二次創作小説(紙ほか)

名探偵コナン 最終回風 暗黒の最終列車(ラストトレイン)
日時: 2017/01/29 00:47
名前: ベルモット

「もしもし……?私よsherry(シェリー)よ。ええ例の場所で。宜しく切るわね。」

「灰原〜。なにやってんだ?」

(江戸川君……?急いで履歴消さないと…。)

灰原は急いで履歴を消すと、リビングに向かった。

「いらっしゃい。どうかした?」

「いいや。今何やってたんだ?」

「えっと…薬作ってた。でも、まだ完成はほど遠いと思うわ。」

「そうか。今日の用事は……。もしかしたら次の取引を行う場所がわかるかもしれねぇんだ。」

「どうやって?」

「それは、CIAの水無さんから情報がきそうだ。その取引、水無さんも担当に入っているらしいしな。」

「そう。でも、相手は組織。気を付けなさいよ?殺されるかもしれないんだから。」

「分かってるよ。」

灰原はそういうとコーヒーを作りにいった。

コーヒーができると、コナンの前においた。

「どうぞ。探偵さん。」

「おっ、サンキュー!」

コーヒーからは湯気がたくさんたっていた。

「眠いから少し昼寝してくるわ。じゃあ、ゆっくりしてて。」

「ああ。サンキューな。灰原ちゃんと休めよ?」

「ええ。わかってるわ。ありがそう。」

コナンにはまだ電話の相手は知られていないようでほっとした。

「もしもし。電話私がかけるまでかけてこないで頂戴。少し寝るから。ええ。じゃあばいばい。」

灰原はベッドに向かって飛び込むとそのまま眠りに着いた。

Page:1



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存