二次創作小説(紙ほか)

混合世界の日常
日時: 2019/05/25 12:43
名前: 氷堂千秋
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel7a/index.cgi?mode=view&no=1007

初めまして。氷堂千秋です。
カキコに投稿するのは初めてですが、どうぞよろしくお願いします。

5月25日
移転を開始しました。上のURLからどうぞ。

注意事項
・題名から察せる人もいると思いますがその通りクロスオーバーです。
・言うまでもなく二次創作です。
・更新速度は遅いです。
・この小説は別のサイトでも(ちょっとだけ)書いています。また、そのサイトと文章が少し変わっているところがあります。
・作者の経験があまりにも浅いため駄文になるかもしれません。
・初めてなので、色々間違っている可能性があります。
・キャラは作者の気まぐれで増えます。
・感想等は何時でも受け付けています。

2019年4月27日
タイトル変えました。
旧タイトル『混合世界の物語』

2019年5月25日
移転開始

登場作品
涼宮ハルヒの憂鬱(涼宮ハルヒシリーズ)
涼宮ハルヒちゃんの憂鬱
らき☆すた
オトカドール
星のカービィ
氷菓(〈古典部〉シリーズ)
あはれ!名作くん


目次

設定>>1
設定part2(2019.3.11)>>6

第一回記念会>>2-3
新メンバー導入&カラオケ大会>>4-10

混合世界の料理大会 第一回
準備編>>11-13
本編
(1番〜4番)>>14-18
(5番〜7番)>>21-23
(8番)>>24-26

Page:1 2 3 4 5 6



混合世界の料理大会 第一回 10 ( No.23 )
日時: 2019/05/03 17:30
名前: 氷堂千秋

♪ググれ!(に一致する日本語のページ)

メタナイト「…なんでこの曲が流れてるんだ?」
千秋「さあ…」
伊原「色んな意味で凄い曲ね」
パティ「でも面白いデスよ」
こなた「台詞入れてる中の人が大変そうだねぇ」(←中の人が別の曲で台詞入れてる)
キョン「お前もだろ」(←同じく)

何故か『にょろーん ちゅるやさん』のイメージソングの1つが会場で流れています。因みにこなたとキョンの中の人が台詞を入れているのは同じアニメの『このスモチからの卒業』です。

ゆたか「そろそろ始めますよー」
審査員「「了解」」



7番の料理…ひび割れ&若干焦げてるカラフルマカロン



こなた「マカロンって作るの難しいよね〜」
メタナイト(作れないならなんで難易度高いマカロン選んだんだ…?)


食べてみると…





審査員「…………………………?????」


ゆたか「あれ?皆さん!?」
福部「大丈夫!?」
キョン「あ、いや、大丈夫だとは思うが…」
パティ「凄い早さで味が変わっていきマスね…」
千秋「混乱する上に微妙に疲れてきた…」
伊原「不味くないのにテンション下がるわね…」


なんと味が変わるマカロンでした。科学で解明出来そうにないのである意味ミラクルクッキングかもしれません。



7番の料理…1

混合世界の料理大会 第一回 11 ( No.24 )
日時: 2019/05/04 13:29
名前: 氷堂千秋

むすび「後半になったので司会を交代します」
カービィ「よろしくね〜!」

こなた「あれ?もう後半!?」
千秋「意外と早かったね」
キョン「まだ死んでないのは幸運なのか不運なのか…」
むすび「早速始めますよー。あ、それと追加審査員は田村ひよりさんです」
ひより「若干扱い酷くないっスか…」




8番の料理…黒いスライム



スライム『しょうぶ♪しょうぶ♪しょうぶ♪』


全員(゜д゜)ポカーン



なんと、8番の料理はスライムでした。会場にいる全員が唖然としています。


スライム『ねぇ、しょーぶしようよ〜。しないならいっぽーてきにこーげきするよ〜?ボクつよいからね〜♪』

伊原「これ…明らかに食べ物じゃないわよね…」
メタナイト「なあ、これは…」
千秋「うん。仕方ないね…むすびよろしく」
むすび「了解です!!」



ピンポンパンポン♪

むすび「緊急事態です。戦える人は審査員のところまで、戦えない人は会場の外まで、即座に移動して下さい!!!」

混合世界の料理大会 第一回 12 ( No.25 )
日時: 2019/05/04 14:44
名前: 氷堂千秋

※最初に注意。これは料理大会です。








前回の呼び出しで集まった人達は直ぐに集合しました。戦い始めましたが…



あい「このスライムすっごく強いんだけど!!」
サニー「しかも毒液っぽいの出たデス〜!!」
セイナ「手強いですね…」


スライム『たーのしーい!!それじゃあボクも本気だそっかな〜?』

古泉「本気の所だけ漢字表記なのが若干恐いんですが、まさか…」
メタナイト「そのまさかのようだぞ」
カービィ「えっ?」



ズゴゴゴゴ…


千春「巨大化した!?」
千秋「巨大スライム6体…倒せるかな?」



スライム『しんじゃえーーーーー!!!!!!!!!!』


朝倉「煩いですね、このスライム」
長門「倒すのは容易ではないと推測される」
キミドリ「冷静にしてる場合ではないと思いますが…」





一方その頃、会場の外では…


谷口「戦える人と戦えない人の比率おかしくないか?」
折木「3分の2はここにいるしな」
スウィーツ「僕、剣持ってるけど…使い方分かんない」
名作「分かんない!?」
ハルヒ「それ持ってる意味ないわよ」


かがみ「これ誰か治療所の手伝いに行った方が良いんじゃない?」
千反田「戦っている人の中に治療所の人もいますからね…私、手伝いに行きます」
つかさ「あ、じゃあ私も行くよ」

混合世界の料理大会 第一回 13 ( No.26 )
日時: 2019/05/19 22:09
名前: 氷堂千秋

※料理大会ですよ





カービィ「中々倒せないなぁ」
メタナイト「もう20分くらい経ったんだが…あと何分くらいかかるんだ?」

長門「現在のペースを維持するのであれば、最低約5時間かかる」
朝倉「でも有機生命体には持久力の限界もありますし、私達も攻性情報使いきったら何も出来ないので…」


9人「えええええぇぇぇぇ!?!?!?!?!?!?!?!?!?」

セイナ「5時間も耐えられませんよ!?」
あい「どーしよー!」
サニー「毒液で足場もだんだん減ってきてるデス〜!!」



スライム『必殺☆まじかるくらっしゅすとろんぐねおんぼんばーーー!!!!!!』

千春「何で平仮名!?ってうわぁ!!」


ドゴォォォン!!!



あい&サニー&セイナ「」チーン
キミドリ「3人戦闘不能になりましたー!!」
千秋「ここは必殺で対抗した方が良いかもね…」
古泉「もうそれしか無いですね」

凄く重要なお知らせ ( No.27 )
日時: 2019/05/25 12:31
名前: 氷堂千秋

長編書いてる途中ですみません。

この小説は現在紙ほかで書いていますが、アニメキャラの方が多くなった上に小説のキャラも両方アニメ化しているので、総合の方に移転することにしました。

この小説は料理大会を書き終えたらロックします。また、総合の方で書き始めたら目次の下にURLを貼り付けておきますのでそちらも宜しくお願いします。

Page:1 2 3 4 5 6



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。