シリアス・ダーク小説

Jet black- Butler&Lady
日時: 2020/08/08 15:02
名前: 雪林檎 ◆iPZ3/IklKM (ID: w1UoqX1L)
参照: https://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=12710

2020.8.1
知っている方はこんにちは、初めましての方は初めまして、雪林檎と申します。
普段はコメディ・ライト板にて執筆をしています。
ダーク・ファンタジーには憧れを持っていて一度そういうテーマの小説を書いてみたいなぁッと思って投稿しちゃいました。
未熟な小説ですが何卒宜しくお願い致します〜。


 ――――― 見たくないものまで見え、聞きたくもないものまで聞こえる。
それが、現実。
それこそが、“悪夢”。
夢を見続ける君が真実を、知る時、全てが崩れ落ちる―――――。

 それが夢か、現実か。判断するのは君だ。

*table of contents

・Opening >>1

・Character >>2

・chapter One >>3-4

・『Where's the boy whose stomach was torn』事件 >>5-10


*Genre

・シリアス 85%
・ラブ 15%


*Novel information
 
・執筆開始/2020.8.1


*Author's request

・荒らしコメは一切受け付けておりません。見つけた場合は連絡します。

・不定期更新。

・流血表現が多々あり、死亡表現あり―――苦手な方はGo,back!

Page:1 2



Re: Jet black- Butler&Lady ( No.6 )
日時: 2020/08/06 16:45
名前: 雪林檎 ◆iPZ3/IklKM (ID: w1UoqX1L)

04 「その女当主、執事と確執あり」

 言われるがまま謁見の間と出たわたしとルーカスは長い廊下を歩く。
 あの一人残ったキールの悲しげな顔が瞼の裏に張り付いて離れなかった。
「…………キール」
指を絡め、頼まれた事件を見ると同時にキールの事を考えていた。
廊下を歩く音だけが静かに響く。
 ルーカスは口を開く気もない様子だった。
 何か話題をつくらなくては、と思ったわたしは恐る恐る声を出す。
 「あの………いッ、良い天気ね……」
そう話し掛けてみたらルーカスは目線を逸らして。
「言われなくても判っています。世間話は必要ありません、貴女様は女王陛下の悩みを解決する家の当主様です。国民を不安に陥れるものを取り締まる為、私情を廃し冷徹でいなければなりません」
わたしは目を見開く。
 「慣れ合いを求めてはいけません」
突き放された感じがした。確実にいや、突き放された。
 ――――――“関わってくるな”と。 
「まぁ。御心配なく誠心誠意、貴女様の護衛を務めさせて頂きます」
わたしは首を小さく縦に振る。
ルーカスは凛と引き締まった表情で私の眼を真っ直ぐに、強く見つめ続けた。
 「……、……なんてね。キール君が言えば決まるんでしょうがこのような言葉は俺……私には合いませんね」
はぁっと張り詰めた空気に溜息が漏れる。
 「……というかあの異常なくらいに周囲の気配も把握できていた“あの”伯爵様がそれすらも出来なくなっているのですね」
にこっと初めて笑い掛けてくれたルーカスはわたしに手を伸ばす。
腰をグイッと寄せられわたしは声を上げる、そして、守るようにわたしを後ろに隠す。
 「護られてるからって油断していたら後ろからグサッと刺されてしまいますよ」
甘い吐息と言葉が耳に掛かり、思わず頬を赤くしてしまう。
そうしていたら鋭い風切り音がわたしの耳元を通り過ぎる。
 慌てて振り返ると、若い優しそうな夫人の顔の横に鋭いナイフが突き刺さっていた。
突然飛来したナイフに驚いたのだろうか。
夫人は明らかに不審な動きで廊下の壁に張り付いている。
 わたしはナイフを飛ばしたルーカスを凝視する。
少しでもずれていたら夫人は大怪我どころではなかった。 
 「貴女様が自分の身を自分で護れないから私が居るわけです。私の管轄外であれば何の問題もないですが今何かあれば女王陛下に私の首が飛ばされます故」
そう丁寧に説明したルーカスは夫人に近寄る。
綺麗な微笑みを浮かべながら話し掛ける。
「さてミセス。この区域は立ち入りが制限されているんですが知りませんか?」
夫人は表情を険しくしてわたしの手を握る。
 「グランヴィル伯爵の御姿が見えましたから―――……伯爵、記憶喪失って本当なのでしょうか?わたくしの事も忘れてしまったのですか?」
わたしは申し訳ない気持ちをいっぱいにして大きく頷く。
そんな、と声を上げる夫人に対し、ルーカスは目を見開いて呆気にとられた表情で夫人を凝視する。
「え……どうして知っているんですか。他言無用と口止めされている筈なのに」
ルーカスの驚きの言葉に夫人は俯く。
そして、口を動かす。
「もう噂になってます。記憶喪失になった伯爵が所有する会社はどうなるのだろう、取引は、と」
顎に手を添えた夫人は絵になった。
ルーカスが傍により、話を真剣な表情で聴く。
「人の口には戸が立てられないってことですね……」
はぁっと溜息を吐くとわたしを見つめる。
 暫くの沈黙が続き、わたしは夫人に話し掛ける。
随分と親し気にわたしを話し掛けに来たこの方は誰なのだろう、と思い訊ねる。 
「えっと、貴女は……?」
夫人はわたしの質問にあッ、と口を開き、悲し気に眉を下げる。
 「わたくしはアイビー・エインズワースです。是非、アイビーとお呼びになって下さい。一応、伯爵とはお茶をしたりショッピングに行ったりする仲でした」
悲しげに微笑む夫人を見てわたしは心が締め付けられた。
前のわたしと仲が良かったのだろう。
「解りました。これから宜しくお願いしますね」
 そのやり取りを見ていたルーカスにキッと目を向ける。
「……でもルーカス様が伯爵の護衛なのには納得できません……多分、“キール様”も反対だと思います」
キール、と口に出した彼女をわたしは凝視する。
反対していたのは事実だし何故、そのようなことを思うのか不思議でたまらなかった。
 「どうしてこのような男を………やっぱり、伯爵の元婚約者だからですか?」
濁りのない言葉にわたしは声を上げる。
「こッ、婚約者……ッッ!!?」
知らなかったんですか、とでも言うようにアイビーは小首を傾げる。
ルーカスを見ると息を吐いて面倒臭そうに眼を逸らして口を開く。
「元、ですから」
ルーカスは吐き捨てるように呟く。今までのわたしに対するルーカスの行動と反応をつなげてみるとよい関係だと言えなかった、と思う。
わたしが不安げな顔をしているとアイビーは眉を吊り上げる。
 「とにかく伯爵、その男を簡単に信用してはなりません。護衛に就く前だってまともに仕事をしなかった男ですから」
と言うと可愛らしく上品なドレスを恭しく翻し去っていく。
 「……、……彼女の言う通り、私を信用しなくて結構ですからね。此処で生き残りたかったら他人と深くかかわらない事。信用しているふりをして決して他人を信用しない事です」
笑顔で言う彼の口からはこのイギリスに対する真っ黒な毒が吐き出されたような気がした。
王室に。
わたしに、キールに女王に、ザーシャに。
対する毒。

