二次創作小説(紙ほか)

信義短編 「シンイ」二次
日時: 2020/04/15 15:58
名前: 徒花桜

始めまして徒花桜といいます。韓国ドラマの信義をお借りして二次小説を書かせていただきます。

初心者なので深いことは突っ込みはなしに暖かない目で見ていただけると助かります。

話を一話ごとに分けて原作の話とつなげて書いていこうと思っております。

オリジナルの人もそこには出させていただきます。

さて物語の始まりはチェヨンが天界に入ったところからとなります。

「この出会いこそ運命」第一話。「ありえない現実」第二話。「脱出と捕縛」第三話。「命がけの武士の約束」第四話。「ハウンの画策」第五話。「隊長の命の灯」第六話。「生きて欲しいそれだけを願う」第七話。「私信じてるもう一度貴方に会えるって」第八話。「予期せぬ告白」第九話。「キチョルの思惑」第十話。「貴方は強くてもろい人」第十一話。「お願いだから私にも守らせて」第十二話。「命をかけて戦う理由」第十三話。「私も共に戦う」第十四話。「小菊に託した想い」第十五話。「その信義私にも守らせて」第十六話。「小菊の香に癒されて」第十七話。「私をあげるだから貴方を守らせて」第十八話。「こぼれ落ちた涙」第十九話。「貴方は優しすぎます」第二十話。「貴方を抱きしめたい」第二十一話。「そこまで怒らないで」第二十二話。「私は貴方の心にそいたい」第二十三話。「消えゆく命の灯」第二十四話。「いつから貴方は笑わなくなったのですか?」第二十五話。「俺は貴方の笑顔がみたい」第二十六話。「俺は貴方のためなら死んでもいい」第二十七話。
「一人で勝手に決めないで」第二十八話。「その命貴方がいらないなら私もいらない」第二十九話。
「私の相棒になって」第三十話。「何もかも一人で決めないで」第三十一話。「この想い風に乗って飛んでいけ」第三十二話。「お願いだから無事に帰ってきて」第三十三話。「新たなる敵」第三十四話。「あんたなんかに会いたくなかった」第三十五話。「仕掛けられた罠」第三十六話。「どこまでも真っすぐな貴方。誇りに思います」第三十七話。「貴方を守る力を私にください」第三十八話。
「ふざけたことばかり口にする」第三十九話。「目的のためなら手段を選ばない」第四十話。「反撃開始」第四十一話。「想いはただ一つ」第四十二話。「先の未来はなんてどうなるかわからない」第四十三話。「緊急報告」第四十四話。「天より舞降し女人は策士であった」第四十五話。「ウンス先の夢を見る」第四十六話。「貴方の命を守るためならどんなことでもしてみせる」第四十七話。「戯言はそこまでにして」第四十八話。「私は貴方のために何をしたらいい?」第四十九話。「俺は何をしていたのだ」第五十話。「愛してるだからこうするしかないの」第五十一話。「桜は散り際を知っている」第五十二話。「いつ見ても貴方と云う人は飽きさせない」第五十三話。「徳とキチョルのやりとり」第五十四話。「貴方を誰にも渡さない」第五十五話。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45



