二次創作小説(紙ほか)

【鬼滅×花子くん】短編集続編 六人の軌跡
日時: 2020/07/13 16:05
名前: むう
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel3a/index.cgi?mode=view&no=18201

 
 どうも、むうです。
 鬼滅、花子くん、東方も最近ハマりつつある中3女子です。
 六人の軌跡、通称『ろくきせ』にようこそ!

 このお話は【鬼滅の刃】全集中・会話文短編集の続編になります。
 まだ見てないって人は、上にある参照のURLから見れますよー。

 新かまぼこ隊が旅をしながら成長する話。
 柱も登場しますので、是非楽しんで行ってください。
 第5章からは地縛少年花子くんとのコラボです♪
 
 花子くんの参照はコチラから
 →https://www.tbs.co.jp/anime/hanakokun/chara/index.html

 鬼滅の参照はコチラから
 →https://kimetsu.com/anime

 〈キャラ紹介〉

 ・新かまぼこ隊>>136
 ・花子くんキャラ>>137 参照あり

 〈注意〉

 ●不定期更新
 ●スマホだと読みにくいかも
 ●ネタバレ入るかも
 ●流血の表現あり
 ●オリキャラあり
 ●時々東方キャラ登場


 〈ルール〉

 ●Twitterでのつぶやきや拡散OK!
 ●中傷行為や荒らし、作品に対してのネット上での暴言ダメ!
 ●キャラの貸し出しとかはアリです。その場合コメントして!
 ●また、ネット上での自作発言もノーサンキューです!


 上を読んで、OKな方はゆっくりしていってね!
 
ーーーーーーーーーーーーーーーー
 【目次一覧】
 
 ◆〈大生コソコソ噂話・執筆裏話〉

 第1回「むうの執筆あるあるまとめ」>>27
 第2回「春になってきましたね」>>31
 第3回「オリキャラ登場のお知らせ」>>36
 第4回「遅いけど自己紹介」>>49
 第5回「コラボ決定のお知らせ」>>56
 第6回「コロナ怖い」>>84
 第7回「閲覧数1000突破!!ゴフッ(吐)」>>92
 第8回「花子くんキャラ追加のお知らせ」>>101
 第9回「放送室メンバーと作者の楽しい会話」>>107
 第10回「閲覧数3000突破コメント」>>245
 第11回「外伝の秘話&あとがき&ルールのお知らせ」>>256


 ◆閲覧数突破記念

「閲覧数2000突破記念 鬼滅ラジオ」>>166>>169
「閲覧数3000突破記念 キメツ学園」>>246>>247>>248>>250
「閲覧数4000突破記念 オリキャラに20の質問」>>313-


 □第1章 蝶屋敷での三週間
 
 第1話「おはよう」>>01>>02
 第2話「機能回復訓練・前編」>>03>>04>>06
 第3話「機能回復訓練・後編」>>08>>10>>11>>12
 第4話「伊之助ハッピーバースデー」>>15>>16>>17>>18>>19
 第5話「お久しぶりです」>>20
 第6話「いざ、出発!」>>21

 幕間 >>22

 □第2章 六人の初任務  

 第7話「聞き込み調査」>>23>>24
 第8話「鏡ノ森」>>25
 第9話「かまぼこ隊、出動!」>>26>>28
 第10話「意外な助っ人との反撃開始」>>30>>32
 第11話「本当なら」>>33


 □第3章 柱9人の格闘

 第12話「列車の中」>>34>>35
 第13話「九人揃えば何とやら」>>38
 第14話「鬼の猛攻」>>40>>41
 第15話「少年は目を撒き、糸は広がる」>>42
 第16話「瞳の数字」>>43
 

 □第4章 柱合会議へようこそ

 第17話「再会とちょっとした喧騒」>>44>>47
 第18話「ご教示願う」>>50>>51
 第19話「六新鬼月と陰陽師の噂」>>53
 第20話「集められた鬼たち」>>55


 □第5章 陰陽師を探せ!