 『――――――周りの人間を簡単に信じちゃ駄目だ、お姫様』

突然、あの日言われたレーヴの言葉が脳裏を過ぎる。
真剣で見たことのない笑顔のない表情に声。
そう揃いも揃って同じような言葉を、同じような表情になって言われると黙り込んでしまう。
「記憶を失った貴女様の藁にも縋りたい気持ちは解りますが忠告はしましたから……そのうち、解ることでしょう」
彼の皮肉気な含みのある笑顔にわたしは背筋を凍らす。
此処は彼が見限ってしまうような人間が集まるところなのか。
そんな場所なのか。
何かあったのか、と訊けばルーカスは面倒臭そうにする。
「……全く質問ばかりですね。前の貴女様とはまるで違う、考える事もしないで。私にはそこまで御答える義理も義務もありません、少しは御自分で御考えになってはどうですか?」
そうしてわたしを見つめ、笑う。
 「結構、頭の体操になるんですよ……まぁ出来れば貴女様がこの私に話し掛けても良いという権利が無くなって欲しいですね」
簡単に告げる彼から伝わる敵意がわたしを襲う。
以前、わたしは彼を傷付けるような酷いことを言ったのかもしれない。
今のわたしには推測しか出来なかった。教えて貰う事も出来ない。
でも、前のわたしがしたことであって今のわたしは何も知らない。
理不尽だ、前と今のわたしは別人でしかない。
 「……ベルデ様。いいえ、聡明なベルデなら答えて下さい。正直に話すと私は貴女様が記憶喪失であることを疑っています、無傷でそれも都合良く記憶を失って……」
 一体さっきから何なのだろう、と沸々と煮えあがる怒りの感情が心を覆っていった。
我知らず下唇を噛み締め、爪を立てながら拳を握り、募る怒りを抑える。
「記憶喪失のふりをしてわたしが何を得するの?」
わたしの棘のある言い方に皮肉な笑みを浮かべる。
 「楽しんでいるんじゃないか、って私のような者の慌てふためく姿を見て」
楽しむ?
そんな残酷で冷徹な人間だったのか、わたしは怒りに燃えあがる。
アイビーの言葉からはそんな感情は籠っていなかった。
前のわたしはルーカスにだけそのような態度を取っていたのか、疑問は増えるばかりだ。
「……まあ、私はキール君の言う貴女様が倒れて記憶を失う現場に残念ながら立ち遭わせてはなかったので何とも言えませんが」
投げやりな言葉にわたしは呆気にとられる。
そんなわたしの間抜けな顔にルーカスは息を吐く。
「……良いんじゃないですか。そんな些細なことを気にしなくても、貴女様にとって本当に些細なことだと思います」
 歩きながら話していて城の門に近づく。
城から出ると黒い馬車が待っていた。
「さあ、乗って下さい。……此処からは世間話ではなく例の事件の話をしましょう」
言われるがまま、わたしは馬車に乗る。
込みあがってきた唾を飲み込み、ルーカスの言葉に頷いた。
 今の会話でアイビーとキールがルーカスに反対する理由が解った気がした。
わたしの事を素で疑うルーカスを護衛には、と考えるのには納得した。
疑っているから仕事もちゃんとしないと思う。だからキールがあんなにも怒った。
 「……」
反省した。自分を心配して女王に怒鳴り散らしたキールを理由も聞かないで怒ってしまった。
キールが帰ってきたら謝ろう、そう思った。

Re: Jet black- Butler&Lady ( No.7 )
日時: 2020/08/05 18:30
名前: 雪林檎 ◆iPZ3/IklKM (ID: w1UoqX1L)

