二次創作小説(紙ほか)

ポケットモンスター 星と旋風の使徒
日時: 2017/01/28 12:25
名前: パーセンター ◆AeB9sjffNs
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel3/index.cgi?mode=view&no=22078

どうも、初めましての人は初めまして、そうでない人はこんにちは。パーセンターです。
えー、また始まってしまいました。四作目ですね。
今作は前作の完全続編となっております。
参照をクリックすれば、前作に飛びます。
レオの新しい冒険が、始まります。

※注意
・例によって例のごとくノープランです。
・パーセンターは大学生でございます。現在数々の課題に追われて更新頻度が非常に低いですがご了承ください。
・登場するポケモンが色々とややこしいです。詳しくは近々やるオリキャラ募集のときに説明しますが、簡単に言うと『プラチナのシンオウ図鑑に載っているポケモン+ベガでのみ登場するポケモン』となります。

これくらいですね。
内容としては、前作と同様、オリジナルの地方でのゲームのような冒険ものとなります。

それでは、よろしくお願いします。

登場人物
味方side >>25
N・E団side(ネタバレ注意)>>153
用語(ネタバレ注意)>>342

プロローグ >>1

シラハタウン&メガキタウン編
>>6 >>20 >>22
ハスバナシティ編
>>27 >>31 >>32 >>34 >>36
デンエイシティ編
>>39 >>40 >>41 >>42 >>45 >>46 >>50 >>53
アカノハシティ編
>>55 >>57 >>58 >>62 >>63 >>64 >>65 >>68 >>70 >>72 >>74 >>75 >>79 >>80
コウホクシティ編
>>81 >>82 >>83 >>84 >>87 >>88 >>89 >>93 >>94 >>97 >>98 >>99 >>100 >>101 >>106 >>107 >>108 >>111 >>112 >>115 >>116 >>117 >>118
ツクモシティ&スティラタウン編
>>121 >>122 >>123 >>126 >>127 >>128 >>129 >>130 >>133 >>138 >>145 >>152 >>157 >>158 >>159 >>162 >>163 >>164 >>165 >>166 >>167 >>168 >>171 >>172 >>173 >>175 >>176 >>177
シヌマシティ編
>>178 >>179 >>180 >>185 >>186 >>188 >>189 >>190 >>193 >>194 >>195 >>199 >>200 >>206 >>207 >>210 >>211 >>214 >>215 >>216 >>217 >>218 >>221 >>222 >>223 >>224 >>227 >>229 >>230 >>233
ヨザクラタウン編
>>234 >>235 >>236 >>242 >>243 >>246 >>247 >>248 >>251 >>254 >>255 >>256 >>257 >>258 >>259 >>260 >>261 >>264 >>266 >>267 >>268 >>269 >>270 >>271 >>272 >>273 >>274 >>275 >>276 >>277 >>280 >>281 >>283 >>284 >>285 >>288 >>289 >>290 >>291 >>294 >>295 >>296 >>297 >>298 >>299 >>300 >>301 >>303 >>304 >>305
テンモンシティ編
>>306 >>309 >>310 >>311 >>312 >>313 >>314 >>315 >>316 >>317 >>318 >>319 >>322 >>324 >>325 >>326 >>327 >>328 >>331 >>332 >>333 >>334 >>335 >>336 >>337 >>340 >>341
四天王&チャンピオン編
>>343 >>344 >>345 >>346 >>347 >>348 >>349 >>350 >>351 >>352 >>355 >>356 >>357 >>358 >>359 >>360 >>363 >>364 >>365 >>366 >>367 >>368 >>369 >>370 >>371 >>372 >>373 >>378 >>379 >>380
N・E団編
>>383 >>384 >>385 >>386 >>387 >>388 >>389 >>390

決戦編
零節 都市
>>391 >>392
一節 碧天
>>393 >>400
二節 緋天
>>394 >>401
三節 蒼天
>>395 >>404
四節 破天
>>396
五節 夜天
>>397
六節 輝天
>>398
七節 聖天
>>399


