二次創作小説(紙ほか)

私の生活は突然に
日時: 2018/09/13 20:01
名前: 一人の世界
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel3a/index.cgi?mode=view&no=17453

上野動物園を歩いていると皆動物を見て笑ってる。
家族連れやカップルも。
そんな所を動物を見ながら散歩していたら
突然眠気が襲ってきた。
私はその場に倒れる事しか出来なかった。

次に目覚めると私は森の中にいた。まず私は怪我がないかを見た。
そのあとに持っているものを見た。スマホがあったのでここをどこか見ようとした。しかしWi-Fiもモバイル通信も出来なかった。
誰かに電話しようにも電波がなくて連絡を入れられなかった。

仕方がないので歩いて人を探してここがどこかを聞くことにした。
十分ほど歩いていると16才位の女の子に出会った。
彼女は瑞華と言うらしい。私の自己紹介の前に名前を呼ばれたのでびっくりした。

彼女はあなたはどこから来たの?っと質問したので私は東京の●●だっと言った。すると彼女はじゃあ外の世界の人だね〜っと言った。
「そ、外の世界!?」私は驚きの言葉しか言えなかった。
それは理解出来なかったから。
彼女は「あ、えっと一番分かりやすく言うと異世界かな〜」い、異世界………そんなものが存在するんだ……そう心の中で思っていると彼女は心を見たかのように「存在するよ」っと言った。
まぁ存在してないとこの世界には居ないか……その答えが私の中で返ってきた。

そのあとに彼女を見ると何か考え事をしている様子で私はしゃべりかけようにもしゃべりかけられなかった。
5分ほどすると彼女は考えるのをやめて私に話しかけた。
あなたは自分の世界…居場所に戻りたい?と聞いた。
私はもちろんっと言った。この先どんな事があるかも知らずに。

彼女は突然こう言った。
「あなたは外の世界の住人だから能力がないね………やっぱりこの世界で一時的とはいえ暮らすんだから能力はあった方がいいよね〜」私は頭のなかで能力とは何かを考えていた。
彼女はそれを見透かす様に答えてくれた。「えっと能力って言うのは……うーん……自分自身の奥底の力を出す感じかな……あーでもうーんまあそんな感じかな」
私は頭のなかでなんとなく理解をした。「で……瑞華さんそんな簡単に能力ってつけられるんですか?」「一応ねでもつけないって言うのもあるよ〜どっちがいい?」
私は悩んだ。能力って悪くはないとは思ったがとても自分が扱えきれるとは思えなかったから…
だから私は能力をつけない事にした。
         〜・〜第一章 異世界にいる 完〜・〜
第二章 >>8
第三章 >>9
第四章 >>14
第四,五章 >>15
第五章 >>16
第六章 >>19
第七章 >>22


新シリーズ始めました
私の生活は突然に 〜異世界転移前〜

上のURLから見られます

Page:1 2 3 4 5



私の生活は突然に 第6章 あるはずの無い再会 ( No.19 )
日時: 2018/06/27 16:50
名前: 一人の世界

アイスの美味しい季節になりましたね(´・ω・`)(未だにネタ切れ)

―――――――――
五章の翌日の昼〜((ネタが無いなんて言えない・・・))

私は、瑞華さんと来華さんと別行動で一人で
動いていた。

瑞華さんが何故か私が一人で動くのを進めたので
一人で動いてる、と言うのが現状・・・

とはいえ私が住んでた世界と勝手などが違うな〜・・・
と、そう思うしか無かった。
訳は・・・まるでRPGのような街と西部劇の映画に出てくるような街と半々だったから。

でも、
とてもワクワクした・・・こう・・・初めて来る所って言うのと
ここでまた知り合いに会える気がして・・・

でもそれはすぐに
確信に変った。

だって・・・街の広場で私の知り合いが
踊り子をしていたから。

私は頭の中が真っ白になった。

だって・・・彼女は事故で
死んでしまったはずだから・・・

だから信じられなかった・・・
本当はとても嬉しいのに・・・嬉しいはずなのに・・・

だから・・・その場を離れた・・・

そして、瑞華さんと来華さんとの合流地点に走って向かった。

私は自分が暗い気がしつつ瑞華さんと来華さんに
「すいません 少し遅れました・・・」っと言った。

来華さんは明るく「大丈夫だよ〜」っと言ってくれた。
私は・・・それに安心をした・・・

瑞華さんも明るく言ってくれるかな?
そう思った・・・ けど、心を読んだのか 少し一瞬だけ暗くなって
でもすぐ明るくなって「問題ないよ〜」っと言ってくれた。

私はだから・・・ あぁ・・・ と少しなってしまった・・・

     〜・〜第6章 本当は? 完〜・〜

後書き(?)