05 「その女当主、事件の捜査を始める」

 「さて、まずは事件の名前でも決めてしまいましょうか」
密室の馬車の中、ルーカスの切れの良い声が響く。
わたしは大きく頷き、新聞紙を読んで考えを言う。
 「この事件は至る外壁に『Where's the boy whose stomach was torn』と書かれていたことが特徴的だから……『Where's the boy whose stomach was torn』事件と簡単に命名をするのはどう?」
すると、ルーカスは反論することもなく「それでいいと思います」と賛成する。
顎に手を添えて外に目を向けながら話す。
「では、事件について纏めていきましょうか」
新聞を読む。
「犯人は至る外壁に『Where's the boy whose stomach was torn』と書き今まで4人もの少年を腹を裂き殺害した。それは鋏で相手が苦しむのを見て、楽しんでいた……精神異常者だと考えられる。また事件の傾向として深夜に出歩いている貧困に苦しむ少年を狙って殺害現場に近い外壁に書いている」
短く纏められ、わたしの考えも察したルーカスの言葉にわたしは頷く。
そして、ある疑問が浮かび上がってきた。
「その犯人は……身長や利き手として……」
ルーカスはその言葉に目を見開き、皮肉気な笑みを浮かべる。
「利き手は左、そして性別も身長も何も利き手以外は判らない。けれども少し気になるのは斬ってもない頬に不自然な血が付いているところです。ほら見て下さい」
と見せてきたのは少年が無残に殺され、頬に血が付いている写真が印刷されたわたしの持っている新聞と別の新聞会社が作った新聞だった。
「………どうして?遺体に触れるだけでも……証拠が残るのに……」
わたし達は首を傾げた。
 楽しんで殺した筈、その事は間違っていないと思う。
現に一番苦しむよう鋏で腹を切り裂き、外壁には腹を切り裂かれた少年は誰だぁ?と言う隠れたものを楽し気に口外しているように感じる。
 なのに、どうして。
これからも少年を殺害したい筈だ、解らない。故意に証拠を残すのが。
殺害対象の少年にも不可解なことがあった。
わたしはその写真を見つめる。
 淡い金髪で青緑色の瞳を持つ幼さが抜けない少年、それも見た目が12歳くらいに限られた殺害対象。
その意味に何か理由がある。
直感しても理由が解らない。頬を血の付いた手で触る理由が、解らない。
考えれば考えるほど謎は増えるばかりだった。
ルーカスは難しげな表情で新聞を見つめ、額から頬にかけて冷や汗を流すだけ。
 そうしていくうちに馬車が止まる。
窓を覗くと森林に囲まれ、小さな湖と花々が咲き誇る緑色の屋根の大きな屋敷が見えた。
 ――――――着いた。グランヴィル家の屋敷だ。
ルーカスは頷き、参考資料を纏める。
「着きましたね。事件の話はキール君も交えて話し合いましょう、そして警察に話を聞いたり現場捜査をしたりして真相を突き止め、女王陛下が満足する結果に辿り着きましょう」
先に降りたルーカスは、馬車の扉を開き、わたしに手を差し伸べる。
気に入らないところもある、だけど。
 彼はそれ以上に優しいことは解った。 
わたしはその手を掴み、握り締め、馬車をゆっくり降りる。
 自室に入ったわたしは息を吐く。
「………」
鏡に映った自分の姿を見つめた。
 思った以上に複雑で裏のある事件に困惑しているとは女王にとてもじゃないが言えない。
どうすればいいのだろう。
 こんな時ヒントでも誰かがくれたらいいのに、と考える。
キールだってルーカスだって真相を知らない。
ヒントなんか与えられるわけがない。
 何を考えているのだとベッドに寝転ぶ。
ルーカスの城での言葉が蘇ってくる。

 『私にはそこまで御答える義理も義務もありません、少しは御自分で御考えになってはどうですか?』

嫌味のある呆れたような言葉。
質問ばかりをしていたのだから言われてしまっても仕方がないと今、思った。 
くよくよ、悩みに悩む自分の頬を抓る。
そして気持ちを切り替えようとしたとき、今、最も必要としていた声が頭の中に響いた。

 《……やあ、お困りのようだね。女王に頼まれた事件のヒントが知りたいんだ?へぇ……じゃあ、こっちに来て》

いつ会っても面白げな彼の言葉に溜息を吐きながらも頷き目を伏せる。
意識が飛ぶような気がしてわたしは流れに沿っていった。

 *  *  *

 眼を開けるとそこは前、レーヴと初めて対面したときの真っ白な世界だった。
慣れてしまって恐怖も湧き上がらなくなっていた。
裸足で歩く皮膚が擦れたような音がして振り向くと、そこには自分と瓜二つの容姿をして白いワイシャツを身に着けた少年が立っていた。
 ―――――レーヴだ。わたしが創り出したという道しるべ。
 
 《やっぱり、此処で話した方がいい。集中出来る、ヒントを与えるに当たって条件を出そうと思う》

その言葉にわたしはえ、と首を傾げた。
すると、含みのあるいつもの笑いを浮かべた。

《……そうだな、3つ提示しよう。1つ、必ずしもそのヒントが当たっているとは限らない、あくまで手助けに過ぎない。だけどそれがまるっきり嘘とは限らない、真実が隠されてる》