非公式(ベガ)ポケモン図鑑 >>5

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81



Re: 第二百三十四話 溶解 ( No.400 )
日時: 2016/10/17 10:51
名前: パーセンター ◆AeB9sjffNs

天を貫く竜巻によって、ペリッパーとフワライド、両者とも嵐のような暴風に巻き込まれ、吹き飛ばされる。
竜巻がようやく収まった時、まずペリッパーが力を使い果たして地面に落ちた。
その後フワライドも風に流されてゆっくりと下降し、そのまま地に伏した。
「……ペリッパー、よくやっただ。後は休ンどけ」
「フワライド、よく頑張った。戻って休んでな」
それぞれのポケモンを戻し、両者は次のボールを取り出す。
「行って来い、シャワーズ!」
セドニーの二番手は水タイプのシャワーズ。対して、
「羽ばたけ、ドンカラス!」
カンタロウが繰り出すのは、彼の手持ちの中でも高い実力を持つドンカラス。
「それじゃあ行くぞ。シャワーズ、ハイドロポンプ!」
大きく息を吸い込み、シャワーズは大量の水を太い水柱として吹き出す。
「ドンカラス、躱してぶち壊す!」
翼を開いて飛翔し、水柱を躱してドンカラスは突撃する。
一気にシャワーズとの距離を詰め、右の翼を思い切り振り下ろす。
「無駄だ。シャワーズ、溶ける!」
だがドンカラスの翼がシャワーズを捉えるより早く、シャワーズの体が液体状に溶けてしまう。
翼が液体となったシャワーズを捉えるが、ダメージを与えた手応えはない。
「前回やった時は悪の波動を使ってたが、物理に切り替えたみたいだな。だったら丁度いい、俺のシャワーズは物理攻撃メインの相手には滅法強いぜ」
「物理一本、て訳じゃねェだぞ? ドンカラス、サイコキネシス!」
ドンカラスの瞳が妖しく輝き、強い念力が発生する。
液体から戻ったシャワーズに念力の波が直撃し、シャワーズを吹き飛ばすが、
「効かねえよ」
ダメージは入っているのだろうが、セドニーの言う通り、あまり効いているようには見えない。
「元々シャワーズは耐久力に優れるポケモンだ。さらに俺のシャワーズは特防が高い。タイプの一致してない等倍の特殊技如き、大したダメージにはならねえぞ」
そんじゃ、とセドニーは続け、
「今度はこっちから行くぜ。シャワーズ、冷凍ビーム!」
再びシャワーズが息を吸い、今度は凍える冷気の光線を放つ。
「そげなら攻撃の隙を突く! ドンカラス、襲撃!」
翼を構えたドンカラスが、一瞬の隙を突いてシャワーズの背後へと回り込む。
そのまま翼を横薙ぎに振るい、シャワーズを叩き飛ばす。
「シャワーズ、シグナルビーム!」
宙を舞うシャワーズのその瞳から、激しく光を放つ光線が撃ち出される。
「っ、ドンカラス、躱すべ!」
咄嗟に羽ばたき、急上昇してドンカラスはシグナルビームを躱すが、
「逃さねえ! ハイドロポンプ!」
その次の攻撃には対応しきれず、大量の水流を食らって吹き飛ばされてしまう。
「まだ終わってねえぞ。シャワーズ、冷凍ビーム!」
着地して素早く体勢を整えると、シャワーズが凍える冷気の光線を放つ。
「チッ、ドンカラス、熱風!」
空中で強引に体勢を戻すと、ドンカラスは翼を激しく羽ばたかせて灼熱の風を巻き起こす。
冷気の光線は熱風の壁に阻まれ、ドンカラス本体には届かなかった。
「これで一旦仕切り直しだべ。ドンカラス、サイコキネシス!」
ドンカラスの瞳が再び妖しい光を放ち、今度はシャワーズに直接念力を仕掛ける。
さらに、
「ぶち壊す!」
念力を操作してシャワーズを操り、射程圏内まで引きつけ、渾身の力を込めて翼を振るい、シャワーズを殴り飛ばした。
