BL・GL小説 (オリジナルで全年齢対象のみ)

BLデュラララ!!
日時: 2015/02/20 22:29
名前: ゆりうさぎ  (yuri.inko.20030127@docomo.ne.jp

はじめまして!ゆりうさぎと申します!初めてなのできん張しています!どうぞこれからよろしくお願いします!暇なときしか書けませんので(笑)そこのところもよろしくです!では今日のところはここまでにしておきます!さよなら(^^)/

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38



Re: BLデュラララ!! ( No.182 )
日時: 2015/10/04 00:04
名前: ゆりうさぎ





狩「はあ〜!やっぱり黒バス面白いね〜。奇跡の世代!!」

遊「そうっすね〜、俺も能力とかほしいっす!」

門「その黒バスっていうのおもしれぇか?」

狩「おぉっ!!ドタチンが興味持つなんて!これ面白いから貸すよ〜!」

渡「ちょっ!お前ら、今運転中だ!騒ぐな!」

狩・遊「はぁ〜い」



30分後・・・


門「よし、コンビニついたから、ちょっと行って来る。」

渡「客誰もいねぇな。俺も行っていいか?」

門「ああ、お前らは?」

狩「みんな行くなら行く!」

遊「じゃあ俺も!」

?「ああ!!コンビニに人が!!すいませ〜ん」

?「おいっ!!今夜中だ。近所迷惑なのだよ!」

狩「?ねぇみんな、誰か呼んでる!」

遊「暗くてあまり見えないっすね・・・。」

門「あ、あれじゃねぇか?」

渡「確かに、あそこぐらいしか人が見当たらねー。」

タッタッタッ

?「はあ…はあ…、疲れた・・・」

?「疲れが早すぎなのだよ!」

狩「・・・!?そのしゃ、喋り方に緑の髪・・・。まさか!?」

遊「み、緑間君っすか!?」

?「誰なのだよ。」

門「お前ら知ってるのか?」

遊「は、はい!黒バスのキャラクターであり奇跡の
世代の一人!緑間真太郎っす!」

狩「どうみてもコスプレじゃないよね?」

緑「あたりまえなのだよ。」

渡「お前ら落ち着けよ。」

?「ちょっと!俺忘れてない?」

狩・遊「高尾君!!」

高「な!何故わかったんだ!?」

狩「そりゃあわかるって〜!!」

緑「ところで、お前たちの名前は?」

狩「ああ!!そうだ!自己紹介しないと〜!えっと、えっと、私は狩沢絵利奈。二次元大好きだよ!」

遊「俺の名前は遊馬崎ウォーカーっす!俺も二次元一筋っす!」

門「はあ…、俺は門田京平。悪いな、こいつらがはしゃいじまって」

渡「そして俺が渡草三郎。」

緑「じゃあ名字で呼ぶのだよ。」

高「一応よろしくな!」

狩「ところで、真ちゃんと高尾君は何故ここに?」

緑「よくわからないのだよ。」

高「確か・・・。疲れてバスで、緑間と寝ちゃったんだ。あ、なんか青峰っていう奴と黄瀬っていう奴もいたかな。そして起きたら『animate』っていう店の建物に寄りかかって寝てたんだ。」

狩・遊「えぇ!?青峰君と黄瀬君まで!?」

高「驚くとこそこ!?でもあいつらどこ行ったんだ?」

門「ま、とりあえずお前らもよるか?コンビニ」

緑「一応よらせてもらうのだよ。」

高「そうだなー。」

渡「なんか騒がしくなって来た気がするな…」





すみません。今日はこれくらいにして、次回青峰君と黄瀬君の回書こうと思ってます。遅くてすいませんでした!ではまた!!(`・ω・´)

Re: BLデュラララ!! ( No.183 )
日時: 2015/10/20 17:43
名前: ペパーミント

ゆりうさぎさーん!!
大丈夫ですか…?

Re: BLデュラララ!! ( No.184 )
日時: 2015/11/12 18:00
名前: ゆりうさぎ

ああああああああああああああああああああああ!!
久しぶりです!!!本当にすいませんでした!しばらくスマホとパソコン没収されていて、勉強してました。(;_;)(;_;)(;_;)(;_;)
泣けます!申し訳ないのですが、またテスト期間なので、しばらく出来なくなりました。ごめんなさいI100
テスト終わったらまた思いっきり書きますね!!(`・ω・´)ではまた(っ´ω`c)

Re: BLデュラララ!! ( No.185 )
日時: 2015/11/13 17:22
名前: ペパーミント

ゆりうさぎさん!!おかえりなさい!!
私もテスト週間にはいります…
お互い頑張りましょうね!!
あと、青鬼って知ってますか?
今度、青鬼のBL小説のスレッドを作ろうかなって思っているんです!!
よろしければ見に来てください!!

Re: BLデュラララ!! ( No.186 )
日時: 2017/09/12 16:00
名前: みかん

はじめまして!突然ですが小説のリクエストいいですか?

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。