ

何かと動作がお嬢様な天使。マインの姉

大内琉汰

二十歳。警視庁捜査一課の刑事。女性恐怖症、血恐怖症、などを持つ駄目刑事。三兄妹の長男

大内葵

十八歳、高校三年生。推理力と観察力あふれている。三兄妹の長女

大内琴葉

十ニ歳。小学六年生。何かとケチ。三兄妹の次女

Page:1



Re: 天使たちの雑談 ( No.1 )
日時: 2019/10/06 09:50
名前: 見尾

全く、困ったもんである

姉貴の料理は上手いのだが

何かと連続で続く

今日もカレー、明日もカレー、

これが永遠じゃないからいいのだが・・・・・

さすがに飽きる

同じ気持ちの人もいるようで

琴葉「麻音!聞いてよ、一昨日も中華丼で昨日も中華丼なんだよ!
   さすがにあきるよ!」

麻音「わかるな、うちも今日もカレー、明日もカレー
   もう何回目だ。」

琴葉「でも、中華丼って節約にもなるし・・・」

でたな

琴葉は何かと金にうるさいのである

琴葉「そうそう、麻音、昨日、教科書貸したから
   お礼として、千円。」

と言いながら、手を出す

麻音「誰が、貸してもらったくらいで渡すもんか。」

琴葉「何だよ、ケチ。」

麻音「それは、そっちだろ。」

こんな風に雑談が進んだ

Re:婚約心中 ( No.2 )
日時: 2019/10/08 19:09
名前: 見尾

俺は、今、有名な自○スポット

山丘崖に居る

何故かと言うと

ここで心中が起きた

欧川「よぉ、大内。まただぜ。」

先輩の刑事

欧川さんが言う

琉汰「またですか。」

欧川「あぁ、最近流行中の婚約心中だ。」

婚約心中

それは、婚約したばかりの夫婦が

二人で心中することだ

琉汰「死体の状況はどうですか?」

南原「二人とも、頭割れて、即死さ。」

検視官の南原が言う

白い布をめくると

二人とも頭が割れているが

めずらしく穏やかな表情だった

南原「穏やかそうな顔だよな。俺は、こう言う顔を見るのは好きじゃないが。」

もう、これで、六件目だ

一体いつになったら

婚約心中は終わるのだろう

Re: 天使たちのバイト ( No.3 )
日時: 2019/10/12 16:01
名前: 見尾

舞「ありがとうございました!」

とにこやかな笑みで私はお客様に向ける

マイはただいまケーキ屋でバイト中

何故、天使がバイトをしているかと言うと

金欠なのである

天使が金欠と聞いたら笑われるだろうが

これが現実なのである

夢花「ねぇねぇ、舞。」

舞「何でしょうか、夢花さん。」

と聞いたら一発で気が狂いそうな口調で聞く

時代後差を感じるがけっしてわざとではなく

これが正常なのだ

夢花「また、婚約心中が起きたらしいよ〜。」

婚約心中

現在、流行中の謎の心中である

舞「またですの?」

夢花「そっ、これで六件目。」

思わずため息をついている

今頃、天界では大天使たちが困っているであろう

舞「平和になりませんわね・・・・・」

と嘆くようにつぶやく

だが、彼女の頭には

マインに何個ケーキを買って帰ろう

とチーズケーキを食べながら考えた

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。