二次創作小説(紙ほか)

歌い手さんの曲で物語作ってみた
日時: 2019/05/19 12:30
名前: るく

こんにちは!るくです!
今回が初投稿です!

物語の設定は最初に書きます。

『天月(歌い手)さんの曲で物語作ってみたアンケート』で曲のアンケートと応援コメント募集しています!わがままですがお願いします!

これから頑張っていくので応援よろしくお願いします!

※題名変えました

1、天月ーあまつきーさん
かいしんのいちげき! 完結

2、バルーンさん
シャルル 完結

3、みきとPさん
ロキ 完結

4、カンザキイオリさん
命に嫌われている 完結

5、Neruさん
東京テディベア 完結

Page:1 2 3 4 5 6 7



Re: 歌い手さんの曲で物語作ってみた ( No.33 )
日時: 2019/05/12 10:20
名前: るく

少年は神に助けを求めた。
神、といってもそれに近い存在だ。

全智全能の言葉を聞かせてよ。
もうこの世は脳みそ以外いらない。
外見なんていらないのだ。


why not, I don’t know


でも理由は分からないのだ。

自分の未来を、自分が愛される未来を想像する。だけどそのつぎの日にはまた嫌われる気がする。

愛情が足りなくて空いた部分を誰か埋めてれないか?

Re: 歌い手さんの曲で物語作ってみた ( No.34 )
日時: 2019/05/19 11:49
名前: るく

ずっと家で嫌われていた少年は
学校と言う環境ではどうだろうと思っていた。

けれど、学校でも勉強も運動も出来ず、友達も居ない、虐められることもあるが、先生達は止めてくれない。

期待していた僕が馬鹿だった。

そう思っていた。



神様がいるなら、最後にお願いする。











全て変えてくれ、って

Re: 歌い手さんの曲で物語作ってみた ( No.35 )
日時: 2019/05/19 12:21
名前: るく

変わった僕の存在証明を誰かしてくれないだろうか。

変わりたくて着飾った僕を誰か見てくれないか。


嘘だらけの体は、自分の心にはあわなかったそうだ。

心が叫びたがっている。

持ってきたテディベアのなかのわたが弾け出すように、僕は暴走していた。

Re: 歌い手さんの曲で物語作ってみた ( No.36 )
日時: 2019/05/19 12:23
名前: るく

存在意味がなくなった少年は


灯火を裁った。


自分の代わりに


テディベアをおいた。


代わりなんなんでも良かった。

Re: 歌い手さんの曲で物語作ってみた ( No.37 )
日時: 2019/05/19 12:30
名前: るく

あとがき

存在意味のなくなった少年の寂しさを表す歌ですね。

この歌は少し共感してしまうところがあります。

そして更新が遅くなった理由がもう1つありまして、占○ツクールの投稿もしてまして、そっちの投稿にも時間をかけてしまいました!

本当にすいません!


そして今回はあとがきが思い付かないのでおわりにします!


ばいちゃ!

Page:1 2 3 4 5 6 7



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。