二次創作小説(紙ほか)

日常日和。4
日時: 2020/09/10 19:22
名前: 桜

新しい日常日和。4に来て下さりありがとうございます。このたび前の掲示板のデータがいっぱいになったことにより後継掲示板で日常日和。を4として再開することになりました。なのでブタのヒヅメとの戦いやぷよクエ実録も今後はここですることになります。それでも私は変わらないし変わるつもりもありませんので見ていただければ幸い!


「目次」


「短編」
多才のわらじ>>1-2
賢者大作戦!>>38-43
成りすましアラビア二番手>>49-50
ツキノちゃんと孤高な天騎士さん>>73
サックスとリンゴ>>78-79
恋愛裁判地獄絵図>>85-89
Ai:birthday>>146-147
可愛い可愛いメイドさん>>177-179
栄光の天騎士ロード>>183-190
隠しの天才>>196-197
疑惑のラブレター>>203-204
悪魔さんの歌と少女のオーボエ>>248-249
2番手vsローティーン共の大戦争>>265-267
フルートの約束>>276-278
海水浴での休暇>>338-342
ふうりんアフェットゥオーソ>>365-369
月光の進化と共に>>374-377
王ドラ、イーブイ達を拾う>>382-383
とっておきのうた>>389-392
ある日降り立ったウーベルチュール>>410-411
学☆芸☆会☆大☆騒☆動>>415-416
サウンド・ショウ・タイム>>420-421
大量の楽器紛失事件>>425-429
龍笛を巡る運命(さだめ)>>434-435
今時の温泉パークはプールも付いているらしい>>451-452
トラブルな仙女!>>467-468
影の怪盗と妹の姫君と操りのポケモン>>471-475
お花見は時に危険なこともあるらしい>>478
争奪のシナリオ>>515-519
Nebula from Sunny>>522-525
勘違いにご用心!>>528-530
舞い降りた花>>543-545
桜版裸族による裸族のための講座2>>548-550>>552-553
解き放たれた恋愛のもつれ>>558-561
8月31日のポルックス>>605-606
月下の明かりの下で>>607-608
Flying to you>>637
ロックパンダは騒動がお好き!?>>638-639
オーボエはギネスブックになるほど難しいらしい>>640-642
ファゴット・ミッション!>>643-646
アリシアと魔法のエメラルドの腕輪>>649-650
Nostalgie Voice>>651-652
雑草達のそばにあるキレイな二輪花>>655-656
薔薇とリンゴとトロンボーンとモノクルの香り>>657-658
狐をめぐるもつれ>>659-660
乙女のカメラ対決!?>>661-662
主の居ぬ間に洗濯!?>>663-671
Mysterious Days>>672
オトナになったもん!>>673-675
若頭と雅楽師と笛と>>676-678
ニュージーランド劇場に参加しまショー!>>681-685
北海道inアンサンブルコンテスト>>686-687
髪は男女ともに命らしい>>688-689
ジャパンの侍犬魂>>690-691
没ネタ2本立て>>692-694
大騒ぎなお嬢様参観日>>695-696
ロックパンダとの別れの時>>697
薔薇色の狙撃>>698-700
嬉し恥ずかし修羅場>>701-704
とある日の海水浴事情>>705-707
NOBUNAGA to visit shores>>710-712
カメラにご注意を>>715
ドタバタ☆アクション!>>741-744
いつの世も儚きや>>773-774
クリスマス☆ラブパニック!>>777-778
森の女王様と闇の美少女と花の魔導師>>781-783
違う時代からの流通者>>787-788
ラモール・エスポワール〜ブケファラスと共に〜>>794-795
アンダーノースザワでの出会い>>802-804
生徒会番長の苺の裏事情!>>808-811
初夏の露呈式!?>>815-818
天の川の天から舞い降りた落とし子>>822-823
ラブナの隠されたとある秘密>>826
少年戦士ト麒麟ノメイドノ物語>>829-830(更新)


「やってきた。」
音大生漫画家がスマブラ屋敷にやってきた。>>439-440
ロック・パンダがスマブラ屋敷にやってきた。>>634-636
生意気司令官がスマブラ屋敷にやってきた。>>653-654