Re: 信義短編 「シンイ」二次 ( No.219 )
日時: 2020/04/15 16:30
名前: 徒花桜


「ねぇ。私は貴方が心配なのよ」【第七十一話】

ヨンの自室に置かれたまま鬼剣に気が付く。忘れていった?ありえない武士であるあの人が剣を忘れるなんて。

「どうしてここにあるの」

手は大丈夫なの?あの人の心はゆっくりと壊れかけていくような気がした。

「剣をおいていってしまうなんて」

怪我していない、握力も問題は無い。

「私がいなくなったら・・・あの人はどうなる。もしも戦いのさなかに手が震えることになったら・・・」

恐ろしいことに気が付いた。息を吸う。帰ってきたらきちんと手当てをしてみよう。

「私は帰れない」

・・・・・・。

ヨンが帰宅したので湯を沸かした。手拭をひたし水気を絞る。

「ここに温湿布は無い。代用してみた」

手拭でヨンの手をくるんでいく。

「痛みはあるの」

「いいえ」

ヨンの前に座り両手を比べていく。目の異常もない、リンパもはれていない。

ウンスは立ち上がりヨンの後ろに回る。彼は興味深くこちらをみている。肩に手を置いてこりをほぐいていく。

「こっている」

剣を使うからなのか。ぐいぐいと首の後ろも指でほぐす。

「少し話をしませぬか」

「このまま聞くわ」

「いいえ。目を見て話をしたい」

仕方なく前に戻り椅子に座る。

「あれから俺も考えて見ました」

さえぎるために声を張る。帰らないと。

「最後まで聞いて、顔を上げて」

ウンスはゆるりと面を上げていく。

「俺は大丈夫です。貴方がいなくともやけにならずきちんと生きていきます」

Re: 信義短編 「シンイ」二次 ( No.220 )
日時: 2020/04/17 17:19
名前: 徒花桜

ウンス。だから貴方を待つ人の元に戻るべきです。戻ればここでの暮らしなど忘れます。ときが解決してくれる。

「ゆえにお帰りを」

「駄目よ。私が生きていけない。一人が耐えきれず貴方をさがす。暗い世界をさまようのよ」

涙が流れていく。

「さがさないで。貴方には幸せになってほしい。ここのことを忘れて。天界よりさらってきたのは俺です」

こらえきれず腕がまた震えだす。

・・・・・・。

サイコという言葉に意味を教えてはいない。いつの間にかヨンは意味を理解していた。

人殺しと言う言葉にとても傷ついていた。だから血をみせないようにしていた。

・・・・・・。

ヨンは王の護衛で私兵を右に左に蹴散らしながら道を作る。薄暗い書庫に連れていく。

その時またヨンの手が震えだす。慌てて左手でおさえる。震えが止まりそうもない。左に剣を持ち直す。

倒すべき敵がいなくなる。右手に鬼剣をのせたが床に落としてしまう。

「なんだ」

不思議に思う。がゆうことはきかない。もう一度拾い直す。それを見ていた部下がいた。

後ろからきた私兵を斬り捨てた。

「隊長はどうしたのだ」

「トルべまて。隊長自身も驚いている」

二人は見ていないふりをした。

「戦いが長引けば私はたえきれません」

震えている右の手を隠してそういう。王は聞かない。王命に従も鬼剣を落とす。

「長期戦にそなえよ」

一人よんは外にでていく。深く息を吐いた。ウンスの声を思い出す。

もしまた手が震えたらこのことを思い出して。温かい温もり。

目を閉じて耳を澄ます。

「なぁ」

独り言をつぶやきはじめた。

Re: 信義短編 「シンイ」二次 ( No.221 )
日時: 2020/04/17 17:40
名前: 徒花桜


「その雨は全てを洗い流す」【第七十二話】

「俺の手はとっくに血に染まっている」

貴方にはやはり似合わない・・よな。イムジャ。

何があっても帰ってきなさいといってくれた。

「貴女は今の俺を見たらなんというだろう」

人の気配に鋭い目つきになる。舞うように人を斬っていく。ただ一心に。また一人また一人。

・・・・・・。

ウンスはわかっていた。初めて人を斬った日のことを聞いた。悲しい顔をしていた。

本当は人を斬りたくないのね。

「いつも苦しむのは優しいあの人」

・・・・・・。

はらはらしていた。厳しい任務だ。出迎えたウンスを無視して去っていく。