「痛えな……! だが、シャワーズ、冷凍ビーム!」
だがシャワーズの反撃が早い。
打撃を受けた直後とは思えない正確さで、シャワーズは宙を舞いながらも凍える冷気の光線を放ち、今度こそドンカラスに直撃させる。
「シャワーズ、ハイドロポンプ!」
「っ、ドンカラス、熱風!」
すかさずシャワーズが息を吸い込み、大量の水を吹き出す。
それに対し、凍えた翼を羽ばたかせ、ドンカラスは灼熱の風を巻き起こして氷を溶かす。
一瞬だが水の勢いを抑え、その間に水流を何とか躱した。
「逃がさねえぜ! シャワーズ、シグナルビーム!」
「そうはいかねェ! ドンカラス、ぶち壊す!」
シャワーズがさらに激しく点滅する光線を放ち、ドンカラスは翼を構えて突撃を仕掛ける。
翼で光線を両断しながら突き進み、シャワーズの脳天に渾身の力で翼を叩きつける。
だがその直前、
「シャワーズ、溶ける!」
シャワーズの体が液体となって溶けてしまう。
ドンカラスの翼の一撃はやはりシャワーズに大したダメージを得られず、
「シグナルビーム!」
上半身だけが元に戻ったシャワーズの目から激しい光を放つ光線が放出され、ドンカラスを吹き飛ばしてしまう。
全身を液体から戻すシャワーズを見据え、僅かに苦い顔をするカンタロウ。
「さあどうするよ? シャワーズ、冷凍ビーム!」
「チッ……! そげならドンカラス、躱して襲撃!」
シャワーズが息を吸い、凍える冷気の光線を放つ。
対してドンカラスは翼を構えると一瞬でシャワーズの背後に回り、翼を振り抜く。
「何度やっても同じだ! シャワーズ、溶ける!」
横薙ぎに振るわれるドンカラスの翼は、しかし、またしても液体の中を振り抜くだけに終わってしまう。
だが。
(待てよ。この光景、どッかで……!)
そこで、カンタロウは思い出した。
今まですっかり忘れていたが、アカノハシティで初めてセドニーと戦った時も、この対面だったのだ。
そしてあの時、カンタロウはどうやってこの戦法を攻略したか。
「そォだっただな! ドンカラス、サイコキネシス!」
ドンカラスが瞳を光らせ、強い念力を発する。
液体となったシャワーズを操り、体の制御を奪う。
「同じ手の対策は出来てるぜ! シャワーズ、姿を戻せ!」
前回とは違い、シャワーズは念力で制御されながらも元の姿に戻っていく。
しかし、カンタロウもそれは想定済み。だから、ここで熱風は使わない。
「この瞬間さ待ってただぞ! ドンカラス、ぶち壊す!」
シャワーズが姿を元に戻した、その瞬間。
ドンカラスの渾身の翼の一撃が、シャワーズの脳天に叩き込まれた。
「な……っ! ぐぅ、シャワーズ、まだ行けるか!?」
セドニーの言葉に応え、何とかシャワーズは体勢を立て直すが、
「そげな隙やらねェだぞ! ドンカラス、襲撃!」
翼を構えたドンカラスが、真正面から突っ込んで来る。
「っ、シャワーズ、シグナルビーム!」
シャワーズも瞳から激しい光を放つ光線を撃ち出し、ドンカラスを迎え撃つ。
両者の一撃が激突、威力はほぼ互角。
「撃ち落とせ! シャワーズ、ハイドロポンプ!」
「貫け! ドンカラス、ぶち壊す!」
お互いに距離を取り、その直後、シャワーズは大きく息を吸い込み、大量の水を放出する。
対するドンカラスは翼を構え、シャワーズを狙って一直線に突撃する。
再び双方の攻撃が激突するが、ドンカラスはそこで止まらなかった。
水柱を翼で両断しながらそのまま突き進み、カンタロウの指示通りに水流を貫き、渾身の力を込めて両翼をシャワーズへと叩きつけた。
「っ、シャワーズ!」
渾身の一撃を受けたシャワーズが吹き飛ばされ、木の幹へと叩きつけられる。
地面に落ちた時には、既にシャワーズは戦闘不能になっていた。