不利でしかないがわたしは受け入れた。
ヒントがないよりは在った方がいい、誰しもそう考えると思う。

《2つ、今回出すヒントの数は3つにするよ。その他のヒントは現実世界により独りの時、僕を「レーヴ」と呼び出してくれ。必ず独りの時だ》 

何故、独りに拘るのか解らなかったがわたしは頷いた。
さっきのように呼び出しが出来たのならもっと早くに気が付けば良かったと思う自分がどこかに居た。

《3つ、僕は質問されたこと以外、答えない。例え犯人を知っていても、僕はベルデが自分で事件を与えられたヒントを使って解決するところが見たいんだ》

そう親のような眼をしてわたしの頬を触るレーヴは高みの見物、と言ったところで楽しそうだった。
わたしは頷き、さっそく質問を始めた。
 「犯人は同じような容姿をした少年を殺害したの?そこには何かしらの理由があると思うんだけど」
質問にレーヴはへぇ、と声を漏らす。

《その定義は合っていると思う。まあ、本人に訊かなくちゃ解らないんだけど》

合っているんだ、とホッと安堵した。
わたしは次の質問をした。
 「犯人は少年の腹を切り裂く事に意味が在った?」
レーヴはまた、笑い出し、頷く。

《うん、無いとは言い切れない》

わたしはその曖昧な返答に眉を顰める。

《何?返答が気に入らなかった?今までの事は全部本当さ、無いとは言い切れない。衝動的に殺ってしまったかもしれない、それは本人に訊かなくちゃ解らないんだよ》

遠回しな言い方からは質問を変えろ、と言う言葉が見えた。
わたしは大きく頷き、最後の質問をする。

《犯人は最後、何で必ず少年らの頬を触るの??》


またもやレーヴは笑い出す。
いい線をいっているかのように物語る表情はわたしに大きな自信をつけてくれた。

《意味があるみたい。誰かに重ねているんだ、と思うよ……これで以上かな》

小首を傾げ、わたしを見つめる眼には好奇心の色があった。

《さっきから、さ。キールの事が気になるの?ずっと彼の事を思ってる。……じゃあ、元婚約者って判ったルーカスの事は?》

そう詰め寄り訊いてくるレーヴにわたしは眉を顰める。
図星を突かれ冷や汗が頬を伝る。
彼はわたしの周りの人間の事までお見通しなのか、何でだろう、と疑問に思う。

《何で2人の事を知っているのかって?君は僕だって言ったでしょう、君が見て感じることは僕が解る》

彼の話を聞いていると誤魔化すように彼はあッ、と形の良い小さな口を開く。

《キールが城から帰ってベルデの部屋に入ってきたよ。早く行かなくちゃね、心配そうな表情だ》

あー大変だ、とレーヴは言葉を言う声には合わない表情で背を向けた。
わたしはその言葉に合わせて心の中から覚めた。



Re: Jet black- Butler&Lady ( No.8 )
日時: 2020/08/06 11:17
名前: 雪林檎 ◆iPZ3/IklKM (ID: w1UoqX1L)

06 「その女当主、疑問に思う」

 心の中から覚めてゆっくり、と起き上がる。
清潔で柔らかなシーツが肌に溶け込んでいた。
「……」
レーヴの話によるとあと少しでキールが部屋に入ってくるんだろう。
それか誤魔化す為、嘘を言ったのか。
でも、今のわたしにはどうでもいいことだった。
 起き上がったが力が抜けてまた、倒れ込むように寝転がる。
 此処は前のわたしが当主を務めて住んでいた屋敷。
会社も設立して多くの企業と取引していたらしい。
女王の要望にも応じていた。
 何が嘘で真実なのか、判断したくとも頼るべき記憶がない。
事件も行き詰っている。
 ヒントは貰ったけどその先が、考えられない。
はぁっと息を吐いてまた、起き上がる。
テーブルには昼食が用意されていた。
マルシェが持ってきてくれたのだろう、美しい字のメモがあった。
スプーンを手に取って一口、食べてみる。
 「美味しい……」
疲れのあった身体に沁み込んでいく。
 ――――この部屋は塵一つ、それより置いている家具も少ない。
クローゼットを開けてみた。
中にはゴシック調のドレスばかり。
でも。
隠すように一着だけ、可愛らしいフリルがいっぱいついた桃色のドレスが有った。
街で歩いているような愛らしい少女が着ているようなそんなドレス。
 彼女の好みからはかけ離れているように感じた。
わたしは黙ってからもっと自分を知る品はないか、ドレッサーの引き出しも開けてみる。
 「これは……?」
アクセサリーの収納部らしく、指輪や綺麗な石が並んでいた。
いくつか試してみるとどれも吸い付くように指にはまる。
きっと、わたしのものだ。
 中にはゴテゴテした装飾のアクセサリーもあり、少し自分のセンスを疑ってしまう。
 聞いていたわたしとは想像できない意外な一面を発見したような気がして嬉しくなる。
思わず、独りで笑顔になっていた。
しかし結局、この部屋にはアクセサリー以外の目ぼしい物はなかった。
再び事件などの現実の沼に引き戻された気がした。
 すると、次の瞬間……控えめなノック音がした。
「どうぞ」とわたしは返事をして大きなドアから入ってくる青年を見つめた。
少し緊張した面持ちのキールが遠慮がちに部屋に入る。
 「あの後、大丈夫だったの?」
わたしはキールに近づき、そう訊ねる。
心配しているのか、という顔でわたしを凝視する。
キールは微笑を浮かべ軽く頷く。
「御心配には及びません、少し世間話をしただけです……それに私なんかの心配などしないでお嬢様は御自分の事を御考えになって下さい………でも、御心配してくれてとても嬉しく思います」
彼は頬をほんのりと桃色に染めて柔らかく微笑む。
そして表情を固まらせて、声の大きさを小さくした。
何の話だろう、と首を傾げる。
 「……あの少し言い方に語弊がありますが……他言無用と女王陛下が仰ったにも関わらずお嬢様が記憶喪失という話は広まっています。グランヴィル家を狙う組織の耳にも入った事でしょう」
彼の言葉にわたしはゾクッと背筋を凍らす。
そして難しい表情で俯く。
「決して決めつけではないのですが……噂話をしている者はそれと同じという事だと私は思います……勿論、本人達に自覚はない事でしょう」
不安になる。
何も解らず、そういう者と親しくしてしまったら自分だけでなく家や女王の足まで引っ張ることになるのだろうか。
とても、想像しただけで恐くなることだった。
 「………お嬢様が不安になられることはありません……そうならない為に私は貴女様に仕え、護っている……いつだって御傍にいるので」 
わたしの気持ちを汲み取った言葉に驚く。
そこまで解ってしまうのか、と思う。
まるでレーヴのようだと。
 「何だか………キールはわたしの心を見透かしているようみたいね」
その言葉にキールは驚きを隠せないようで眼を逸らし、冷や汗を額から頬にかけて伝わせる。
そして、口を動かす。
「……いや……まだまだです……心が解れば不安も取り除け、もしかしたら……記憶喪失にならなくて済んだかもしれません……全ては……きっと私の力不足なのでしょう」
キールの重々しい顔と声に冗談ではなく本気でそう思い言っていることが解る。
目覚めてから短い付き合いながら十分に承知しているがそれでも気恥ずかしくなってしまう。
「事件の真相もまだ掴めていない事ですし明日は先代の当主である旦那様が頼りにしていた情報屋に話を聞いて見ましょう」
――――――情報屋?
その単語にわたしは動きを止める。
「明日は早起きですよ」
キールの甘く囁いた声が広い部屋の中を響き渡った。

