二次創作小説(紙ほか)

【鬼滅】全集中・会話文短編集(完結)
日時: 2020/03/25 16:04
名前: むう
参照: https://kimetsu.com/anime

 
 どうも、むうです。
 簡単にプロフィールを言うと、推しは善逸と無一郎です。
 鬼滅の刃の2次創作を初めてやらせていただきます。
 基本的に台本っぽい感じです。会話だけで物語が進むイメージ。
 戦闘よりキャラたちの和気あいあいとした感じメインです。
 もちろん戦闘シーンもやります。
 良かったら覗いてみてくださいね。

 ※タイトル変更しました。
 これからも全集中で執筆頑張ります、という意味と、
 いろんな話が詰まってるよ!と言う意味の「全集中」です。

 閲覧数1000突破!! 夢じゃないですよね?
 ありがとうございますっっ!嬉しいです。
 
【毎日一から二話更新中】

※★→アニメしか見ていなくてもOKな話
♯→戦闘シーンあり

〈目次一覧 大体の構図です。数字が打ってないものは後で更新する予定です〉
第1話 「藤の花の家紋の家に柱がいたらどうなるか?」★ >>01 >>02
第2話 「俺は嫌われていない かまぼこ隊ver,」★ >>06 >>09
第3話 「鬼舞辻の性格を変えて見たらどうなるか」★ >>10>>13
第4話 「柱合会議に伊之助と善逸がいたら?」★>>15>>16 >>18
第5話 「中高一貫 キメツ学園物語その1」★ >>21>>22 >>23
第6話 「新たな仲間」★♯ >>29 >>32>>34
第7話 「柱たちのお茶会」★>>36>>37
第8話 「伊黒×蜜璃のデート観察&護衛の一日」★♯>>39>>43>>44 >>48
第9話 「こんなテストは嫌だ!鬼滅関係でテスト問題!」★>>49>>51
第10話「中高一貫 キメツ学園物語その2」★>>53>>56>>59>>60
第11話「再会した仲間」★♯>>61>>62>>64
第12話「コラボ企画☆鬼滅×リゼロ」★>>67>>68
第13話「コラボ企画2☆鬼滅×こわいもの係」★♯>>69>>70>>73>>75
あとがき >>76

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16



Re: 【鬼滅】全集中・会話文短編集 ( No.72 )
日時: 2020/03/05 14:15
名前: むう

ゆきちゃんオッケーです。
 「書き方・ルール」ってとこがあるからそこ押して、
 ちっちゃい字で「目次テンプレ」って書いてあるからそこタップしてみて!
 そしたら目次の例がダーって表示されるから、その中から好きなの選んでコピペすれば出来るよ!
 ページは〉〉←こう言う記号の後に数字を打てば青く表示されるから、
 No.1とかスレッドの数字を見て打ってね!
 そうすれば自動でそのページに行けるようになるよー。

Re: 第13話「コラボ企画2☆鬼滅×こわいもの係」3 ( No.73 )
日時: 2020/03/05 16:27
名前: むう

この小説書いててふっと思ったんだけど。
 誰よりも鬼殺しているの無惨様ですよね。もはやパワハラだな……。
 やりたい放題だよなぁ、まぁラスボスってそういうもんよ(そうなのか分からんが)
 ってことで続き!

 
 〈縷々、登場!〉

 縷々「楽しいねぇ楽しいね! 何でお札が檻になるの? どういう仕組み?
    知りたい知りたーい」
 ミアン「うざったらしいねコイツ(木の棒を振り下ろして)ブンッ」
 縷々「痛くないよ全然。そんなへなちょこの攻撃なんて効かないよぉ」

 炭治郎「ミアンちゃん、ここは下がってくれ! 俺たちがやる! (ビシャッ)」
 縷々「いったーい」

 〜こわいもの係一同、後ろに下がって〜

 友花「(小声)いーい皆。私たちはタイミングを見計らってあの人たちをフォローしよう」
 春「(小声)分かりました。で、でも、もう護符の存在とかバレたんですけど」
 友花「(小声)ま、まあ、しょうがないよ!」
 佳乃「(小声)流石友花先輩。こんな状況でも楽観的ですね……」
 鏡子「とりあえず、皆後ろに下がって、ここはあの四人に任せましょう」
 花ちゃん「花ちゃん、がんばるよ!」
 ドクパン「アタイも頑張るよぉ」
 ミアン「………わかった。流石鏡子さん」