小説カキコよ・・・ 私は帰ってきたーーー!!!

・・・・・・はい・・・ 戻ってきました
うん まあね 長いネタ切れですよ(未だにだけどなw)

はい まあ 次のネタがね? もうね? 何も無いですよ えぇ・・・

瑞華)ねぇ(怖い)

中さん)ギク・・・(隅に移動)

瑞華)最近・・・アーキエイジにはまってるそうで?

中さん)はい・・・ そうです・・・

瑞華)その間・・・ ネタ 考えてました?

中さん)考えて無かったです・・・ はい・・・ ごめんなさい・・・

瑞華)次からは やめましょうね?

中さん)はい・・・・・・ 気を付けます・・・


では また次回・・・(更新遅くて 本当にごめんなさい・・・)

Re: 私の生活は突然に ( No.20 )
日時: 2018/07/01 00:57
名前: 花音

帰って、来ましたねー!
おめでとーですー!

いやー、私も来れずにいましてなぁ〜、
実は、入院中なんですよねぇ〜
あはは〜

だから、なかなか来れずにいたんです〜


久々ですがー、
見やすくなりましたねー!
内容も面白い!続きが気になるよ〜

だーじょーぶ、私も二次創作で頑張ってるけどー、
今、結構流されてるのん。
キーワード検索しないと見つからなく・・・・・

コラボ・・・
すんません。余裕が出来たらコラボしたいですのん。
今はむりですのん。すんません。

まぁまぁ、
これからも頑張ってですのー!

Re: 私の生活は突然に ( No.21 )
日時: 2018/08/04 16:11
名前: 一人の世界

花音さん お久しぶりです。
ここ最近リアルがばたばたしており来れませんでした。
マジで申し訳無いです。

えー そして お知らせでは無いのですが 少し意見をいただければ と思いまして。
意見を貰いたいことは

pixiv移転に関してです

ここ最近こちらには来れなかったのですが pixivなら少々出てたりします(最低月一)
なので この小説を移転しまして pixivで投稿 そしてこちらの方は あまり私自身もシステムが理解出来ていないので投稿自体にロックをかけます

ただし これは意見をちゃんと貰ってから実行いたします
なので意見を下さい。御願いいたします。m(_ _)m

私の生活は突然に 第七章 月夜の散歩 ( No.22 )
日時: 2018/09/13 18:39
名前: 一人の世界

いい加減出します(^-^;

−−−−−−−−−−−
買い物から帰ってきて私は瑞影さんが作ってくれた晩御飯を食べた後
夜の散歩に出掛けていた。

理由はどこか寂しかったから。
私は友人を見かけたのに話しかけられなかった
それの後悔を消すように月を眺める…

散歩から帰ってきて私は思った、
ここに来てから4日しか経ってない っと
私はこの先ここにずっと住むのか…
そう少し思ったが考えにくい っと自分に言い聞かせ自室に戻りそのまま眠った。

−−−−−−−−−−− 瑞影の視点
私は晩御飯の食器を片付けてから
書斎に戻って元凶を倒す方法を調べていた。

元凶のせいで向こう側の人がこちら側に来ることが多くなった…
でも、それだけ…
それだけのはずなのに私は調べる。
倒す倒さないは別として封印するだけでも良い。
ううん…
封印で良い何故なら……

ここでノックが聞こえて私はドアを開けた。
すると来華ちゃんがそこに居た。
どうやら部屋の場所を知らなかったみたいで
私に部屋案内を頼みに来たっぽい。
だから私は来華ちゃんと来華ちゃんの部屋に行った。

その後に廊下の窓から見える月を見た。
今日は満月…
少し満月を見て書斎に帰った

〜・〜 月夜の散歩 完 〜・〜

後書き(?)
今日はおまけ的な立ち位置です(^-^;)
後 別視点のテストをしました
今まで主人公だけの視点でしたからね
結構良くできたと思ってます!