 *   *   *

 赤い夢を見る。
暗い室内。
鏡張りの外からは霧がかった月が見える。
唯一の灯りである蝋燭が円卓の上に置かれ、周囲には複数の男女が集まっている。
男女は詩のようなものを叫ぶ。
わたしはただ、「嫌だ……離して……!!!」と叫ぶだけ。
何も出来ない。
犬のように吠え、子供のように喚き泣くしか出来ないそんな弱虫。
 ――――――ただの子供だった。
どうしてこんな事になってしまったのだろう。
いくら考えても答えは見つからない。
堂々巡り。
 「××に××を捧げよ!!」
低い男の声が、蝋燭の炎を揺らす。
蝋燭の炎を宿し鈍く光る各々の双眸が、一斉にわたしを見た。
わたしは次の言葉を口の中に留める。
言えば終わってしまう。
だが。
その叫びを、楽し気に、高みの見物と見る周囲の視線がそれを許さなかった。

 どうか、殺さないで。

 連れていかないで。

 助けて。

とは、とてもじゃないが言えなかった。
彼らの思う壺になるんじゃないか、と言えなかった。
どうしても。どうしても。
 乾いた唇からは消え入りそうな蚊の鳴く声しか出てこなかった。
「………やめて……っどうか……っ」
どこからか入ってきた蛾が、蝋燭の炎に焼かれ、死に墜ちた。
わたしの瞳からは涙が一筋、静かに零れた。

Re: Jet black- Butler&Lady ( No.9 )
日時: 2020/08/06 11:46
名前: 雪林檎 ◆iPZ3/IklKM (ID: w1UoqX1L)

07 「その女当主、記憶の中に堕ちていく」

 「!!……ま、またあの夢……!!」
目が覚めると、掌から砂が滑り落ちるように夢の内容が消えていく。
 脂汗が自分の毛穴から噴き出していた。
恐い。
 酸素が上手く吸えないのか、肺がきゅっと萎むような感じがして胸倉を掴む。
心臓が痛い。
明らかに自分は今、過呼吸になっている。
危ない状態にあると分かった。
いつかの誰かの言葉が脳裏から水泡のように上がってくる。
 
 *   *   *

 『あら……っ!酷い熱ね……今日のピクニックは、残念だけどまたに……、しましょうか』

心配げな女性の声。脳裏に浮かぶ情景。
それでキュッと下唇を噛み締めた。
 どうやらこの子は、何かを言い出せない時や悔しい時、怒っている時、感情を抑える為下唇を噛み締める癖があったようだ。 

 『心配なんだ、身体が弱く人一倍アレルギーが多い………当主には少し荷が重すぎるんじゃないかって』

その会話を聞いてしまいその日は泣きながら寝た。
何かの記憶が、誰かの記憶が、鮮明に蘇ってくる。
 強い頭痛と心痛に襲われ、倒れ込んでしまう。
頭痛だけじゃなく後頭部が叩き割れるように痛くなる。
 ―――――その時、聞きたかった声が頭の中に響いた。