 第21話「宵宮家探索」>>59>>64
 第22話「地縛少年花子くん」>>66>>67
 第23話「最悪の出会い」>>68>>69
 第24話「陰陽師・宵宮有為」>>72>>73>>75
 第25話「地獄の手合わせ」>>76>>78>>79>>80
 
 幕間 >>81
 

◆番外編

 第壱話「お願い叶えてください」>>82>>83>>85>>86
 第弐話「寧々の男性観察」>>87>>88>>90
 第参話「チョコレート」>>93>>94>>96>>99
 
□第6章 お膳立ては計画的に

 第26話「臨時柱合会議」>>103>>105
 第27話「それぞれの対策」>>111>>113>>115>>116
 第28話「それぞれの対策・後編」>>118>>119
 第29話「六新鬼月と無惨」>>121
 第30話「決戦の火ぶたを切る」>>122


 □第7章 最終決戦

 第31話「燐月・銘祈戦:前編」>>124>>125>>129>>132
 第32話「燐月・銘祈戦:後編」>>135>>139>>142
 第33話「こんな噂知ってますか?」>>143
 第34話「七不思議旋風」>>145>>146>>147
 第35話「お魚になります!」>>150>>153
 第36話「求手名:新羅戦:前編」>>156>>160>>165
 第37話「求手名:新羅戦:後編」>>173>>174>>176>>178
 第38話「大好き」>>180
 第39話「刻羽睦彦」>>184>>186>>187>>189>>192>>193
 第40話「胡桃沢仁乃」>>194>>195>>197>>198>>199
 第41話「骸と、最後の鬼:前編」>>200>>203>>204>>205>>207
 第42話「骸と、最後の鬼:後編」>>211>>212
 第43話「重なる想い」>>213>>214>>215>>216>>219>>220

 最終話「キセキ」>>221
 あとがき>>222



 ◆本編外伝


 外伝1話「inかもめ学園」>>228>>230>>231
 外伝2話「柱とのパジャマパーティー」>>237>>238>>239>>242>>244
 外伝3話「柱とのパジャマパーティー2」>>251>>252>>253
 外伝4話「キミの反応見てみたい」>>240>>241
 外伝5話「恋ゴコロ」>>254>>255>>257>>258>>260


 ◆キャラクター設定集


 〇オリキャラ設定集>>223-226

 〇六新鬼月 設定集>>232-236



 ◆あとがきSP

 ○あらすじについて>>261

 ○振り返り編

 [第一章]>>262-265
 [第二〜三章]>>267-271
 [第四〜五章]>>272
 [第六章]現在構成考え中
 [第七章]〃
 [外伝]〃


 ○企画コーナー
 
 [キャラの名言を再翻訳してみる!]>>270
 [キャラに○○してみる]>>278>>279
 [演技力むうむう面接☆]>>287-298
 

 ◆特別編


 ☆遊園地編☆

 第壱の怪「現代パロ☆遊園地での肝試し」>>299>>300
 第弐の怪「遊園地での肝試し2」>>303>>305>>306>>310>>316>>317>>318
 第参の怪「遊園地での肝試し3」>>>>>>
 


2020年3.10 執筆開始
2020年6.11 本編完結
2020年6.12 外伝執筆開始
2020年6.27 外伝完結
2020年7.07 キャラクター紹介を一部加筆
  
 
 

 
 
 

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64



Re: 【鬼滅×花子くん】短編集続編 六人の軌跡 ( No.315 )
日時: 2020/07/11 18:17
名前: パドル


 ※うちの弟がまたPCを貸してくれと言って来たので。
  姉は一旦引っ込んどきます、弟よ、書くのだ!


  【自己紹介】

 ヒャッハー↑↑ いえええええええええええい!↑


 僕の名前はパドルと言います。(嘘です)。ペンネームです。
 夢兎の弟です。小学3年生です。
 姉はあんまり遊んでくれません(姉「ええ!?」)
 ときどきPCを貸してくれます。(姉「(≧▽≦)」)
 推しは前のページを見てくれたらたぶんわかると思う。(姉「めんどくせーな」)
 また、書くのでよろしくお願いします。



