二次創作小説(紙ほか)

魔法使いの人間さん
日時: 2019/12/22 20:57
名前: 祭童子

はじめまして、祭童子です!初投稿なので誤字脱字あるかもしれませんがスルーの方向で
お願いします…!
いいぜ、読んでやるよ!という方はお進み下さいっ!


      はるか昔、妖精たちは人間と仲がよく、人間たちがする事を手伝っていた。
      人間たちが料理をすれば火の玉や水を出してやり、怪我をすれば癒したりもした。
      そんな中、一人の人間が妖精を嫌い、他の人間を巻き込んで妖精たちを
      追い出した。妖精たちは酷く悲しみ、知恵という扉に閉じ籠った。
      今人間は扉の鍵を使い、妖精の力を使っている。 鍵を使わなければ力は使えない。
      だが、未来というのは無限にある。もし、人間が妖精を嫌わなかったら?
      僕たちが住んでいるこの地面は、魔法の王国かもしれない。人々が魔法を使い、
      空の雲の上で妖精が笑いあって暮らしているかもしれない。



           そんな夢物語のような世界のお話をさ、聞いていかない?


     

      うわああ、時間がないっ!明日更新します!…良ければまた読んで下さいね〜

     *サクラ*さんのローズは普通の魔女…?という作品もよろしくお願いします!
      

Page:1 2 3 4 5



Re: 魔法使いの人間さん ( No.17 )
日時: 2020/01/12 20:31
名前: 祭童子

洗脳完了…?
あ、新シリーズやろうかな?

Re: 魔法使いの人間さん ( No.18 )
日時: 2020/01/13 08:31
名前: ベル

マギって聞いたことある…また見てみる〜!

更新頑張って〜!!

Re: 魔法使いの人間さん ( No.19 )
日時: 2020/01/13 23:18
名前: 祭童子

お詫び
これから受験勉強のせいでゲームが出来なくなりました。
でも見限らないで下さい!月に4回は絶対投稿するので!!
後新シリーズ全然投稿できて無くてすみません!!!
勉強なんて大嫌いだ!!!!!!


回覧数が100突破しました!皆さんのおかげです!これからも頑張ります!

Re: 魔法使いの人間さん ( No.20 )
日時: 2020/01/18 22:38
名前: 祭童子

お詫び
ほんっとにごめんなさい!!
この小説を放棄したいと思います。
僕のモチベーションがなくなったのと、
新しいことを始めたくなったんです。
本当にすみません。小説カキコは続けるつもりなのでこれからもどうかよろしくお願いします!(>人<;)

Re: 魔法使いの人間さん ( No.21 )
日時: 2020/01/19 07:30
名前: *サクラ*

小説カキコはするんだね!じゃあいいやw新しいこと頑張って〜

Page:1 2 3 4 5



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。