 《大丈夫か、ベルデ……!深呼吸するんだ、落ち着いて………僕が傍にいる!!》

いつもとは違う慌てふためく声。
信頼、していると言えばキールの前に信じている人物の声。
それで少し、痛みが和らいだ気がした。

 《そうだ……その調子……、メイドの……いいや、キールを呼ぶんだ。部屋の扉の前にいる、彼なら身体の薬の居所も知っている筈だ》

時間が勝負なのか、《急げ》と急かすレーヴの言葉に従って壁の一面に張り巡らせられた手摺に掴まりながら扉を叩く。
目覚めたばかりで自分のアレルギーの事、身体の事、交友関係の事、何も分からない自分よりは信じられると思う。
レーヴを信じた。
 
 キールは異変に気が付いたらしく、扉の前で倒れそうだったわたしの身体を抱き抱える。
そして、囁いた。
「御身体に触れる事、今だけ許して下さい……!」
 そう言ってベットに寝転がすと急いで水と薬らしきものを持ってくる。
渡してくれた水で薬を飲む。
 「大丈夫ですか……これまでこんなに激しい症状が出なかったのに……」
キールは何か言いたげな表情で背中を摩ってくれる。
  頭痛などの痛みは薬の効果で和らぎ、一緒に痛んだ後頭部も普通になっていた。
過呼吸も収まっていた。
どうして、急にこんな事になったのだろう?

 《負担だ………ルーカス・ノルマンディーなどの過激な言葉、そして何より、心配や過労などの疲れが原因で耐えていた身体も壊れそうになり悲鳴を上げたって言う事だよ》

答えるように頭の中を響く。
 彼はあの約束を憶えていないのか、独りきりじゃないのに喋りかけてくれる。

《約束?憶えているに決まっているだろう、でも、君の……ピンチだから関係なく話しているんだ!此処ではキールがいる姿を鏡に映せられないがまあ、良いと思ってる……此処からでも君の身体や様子は把握できるからね》

 本当に心配してくれているのだと思う。
彼の視点からはわたしが見えているようでわたしの日常、様子を把握できるみたいだった。
満足気な、それでも不服そうな、そんな曖昧な声が返ってくる。
 「白湯でも飲んで、身体を休めてくれ……本当に」
そう言い残したキールは外に出る。
 わたしは自分の身体を摩った。
どうして、こんなにも身体が弱いのだろう、と疑問に、嫌に思う。

 *   *   *


 『どうしてこんなにも身体が弱いのかなぁ………?嫌だよぉ……こんな身体……』
子供の、声。
 ぐすぐず、と鼻水を啜り咳き込む。
ふかふかの布団の中で悲し気に目を伏せる。扉の向こうを見つめた。
 
 ―――――また視点が変わる―――――。
 
 ふらふらと重心の安定しない身体で部屋に張り巡らされた手摺に掴まりベランダを出る。
 『わたしも……行きたかったなぁ……いっつもそうだよぉ……』
大きな音を立てて家を出ていく誰かを見つめて、呟く寂し気な少女の、声が響いた。
 冷たい風が頬を触れていく。
ほろり、と音を立てて涙を流す。

 
 ――――――………この声は、さっきから聞こえる言葉は……。


 パーツの破片が一つ、見つかったような気がした。
掌に戻ってきたように思う。
小さな、小さな、あっと言う間に割れてしまうような記憶の破片。
 あれはいつだっただろうか、いつかの日。
 幼い、わたしの視点から見た家族の形だった。
……存在。
 いつも病に罹り催し物には連れていかれなかった。
 孤独で、暗闇の中に独りぼっちのような気分。
聞こえる言葉は誰かがわたしに掛けた言葉。
 
 《……デ。ベルデ、それ以上は思い出さなくて良い……今の君の身体は辛い過去に、記憶に耐えられない》

レーヴは何かを知っているようだった。
でも。
教えてくれない、それはわたしの事を思っての事だろう。
 一刻も記憶を取り戻したい。
その気持ちは在る。
 だけど。
少しずつ積み上げていけば良いと思った。
ギュッと掌を丸め、握り締め、心の中で返事をした。

Re: Jet black- Butler&Lady ( No.10 )
日時: 2020/08/09 14:01
名前: 雪林檎 ◆iPZ3/IklKM (ID: w1UoqX1L)

08 「その女当主、執事らの新しい一面を見つける」

 『――――その血は?』
そう訊かれ、答えに戸惑う。
高貴な彼女の為だから、それは合ってる。
だけど、間違ってると思うのは何故だろうか?
「大丈夫、心配しないで。これは………返り血だから」
彼はわたしの言葉を聞くと目を見開く。
そして、声を潜める。
『……また、殺したのか?××の為に?』
わたしは頷く。
彼女の為。
「あんなに××を困らせてかき乱していた人なのに最期はね、泣き出して命乞いをしたのよ?」
『………、別に……殺す必要はなかったと思う』
後には引けない。
わたしの役目。
「……邪魔な者を排除するのがわたしだけの役目よ、それを嫌だと思うの?」
今日も、明日も、これからも。
ずっと幸せに暮らせると思った。
“幸せ”と“普通”が簡単に壊れることも知った。
立て直すまで苦労もした。
あんな屈辱、もう、したくない。
 ―――――あの頃にはもう、戻れない。
それを知る度に、口にする度に心が締め付けられ、痛む。
「ねぇ、わたし達。あの頃にはもう、戻れないのよ」