Re: 第二百三十五話 太陽光 ( No.401 )
日時: 2016/10/18 14:28
名前: パーセンター ◆AeB9sjffNs
参照: 新しい小説を立ち上げようか考え中……

吹き飛ばされて宙を舞うガーメイルを狙い、ヘドロの爆弾が放出される。
「っ! まだよ、ガーメイル、虫のさざめき!」
それでも、ガーメイルは動いた。
翅を激しく羽ばたかせて空気を振動させ、衝撃波を放ってヘドロの爆弾を掻き消した。
「チッ、小賢しい! だけどまだ終わってないわよ、ロズレイド、ギガドレイン!」
ロズレイドの両手の花束から、棘だらけの蔓が一斉に飛び出す。
まだ体勢の整っていないガーメイルへ、無数の蔓が迫り来る。
しかし、
「甘いわよ! ガーメイル、目覚めるパワー!」
ガーメイルの周囲に赤いエネルギーの球体が浮かび上がり、一斉に周囲に放出された。
炎の力を持つエネルギーの弾は迫り来る蔓を燃やし、さらにその蔓を伝ってロズレイド本体にも炎が到達する。
「今よガーメイル! エアスラッシュ!」
その隙を逃さず、ガーメイルは翅を羽ばたかせて上空から無数の空気の刃を落とす。
空気の刃の雨に打たれ、効果抜群の攻撃を立て続けに受け、ロズレイドの体がぐらりと傾く。
そのまま地面に倒れて、ロズレイドは戦闘不能となった。
「くっ……ロズレイド、よくやったわ。休んでなさい」
悔しそうな表情を浮かべてガーネットはロズレイドをボールに戻し、次のボールを取り出す。
「だったら次は、我が誇りにかけて、エルレイド!」
ガーネットの二番手は、刃ポケモンのエルレイド。
タイプ相性だけで考えればガーメイルとの相性はよくないが、
「速攻で決めさせてもらうわ。エルレイド、影撃ち!」
エルレイドが右腕を自身の影に突き刺す。
その影が瞬時にガーメイルの背後まで伸びると、そこからエルレイドの右腕が飛び出し、エルレイド側に引き寄せるようにガーメイルを殴り飛ばす。
「速い……っ! ガーメイル、虫のさざめき!」
「そんな隙ないわよ。エルレイド、サイコカッター!」
翅を振動させようとするガーメイルだが、それよりも早くエルレイドが動いた。
左腕の刃を伸ばし、その刃に念力を纏い、反撃の隙も与えない速さでガーメイルを切り裂く。
「っ、ガーメイル!?」
切り裂かれたガーメイルがゆっくりと地面に落ちる。
ロズレイド戦でのダメージも重なり、体力の限界を超え、ここで戦闘不能になってしまった。
「ガーメイル、お疲れ様。よく頑張ったわね」
ガーメイルをボールに戻すと、サクラはすぐに次のボールを取り出す。
「バトルはここからよ。頼んだわよ、チェリム!」
サクラの二番手は桜ポケモンのチェリム。蕾のような姿をしている。
「チェリム、まずは日本晴れ!」
チェリムが炎の弾を上空に打ち上げる。
打ち上げられた炎の弾は空中にとどまり、小型の太陽のように周囲を明るく照らし出す。
同時に、チェリムの姿が花開いた桜のような姿、ポジフォルムへと変化する。
「日照りなんて関係ない、速攻で決めてやるわ! エルレイド、冷凍パンチ!」
拳に冷気を纏わせ、ロズレイドが動く。
地を蹴って飛び出し、一気にチェリムとの距離を詰める。
「そうはさせないわよ! チェリム、ウェザーボール!」
対してチェリムは空気を固めたような白い弾を撃ち出す。
放たれた直後、強い日差しを浴びたその弾は炎を纏い、炎の弾となって突き進み、エルレイドの冷気の拳を逆に押し戻した。
「チェリム、続けてソーラービーム!」
チェリムの顔の、赤い実のような珠が輝き出す。
強い日差しを吸収し、赤い珠から輝く光の束を放出する。
「っ! エルレイド、躱しなさい!」