「ぷよクエキャラで料理対決!」
その2>>10-16
結果発表>>22-25
オシオキ編>>32


「テストネタ」
テストネタ1>>443-448
テストネタ2>>455-462


「フルート実録」
フルート実録2>>1
フルート実録3>>173


「闇天使の“重責”の呪縛」
猫と踏切と闇天使>>208-209
恋したサックス>>212
一旦の別れ>>215-216
事件の波乱>>221-223
神様も止められない紅蓮の羽四つ>>227-228
ウサギランド出現>>231-234
“願い”の先>>238-244


「ブタのヒヅメ決着」
月長石と星の水晶と黄玉物語>>283-284
全ては「キミ」のため>>289
慕う気持ち、向上心と小さな籠>>292-293
夕焼けの空と曇りの空>>296-298
青空はいつでも夕陽を待っている>>301
ゾーアの覚醒>>307-308
未来への絆>>313-314
悲しみはここに置いて>>318-320
さようなら、ありがとう>>324-326
終わりの始まり>>331-332


「全国学生音楽コンクールでの絆」
夏の花の嵐>>564-565
紅葉からの条件>>568-569
圧倒的な表現力がボレロを貫く>>574-575
四葉宮高校との対面>>578-579
四葉宮高校とのアンサンブル対決!>>582-584
棟梁と魔人と黒音と>>587-589
黒音学園とのアンサンブル対決!>>592-594
それぞれの動向と彼女から手を引いて>>597-598
本来の音>>601-602


「天空のレビアッタでの激闘と決戦」
星の舞う庭>>609-610
ゆっくり回り始めた歯車>>611-615
秋のルビー、悲しみを歌いながら愛しさを>>616-619
激闘の瞬間ーーーときーーー>>620-621
兎蝶グラフィティ>>622-623
道化とスライムのレジリエンス>>626-628
悲しみよりも深く優しく>>629-630
No charge memorys>>631-632
これからの課題と目的>>633


「トランペッターのケロン人襲来!」
占いの結果のトランペットとウラハラとタママ>>747-748
純粋アンチテーゼ100%>>751-752
トランペットでのイリュージョン>>755-756
大切な人からくれた宝物>>759


「ぷよクエ実録」
時空の旅人クリアまでの道のり>>254
マーベットの挑戦状日和>>270


「前後編」
旋律幻想曲>>56-58>>64-66
果てなき命の宴>>132-134>>139-140
フルートのショコラティエ>>151-152>>156-157
吸血鬼の赤き洗礼>>257-258>>261-262
オルガンストレッタ>>348-351>>356-360
秋のポケモンコンテスト!>>397-400>>405-406
愛と涙のサッカーバトル!>>533-535>>538-540
それぞれのお忍びの騒動の三重県伊勢志摩旅行>>762-764>>767-770


「特別編5」
序章:八奇人>>94-95
第一章:わがまま>>101-102
第二章:見てきたもの>>107-109
第三章:夢涙>>115-117
第四章:絆>>121-122
終章:響く>>123-124


「特別編6」
序章:オーボエの王子様>>481-482
第一章:小さな店で>>486-488
第二章:シグレの覚醒>>492-495
第三章:目には目を、口撃には口撃を>>500-503
第四章:オーボエの涙>>507-509
終章:運命の奇妙な巡り合わせ>>510-511


「特別編7」
序章:始まりの約束>>718-719
第一章:デートの途中で>>722-723
第ニ章:すれ違い・・・?>>726-727
第三章:本当のこと、その本当の気持ち>>730-732
第四章:報復☆DEATH>>735-736
終章:日本までやってきた来客>>737-738

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165



Re: 日常日和。4 ( No.6 )
日時: 2016/11/11 19:57
名前: きらり星カービィ

過去 星空の虹 きらり星カービィ城 王の間


スターライトグリマー
「着いたわよ 2人とも」

ブラックポミュ
「これが・・・過去の世界・・・ 宇宙の創造者が継承してから
 超未来惑星フューチャーポップスターが完成した時代だミュ・・・」

スターライトグリマー
「ブラックポミュ あなたは何か知っているの?」

エヴィルクリスタルドラゴン
「それも詳しいことを知りたいのだが・・・」

ブラックポミュ
「話が長くなるけど よーく聞いてほしいんだミュ
 この時代は・・・ダークマスターが誕生する前の世界で
 完成したばっかりで地上には海だらけだったんだミュ・・・」