 −−−−こっからは夢兎が喋ってます―――

 ☆夢兎×パドルの姉弟でときどき書くのでお楽しみに!
  あ、あと記念の質問のやつは遊園地編書いてから書きます。
  ちょっと遅くなるけどよろしくお願いします。

 遊園地編で伊之助の存在を忘れていた…。
 キャラ多いからなぁ…ゴメンね伊之助、また書くね。
  

Re: 【鬼滅×花子くん】短編集続編 六人の軌跡 ( No.316 )
日時: 2020/07/11 18:54
名前: 夢兎


 まずはコメント返信を。
 >>314 
 wwww確かに金髪がおおいなぁww
 性格とかで相性を決めたけど、あれ、何で金髪が多いんだ?
 お腹痛い…ww


 ********************

 
 〈つかさ×桜×夏彦×ミツバ チーム〉


 【ジェットコースター前】


 ☆進行中の命令☆

 桜→語尾に「私に惚れた?」1時間
 ミツバ→語尾に「前言撤回」30分
 つかさ→桜と手をつなぐ 1時間



 つかさ「ねーねー、あれに乗ろーよ!」
 桜「私は別に構わないけど、夏彦たちはどうなの? 私に惚れた?」
 夏彦「俺はダイジョブだよ。お嬢がお金払ってくれるんでしょ」
 桜「…………さあね。私に惚れた?」

 ミツバ「ハッ。さっきからその『惚れた?』って聞くのうざったらしー! 前言撤回!」
 桜「撤回してくれたようでなによりだわ。私に惚れた?」
 ミツバ「勘違いしないでよねっ。今のこれはただの命令なんだから! 前言撤回」
 夏彦「こらこら、ウソツキはいけません」

 つかさ「んじゃ、行こ―! 桜の手あったかいね」
 桜「そうかしら。私に惚れた?」
 つかさ「俺は桜のこと大好きだよぉ!」

 ミツバ「ふ、ふんっ。さ、さっさと行きなよ! 前言撤回」
 夏彦「んじゃ、乗ろうか。つかさはこっそりついてきてね。普通の人には見えないから」
 つかさ「りょーかい!」



 〜ジェットコースターに乗り込んで〜


 つかさ「やったぁ、桜の隣ー!」
 桜「誰もいないのに【安全装置】が下がってるって噂になりそうね…私に惚れた?」


 ※安全装置≒安全レバー


 ミツバ「(ガクガクブルブルブルブル)」
 夏彦「どしたミツバ。ひょっとしてこういうの無理な方?」
 ミツバ「そ、そそそ、そんなわけないでしょ! 前言撤回!」
 夏彦「自分で言ってるけど」
 ミツバ「ぼ、ぼ、僕が可愛いからって君も僕を虐めるんでしょ! 前言撤回っ」


 係員「そろそろ始まりますので、安全レバーをおさげください」
 桜「ここの【ガーガー滑る奴】、かなり怖いって有名らしいわよ。私に惚れた?」
 夏彦「おー。それは良かった」
 ミツバ「良くないよ! やめてよ!! 前言撤回!」

 ブ〜(ブザー音)



 〜ゆっくりとジェットコースターが動いて行って〜


 つかさ「うわああああああああい!」
 ミツバ「(ガクガクブルブルブルブル)死んだふり見なかったふり…何も見てないもん」
 桜「顔色が悪いけど大丈夫? 私に惚れた?」
 ミツバ「ぎゃあああああああああああああああああああっ!」




 〜ガ―ー〜



 ミツバ「いやあああああああああああああああ!!!」
 つ・桜・夏「(うるさい…)」



 ネクスト→伊之助side。次回もお楽しみに!
 

Re: 【鬼滅×花子くん】短編集続編 六人の軌跡 ( No.317 )
日時: 2020/07/13 15:37
名前: 夢兎

〈伊之助side〉


 伊之助「どこだここはァ! って言うかアイツらどこ行ったんだ!?」



 〜伊之助絶賛迷子中〜


 伊之助「ど、ど、どうすりゃいいんだよっ。取りあえず歩き回ってみっか」


 〜テクテク〜


 女性「何あれ、ケンカかしら。怖いわねえ」
 男性「? あれちょっとまずいんじゃね?」

 伊之助「? 何か妙な感じだな。なんかマズい事でもあるのか?」


 
 
 『――ねえ、――ない?』
 『―――いやあああっ!』


  ガシャッ


 伊之助「!? (人込みをかき分けて)お、おい何が起こってんだ?」
 男性「あ、あれ。数分ほど前から、あそこで男が女の子にナンパしてて…」
 女性「なんかだんだんヒートアップしてるみたいで、警察呼ぼうか迷ってるんだけど…」
 伊之助「?」



 ヤンキーA「お嬢さん、可愛いね。俺らとどっか行かね?」
 仁乃「…………」
 ヤンキーB「暇みたいだし俺のバイクて送ってくよ?」
 仁乃「………な、何なんですか貴方たち。やめてくださいっ」
 ヤンキーA「ハァ? キミ、立場分かってる?」