  *  *  *

 「……また」
長い髪が汗で張り付き、頬には涙の跡があった。
酷く、胸が痛い。
今までは思いだしたくても思い出せなかったのに、あの日から。
記憶の破片を取り戻したあの日から。
夢の一部を鮮明に覚えてる。
 「赤い、……血……っ」
会話で聞いたようなことを、わたしはしたのだろうか。
あの返り血を浴びた人間はわたしなのだろうか。
思いだしそうで恐い。
所詮は夢だ。
現実ではないとそう自分に言い聞かせる。
 コンコン!
弾んだようなノック音が部屋を響く。
「どうぞ」
返事をした数秒で、大きな鏡のようなドアから入ってくるこの女性は自分の専属メイドだ。
マルシェは二ッと陽気な微笑みを浮かべていた。
 「お嬢様、おはようございます!今日のお召し物と……いいものを見せようかと思いまして急いで来ちゃいました!」
鼻歌交じりの声を漏らしながら、ドレスを選び、ベッドの上に置く。
慣れた手つきでパジャマのボタンを外していって、頭から服を着ていく。
 ――――――いいもの?
わたしは永遠と考えていた。
何のことだろう、そう顎に手を添えたその時、着替えが終わったようでマルシェはわたしを見つめる。
 「……いいものっていうのは……執事などが行う朝練です。特にキール様とルーカス様の模擬戦は物凄い迫力なので御見せしたかったんです……説明をしましたので早速行きましょうか」
全て話をされたわたしは曖昧に頷く。
朝練と言うのは言葉の通り、精神力と体力を養うことみたいだ。
わたしが寝ている間に2人でそんなことをしているなんて知らなかった。
 ちょっと知らなかった自分が恥ずかしく思う。
主人である自分は暢気にふかふかの布団の下で寝ていたことが。
執事である2人は朝練をしていたこの差が。
下唇を噛み締めた。

