社会問題小説・評論板

ナニイロセカイ(半実話)-完-
日時: 2017/10/16 10:34
名前: 雪姫

赤。青。黄。世界はさまざまな色に染まっている。
あなたのはナニイロセカイ___?





。○ 。○ 。○ 。○ 。○ 。○ 。○ 。○ 。○ 。○ 。○

スレ設立日2017/9/15〜10/15完結

*肌寒い秋の日の出来事_。[>>07]
*サクラ色の世界     [>>08]
*静寂の世界       [>>09]
*空気の世界       [>>12]
*寄生虫の世界      [>>16]
*裏切りの世界      [>>17]
*一人の世界       [>>18]
*空想の世界       [>>19]
*オレンジ色の世界    [>>20]
*嫉妬の世界       [>>21]
*敵となった世界     [>>22]
*ハートの世界      [>>23]
*砕け散った世界     [>>24]
*肌寒い秋の日の出来事_。[>>25-26]
*その後の世界      [>>27]
*あとがきの世界     [>>28]

。○ 。○ 。○ 。○ 。○ 。○ 。○ 。○ 。○ 。○ 。○

Page:1 2 3 4 5 6 7



その後の世界  ( No.27 )
日時: 2017/10/16 09:58
名前: 雪姫 ◆kmgumM9Zro

<アリス>は死にました。辛い現実から逃げ出すためにわたしが生み出したもう一人の"わたし"は死にました。
わたしの 本当の 名前は――








「ご、ごめんなさい……」

ぶっきらぼうで怖い顔だけど本当は優しい命の恩人である男の子と一緒にぶつかって痛かったけどわたしのかわりに全てを終わらせてくれた女の子の元に駆けよると、ハートの女王様から出た最初一言が"これ”でした。

「なにについての謝罪ですか」とわたしが訊けば「そ……それは」と口ごもるハートの女王様。ほらね、やっぱりなんにも分かっていない。この人たちは自分たちがしたことについてなーんにも分かっていないんだ。
……でももうそんなことどうでもいいです。だってどんなに謝罪してきても許すつもりなんてありませんから。

「ご、ごめ……」

「許して欲しいですか?」

「も、もちろんっ」

あぁやっと出来た。弱者を見る目。蔑んだ瞳をやっち他者に向けることができたました。わたしは不敵に笑みを浮かべると静かにこう言い放ちました「――じゃあわたしの下僕として生涯ずっと働いてください」と、ハートの女王様たちに命令しました。

この世界に生まれた時からずっと敗者だった、わたしはこの日ついに勝者になりました。


「あんた意外と根性すわってるな」

隣で笑う男の子。

「ねぇーねぇー。同級生だよね? あなたお名前はー?」

<アリス>は死にました。辛い現実から逃げ出すためにわたしが生み出したもう一人の"わたし"は死にました。
わたしの 本当の 名前は――翡翠(ひすい) 彗(すい)だよ。





この日初めてわたしはわたしを取り戻りました。 自分の名前を取り返しました。


「そっか。じゃあ、すぅちゃんだねっ」

「なにがじゃあなんだよ……宜しくな翡翠」


この日初めてわたしは恋というものを知りました。 中学生にして初恋です。


薄暗くて真っ暗闇だったわたしの世界


この日 甘酸っぱいサクランボ色の世界となりました――ふふふっ。



あとがきの世界  ( No.28 )
日時: 2017/10/16 10:30
名前: 雪姫 ◆kmgumM9Zro

おはこんばんは。または初めまして。雪姫と申します。この度は「ナニイロセカイ」を読んで頂きありがとうございました。
さてまずは皆さまにお詫びとご報告をば。最後のお話を呼んで「ん?」となった人が多いのではないでしょうか。もしくはこ、これってもしかして……と思った方もいるかもしれません。そうです。
この物語は私が今本館コメディー・ライト板で執筆中である「俺のペットはアホガール」という作品に登場キャラクター、ハガ音様考案の翡翠 彗ちゃんの過去のお話を恥ずかしながら自分の体験談を元に書いたものでした。
ちょいちょい不自然なファンタジー感があったのはそのためです。彗ちゃんの設定に寄せた結果です。

テーマは不思議な世界(新しい中学校)に迷い込んでしまったアリスです。

なので少し不思議の国のアリスの登場人物の名前を付けさせてもらいました。チェシャ猫と命の恩人である二人以外全員実在する人物です。物語のほとんどがわたしの実体験したお話、実話になってしまいましたね。嘘っぽいと感じる部分もありますが。

最初と最後の部分は作り話です。わたしには自ら人生という名の劇の幕を閉じる勇気はありませんでしたので、救い出してくれる友人も人もいませんでしたので。

じゅっちゃんにされたことは全て本当のことです――今でも彼女の事は親友だと思っています。

ダイヤのキングそして坊主にされたことも全て本当のことです――彼らのファンの子たちにされた傷は今でも癒えません。

ハートの女王様にされたことはだいぶ省略しました。彼女にされたことを全てかこうとするとちょっとした長編になってしまうからです。

今の学校は楽しいですか? 

今の職場は楽しいですか?


今が辛くてもきっと未来は輝いている――なんて嘘っぱちですよ。自分が変わらない限り世界は変わりません。人間なんて腐って死体のようなもの。腐った死体が支配する世界で生きていくならそれ相応の覚悟がいります、リタイアするのだって……ね。
自らに手で幕を閉じることが出来ない臆病者は今日も生きます。この腐った世界と孤独に戦いながら生きています。





*登場人物紹介*


アリス……わたしが生み出したもう一人わたし

わたし……翡翠 彗(ひすい すい)ハガ音考案

チェシャ猫……飯野 大和(いいの やまと)ハガ音考案

命の恩人男の子……最藤 終(さいとう しゅう)自キャラ

命の恩人女の子……千代紙 ちよ子(ちよがみ ちよこ)自キャラ

残り……実在する人物。






ここまで読んでいただきありがとうございました。たぶんもうあまり別館の方へくることはないとは思われますが……これからもどうぞ宜しくお願い致します。

Re: ナニイロセカイ(半実話)-完- ( No.29 )
日時: 2017/10/17 12:20
名前: 広村伊智子

ふぁぁぁぁぁ!!!!

おもしろかったぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!
純粋に面白かった!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


大賞に応募しましょうよ!?

Re: ナニイロセカイ(半実話)-完- ( No.30 )
日時: 2017/11/11 09:28
名前: 雪姫 ◆kmgumM9Zro

>>29


久々に来て見てびっくり!?
こちらにもコメ下さっていたんですねっ。すいません、今気付きました><。

ワーイ(∩´∀`)∩
そんなに褒めていただけて嬉しいです♪ありがとうござます♪

Re: ナニイロセカイ(半実話)-完- ( No.31 )
日時: 2019/08/27 13:43
名前: 雪姫

久しぶり浮上! もう完結している作品ですがもしよかったら読んでみてくださいね。

Page:1 2 3 4 5 6 7



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。