  ドンッッ

 仁乃「きゃっ」



 伊之助「……やべぇぞこれは…。っていうか陸太郎の奴はどこにいんだよ」
 


 ヤンキーA「へぇ何? 連れもいないなら一緒にどうですかってただそれだけなんだけど」
 ヤンキーB「って言うかさぁ、人の親切を踏みにじってるよねぇ?」
 仁乃「…………っ」



 伊之助「と、取りあえずむうに電話っ。番号は13、…」
 むう{はいもしもし。伊之助? どうしたの?}
 伊之助{や、やべえんだよ、広場で花乃の奴が絡まれてて」
 むう{マジで? 睦彦は側にいないの?}
 伊之助「それが間が悪いことにいねえんだよっ」


 むう{分かった、私は各チームに連絡しとくから。大丈夫だから」
 伊之助「お、おう…」



 ・・・・・・・


 〈寧々チーム〉


 寧々「はいもしもし。え、ほんま? 分かった、すぐ行くっ」
 花子「どうした八尋」
 寧々「に、仁乃ちゃんが!」


 ・・・・・・


 〈柱チーム〉


 義勇「!? それは本当か」
 伊黒「俺が睦彦を探しに行く。あとは頼んだっ」
 柱一同「了解」


 ・・・・・・


 〈炭治郎&つかさチーム〉


 炭治郎「仁乃ちゃんが!? よし、行こう」
 有為「転移術を起動させますので少々お待ちください」
 ミツバ「ぼ、僕先に行っとくから! あとで来てよねっ」
 輝「ありがとうミツバくん。善逸くんたちともし会ったら伝えといて」
 ミツバ「分かったっ!」



 ・・・・・・


 〈睦彦side〉


 睦彦「よし、ジュースも買えたし胡桃沢の元へ…」
 伊黒「睦彦、お前こんな時に何やってるんだ」
 睦彦「伊黒さん? どうしたんですか、そんなに慌てて」
 伊黒「広場で胡桃沢仁乃が絡まれているのに、お前は余裕だな」
 睦彦「!? (ダッと駆け出して)」



 ・・・・・・

 〈仁乃side〉


 ヤンキーA「だからさぁ。素直にはいって言えばいいだけのことなんだけど」
 仁乃「………ひっ」
 ヤンキーB「さあ大人しく、こっちにおいで」


 〜ヤンキーの一人が仁乃の腕を掴んで〜


 仁乃「助けて、むっくん!!」


 〜タタタタ〜


 睦彦「やめろ―――!(仁乃をかばうように立つ)」
 ヤンキーB「は? 何お前。どいてくれる?」
 仁乃「むっくん…っ」
 睦彦「ごめん胡桃沢。大丈夫だ、俺が何とかする」


 ヤンキーA「ひょっとして君、この子の彼氏?」
 睦彦「そうだが何か?」
 

 ヤンキーA「………だっさ」
 睦彦「……………は」
 ヤンキーB「どけよチビ! 俺はお前に用なんかねえからよぉ」


   ガツッッ


 睦彦「(ドサッッと倒れこんで)」
 伊之助「!!」
 仁乃「むっくん!」


 ヤンキーA「ハッハ、だっさ! キミこんな彼氏つれててよく恥ずかしくないね!」
 仁乃「………………黙れ」
 ヤンキーB「ほら!(ガツッッ)弱っ!!w」
 仁乃「…………やめて!!」
 ヤンキーA「彼女の一人も守れないような男と交際しない方がいいよ?」


 無一郎「そろそろ出た方がいいですか」
 しのぶ「そうですね。大人が出て仲裁に入ったほうが…」
 ??「…ボクに任せて。君らは引っ込んでていい」
 霊夢「あんたは…」



 仁乃「…………やめて…」
 ヤンキーA「さ、行こうか。お嬢さん?」





 新羅「へーぇ。君ら何? よくもやってくれたじゃん」
 ヤンキーA「誰だお前」
 新羅「バカに名乗る名前は生憎持ってないんだ」
 ヤンキーB「ああ?」
 新羅「あれ、ボク今誰がバカか言った? 自分で分かったんだね」