「あるのはこの浮遊大陸 星空の虹だけだったミュ・・・
 だから 文明が誕生する前だったと言われているミュ
 聖邪の天使がお亡くなりになってからは・・・」

スターライトグリマー
「それでどうしたというの?私にはわからないことばっかりよ!」

ブラックポミュ
「きらり星カービィは悲しそうに涙を流した・・・
 実は宇宙の関わりがあったといわれているミュ!
 それから1年後にダークマスターが現れるようになり」

「きらり星カービィを操り 支配しようと始まったことからだミュ・・・
 そしてこの過去に重大な秘密があるということだミュ!
 このお城に暗黒夢星エネルギーが感じるミュ!」

エヴィルクリスタルドラゴン
「何っ!?余の住むお城に暗黒夢星エネルギーが
 あったというのか!?」

スターライトグリマー
「このまま放置すれば大変なことになるわ!
 急いで見つけるわよ ブラックポミュ!」

ブラックポミュ
「わかったミュ! これ以上 ダークマスターの思い通りにさせてたまるかミュ!
 このことをレポートに書きとめて 探索を始めるミュ!
 わらじの話だミュ」

エヴィルクリスタルドラゴン
「音楽ではパトリはまた一歩進んだといえる・・・
 興味ははまれば止めることは難しいが・・・
 バイトは大変だがしっかりがんばるといいぞ」


というわけで今回の話を語ったエヴィルクリスタルドラゴンたちでした♪
今回はわらじの話ですね。
音楽ではパトリはまた一歩進みましたね。
興味ははまれば止めることは難しいでしょう。
バイトは大変だけどがんばってください!次回も楽しみにしています。
以上、きらり星カービィでした♪

Re: 日常日和。4 ( No.7 )
日時: 2016/11/10 23:33
名前: 羽清アユカ ◆uYPWAZXaHA

羽清です。新スレでもよろしくお願いいたします。


ヤイバの命を狙った闇天使だからやっぱり警戒されるか。しかしちょっとずつだが理解者も増えている様子。パトリのこれからはどうなるか。
しかし夏美よ、比較対象がおかしくないかwwwww


それでは。

Re: 日常日和。4 ( No.8 )
日時: 2016/11/11 07:56
名前: リョウ

どうも、お久しぶりです。リョウです、新スレでもよろしくお願いします。

リョウ「パトリか・・・まあ闇天使だからね・・・少しは警戒するだろうな・・・」
マリオ「てかあっちの俺(ーー;)何やってんだよ・・・;」
魔理沙「でも面白そうな奴だな!一度会ってみたいぜ!」
ブラピ「てか夏美の比較対象がおかしいだろwwwwwwあれと同じとかパトリが可哀想だろwwwwww」
青娥「面白くなってきたわね、ちゃんと馴染めるかしら?」
リョウ「その辺りば大丈夫さ♪次回楽しみにしています。」



それでは。

コメント返し! ( No.9 )
日時: 2016/11/18 20:15
名前: 桜

新しい日常日和。にコメントありがとうございます!


〉トーチさん
いえいえ分かりましたので。興味を持ち出したら止まることは知りません。無理はしないように頑張ります!


〉Ehさん
うちのパトリ君は名ヴァイオリニストです。しかし、ヤイバの命を狙った闇天使だからか意見は分かれます。パトリ君の明日はどっちか・・・?


〉きらりさん
過去に来たみたいですね・・・。
今回は多才のわらじのお話です。パトリ君は音楽では一歩進んだようです。バイトは大変ですが、頑張ります!


〉羽清さん
こちらこそよろしくお願いします!今回はヤイバを狙った闇天使だからか一部は警戒を解きません。しかし、ちょっとずつですが、理解者は増えている様子。パトリのこれからはどうなるか?夏美の比較はどうしてもケロロと比較してしまうwww


〉リョウさん
こちらこそよろしくお願いします!今回はパトリは闇天使だから、警戒はされます。今回の手違いはマリオがパトリ君にジャンケンに負けたからでしたwwwパトリ君はかなり面白そうです。夏美の比較対象はどうしてもケロロと比べてしまうwwwパトリは上手く馴染めるか?次回もお楽しみに!