  *  *  *

 「ここですよ〜!」
歩いて数分、目的の場所に着いた。
屋敷内とは違う凛とした空気が張り詰めている。
多くの人が剣を交えて、汗を流していた。
 「凄い………っ」
感嘆の声が漏れる。
 すると、マルシェが急に手を優しく握ってきて、愛くるしいその栗色の丸い瞳で見つめてきた。
「……お嬢様もご活躍されていたんですよ。お嬢様は国家の騎士にも勝てる強さを持っていました、剣の名手と呼ばれるほどです」
その眼にはわたしを懐かしむ色が見えた。
俯いてしまう。
「誰が何と言おうと私には御立派な……旦那様や奥様が御亡くなりになってもこの伯爵家を立て直した当主の姿に見えていました」
 全く想像出来なかった。
ルーカスからは酷く言われたのに、アイビーやマルシェ、そしてキールからは優し気な尊敬の言葉。
 何が真実か、嘘かなんて解らない。
何を頼ればいいのか。
 ――――――わたしは一体、どんな人物だったのだろう。
知りたい。何をして何を思っていたのかを。
でも。
教えてはくれない。
皆、はぐらかすばかり。
 隣のマルシェは首を振り、誰かの姿を探していた。
多分、キールとルーカスだろう。
わたしはそう解釈し、マルシェの視線を追うと、広場の一部をぐるり、と囲むように人垣が出来ていた。
 ―――――キィィンッッッ!!
 激しく刃の混じり合う音に合わせて、感嘆の声が上がる。
背伸びをしても中々、中心を見ることが出来ない。
 すると、マルシェがにこっと笑う。
「んもぉ〜遠慮をしていちゃ駄目です!」
そう言ったマルシェは人垣を上手に押し分けてくれた。
そのおかげで最前列まで来ることが出来たのだった。
 「!」
異常な速さで剣を振る2人の動きはとても模擬戦とは思えなかった。
 全力で打ち込まれた双方の刃から青白い火花が散る。
 ―――――!!?あの剣は……!
「まさか、……真剣で??」
わたしは驚きで固まった表情をマルシェに向けると、一方のマルシェは微笑む。
「槍やナイフの日もありますよ〜」
そう言う事じゃない。
真剣はいい加減や遊び半分でなく本気なことを意味する。
そして、木刀・竹刀と違い本物の刃を持つ剣だ。
万が一、模擬戦だとしてキールやルーカスのどちらかに当たってしまったら……と考えると背筋が凍った。
にこっと微笑みを浮かべる彼女に対して強い目眩を覚えながら視線を2人に戻す。
 その直後に、キィインッ!という鈍い金属音が響いた。
キールの剣とルーカスの剣が激突した音だった。
「っ……」
 キールとルーカスは至近距離で睨み合いながら、武器を押し合っていた。
キールは涼しい顔で目つきを鋭く、ルーカスはいつもの切って貼りつけたような皮肉屋の笑みを浮かべていた。
力だけを比べた場合、ルーカスが上のように見えた。
 溜まり切れぬと踏んだキールが押す力を抜いた。
相手の体勢を崩せば隙が出来ると踏んだのだろう。
 対するルーカスは予め予想していたかのように間断なく追撃を仕掛けた。
「……っ……」
下段を防ぐと見せかけた剣を突きに切り替え、攻撃に転じる。
目線、行動共に完璧なフェイントだった。
 「甘いな」
呟かれたその言葉に対し、涼しい表情を浮かべていたキールは当然の事のように口を動かす。
「……やはり、引っ掛かりませんか」
 打ち合い、流れ、離れ。
また。
絡み付くように刃と刃が合わさる。
 どちらかが少しでも判断を誤れば決着は一瞬でつくそんな判断力が試される勝負。
 ぶつかる気迫と気迫に周囲はいつの間にか静まっていた。
わたしはただ、固唾を呑んで2人を見守っていた。
 「あのぉ……私、仕事が……っ。連れ出しておいてすみません、それでは失礼致しますっ!」
マルシェが申し訳なさそうに一礼をして、パタパタと足音を立て観衆を掻き分けながら仕事に戻っていく。
 何合目かの打ち合いでルーカスの剣が手から剣が弾き飛ばされた。
「チッ」
軽く舌打ちして、キールを睨み付ける。キールの剣がルーカスの首を掠めて止まる。
 「そ、そこまで!」
審判として見守っていた青年が緊張した顔で腕を上げる。
審判役から静止の合図を示されると、周囲からの歓声の声と拍手が2人に向けて送られる。
 息を吐いたキールがルーカスに向き合う。
「正直言って最後は冷や汗をかきました。もし、……あれが決まっていたら俺の負けでした」
首に伝った汗を手の甲で拭い、何とも言えない表情を浮かべた。
 いつもと違う一人称に、堅苦しさもない声にわたしは瞬きをする。
 キールの言葉にルーカスは顔をわざとらしく逸らす。
「嘘吐け、奥の手まだ持ってるくせに。お前、最後まで余裕だったろ?最後のあの苦しそうな顔、フェイクだったくせに」
座り込んでいたルーカスは皮肉屋の笑みを浮かべながら立ち上がる。そして、キールの肩に手を組む。
「ルーカスさんもですけど」
へらっと表情を緩めたキールに対し、ルーカスは苦虫を噛み潰したような顔する。
「だといいんだけど」
 2人の会話に少しの友情が感じられた。
いがみ合っているけど、手を取り合っている姿が見え、息を呑む。
 終わった。
魅入って、夢の事など忘れていた。良い気分転換になった。
 去り際にタイミングが良いのか悪いのかルーカスと目が合う。
それまで緩んでいた表情も引き締まって真顔になる。
声を漏らす。
眼を逸らすが2人に見つかった以上、意味はないと思い直ぐに戻す。
 すると、ルーカスがキールを連れて歩み寄ってくる。
「何故……ベルデ様が此処に?今は寝ている時間じゃありませんか?」
ルーカスは何かに気づいたようにしどろもどろになる。
わたしの名を呼んだことでざわめきが静まり周囲の視線が全てわたしに注がれる。
 「……ベルデ様って事は……伯爵?」
まさか、と使用人達は目を見開く。
 わたしは思わず作り笑いを浮かべてぐるり、と見渡した。
 「!」
直ぐにその視線が好奇心ではなく、疎んだり忌ね嫌った意を持っていることに気が付く。
その視線に後退りをしてしまう。
 「見世物じゃないです。解散して下さい」 
わたしを隠すように前に出たキールはキッと眼を鋭くする。
 手を叩きながら続くようにルーカスが解散を促すと、それぞれ返事をしてその場から離れていった。
 「……しかし、まさかベルデ様が見ていたなんてね。予想外だったな、キール君」
大きく頷き、キールが返事をする。
 「我々の手合わせ、どうでしたか?」
その質問に戸惑ってしまう。
2人は凄かった。
 「キールは……フェイントの仕方がとても上手だと思った」
その言葉に頬を染めて、嬉しそうに唇を結ぶ。
「お褒め頂き光栄です」
 ルーカスはつまらなそうに顔を背ける。
自分は褒められないとでも思ったのだろう、とても拗ねているように見えた。
「ルーカスは剣の振り、力が凄いと思った。2人、比べられないくらい凄いよ」
そう褒めるとルーカスは顔を正面に向けてわたしに言う。
 「褒めても俺からは残念ながら何も出ませんよ」
怒ったように言ったルーカスは今まで見る顔よりも嬉しそうに見えた。
これがルーカスなりの感情表現なのだと勝手に解釈する。

  *  *  *

 「こうやって毎日、手合わせをしているの?」
そう訊くと端正な顔を歪ませ、アメジストの瞳を伏せる。
「いいえ。そう度々手合わせしていましたら体が持ちません。ルーカスさんの腕前はかなりのものですから」
キールは結構、謙遜したけど当の本人は汗だくで倒れ込んでいた。
ルーカスと比べると随分余裕があるように見えた。
 「どうして真剣で手合わせをしていたの」
と、訊いてみるとキールは何でもない曖昧な表情でルーカスを見る。
ルーカスは友人の使用人に水を与えられ飲んでいた。
「ルーカスさんがそう言うので、彼の希望でしていました」
わたしはその返答に目を見開いてあたふたしてしまう。
 胸の中に不安が広がっていく。
わたしが口を挟む事ではないと解っているが言わずにはいられなかった。
 「危ないことをしないで、お願いよ!」
心配しているのか、と眼で訴えてくる。
それに対し、わたしは大きく頷く。

 ――――――心配してるに決まってる。

アメジストの瞳にわたしを映し、俯き、花も綻ぶような微笑を浮かべた。
「有難うございます。……こんな私を心配してくれて……」
その透き通る綺麗な瞳に光るものが見えた。
 

 「でも、私は負けませんよ。……負けたら私は貴女様を護れなくなる」


朝日に照らされたキールは眩しいと思うほど綺麗だった。
信頼できる。
そう思っていく。

Page:1 2



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。