二次創作小説(紙ほか)

妖怪ウォッチ 【エンマ大王のドタバタ日常】
日時: 2019/05/06 22:35
名前: エンちゃん

 はじめまして、エンちゃんです。まあまあおもんないと思うんですが、ぜひコメントして下さい!で、小説中に変な文字が出てくると思うんですが(いつも編集終わったら気付く…………)びっくりマークなどです。ごめんなさい。キャラクター紹介入れても、もっと増えると予想します。たまに映画や、アニメのネタバレ入っちゃいます。


 ではどうぞご覧下さい!


 

   キャラクター紹介


 エンマ大王

 妖魔界の王。明るく、活発。人間界に興味しんしん。

 ぬらりひょん

 エンマ大王の側近。冷静だが、エンマ大王の笑顔に心を動かされる。

 蛇王カイラ

 幼少からエンマ大王のライバル。貴族の跡取りだが半妖。

 太陽神エンマ

 別世界のエンマで神妖怪の一人。まあまあ恥ずかしがりや。

 時空神エンマ

 別世界のエンマで神妖怪の一人。エンマ大王にやたらべったり。元気。

 暗黒神エンマ

 別世界のエンマで神妖怪の一人。ぬらりひょんを敵視している。

 覚醒エンマ

 神妖怪の一人。エンマ魔笛(ブレス)を持っている。

 高城イツキ

 (早速ネタバレですんません)エンマ大王の生前。イツキの魂とエンマ大王の父紫炎の肉体でエンマ大王が誕生した。






 

Page:1



Re: 妖怪ウォッチ 【エンマ大王のドタバタ日常】 ( No.1 )
日時: 2019/05/12 14:58
名前: エンちゃん

臨時キャラクター


朱夏

天野ナツメの生前。鬼族最強の妖怪。

空天(空亡)

かつて朱夏に仕えていたが、殺人の容疑で死刑になり、空亡と化した。今は元の空天。

天野ナツメ

天野ケータの娘で妖怪ウォッチエルダの所持者。朱夏の生まれ変わり。天真爛漫な性格。

有星アキノリ

朱夏に仕えていた白秋の生まれ変わり。朱雀と仲良し。

月浪トウマ

朱夏に仕えていた玄冬の生まれ変わり。妖怪ウォッチオーガの所持者。妖怪に憑依(ひょうい)することができる。

Re: 妖怪ウォッチ 【エンマ大王のドタバタ日常】 ( No.2 )
日時: 2019/07/15 13:41
名前: エンちゃん

 第一話    〜お仕事の途中〜



 エ「ぬらりー、おやつ!!ってあれ?」

 オレは、今仕事中なんだが、3:00を知らせる鐘が鳴ったからぬらりを呼んだ。しかしいつもの返事がない。

 『大王様、仕事がまだです。終わったら用意させていただきます。』

 とかいう、むっかつくこと言われるが…………。

 椅子から立ち、そこら辺を歩く。すると、床に紙が落ちていた。紙を広げると……

 『申し訳ないのですが、会議が突然入ったため、留守に致します。ぬらりひょん』

 と書かれていた。少し字が汚い←失礼。急いでいたんだろう。

 そこで突然窓が乱暴に開いた。そこにオレに似た少年が立っていた。

 エ「誰だ!名乗れ!」

 ?「この世界のオレは乱暴なんだねぇ、びっくりするぜ…………。名乗ってやる。」

 その少年は窓から降りた。逆立っている銀色の髪で金色の瞳の少年だ。

 ?「オレは時空神エンマ。よお、この世界のオレ。」

 エ「じ、時空神、エンマ……?」

 時「用は特にないぜ。びびるなよ?何もしないからな‼」

 時空神エンマはにーっと笑う。オレは絶句した。だって、目の前に自分にそっくりなヤツがいるから……。そりゃ絶句する。

 時「それじゃ。」

 エ「ちょ、ちょっと待てって!!」

 時空神エンマは紫色の煙をあげ、消えた。

 エ「何なんだ……?意味わかんねぇ!」

Re: 妖怪ウォッチ 【エンマ大王のドタバタ日常】 ( No.3 )
日時: 2019/07/21 21:36
名前: エンちゃん

 第二話    〜嫌な気配〜


 エ「時空神エンマと名乗った少年は消えたものの……あれは何だったんだ?」

 一人で呟き、窓から外を見る。

 エ「………………?」

 外から乱暴な声がする。

 エ「……行くか。」

 指を鳴らし、移動した。

 エ「あれはっ!」

 見ると土蜘蛛と大ガマがにらみあっていた。二人の横には旗を持ったオロチとキュウビ、数名妖怪がいた。

 土「貴様は今日こそ許さん。」

 大「オレも、絶対に負けないぜ?」

 ここは、大王として、止めなければいけない。

 エ「何をしている。説明を求める。」

 そう言った瞬間、土蜘蛛と大ガマがしゅんとなった。そこでオロチとキュウビが口を開いた。

 オ「申し訳ございません、大王。実は、二人はまんじゅうの中の餡(あんこ)の話で 
話し合っているのです。」

 キ「そうそう、土蜘蛛がつぶあん、大ガマがこしあんって。でも、それのせいで大喧嘩になっちゃったんだよ。」

 つぶあんかこしあん???オレは石化した。面白い。そこでオレは案が出た。

 エ「なあ、土蜘蛛、大ガマ。天地まんじゅう、いるか?」

 土・大「!」

 天地まんじゅうってのは、天地をふるわす絶品の味を持っているらしい。

 天地まんじゅうを二人に手渡した。ぱくっ

 土「なんだこれっ……」
 
 大「め、めちゃくちゃ……」
 
 土・大「か、辛いーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!」

 オ「え……?」

 キ「嘘でしょ……」

 二人は絶句している。すると一瞬だが、声が聞こえた。

 ?「さあ、とりつくっしょ!」

 ?「言われなくてもわかってる。えらそうに言わないで。」

 エ「!」

 土蜘蛛と大ガマに紫色の煙がかかる。二人の瞳は闇の色に変化するー

 エ「やるしか、ないっ。オロチ、キュウビ、いくぞ!」

 オ「任せろ!『やまたのおろち』!」

 キ「わかってるさ!『紅蓮地獄』!」

 土・大「くそっ、ここまでか……!」

 そういい、二人は気絶した。ここで空を見上げた。炎と氷のような彗星が見えた。

 彗星は前兆とも言われる。何か様子がおかしい。時空神エンマは関係なさそうだった。

 その考え込むオレの姿を声の主がじっと不敵な笑みを見せながら消えた。この事に気付くとき、オレは後悔した。

Page:1



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存