社会問題小説・評論板

悲しみの階段
日時: 2018/04/02 17:02
名前: 蜜柑わたあめ

下手だとは思いますが、見てください…

プロローグ
・・・・・・どこまでいけば、いつまでいけば、
・・・・・・私は、救われるのだろう。

ピピピ・・・ピピピ・・・
この音を聞くだけで頭が痛くなる。
目覚ましを止めて、重いからだを起こした。
今日も、行かなきゃ・・・・・・
「おはよう」私は行きたくない気持ちを押し込めて、精一杯の声で言った。お母さんは、そんなことも知らずに「おはよう、海花。」とにっこり笑う。
少し汚れた制服に袖を通す。慣れた手つきで髪を結う。この制服の惨めさに、泣きそうになる。
「行かなきゃ・・・行ってきます。」
中学校が始まって早数週間。私はいまだに1人ぼっちだ。通学路には友達と一緒に歩く人ばかり。1人で通学なんてことはまずないだろう。
学校について、教室のドアに手をかける。普通のドアのはずなのに、私には重く感じる。私は思った。


・・・・・・・行きたくない・・・・・・。

目次
登場人物紹介>>1
第一章 いじめ>>2-10
第二章被害妄想>>11-19

Page:1 2 3 4 5



Re: 悲しみの階段 ( No.18 )
日時: 2018/04/02 16:33
名前: 蜜柑わたあめ

次の日の放課後。
私は、音楽室で吹奏楽の練習をしていた。いつか、もっと上手くなって、先輩に、見てもらいたい・・・。先輩の事を考える度、うきうきしてくる。しばらく練習していてて、もう帰ろうかな、と思った時。

ガラッ!

誰か入ってきた。それは、私のクラスの内田くんだった。私は、震えだした。後ろから、颯たちつれてきたんだ…と。でも、内田くんは、一人で来ているようだった。
「あ・・・、う・・・。」
うめき声しかあげられない。急いで帰ろうとたった瞬間、内田くんが、こっちに来た。

何・・・するの?まさか、耳元でブスとか言うつもり?

そう思ってたら、いきなり腕を捕まれた。
「橋本さん・・・。だよね」
内田くんの綺麗な声が私の頭に響く。そういえば、遠目でしか内田くん見ないから気づかなかったけど、意外に内田くん瞳とか、きれいだな・・・。
でも、はっと気づいた。確か内田くんは、いじめグループの1人だったんだっけ・・・。そうなると、なおさら震えが止まらない。だけど、内田くんは、話を続けた。
「いつも話してる、立花先輩いるじゃん。その先輩気を付けた方がいいよ。噂だと女たらしだとか。」

・・・え?

嘘だよね?と言おうとしたが、喉から声がでない。
「言いたかったこと、それだけだから。」
そういったら、そそくさと練習に戻っていってしまった。

私は、とぼとぼと帰りながら思った。

何で、こんなこと言うの?

何で、話しかけてきたの?

内田くん。

訳が、分からないよ。

あの先輩が女たらしなんて、

嘘だよね?

嘘だよね・・・?

Re: 悲しみの階段 ( No.19 )
日時: 2018/04/02 16:59
名前: 蜜柑わたあめ

《部活発表会の日》

「さあ、頑張りましょう!部活に入ってもらえるように!」

円陣を組んだけど、なんだか乗り気じゃない。だって、昨日の言葉が、まだ耳に残ってる。

「噂だと、女たらしだとか。」

ちらっと内田くんを見ると、昨日のことなんて気にしないようにしらっとしている、内田くんが。私は、気にしない方がいいよね、うん!と思った。今は、発表会に集中だから・・・。部長が点呼をとっているなかも、何か、心に残る、あの言葉。ボーッとしてると、部長が、叫んだ。
「立花くんが、いない!」
するとみんなもざわざわし始めた。
「えっまじ?立花が?」
「あいつメインの楽譜なのに!」
「今日は学校来てたよね?」
私は、ドキドキを止められなかった。あの先輩が何かあったのかもしれない。もしかしたら・・・!
「〜っ!私、立花先輩探します!」
気がつけば、走り出してた。

優しく話を聞いてくれる先輩。

カッコいい横顔の先輩。

吹奏楽もうまい先輩。

先輩、先輩、先輩、先輩。

今すぐ探します―――――!