ぷよクエキャラで料理対決!(その2)(その1) ( No.10 )
日時: 2016/11/18 20:22
名前: 桜

日常日和。3から引き継がれた料理対決のその2。最後には・・・。






「前書き」


『料理バトルのルール』
・ぷよぷよ組の派生であるぷよクエ組のキャラによる料理対決。まだ少数なので今のところ出た全員が選ばれた。なお、今回の固定審査員は桜、悶怒、王ドラ、シェゾ、ツーストの五人。ちなみにこの固定審査員の三人はぷよクエキャラの関係者です(特にシェゾが関連している)
・今回はぷよぷよシリーズに縁があるカレー。バリエーションが豊富なのである程度はアレンジOK
・準備期間は一週間あり、予算として5000円は支給される(材料や調理器具の持参はOK)。また、自費でさらに追加してもOK。
・一週間後に料理バトルが開始され、審査員が試食して評価。個人評価を元に総合評価を出す。
・総合評価がよかったぷよクエキャラが優勝となり、作者と悶怒がその人の欲しいものをプレゼント(属性宝石も一緒)。さらに評価が最も悪かったぷよクエキャラにはきついオシオキが・・・!
・挑戦者の食材を盗んだり、市販品を出したり、予算を間違った使い方をした場合は強制失格になり、オシオキコースになる。また、チーム戦やペア戦、ゲストを交えた戦いで勝手な行動や迷惑行為を働いた場合はその人のみ酷いオシオキコースに飛ばされる場合もあるので要注意。
・当日に何かのトラブルの発生や材料の追加をする場合は申告をする事。時間内に戻ればセーフであるが、調理の時間や火の元には注意!(近辺にはお店があるので大丈夫)


『注意点』
・今回はアルルが用意した新作のルーが用意される。スパイスが豊富でおいしいよ〜。
・ルーの中に何の具を使うかは問わない。スープカレー、チキンカレー、カレービーフンなどカレーに関することなら何でもOK
・今回はスマブラ屋敷やプププランドにある果物や野菜が産地直送で届いている模様(誤食や食中毒防止済み)。こっちでも三つまでは使用可能。ただし、収穫したばかりのを持ってきているので自分で下処理をするように。要するに挑戦者の腕を試す意味でもある
・+α審査員は司会や固定審査員や今回のジャンル以外で選ばれなかった人達が抽選で選ばれる(このキャラにも属性宝石がプレゼントされる)


『評価』※個人結果から総合結果が出される。料理が出される順番はくじで決まっており、誰が作ったかは分からない。
☆☆☆☆☆:ルーをここまで美味しいカレーに変えた事に驚きが隠せません。ぷよクエカフェのイベントやぷよクエと飲食店とのコラボで出しても違和感がないレベル。要するにお店レベル
☆☆☆☆:レシピに忠実にして作っている部分があるものの、挑戦者の遊び心が満載。とっても美味しいよ〜
☆☆☆:普通。レシピ通りや正しい手順で作っているし、美味しいです。もっとアレンジや挑戦をしてみて!
☆☆:ちゃんと作ったつもりでも致命的なミスや初歩的ミスが目立つ。まだ救いようがあり、教えれば改善が可能
☆:一生懸命作ってるのは分かりますが、少しずつレベルアップをしましょう(反省する子や悪気がない子用)。救いようのないポイズンクッキング。お願いですからキッチンに立たないで下さいOTL(問題児専用)
0:何でルーをこんな問題料理にしたんだ・・・?(byシェゾ)


クルーク「ここまでは平和だね。ん?何か付け足したような・・・?」






贖罪:お前、人が作った最高のスパイスをあれとすり替えたな?食材と努力している全ての料理人に全 力 で 謝 罪 し や が れ(マジ切れモードのシェゾ)






クルーク「」
ラフィーナ「なんでも途中で料理のスパイスをすり替えた事件が発生しましてよ・・・;」


それでは本編にどうぞー・・・;






ルルー「それでは行くわよー!」


ルルーがくじで回す。選ばれた+α審査員は・・・


16番:チュチュ、モア
17番:ロム、シュウ☆ゾー
18番:ドラ・ザ・キッド
19番:野田恵(のだめ)、千秋真一
20番:マルク、グリル
21番:野原ひろし
22番:野原みさえ
23番:桜田ネネ
24番:ファルコ、パワえもん
25番:月島あいり、クロス
26番:鏡音レン
27番:鏡音リン
28番:KAITO
29番:デデデ大王