 〜かまぼこ隊一同・戦闘開始〜

 炭治郎「全集中・水の呼吸・壱ノ型 水面斬り!(ブンッ)」
 春「うわっ! 何あの水の攻撃! 凄っ」

 縷々「いったーい!」
 善逸「なぁ炭治郎。どういうことだ? あの鬼攻撃食らうばっかりで攻撃しないぞ」
 仁乃「何か企んでるのかも……気を引き締めていこう」

 伊之助「おぉぉぉぉぉぉ! 猪突猛進!! 獣の呼吸・参ノ牙 喰い裂き!(ビシャッ)」
 縷々「いたいってばぁ。弱い者いじめをしないでよ」
 伊之助「何攻撃受けてやがる! こんな弱っちいんだったらすぐにでも頸を斬ってやるぜ!
    (刀を縷々の喉元に滑らせて)」

 縷々「(ニヤリ)殺れ、糸ノ御子!!」
 伊之助「!?(後ろに気配を感じて)」
 
 〜いつの間にか後ろに糸で創られた縷々の分身が立っている〜

 糸ノ御子「血鬼術・千線綾目糸(せんせんあやめいと)」
 伊之助「!? まずい上から大量の糸が! 太っ! う、受けきれねえ!!」
 炭治郎・仁乃「伊之助(伊之助さん)―−−−−!」
 

 鏡子さん「三人とも、今じゃない!?」
 友花「そ、そうだっ早く護符を!(かまぼこ隊の方を見て)うわ、ヤバいやられる!」
 春「どうしよどうしよっ」
 佳乃「や、ヤバい糸がっ」

 善逸「…………雷の呼吸・壱ノ型 霹靂一閃・八連!!(糸を全部斬る)」
 ???「こんな攻撃でもたもたしてちゃ柱にはなれねぇぞぉ!
     光の呼吸・陸ノ型 闇黒狂乱!(糸を全部斬る)」

 伊之助「も、紋逸!! と……」
 睦彦「ハッハァ! また会ったな猪頭! どうだ、俺は強いだろう!!」

 かまぼこ隊一同「………(余計な奴が出て来た……)」
 こわいもの係一同「(新キャラ出て来たぁ!)」

 花ちゃん「すごいねキョーコ! いっしゅんできったよ!」
 鏡子さん「私たちが助けるまでもなかったようね…」
 ミアン「チッ。アタシらの出番ないじゃん」

 仁乃「むっくん! どうしてここに!?」
 睦彦「たまたまだ。
    たまたま任務帰りで、たまたま歩いてたら、たまたま人の声が聞こえたからだ」
 伊之助「たまたまたまたま、うっせええんだよ!! イライラするぅぅ!」

 縷々「チッ。斬られちゃったじゃん。御子! さっさとやれ! 
    血鬼術・伸身曲糸(しんしんきょくし)」
 糸ノ御子「血鬼術・炎炎蛇紬(えんえんへびつむぎ)」

 善逸「(ハッ←覚醒)
     うっわ!! 何か、うにょんうにょん伸びる糸が来たんだけど!
     後燃える糸も来たんだけど!! なんか那田蜘蛛山を思い出せるのは何でよ!?」

 炭治郎「ヒノカミ神楽 碧羅の天!!」
 仁乃「四季の呼吸+爆黒炎 神技 爆黒春雷!!」
 伊之助「ゴチャゴチャ言うなボケェ! 拾ノ牙 円転旋牙!!」
 善逸「パウッ(←気絶) 雷の呼吸・壱ノ型 霹靂一閃・神速!!(ビュンッ)」

 〜炭・仁・伊、糸を全部斬る 善逸、分身の首を斬ることに成功〜

 善逸「(ハッ←覚醒)ぎゃあああああああ! 消えてるぅぅぅぅ!怖ッ!」
 炭治郎「ありがとう善逸! おかげで本体に集中できるよ!」
 伊之助「やるじゃねえか紋逸!」
 仁乃「もうずっと寝ててほしいよ」