「あはははは!マジウケる!」
今は使われていない第二美術室から、先輩の声が。
だけど、聞こえたのは、こんな会話の内容・・・。
「おい立花w今度は誰だましてんの!?」
「ああ、今度はいじめられてる一年だよ。いじめられてると、すぐにオトせるからな〜。もうすぐ告られるんじゃね?」
「本当お前、性格悪いよな、恋心を弄ぶってさ!」
「は?何いってんの?恋はゲームだぜ?それが俺のスタイルだからなww」

・・・。

何も言えなくなった。まさか先輩が本当に、女たらし何て・・・・。階段で俯いていると、ポンと頭を乗せられた。それは、内田くんだった。
「内田・・・くん・・・。」
「探したよ。噂は本当だったみたいだね。」
こんなぶっきらぼうだけど、優しさが伝わって、涙が込み上げてくる。
「泣くなよ。そんな先輩は、忘れろよな。」
「・・・だって、ずっと、相談乗ってくれたし。忘れられる訳、ないじゃん・・・。」
「じゃ、俺が、その先輩忘れさせてやるから。」

・・・え?

「好きなんだ。お前のことが。」

(恋沙汰になってごめんなさい。でも、ちゃんといじめ要素は入れますので。bye蜜柑わたあめ)

Re: 悲しみの階段 ( No.20 )
日時: 2018/04/02 22:22
名前: 蜜柑わたあめ

第三章 告白

「好きなんだ。お前のことが。」

「え・・・?」
何秒か、思考回路が停止した。そして、言葉の意味を理解すると、私は、顔だけじゃなく、からだ全体が真っ赤になった。
だって、私、告白されたことなんて、無いんだから・・・。何で?何で内田くんは、私に告白したんだろう。もしかして、ヤラセ?それなら、無理なんてさせたくない。
だけど、恥ずかしくなったのか、内田くんは、私に顔を見せずに
「悪い。今答えは出せないよな・・・。区切りがついたら、返事、教えて。それか、忘れてくれ・・・」
そのまま、そそくさ行ってしまった。私は、はっとした。
「あっ、部活発表会〜!」

その部活発表会では、なんだか隣にいる内田くんのことが気にかかって、何か、集中して演奏出来なかったなぁ・・・。
発表会が終わって、教室に戻ると、にやついた菜々美さん達がいた。菜々美さんは言った。
「おい、海花ぁ〜。あんなド下手な演奏全校に聴かせんなよなwwお陰で鼓膜が破れそうだったわww」
と笑われた。そうだ。と思った。

イジメグループの内田くんに告白されても、

いじめは、終わらないんだ・・・。

私は胸がキュッと痛むのが分かった。私、そんな下手な演奏してた・・・?確かに気がかりで集中はしてなかったけど、部長は成功って、言ってたじゃない・・・。横の内田くんを見ると、自分の席しか眼中にないように席に座った。ああ、やっぱり、クラスだと、

『いじめられるもの』と『いじめるもの』の立場なんだ・・・。

Re: 悲しみの階段 ( No.21 )
日時: 2018/04/03 12:36
名前: 蜜柑わたあめ

私は、別になんとも思ってなかったのに、いじめが怖くなる。なんで?何でだろう?と思った矢先にあの言葉を思い出してしまう。

「好きなんだ。お前のことが。」

ああ、そうか・・・。私は、分かってしまった。

人を好きになる気持ちを覚えてしまったから・・・

人からいじめられるのが、怖くなってしまったんだ・・・。

私は、その日、いつもよりひどい、いいや、いつもと同じだけど、私の心が崩れるようないじめを受けた。上履きと外履きをトイレに突っ込まれてたり、背中を思い切り叩かれたり。私の心はぼろぼろになっていった。
「う・・・。ううぅ・・・。もう嫌だよ・・・。」
何で私をいじめるの・・・?

何で私なの・・・?

あ・・・れ?

私は、思ってしまった。忘れてよう、と思ったのに・・・。

ナンデワタシ イジメラレテルンダッケ?

Re: 悲しみの階段 ( No.22 )
日時: 2018/04/12 21:40
名前: 蜜柑わたあめ

久しぶりの更新です!(*≧∀≦*)
あれ…。思ったらダメ、思っちゃダメと思ってた…だけど、私はドクドク心臓を打つ。

どうして、私、いじめられてるんだっけ?

なにか理由があったはず。それがどうにも思い出せない。自分が思っている以上に、バカにされてたから。手が震えてくる。悪寒がしてくる。
「海花?帰ってきたの?おかえりなさい。」
その声に私は思わず玄関を飛び出す。いやだ、もういやだ。でも、お母さんに心配させたら元も子もないの。とにかく、理由がわからなくなった…。そのことで頭がいっぱいになる。どうしよう。どうしよう。どうしよう。
私は小さな公園に着いた。着いた頃には、涙で顔がぐちゃぐちゃになっていた。

愛されていて、部活が楽しくて、頼もしい先輩がいる。

ただ、それだけで幸せなはずだった。

なのに、それなのに。

日常は、崩壊していっていた。ずっと、ずっと前から。

「あれ?…海花…だよね?橋本海花。」
急に言われた言葉に震えながらふり向く。
そこには、見慣れたようで、見慣れない姿が。
「そ…奏じゃん…。」

「久しぶり。海花。」
ふたりの、再会だった。

Page:1 2 3 4 5



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。