咄嗟にエルレイドは大きく跳躍し、光の束を何とか回避し、
「サイコカッター!」
両肘の刃を伸ばし、上空からチェリムへと狙いを定めて刃を振り抜き、二枚の念力の刃を飛ばす。
「チェリム、もう一度ソーラービーム!」
対してチェリムは再び強力な太陽光を溜め込み、輝く光の束を放射する。
太いレーザーのような光の束が念力の刃を飲み込み、砕き、そのままエルレイドへと迫る。
「エルレイド、防御よ! サイコカッター!」
両肘の刃に念力を纏わせ、エルレイドは腕を交差させて構え、防御の体勢を取る。
その直後にソーラービームの直撃を受け、地面に撃墜されるが、砂煙の中からすぐにエルレイドは起き上がった。
「まだまだ行くわよ。チェリム、ソーラービーム!」
「あんまり調子に乗らないでもらおうかしら。エルレイド、影撃ち!」
再び太陽光を溜め込むチェリムだが、光を放つ前に突然背後から打撃を受けてよろめく。
エルレイドが影を伸ばし、背後からチェリムを殴りつけたのだ。
「冷凍パンチ!」
拳に冷気を纏わせ、再びエルレイドが前方に踏み出す。
体勢を崩すチェリムとの距離を一気に詰め、今度こそ冷気の拳がチェリムを捉え、殴り飛ばした。
「マグナムパンチ!」
「ウェザーボール!」
さらにエルレイドは地面を蹴って大砲の弾のように勢いよく跳躍し、拳を構える。
チェリムは宙を舞いながらも白い空気の弾を作り上げ、日差しによって炎を帯びた空気の弾を撃ち出す。
炎の弾と大砲のような拳が、正面から激突。その威力は互角だ。
「次はこう! チェリム、バグノイズ!」
地面に落ちたチェリムは、起き上がると大きく息を吸い込み、甲高い声とともに耳をつんざく超音波を発する。
響き渡るチェリムの声がエルレイドの動きを止め、同時に超音波が体の内側から体力を削り取っていく。
「っ、面倒な技を……! エルレイド、影撃ち!」
音波に苦しめられながら、それでもエルレイドはゆっくりと動く。
右腕を地面に突き刺し、影を伸ばしてチェリムを殴り飛ばし、チェリムの放つ音波を止める。
「やってくれたわね! エルレイド、反撃よ! サイコカッター!」
両肘の刃を伸ばし、その刃に念力を纏わせ、エルレイドが飛び出す。
「チェリム、ウェザーボール!」
チェリムは空気の弾を作り出し、炎を纏わせてそれを放つが、エルレイドは右腕の刃を振り抜いてその弾を一刀両断し、さらに左の刃がチェリムを切り裂いた。
「冷凍パンチ!」
「ソーラービーム!」
さらに拳に冷気を纏わせ、腕を振り上げるエルレイドだが、その拳を振り抜くより早くチェリムの額の赤い珠から輝く光の束が放出され、逆にエルレイドを吹き飛ばした。
「くっ、ソーラービームが厄介ね。だけどこれくらいならどうってことないわ。攻撃力の影に隠れがちだけどエルレイドは特防も高い。日差しが元に戻った瞬間、チェリムは終わりよ」
「それなら、それまでに決めるだけのこと! チェリム、ソーラービーム!」
再びチェリムの額の赤い珠が強い日差しを吸収し、輝く光の束を放出する。
「エルレイド、躱してマグナムパンチ!」
対するエルレイドは大きく跳躍し、光の束を躱して大砲のような重い力を込めた拳を突き出す。
「チェリム、ウェザーボール!」
チェリムが白い空気の弾を作り出すが、エルレイドの方が早かった。
エルレイドの拳の一撃が、チェリムを殴り飛ばす。
「エルレイド、冷凍パンチ!」
「させないわよ! チェリム、ソーラービーム!」
握り締めた両拳に冷気を纏わせ、腕を構えてエルレイドが突撃する。
着地して素早く起き上がり、チェリムは額の珠から太陽光のように輝く光の束を発射する。
光のレーザー砲の中に、冷気を携えたエルレイドが突っ込んでいく。