では また 八章で会いましょう! さようなら〜

私の生活は突然に 第八章 知りたく無かったもの ( No.23 )
日時: 2018/10/06 18:25
名前: 一人の世界
参照: https://charat.me/avatarmaker/share/AAAAAAAAAAEylFMw

この小説を書き始めて一年経ちましたが終わる気配がしないです…(まだ小説世界だと一週間もしてない)
−−−−−−−−−−
朝起きると、
外に雪が降っていた

慌てて一階に降り(ここで転けかけたのは内緒)
瑞影さんに話を聞くと
「普通だよ?ほら、
昨日満月だったじゃない。
満月の翌日は必ず雪が降るの。外の世界じゃこう言うの無いからね。知らないのも仕方がないよ」
と言われホッとした。
「ちなみに新月の翌日はとっても暑くなるからね」
とも言われた。

私は、折角なので雪遊びをする事にした。
雪遊びっと
言ってもかまくらを作るだけだけど…

かまくらを作っていると
バサバサととても大きな鳥が
近くで飛んでるような音がして
聞こえにくかったが女の人の声で「ガイ ここで降りて、休憩しよう」と聞こえた。

そのあとバサバサという音も聞こえなくなったので聞こえていた方に向かうと
綺麗な赤紫のドラゴンがいた。
私は見とれていると後ろから「ドラゴン 好きなの?」とさっきの女の人の声でいきなり言われたので振り向くと
肩にフクロウがとまっている素肌の見えない女の人が居た。
私はびっくりして能力でナイフを作り構えた。
すると女の人は腕時計を見てからドラゴンの方へ向かい
ドラゴンに乗り「ガイ 出発」とだけ言い過ぎ去った。

私は意味が分からずとりあえずかまくらを完成させるために作り続けた。

−−−−−−−−−−瑞影の視点
私は、
朝の雪の理由を◯◯ちゃんに言ってから自室に戻った。
その理由は客人が居るから
「紫さん そこに居るの分かってますからね」
すると彼女はスキマで出てきた
「よく分かったわね。私が居るって」
「紫さん、そういうのは後回しで良いです。なんで幻想郷からここへ?」
そういうと紫さんは
「あらあら せっかちはだめよ。まあ良いわ、要件を言うわね。あの ◯◯ ◯◯ を元の世界へ戻すか幻想郷に引き渡して欲しいの」
私は慌てた
「どうしてですか!?まだ元凶だって倒せて無いですよ!」
そう言っても紫さんは
「元凶って言っても大きな影響は無いわ それに人は貴方の我儘に付き合えるほど強くは無いの」
「でもこの世界に居ることは問題無いじゃ無いですか!なんで幻想郷に!?戻すのはまだ分かりますけど!」
「あの子が原因でこの世界の理が脆くなっているの。人間の子供にはあり得ない力のせいでね。だから幻想郷で異変扱いで倒すのよ。例え元の世界へ戻しても私が連れて来るわ。元の世界も崩れてしまうから」
「っ!?…………そんなの選択肢無いじゃ無いですか…」
「そうね…選択肢は無いわ… なんだったら今から連れ去っても、何年か経って答えを出しても、結局同じ倒されて封印されるだけ。だから明日答えを出して。この世界が壊れるのを指を咥えて見ているかそれを起こさないようにするか」
と言い彼女はスキマに消えた。

暗い気持ちで窓を開けるとリナの声が聞こえた。私は窓の外を見てリナがこっちへ来るのを待った。少しでも話せたら楽になるから。

〜・〜知りたく無かったもの 完〜・〜

後書き(?)

今回は瑞影さんがメインです
主人公視点は前座&おまけの立ち位置です。
因みに上のURLは瑞影さんで名前だけ出てきたリナの見た目です。でもまあ 肩にフクロウがとまってませんが(大人の事情で)

最近描画技術&ネタが少なくなり、終わりはこうじゃ無いのに!っというのが多くなった作者 一人の世界 をこれからもよろしくお願い致します。(今回もももう少し続けたかった)

Page:1 2 3 4 5



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。