 ヤンキーA「このガキ!」
  新羅「ボクはべつに挑発する気は無い。個人的な理由でキミらにムカついただけだから」


  睦彦「お前……」


 新羅「……今すぐここから出てってくれると嬉しいんだけど」
 ヤンキーB「は、お前ならヨユーで倒せるぜ!」

 
 新羅「血鬼術……眼導主従」

〜ヤンキーたちがドサっと地面に倒れ〜



 新羅「許して欲しいなんて言えない…」
 睦彦「……」
 新羅「あのこと、ごめんで済むはずないけど、キミには」


 新羅「キミには笑って欲しかったんだ」









 

Re: 【鬼滅×花子くん】短編集続編 六人の軌跡 ( No.318 )
日時: 2020/07/13 16:04
名前: 夢兎


 ずっとやりたかった因縁の関係、睦彦×新羅の掛け合い。
 現代パロにしたおかげで色んなシチュエーションが出来ました!
 パロディってすごい。


 ********************


 〈炭治郎side〉


 人込みをかき分けて、睦彦くんの前に立ったのは他でもない新羅だった。
 俺は一瞬、彼が口に出した言葉が真実なのか疑ってしまう。
 だって彼は、上弦の零の集団、六新鬼月の中で弐番目に強く、
 また求手名を我が身に取り込み、睦彦くんの片足を失わせた人物なのだから。

 六新鬼月との戦いの決着はついたが、今でも睦彦くんの足は金属の義足のままだし、
 きっと今も睦彦くんは…。


 睦彦「なんで…なんだ? 何で、お前が、そんなに…」
 新羅「(睦彦を立ち上がらせて)…許してくださいだなんて分かったようなことは言えない」
 睦彦「お前は、俺に許してほしいのか?」
 新羅「…ううん、何ていえばいいか分かんないんだけどさ」


 新羅「キミの笑顔が見たいのは本当。あの時ボクと対等に戦った相手が傷つくのは嫌だ」
 睦彦「う、うん」
 新羅「キミ、さては『コイツ何言ってんだ』って思ってる?」
 睦彦「だ、だって、お前だぞ。『鬼は弱肉強食なのさ』とか言ってたお前だぞ!?」

 仁乃「……………どういうつもりなの。貴方のせいでむっくんは」
 睦彦「胡桃沢、ごめん。俺はコイツと話したいんだ」
 仁乃「でも、また、むっくんが傷つくだけっ」

 睦彦「伊之助、ありがとう。お前がむうに知らせてくれたんだろ。感謝してる」
 伊之助「お、おう」
 睦彦「柱のみんなも、花子隊のみんなも、かまぼこ隊のみんなにも感謝だらけだ」

 しのぶ「こちらこそ、睦彦くんにはいつも助けてもらってますよ」
 花子「まぁ俺は刻羽の相談相手だし? 何かあったら力になるからサ」

 睦彦「そして、めっちゃ皮肉だがお前もありがと、新羅」
 新羅「無理して言わなくてもいいんだよ。その常識くらい、ボクも分かってるから」
 睦彦「…いや、嘘でもなんでもなく、普通に嬉しかったから」
 新羅「…そう、か」


 新羅「…ボクは元々、愛とか友情とか絆とか、そういうものにはまるっきり興味がなかったんだ」
 睦彦「……」
 新羅「まだ人間だった時、仲いい奴がいたんだ。でも、そいつがボクのこと虐め出してさ。
    それで、思ったんだよね。あ、こんなもんかって」


 燐月「新羅…」
 銘祈「………」


 新羅「ずっとそう思ってたんだ。でもあの時求手名が、『一緒に地獄へ行こう』って」
 求手名「やめろよ、ここでそんな恥ずかしいこと言うのは」

 新羅「ボクがあんなにひどいことしたのに、許してくれたんだよ。
    自分が数千年間考えてた『友情』っていう定義が壊れた感じがしたんだ」


 仁乃「………」
 睦彦「それで、お前は『友情万歳』で俺を助けたつもりか? 俺はお前のこと、まだ…」
 新羅「それでいいよ。キミにとってボクは許してはいけない人物だ。でも」
 睦彦「でも?」


 新羅「――ボクはずっと、人間に戻りたかった」



 骸「新羅…」
 彼岸「……」


 新羅「人間に戻って、またやり直したかった。君らが、凄く楽しそうだったから」
 炭治郎「………っ」
 新羅「素直に、いいなって思ったんだ。楽しそうな君が泣いているのが想像できなかったんだ」
 善逸「新羅…」


