BL・GL小説 (オリジナルで全年齢対象のみ)

イナズマイレブン オリオンの刻印 感想
日時: 2018/10/12 20:46
名前: 神童みらい

登場人物


稲森 明日人(あーちゃん)
2年生。ポジションはFW(フォワード)/MF(ミッドフィルダー)。背番号8番。


灰崎 凌兵
1年生。ポジションはFW。背番号11番

野坂 悠馬
2年生。ポジションはFW/MF。背番号14番

円堂 守
3年生でイナズマジャパンのキャプテン。ポジションはGK(ゴールキーパー)。背番号1番

坂野上 昇

1年生。ポジションはDF(ディフェンダー)。背番号2番


不動 明王
3年生。ポジションはMF。背番号3番

吹雪 士郎
3年生。ポジションはFW/DF。背番号4番

鬼道 有人

3年生。ポジションはMF。背番号5番

風丸 一郎太
3年生。ポジションはDF。背番号6番

氷浦 貴利名(キーちゃん)
2年生。ポジションはMF。背番号7番

吉良 ヒロト
2年生。ポジションはFW。背番号9番

豪炎寺 修也
3年生。ポジションはFW。背番号10番

剛陣 鉄之助(テーちゃん)

3年生。ポジションはFW。背番号12番

一星 充
2年生。ポジションはMF。背番号13番

基山タツヤ
2年生。ポジションはFW/MF。背番号15番

岩戸 高志(タカリンちゃん)

2年生。ポジションはDF。背番号17番

万作 雄一郎(ゆっぺ)

2年生。ポジションはDF。背番号18番

砂木沼 治
3年生。ポジションはGK。背番号19番

西蔭 政也
2年生。ポジションはGK。背番号20番

神童みらい









Page:1 2



Re: イナズマイレブン オリオンの刻印 感想 ( No.4 )
日時: 2018/10/26 21:33
名前: 神童みらい

感想4【笑う一星】

みらい『次の対戦はオーストラリアだね☆』
稲森『うん、その為に猛特訓だよね♪』
一星『円堂さん、さっきはすみませんでした。』
円堂『お前は悪くない。気にするな。』
一星『円堂さん、優しいな〜。(ふっ馬鹿が・・・)』
鬼道『一星、必ず、貴様の本性を現してやるからな?』
一星『お好きに〜。』
不動『面白くなりそうだぜ。』
みらい『そういえば、なぜサッカーボールに針が?!』
剛陣『マジかよ?!』
万作『あれに、ぶつかると死ぬかもな。』
吹雪『趙監督、何気にシャンプー自分の写真をつけてるね・・・(汗)』
灰崎『どんだけ、顔が広いんだよ?』
吉良『まあ、くれぐれも次の試合で足を引っ張らないでくれよ?』
灰崎『それは、こっちの台詞だ!ターコが!』
吉良『なんだと!このイカ!』
灰崎『言いやがったな!』
吉良『そっちが、先に言ったんじゃねーか!』
井戸『二人とも、喧嘩はよすゴンす。』
灰崎、吉良『うっせ!デブは引っ込んでろ!!』
井戸『ひどいゴンす・・・(T_T)/~~~』
風丸『あ〜泣かした〜。』
円堂『お前ら、チームメイトなんだから、仲良くしないとダメだぞ?』
灰崎『誰がこんなザコと仲良くできるかよ?』
吉良『そっくり、そのまま、返すぜ!』
みらい『はい、はい、二人とも、夜だから、お静かに。』
基山『そこ?!』
砂木『まあ、言ってることは合ってるんだがなあ・・・。』
灰崎『バ〜カ。』
吉良『馬鹿って馬鹿というやつが馬鹿なんだよ〜。』
灰崎『なんだと〜!』
吉良『やる気か?』
氷浦『なんか、やばい感じ・・・(汗)』
野坂『早く、喧嘩を止めたほうがいいかも?』
坂野『まあ、まあ、君たち、喧嘩しないで。』
灰崎、吉良『こいつが悪い!』←お互いに指を指してる。
西蔭『なんだかんだ言って本当は仲良しなんじゃん?』
灰崎、吉良『ちーげよ!!』
黒みらい『二人とも、お仕置きされたい?(笑顔)』
灰崎、吉良『いえ・・・。』
稲森『そういえば、無敵ヶ原富士丸って偽名だったの?!』
氷浦『俺がばあちゃんになりかけてあいつの招待を当てて見せる!』
風丸『ほんとに、お前のばあちゃんは何者なんだ?(;^_^A』
豪炎寺『では。』