Re: ポケットモンスター 星と旋風の使徒 ( No.402 )
日時: 2016/10/23 01:05
名前: マルガリータ ◆Ywb2SqBO2Q

お久し振りです。中々コメント出来ずに申し訳ありませんでした……

投票、結局出来ずじまいになってしまいましたね。それを破棄したのもマルガリータの責任だと思っています。本当に、申し訳ありませんでした

チャンピオンのリカルドさんのエースはレジギガスでしたか。エンペルトとレジギガスの対決……この二匹はコロコロで連載していたあの漫画を思い出しますね
実際のところ、レオ君が勝って欲しかったのですが、負けてしまいましたか……残念。いつかリベンジする時が来るのだろうか……

その後はN.E団たちとの会話。こういう悪党の葛藤や過去を知ることが出来るので良いですね
N.E団ではラピスが好きですね。シズカさんと和解して欲しいです
シズカさんと言えば、ラピスの生存を知った時、彼女がN.E団として悪事を働いていたという怒りよりも、妹が生きていて良かったという安堵の姿を見て、正に妹の身に案じるお姉さんといった感じでしたね。あのシーン好きです

そしていよいよ、ブロックとN.Eの決勝戦。カンタロウはセドニー、サクラはガーネット、エフィシはソライト、セイラさんはメジスト、マゼンタはラピス、リョーマさんはトパズ、レオ君はオパール……殆ど関わったことのあるトレーナーですね
ブロックのみんなはN.E団に打ち勝つことは出来るのか……何としても、勝って欲しいですね

http:// ( No.403 )
日時: 2016/10/24 08:51
名前: パーセンター ◆AeB9sjffNs

>>マルガリータさん

コメントありがとうございます!
まぁぶっちゃけ、元々記念企画とはいいつつも半分ダメ元でやってた企画ですからね。まぁ仕方ないです。そんなにお気になさらず。

今回の四天王戦はあくまで特訓の一環ですからね。正式な挑戦ではありませんし、仕方ありません。
ちなみにこの小説の世界観では、アニメ形式のポケモンリーグで優勝して初めてジムリーダーや四天王に公式的に挑戦する権利がもらえるといったものになっています。

一気に決戦編まで続くと読者さんが息切れしてしまいそうな気がしたので、途中にネオイビル編を挟みました。私がこういう話を入れたかった、というのも大きいですが。
そうですね、シズカとラピスは過去にその関係が大きく拗れてしまっております。
この二人の間に昔何があったのかも、そろそろ明らかにしていきたいと思いますので、気長にお待ちください。

最終決戦の対戦カードは、いずれも何かしらの因縁がある者たち同士にしています。
特にガーネットやリョーマ、マゼンタ辺りはその因縁が強いですね。
ここからどんな展開に話が進んでいくか、乞うご期待です。

