二次創作小説(紙ほか)

東方 パチュリー・ノーレッジの過去〜本編2〜
日時: 2019/12/14 16:12
名前: 祭凛 ゆき

数日後…
ぴちち
來「ふわぁ……」
無意識に図書館に行ってみる
そこにはなんと、空っぽだったんだ棚がぎっしりと本で埋まっていた
來「え…」
流「おぉ、結構うまったな」
來「お父様…」
夢「うめるの、大変だったのよ」
ほんとにやったんだ……それに、本が…
夢「学問、化学、物学……将来に役立つ本ばかりよ」
流「これで満足だろ?」
そんな…これじゃあ魔法について調べられないじゃないの…
來「う、うん…」
声が勝手に動いちゃう…こうなったら、自力で調べるしかない…!

5年後……
だんだん魔法のことを調べるうちに、ある変化があらわれた
來「はぁ…疲れた。もうっ!1番上の本を読みたいのに…!」
(めんどくさいな……本から来てくればいいのに…)
ドサッ
來「ん?」
本が床に落ちていた。どうしてこんなとこに本が?それに、これ一番上の本じゃない…どうして……?
ドサ ドサ ドサッ
これには私もビックリした。目の前で落ちてきたから。これで気づいた。私は魔法が使える。他に何か使えるかもしれない…!これは、研究する価値がありそうね……!

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。