 新羅「何回も言うけど、許さないでほしい。許してなんて言わない。でも、一緒にいてほしい」
 睦彦「…………うぅ…っ」
 新羅「強がって思ってもないこと言ったりしてごめん。でも、君がもしよければ」




 新羅「今日の肝試し、首を洗ってちゃんと待っててくれる?」






 睦彦「…………べ、別に、待たないとは、い、言って、ないだろ……っ」
 仁乃「………むっくん」
 睦彦「…………うあぁあぁあぁあぁあぁあぁあぁあぁあっ!」


 俺は初めて、睦彦くんが声を上げて泣くのを見た。
 初めて彼が、顔をくしゃくしゃにして、手の甲で顔をふくのを見た。
 
 かまぼこ隊のみんなは、やっぱり優しいな。
 俺だったら、あんなことされても睦彦くんみたいに平常心を装ったりは出来ないだろう。

 そして、忘れてはいけない事がある。
 鬼は、俺と同じ人間だったんだ。
 鬼となってしまった者も、前はちゃんと、俺と同じ種族だったんだ。

 
 そうだ、俺たちは、鬼と人間の関係を正しく保たなくてはならない。
 花子くんも言ってた。『人と怪異の関係を正しく保つのが俺の役目』だと。
 彼にできて、俺にできないなんてことはないはずだ。

 もっともっと、頑張らなくちゃ。
 仲間のすすり泣く声を聞きながら、かつての敵の優しい視線を感じながら、
 俺は改めて決意を新たにしたのでした。



 ネクスト→夜の部スタート! 肝試しをぜひお楽しみに!
 

Re: 【鬼滅×花子くん】短編集続編 六人の軌跡 ( No.319 )
日時: 2020/07/13 16:26
名前: 夢兎

 【閲覧数4000突破記念 オリキャラに20の質問】



 挑戦者:仁乃

 「」→むう
 『』→仁乃




 「今から20の質問を行いまーす。嘘はいけませーん」
 『はーい! 分かりましたっ』



 Q1 誕生日はいつ?


 『12月26日』


 Q2 血液型と星座は?

 『やぎ座のO型!』


 Q3 現在鬼殺隊の階級は?


 『上から二番目の乙(きのと)です♪』


 Q4 好きな食べ物は?


 『わらび餅と抹茶!』


 Q5 最近の悩みは?

 『髪を二つにくくるときに、いつも左右対称にならなくて…』


 Q6 好きな本は?


 『竹取物語』


 Q7 好きな花は?


 『あじさいと桜』


 Q8 告白した数orされた数は?


 『告白1回、告白された数一回』


 Q9 趣味は?

 『むっくんをからかうこと! 楽しいんだよなっ』

 Q10 現在何問め?


 『11くらいかな』


 Q11 特技は?


 『裁縫が得意だよ』


 Q12 かまぼこ隊の中で仲がいい人は?


 『全員!』


 Q13 花子隊の中で仲いい人は?


 『全員、特に寧々ちゃんと葵ちゃん』


 Q14 柱の中で仲がいい人は?


 『全員、特にむいくん。同い年だから気が合う』


 Q15 東方キャラの中で仲がいい人は?


 『美鈴ちゃんかなー。おっとりしてて優しいよね』


 Q16 今何問め?


 『15くらい?』


 Q17 100万円あったら何する?


 『半分は生活の為に貯金、あとはわらび餅買うのに使う』


 Q18 こいつだけは許さないって言う人いる?


 『できるだけみんなと仲良くしたいけど、鬼には同情できないな』


 Q19 SorM?


 『Sだろってむっくんにずっと言われてるよ』


 Q20 私のことどう思ってる?


 『いつもお疲れ様ー』



 +アルファ 睦彦がもし浮気したらどうする?


 『ビンタ百回! …でも、むっくんを信じてる』


 +アルファ 兄弟はいた?


 『お姉ちゃんが一人、妹が三人いるよ。五人姉妹だよ!』


 +アルファ 好きな動物は?


 『鳥! あ、そういえばチョコも鳥の形だったな』


 +アルファ 最後に一言、決め台詞で終わって



『作品に投票してくれてありがとうっ! これからもよろしくね!』

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。