おかしい。追いかけていく。感情を殺し無になっている。

「鎧を脱ぐのね。手伝う」

「けっこう」

「やめて」

背中を向けて拒絶している。悲しくなる。

「背中を向けて拒絶しないで」

血で汚れていた。

「返り血ですよ」

「わかっている」

もくもくと手を貸していく。鎧を脱がせ着替えを渡す。

「今回の相手は訓練を受けておらん。ただの兵士ゆえにきるのはたやすく」

聞いてはいられなくなり彼を抱きしていた。

「はなれて。血が。俺は汚れております。触れてはなりません」

汚れていると言う言葉にはっとした。

「ごめん・・ごめんなさい」

貴方は心が傷つき壊れそうなのね。助けを求めている。

「いつも、そう私は貴方を傷つけてばかり」

ウンスは背を伸ばしたままでいた。

「少しかがんで」

ヨンは膝を曲げてくれた。ウンスはキスをした。

「これからは何かあったら話して。パートナー」

にこりと微笑んだ。

Re: 信義短編 「シンイ」二次 ( No.222 )
日時: 2020/04/17 18:26
名前: 徒花桜


ウンスに抱きしめられてようやく気が付いた。何を言われるか。どんな顔を向けられるか。それが怖ったのだと。

構わないでとしかいえなかった。余裕がなかった。

俺を傷つけたと謝る貴方が愛おしいのです。今はこの温もりにすがりたい。この方だけは失えない。

前より抱きしめていたヨンをそっとはなした。

言葉はいらない。

「血の匂いは嫌いでしょ。ゆえに洗い流してきます」

迷子の子犬のような目のヨンがいた。

「どうして・・私が血の匂いが嫌だと思ったの」

「以前。血の匂いがすると言われました」

「・・・・」

しばしば記憶をウンスはたどるそんなことがあったかな?

「私はこの場所にきて間がなかった。何も知らずにいたの。サイコといった。ごめんさない」

手を頬にすべらせそっと包み込んだ。

「貴方に謝っていただくことはありません」

「剣は私を守るためにふるっていた」

誇り高き武士。

「ですが人を殺してることにかわりありません」

苦しそうに顔をゆがめている。

「自分勝手で殺してるわけではない」

問題は山のように残っているが今はここにいる間だけは穏やかに過ごしていた。

・・・・・・。

その日の夜のこと。

「横になって」

体を休ませなくてはウンスはヨンを寝台に横にさせる。隣にすべりこむ。手をつなぎ眠りについていく。

ウンスは手をつないだまま寝台に横になって眠りについた。狭いその隙間におさまっていた。

Re: 信義短編 「シンイ」二次 ( No.223 )
日時: 2020/04/19 19:37
名前: 徒花桜


ウンスがヨンのいる兵舎に避難して初めて部屋に泊まった日のこと。

「天界ではね。結婚前でも抱き合うこともあるのよ」

とんでもないことを言うウンスにむせ返るヨン。

「なんてことを言われる」

くすくすウンスは楽し気に笑う。次には真顔になり。

「ごめんね。ヨンさん。まだ貴方のものになるわけにいかない」

「その前にここでは大切な貴方を抱きません」

そう?不敵に笑い首を傾げる。

「あまり男を煽られませんように」

お仕置きとキスをされた。イムジャ。いつまでもこうして貴方といられるのだろうか。

・・・・・・。

「落ち着かない」

「腕枕しますか」

いいの?嬉しくて横にならんだヨンさんについねだってみた。腕を差し出されたのでそっとそこに頭を置く。寝るのにいい場所をさがす。

「安心してお休みください」

ウンスは目を閉じる。

花の香がする。体の柔らかさが伝わってくる。ヨンは眠れないと天井を睨んでいた。

・・・・・・。

ある日の夜。帰宅したヨンに話を聞く。

「師匠の剣よね。いつも大事にしていた。最近乱雑に扱い床に落ちたことも気が付かなかった」

「いいえ。覚えていません」

椅子に座りウンスのやることを見ている。

「どうして置いていったの?」

「重くなりました」

剣を手に取りウンスは言う。

「私には最初から重くて持てなかった」

そう言うウンスの後ろにヨンが立った。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。