第二百三十六話 灼熱 ( No.404 )
日時: 2017/01/28 12:24
名前: パーセンター ◆AeB9sjffNs

コーシャンの吹き出す灼熱の業火と、ジバコイルの放つ雷撃の槍が激突。
一歩も引かずに競り合った末、遂に炎が雷撃を吹き飛ばし、さらにその奥のジバコイルを炎に飲み込んだ。
「ッ……! ジバコイル……」
炎に包まれたジバコイルが、ゆっくりと下降する。
黒焦げの鋼のボディが地面に倒れ伏し、そのまま戦闘不能となった。
「ここまでですか。ジバコイル、お疲れ様でした」
ジバコイルをボールに戻すと、ソライトは特に表情を変えずに、次のボールを取り出す。
「それでは、行きなさい、ブースター!」
ソライトが繰り出すは、炎のような体毛を持つポケモン、炎ポケモンのブースター。
「そのコーシャンも体力は大分減っているでしょうし、確実に仕留めさせていただきますよ。ブースター、潜る!」
前脚を地面に叩きつけ、ブースターは硬い床の中へ潜ってしまう。
「コーシャン、来た瞬間に跳躍しろ」
床全体に注意を払い、コーシャンはじっと周囲の様子を伺う。
足元に僅かな揺れを感じ取り、コーシャンが大きく飛び上がった次の瞬間。
先ほどまでコーシャンが立っていたその場所から、ブースターが飛び出した。
「今だコーシャン、悪の波動!」
そのブースターに向けて、コーシャンは上空から悪意に満ちた黒い波動を撃ち出す。
しかし、
「甘いのですがねえ! ブースター、馬鹿力!」
ブースターもコーシャンを追って地を蹴り、大きく飛び出す。
渾身の力を込めた突撃が悪意の波動を弾き飛ばし、さらに上空のコーシャンに激突、地面へと叩き落とした。
硬い床に打ち付けられ、コーシャンは戦闘不能となってしまう。
「くっ、コーシャン、よくやってくれました。休んでいてください」
コーシャンを労い、ボールに戻すと、エフィシは次のボールを取り出す。
「ブースターが相手なら、お願いしますよ、グライオン!」
エフィシの次なるポケモンはタイプ相性で有利なグライオン。
「なるほど。地面・飛行タイプのグライオンなら潜るは効かず、馬鹿力も効きが悪い。確かにそのチョイスは最適ですが、そう簡単には行きませんよ。ブースター、大文字!」
大きく息を吸い込み、ブースターが激しく燃え盛る大の字型の炎の弾を吹き出す。
「グライオン、躱して剣の舞!」
対してグライオンは大きく飛び上がって炎を躱すと、戦いの激しい舞を舞う。
だが、
「隙だらけですよ。ブースター、アイアンテール!」
それよりも早くブースターが動く。
床を蹴って跳躍し、鋼のように硬化させた尻尾を振るい、グライオンを叩き飛ばした。
「私のブースターは技と技の切り替えが早い。積み技を使う隙など与えませんよ。ブースター、もう一度大文字!」
ブースターの口内に炎が灯り、大の字型に激しく燃え盛る炎の弾が飛び出す。
「ならばグライオン、躱してアクロバット!」
体勢を立て直したグライオンが再び飛翔する。
軽快な動きで大文字を躱し、そのままのスピードでブースターへと突っ込み、鋏を振り下ろす。
「ブースター、アイアンテール!」
それに対して、ブースターも硬化させた尻尾を振るって応戦する。
鋏と尻尾が火花を散らしながら激しく競り合うが、
「ブースター、グライオンに噛みつきなさい」
不意をついてブースターが身を翻し、グライオンの鋏に牙を突き立て、噛み付いた。
ソライトの指示の意図が分からず、エフィシの動きが一瞬停止する。
だが。
「大文字です!」
刹那、ゼロ距離で炎の弾の直撃を受けたグライオンが大きく吹き飛ばされた。
「いくら軽快に動くグライオンでも、流石にゼロ距離からの攻撃には対応出来ないでしょう。私のブースターの炎はいかがでしょうかねえ! それでは、お次はアイアンテール!」
床を蹴って飛び出し、ブースターは吹き飛ぶグライオンを追って飛び出す。
