二次創作小説(紙ほか)

鳴砂の楼閣 〜Ringing Sandtower
日時: 2017/01/20 21:42
名前: プチシュークリーム ◆IVDmJcZSj6
参照: http://www.pixiv.net/member_illust.php

【鳴砂の楼閣 〜Ringing Sandtower / めいさのしろ 】


それは、人間と妖怪の新しい関係だった―――――――――


【注意】

・この小説は東方project及び秘封倶楽部の二次小説です。一切オリキャラは登場しませんが、ご留意ください。
 
・一部不適切な表現がございますが、現代の人々の倫理観とは異なる観点に基付く為、リアリティを追求する為用いているものです。

・秘封倶楽部ストーリーを準えた内容となります。卯酉東海道以降もございますが、こちらは有料となっております。お手数お掛けしますが、例大祭等の東方オンリーイベントでお買い求めください(500円)

・半分キャラ崩壊しています。申し訳ございません。



【舞台背景】

この物語は、とことん未来の地球が舞台。

1900年代半ばから続く環境破壊と紛争は、地球の温暖化現象を加速させ、温暖化からくる水位の上昇は、大陸の沿岸にある多くの国を侵食していた。

世界規模の海岸線の変更は新たな領土問題を孕み、各国間の戦争が勃発するのに、そう時間は掛からなかった。

幾多の大地が人工の神の齎した審判の炎に晒されても、人々を護ってきた大いなる膜壁が切り裂かれようとも、尚、人々を包んでいた憎しみは途絶える事なく、数百年、数千年の間、闘いを繰り返した。


――――ある時、誰かが気付いた。取り返しの付かない事をしていたのだと。我々は手を取り合って生きていくべきだと。

気付けば人類は、その手で地球に本来生息していた植物のほとんどを絶滅させていたのだ。

荒涼とした大地にて、過酷な環境に順応し、進化を続けた植物があった。サボテンだ。

このままでは人類は滅んでしまう…。生き残りをかけ、カクタスカンパニーはサボテンから何としてでも有益な情報を取り出す研究を進めていった。


長い実験の果てに生まれた不安定な力、サボテンエネルギー。原子力さえもはるかに凌駕し、怖ろしき力を唯一制御する事に成功したカンパニーは全世界から恐れられ、権力の殆どを掌中に納めるほどの大企業にのし上がった…。

サボテンに未来を夢見てか、カンパニーへの心酔か。エネルギーが生まれて直ぐに、人類は再び平和と繁栄を取り戻し、技術革新を繰り返していった。


しかしその平和も束の間、サボテンエネルギーは各地のプラントで暴走を繰り返し、環境は更に激変した。度重なる地殻変動、大気の汚染、土壌の汚染、pH度数2の酸性雨。 最早地球は人の住める場所ではなくなっていた・・・

その結果、多くの都市の空調、温度、湿度、天候を自由自在シェルターで覆わねばならぬくらい深刻な被害を与えた。



それから数十年、酉京精神科学大学に通う、宇佐見蓮子は、誰も訪れる事の無い廃棄された旧校舎の隅に或る倉庫で、実験に没頭していた。

彼女の正体は歴史の闇で暗躍してきた秘密結社『秘封倶楽部』の後継者で、宇佐見の名を冠する最後の1人だ。

誰も見向きもしない旧校舎に、少女の幻影に誘われて駆け込む異国の少女、マエリベリー・ハーン。

彼女は遥か西方の、変化の少ないアルティハイトの港町から、刺激的な生活を求めて密航してきたアテラン(士官育成学校)の卒業生である。


この邂逅は、偶然か、将又必然か。
奇妙なふたりが織り成す物語が、ここに始まる。



―――――――――――――――

>>40-53   鳴砂の記憶

>>54-65   「あなた」との出会いは偶然とは思えなくて

>>66-82   蓮台野夜行 〜 Ghostly Field Club

>>83-89   鳥船遺跡 〜 Trojan Green Asteroid その1

>>90-92   深く、そして重い水の奥底で

>>93-109  鳥船遺跡 〜 Trojan Green Asteroid その2

>>110-127 伊弉諾物質 〜 Neo-traditionalism of Japan.

>>143-194 卯酉東海道 〜 Retrospective 53 minutes

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41



Re: 鳴砂の楼閣 〜Ringing Sandtower ( No.222 )
日時: 2017/01/06 18:52
名前: プチシュークリーム ◆IVDmJcZSj6

あほくせーからIP開示してくんねーかな

Re: 鳴砂の楼閣 〜Ringing Sandtower ( No.223 )
日時: 2017/01/13 15:18
名前: プチシュークリーム ◆IVDmJcZSj6
参照: http://www.pixiv.net/member_illust.php

あげ

Re: 鳴砂の楼閣 〜Ringing Sandtower ( No.224 )
日時: 2017/01/20 20:05
名前: プチシュークリーム ◆IVDmJcZSj6
参照: http://www.pixiv.net/member_illust.php

取り敢えずレス掃除する

Re: 鳴砂の楼閣 〜Ringing Sandtower ( No.225 )
日時: 2017/01/24 00:47
名前: プチシュークリーム ◆IVDmJcZSj6
参照: http://www.pixiv.net/member_illust.php

掃除する気にもなれない

Re: 鳴砂の楼閣 〜Ringing Sandtower ( No.226 )
日時: 2017/02/09 21:09
名前: プチシュークリーム ◆IVDmJcZSj6
参照: http://www.pixiv.net/member_illust.php

あげとっか

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存