社会問題小説・評論板

リア充爆破隊
日時: 2019/10/21 21:40
名前: 坂本加賀

Aはモテない太った小学6年生だった。趣味はエアガンを家で撃ちまくること。そのためAの部屋は穴だらけだった。Aのクラスではリア充がたくさんいた。Aは彼ら彼女らを憎んでいた。自分たちだけ幸せになりあがってと。そんなAは仲間たちとともにリア充爆破隊を作った。そのころは面白半分でなんとなくつくっただけだった。ある日、Aが学校から帰っているとクラスナンバーワンリア充のSがからんできた。「あ、A君、君、リア充爆破隊を作ったんだろ?だったらさ、俺を爆発させてみてよ」Aは無視したがSは黙ることなくからかってくる。ついに「うるせーだまれクソリア充」と叫んでしまった。「デブのくせに調子にのんな」そう言われたAは走って家に帰った。そしてもっとも攻撃力の高いエアガンと花火をもって Sの家にいった。「何だよA?」うざそうに対応するSにAは「さっきのこと、謝ろうと思って・・・」すると「はっおまえバカ?」「いや、おまえがバカだ」「ドン」「ああ、いってぇ目が、目が、あああぁー」さらにAは花火に火をつけ Sに投げつけ、家に逃げた。夕方・・・「速報です。さいたま市内の住宅街で小学6年生が同級生におそわれ両目を失明、全身にやけどをおい、重症です。」Aは笑った。〜完〜

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。