 睦彦「テメエ何してんだ! 俺が頸を斬る予定だったんだぞ!」
 善逸「ふぁ? はぁーぁぁ(←あくび)」
 睦彦「人が話してるときにあくびすんなや!」

 佳乃「………善逸さん、寝て起きて寝て……忙しいですね」
 友花「寝たら強くなるのかな? 凄いね……」
 春「ギャップが凄いですね。仁乃ちゃんは手から炎を発生させたし……」
 鏡子さん「私たちの出番、なさそうね……」
 花ちゃん「だいじょうぶだよっ! みてるだけでたのしいよ」
 ドクパン「えぇ……」
 ミアン「そんなに落ち込むなって。戦力差から見てあっちが有利なのは分かりきってるんだから」
 
 縷々「何で勝てないの? ねぇ何で? 何で攻撃全部斬られるの? ねぇ………」

 〜突如、縷々の体が変形 ドロドロのスライムのような体へ変わる〜

 伊之助「うぇぇぇ! 気持ち悪っ!」
 縷々「何でかなぁ何でかなぁ……全部君たちが斬っちゃうんだもん……。
    僕の遊び時間が減っちゃうじゃない……ねえねええねええねえええええ!!!」

 〜ビュンッ 縷々の体から大量の泥が放たれる〜


 かまぼこ隊一同「うわぁぁぁぁぁ!」
 睦彦「避けろ避けろ避けろ!! 泥は斬れないっ」
 炭治郎「くっ。しくじった!!」
 

 春「今だっ! 護符よ、泥の攻撃から皆を守って!(護符を投げる)」


 〜護符が淡く光って……〜

 炭治郎「え………(上を見上げて)ど、どうなってるんだ!?」
 善逸「泥が、宙に浮いてるよ! 心霊現象だよ幽霊か何か付いてるんじゃない!?」
 伊之助「………俺もやりてぇぇぇぇ!!!」
 仁乃「すごいね、あのお札の効果」
 睦彦「チッ。弱い奴らに助けられた! 俺のプライドにキズがついたぞ」

 佳乃「私たちがサポートしますから、敵に集中してください!」

 炭治郎「分かった! 行くぞ皆!」
 かまぼこ隊一同「了解!!!」

 ネクスト→スライムに変形した縷々VSかまぼこ隊(+睦彦)!!
      こわいもの係メンバーはかまぼこ隊の攻撃をサポートする!
      次回もお楽しみに!


 

 
 

Re: 【鬼滅】全集中・会話文短編集 ( No.74 )
日時: 2020/03/06 21:39
名前: 祭凛 ゆき

むうちゃん、ありがとう!!
よく知ってるなぁ……(初心者な者で…えへ)

(なんか私の中に謎が彷徨っている……)

Re: 第13話「コラボ企画2☆鬼滅×こわいもの係」4 ( No.75 )
日時: 2020/03/08 08:12
名前: むう

続き!

〈スライム縷々VSかまぼこ隊〉

 〜泥の攻撃がこわいもの係によって防がれ〜

 伊之助「ハッハア! 大した事ねえじゃねえか、ふざけやがって!
     行くぞお前ら! 俺についてこいや!(刀をブンブン振り回す)」
 睦彦「はあ? 何言ってんだお前、イノシシの分際で。
    お前が俺についてこいや」
 炭治郎・善逸「また始まった………」
 仁乃「むっくん、伊之助さん! 現状を理解して!」
 
 伊之助「何だよ華乃。俺は理解してんのにコイツがごちゃごちゃうっせェんだよ」
 睦彦「どの口が言う! お前の方が俺よりもうるさいだろうがぁ! 目立ってるだろが」
 善逸「ちょっと静かにしてくださいっ!!!」

 友花「うっわぁ………もめてるもめてる」
 春「伊之助と睦彦っていう人がキャラ被ってるから衝突するんだろうね……」
 佳乃「ですね。作者は何を考えてるんでしょうか……(何も考えておりません。ごめんね)」