グライオンとの距離を一気に詰め、宙返りしながら硬化させた尻尾を振るう。
「っ……! グライオン、スカイアッパー!」
体勢を崩しながらも、グライオンは拳のように鋏を振り上げ、ブースターの硬い尻尾の攻撃を迎え撃つ。
「もう一度アイアンテールです」
「それなら躱してアクロバット!」
執拗にブースターは鋼の尻尾を振るうが、一瞬の隙をついてグライオンは尾を躱すとブースターの背後に回り込み、鋏を振るってブースターを殴り飛ばした。
「グライオン、地震!」
ブースターの着地に合わせ、グライオンは鋏を床に叩きつけ、地面を揺らして衝撃波を飛ばす。
しかし、
「ブースター、馬鹿力!」
ブースターが渾身の力を発揮し、その力を床に叩き込んだ。
グライオンの地震も合わさって建物全体が大きく揺れるが、ブースターがダメージを負ったようには見えない。馬鹿力のパワーを床にぶつけて、地震の衝撃波を相殺したのだ。
「先程のジバコイルといいパワータイプが多いようだが……当たらなければ問題ない! グライオン、アクロバット!」
グライオンが飛び立つ。身軽な動きで一気にブースターとの距離を詰め、大きな鋏を振り下ろすが、
「でしたら確実に当てましょう。ブースター、一発耐えてアイアンテール!」
ブースターは回避しなかった。
代わりに全身に力を込めてグライオンの鋏の一撃を耐え切り、間髪入れずに硬化させた鋼の尻尾を振るい、グライオンを叩き飛ばす。
「大文字です!」
吹き飛ぶグライオンに向け、ブースターはさらに大の字型に激しく燃え盛る炎の弾を放つ。
「ぐぅ、グライオン、地震!」
強引に体勢を立て直し、グライオンは地震を起こす勢いで鋏を振り下ろし、炎を何とか打ち消す。
「甘いのですがねえ! 馬鹿力!」
だがその炎のすぐ後ろからブースターが接近してきていた。
そのまま渾身の力を込めて突撃し正面から衝突、グライオンを大きく吹き飛ばす。
「大文字!」
再びブースターが大きく息を吸い込み、激しく燃え盛る大の字型の炎を放つ。
炎の弾が今度こそグライオンを捉え、灼熱の炎がその身を燃やす。
「ジバコイルの時には一杯食わされましたが、今度はそうは行きませんよ。ブースター、アイアンテール!」
ブースターは攻撃の手を緩めない。
炎をまともに受けてふらつくグライオンの脳天に、鋼のように硬化させた尻尾を勢いよく叩きつけた。
「くっ、グライオン、ここは耐え時です……! アクロバット!」
防御の高さが幸いしてか、何とかまだグライオンは動ける。
素早い動きでブースターに近づき、鋏を振るう。右の鋏は躱されたが、すぐに左の鋏を放ち、確実にブースターを叩く。
「ブースター、潜る!」
地面に叩き落とされると同時に、ブースターは床に足を叩きつけ、床下に潜る。
「それを待っていた! グライオン、地震!」
ブースターが潜ったのを好機と見て、グライオンは鋏を振り上げ、床に叩きつける。
だが、
「こちらも待っていましたよ。ブースター、アイアンテール!」
グライオンが鋏を叩きつける直前、床からブースターが飛び出し、硬い尻尾の先をグライオンの腹に突き刺した。
「なにっ……! グライオン!」
鈍器を叩きつけられたようにグライオンは吹き飛ばされ、壁に激突する。
そのまま床に落ちて、戦闘不能になった。
「……グライオン、よく頑張った。戻って休んでいてくれ」
エフィシはグライオンを労い、ボールへと戻す。
「さて、ジバコイルの分は取り返しました。蒼天将の力はここからですよ。自ら私と相見えるというのなら、敗北の荒波へ引きずり込まれる覚悟は出来ているのでしょうね」
「生憎だが、負けた時のことは考えていない。なぜなら、私は勝たないといけないからだ」
ソライトの言葉をものともせずに、エフィシは次のボールを取り出す。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存