チュチュ「ちょっと!!つまり、私達の誰かが死ぬってことじゃないですか!!?」
モア「まだポイズンが出てないぴゅる〜;」
ロム&キッド「」←絶句
シュウ☆ゾー「すごい偶然だねっ☆(混乱しすぎてわけ分からんことになってる」
のだめ「のだめはいつ死んでも構いません・・・OTL」
千秋「のだめー!!ここで諦めるなー!!」
マルク「つか、「のだめ」って本名じゃないんだ・・・;」
グリル「ボクちんも「のだめ」が本名なのかと思ったよー」
ひろし「俺、死ぬかも・・・;」
みさえ「あなた!諦めないで!」
ネネ「gkbrgkbrgkbr」
パワえもん「お前、ぼくは一口だけ食べるから全部食べろよ。これは命令だ」
ファルコ「キャラ的に後輩のくせに命令かよ!!?」
あいり「か・・・必ず死にますわ・・・;(ショックでふらっと身体がよろける」
クロス「あいり!(よろけたあいりの身体を受け止める」
レン「僕、死ぬのかな・・・OTL」
リン「まあ、これは運次第だから大丈夫だって!」
KAITO&デデデ大王「OTL」


選ばれた+α審査員は全員不安を感じたり祈ったりしていた・・・。






チュチュ「何か不穏な空気ですわね・・・;」
モア「ぴゅる〜♪」


次の+α審査員にチュチュとモアが出てきた。二人は固定審査員全員が15番の料理の火傷で少したらこ唇になっていたことに驚く。


チュチュ「みなさん、どうしたんですか!?」
桜「ああ、15番は多分悪くないけど、火傷でこうなったの。気にしないで」
モア「気にするぴゅる〜;」
アルル「16番の料理、来たよー」


アルルとルルーが16番の料理を用意する。すると、中には普通に美味しそうなインドカレーとそれに合うようにこだわったダージリンティーだった。カレーではなく紅茶のこだわりから16番が誰かがわかる。


王ドラ「ああ。これは間違いなく彼ですね」
シェゾ「カレーは普通に美味いが、カレーよりも紅茶にこだわるのはちょっとなー;」
チュチュ「でも、ちゃんと普通に美味しいですわ」
モア「普通に美味しいぴゅる〜」
悶怒「紅茶はダージリンティーを使ってますね」
ツースト「普通はティーじゃなくてカレーだけどな」
桜「でも美味しいわ!」


16番のカレーはカレーは普通に美味しくできたが、紅茶の方にこだわったために少しマイナスな方向になった。審査員全員はそのカレーを食べた後に評価用紙を書く。






16番の総合評価:☆☆☆


桜の評価:☆☆☆
普通に美味しいんだけど、紅茶の方にこだわったことがちょっと気になった。だけど、ちゃんと紅茶に合うカレーにしたのは○。次はテーマの方にもこだわってあげて!


悶怒の評価:☆☆☆
味は普通に美味しいです。しかし、市販品は使ってはないですが、紅茶の方にこだわったのは二つ減点。ですが、紅茶に合わせたカレーにしたのは◯です。次はテーマの方にもこだわってあげて下さい。


シェゾの評価:☆☆☆
カレーの味は普通に美味しいが、紅茶の方にこだわるのはダメ。だが、市販品を使った形跡はなし、ちゃんと作ったのは高評価。次はテーマの方にもこだわれ。


ツーストの評価:☆☆☆
カレーの味は普通に美味しい。だが、紅茶の方にこだわるのは×。だが、ちゃんとカレーを作ったのは高評価だ。次はちゃんとテーマの方にもこだわれ。


王ドラの評価:☆☆☆
カレーの味は食べれないことはありませんが、紅茶の方にこだわったこともあってかまだまだです。ですが、ちゃんとカレーに合わせようとしたことは高評価ですので次はテーマの方にもちゃんとこだわってやって下さい。


チュチュの評価:☆☆☆
味は普通に美味しいですわ。だけど、カレーよりも紅茶の方にこだわったのは×です。ですが、あなたらしく紅茶に合わせようとしたことは偉いですわ!次はちゃんとテーマにこだわること!


モアの評価:☆☆☆
味は普通に美味しいぴゅる。だけど、紅茶の方にこだわるのはダメぴゅる。でも、紅茶に合わせたカレーを作ったのは偉いぴゅる!次はちゃんとテーマの方にもこだわってあげてぴゅる〜。






ロム「俺、死ぬのかな・・・;」
シュウ☆ゾー「死亡フラグ立てないで;」


次の+α審査員にロムとシュウ☆ゾーが出てきた。王ドラは彼らに気付く。






今回は日常日和。3から引き継がれた料理対決。そして・・・!?

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。