 縷々「血鬼術・粘着生糸(ねんちゃくきいと)」

 〜ドロドロとした糸の繭玉が何個も飛んでくる〜

 善逸「ほらご覧!! 来ちゃったじゃない! 前もこんなシーンあったよね? 
    デジャブかな!?」

 炭治郎「(ヒュウウ←呼吸音)全集中・水の呼吸 漆ノ型 雫波紋突き!(ボスッ)
     (繭を突いて縷々の方へ突き飛ばす)」
 伊之助「次から次に湧く……。切り裂き甲斐があって実に面白れぇ。
     獣の呼吸 弐の牙 切り裂き!」

 睦彦「いいか! 俺が先に頸を斬る! 俺が一番にだ! だから繭は斬らない!
    俺のための護衛頼む!!」

 善逸「わざわざ『俺のために』ってつけなくていいからさ、メンバーのために貢献しよ?
    君、俺らの足引っ張ってばっかりじゃない!?」
 仁乃「まぁ本当のこと言えばそうだね。四季の呼吸 陸ノ型 夏越!」
 善逸「(ポウ←気絶)雷の呼吸 壱ノ型 霹靂一閃・六連!」

 〜かまぼこ隊、繭の攻撃を跳ね返す〜

 鏡子さん「あの数をすべて打ち返すなんて……並大抵の人間がやれる技ではないわね」
 花ちゃん「うわぁ、かっこいいね! すごいね!」
 ドクパン「梅Pもこんな感じで戦ってくれないかなぁ……。
      それでアタイが鬼に食べられそうになった時に颯爽と現れたりぃ〜」
 ミアン「あぁ、またドクパンの妄想&暴走が始まったよ……(やれやれ)」

 〜睦彦、縷々に近寄って〜

 睦彦「おい鬼! 往生しやがれこの野郎! そんなドロドロの頸、さっさと斬ってやるよ!
    肆ノ型 紅灯陰火!」

 〜睦彦の姿が消えたと思ったら背後にいる〜

 縷々「攪乱の術かなぁ? でもそんなに遅いんじゃ話にならないねェ……」
 睦彦「ビシャ」
 縷々「………え? き、斬られた」


 〜10分後〜

 友花「今日は本当にありがとうございました!」
 春「剣術が凄かったです! 鳥肌立っっちゃった」
 炭治郎「そうか。それは良かった」
 禰豆子「ムームー!」
 善逸「てかよ。こいつ来るといっつも話がおかしくなるって作者喚いてたぞ。
    なんでコイツ登場させたんだよ責任取れよ(ごめん!)」
 睦彦「ハーア? 俺が来るとなんか色々凄い面白くなっていいだろうが」
 伊之助「………なんか色々って具体的には何なんだよ!」
 仁乃「まぁ、倒せたんだから結果オーライじゃない?」

 友花「帰るためのボタン見つけたよー」
 佳乃「またいつか、私たちの時代にも来てくださいね」
 善逸「うん、絶対行くよ!」
 鏡子さん「今日はいろいろと参考になったわ。ありがとう」
 花ちゃん「たのしかったね、ドクパンちゃん」
 ドクパン「うん」
 ミアン「じゃあまたねー(ボタンを押して)」
 
 第13話 終わり!

 


Re: あとがき ( No.76 )
日時: 2020/03/08 08:04
名前: むう


 ☆あとがき☆

 【鬼滅】全集中・会話文短編集を読んで下さりありがとうございました。
 日に日にコメントや閲覧数が増えてきていて、自信に繋がりました(>_<)
 あとがきという事は皆さん既に察していると思いますが、短編集はこれにて完結です。
 まだ最後まで見てないよって言う方のために、完結処理をしておきますので
「完結小説図書館」で読めると思います。

 「えー終わっちゃうの?」「続編ないの?」

 どこからか声が聞こえて

 「俺たちをもうちょっと登場させてくれよォー。今度は長編とかでもいいからさぁー」

 ↑はい。ということで続編として、長編始めることにしました。
 このお話は、
 新かまぼこ隊(炭治郎、禰豆子、善逸、伊之助。仁乃)と睦彦の六人が旅をしながら
 鬼を倒していくというそのまんまのストーリーですが。
 私の書き方で頑張って面白くしようと思います。
 もちろんみんな大好きな柱のメンバーも登場します。

 ぜひ続編を楽しみにしていてください!
 ではまた会いましょう! ばいばーい!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。