Re: イナズマイレブン オリオンの刻印 感想 ( No.5 )
日時: 2018/11/02 21:53
名前: 神童みらい

感想5【トロイの木馬】


鬼道『オーストラリアチーム、手ごわいなあ・・・。』
一星『確かにね☆』
鬼道『お前も手ごわいけどな?』
一星『?』
円堂『まあ、相手がどんな奴だろうが俺たちは負けられないさ。』
風丸『そうだなあ。』
みらい『なんか、一人、人間じゃないかも。』
稲森『えっ?人間じゃない?!』
剛陣『どーゆ事だ?』
みらい『ロボットだったりしてね?』
氷浦『ロボット?!』
灰崎『確かにロボットがいてもおかしくねぇよな。』
吉良『だけどよ、なんでロボットと分かるんだ?』
みらい『実は、相手チームの中にオレンジ髪の人が首を動かすときに雰囲気が変わっていたの。』
吹雪『だとしたら、ロボットかもしれないね・・・。』
不動『いや、宇宙人かもしれないぜ?』
万作『途中で髪をセットで治してるんじゃないのか?』
基山『夏未さんのおかげで助かったよ。』
夏未『催眠術師には目をつぶるのが効果的ですもの☆』
井戸『あの、お土産の団子、ありがとうゴンす。』
野坂『三食団子って美味しいんだよね。』
砂木『まさか、あの光がまた?!』
坂野『レーザーみたいの奴か?』
鬼道『ゴーグルつけても、応えるな。』
みらい『鬼道、まさか灰崎のシュート技を使うなんて・・・(汗)』
吉良『お前のシュート技、師匠の技だったとはな。』
灰崎『誰が師匠じゃ!』
稲森『では。』

Re: イナズマイレブン オリオンの刻印 感想 ( No.6 )
日時: 2018/11/09 21:39
名前: 神童みらい

感想6【鬼道の反撃】



みらい『(* ̄▽ ̄)フフフッ♪』
鬼道『みらい、何笑ってるんだ?』
みらい『だって、のぼっぺの*あーっ!!審判!って叫んだ時に相手が挙動不審になるのが受けちゃって☆』
坂野『まあ、あれは、違反になるからね。』
みらい『とがっていたのに血は大量に出なかったね?』
剛陣『おい、おい子供が見たら泣くぞ・・・(汗)』
稲森『確かに尖ったのは危険だよな・・・。』
風丸『しかし、どうやって入れてるんだろう?』
不動『テープで止めているんじゃねぇか?』
吉良『ノリとか?』
灰崎『いや、それなら、一発でバレるんじゃ・・・(汗)』
野坂『あり得る。』
円堂『まさか、三色団子がヒントになるとはな。』
一星『やっぱ、円堂さんはすごいですね。』
万作『そういえば、灰崎と吉良はなぜ一星を狙っていたんだ?』
氷浦『同じ仲間なのに?』
鬼道『氷浦、いずれ、分かる。』
吹雪『さすが、フィールドのチンピラ・・・(汗)』
基山『魔人3体すごいよな。』
砂木『とうとう、同点に行けれたな。』
井戸『ではゴンす。』

Re: イナズマイレブン オリオンの刻印 感想 ( No.7 )
日時: 2018/11/17 21:15
名前: 神童みらい

感想7【仕組まれた罠】

坂野『鬼道さんがああああ!連行されたああああ!』
鬼道『坂野、とりあえず、落ち着け。』
円堂『鬼道、俺はお前を信じるからな。』
鬼道『あぁ。』
風丸『それにしても、誰が、鬼道のロッカーの中に・・・。』
灰崎『こんな、卑怯な事するのは、あいつに決まってる!』
吉良『まあ、あいつしかいないよな。』
一星『失礼だなあ〜。君たち。』
灰崎『ざけんな!てめぇ!』
稲森『やめろ!灰崎殴るのは良くないよ?』
みらい『暴力なんかしたら、試合に出れなくなるよ?』
氷浦『そ・・・そうだよ、豪炎寺さんや鬼道さんが居なくなって君まで外させられたら・・・。』
井戸『俺ら、全滅ゴンす!』
万作『それは大袈裟なんじゃ・・・(汗)』
剛陣『では。』


Re: イナズマイレブン オリオンの刻印 感想 ( No.8 )
日時: 2018/11/30 20:55
名前: 神童みらい

感想8【イナズマジャパン最大の危機】


みらい『鬼道が釈放されたと思いきや・・・・』
鬼道『まさか、円堂が警察に捕まるとは・・・。』
剛陣『相手、卑怯すぎ・・・。』
神門『円堂さん、ありがとうございます。』
円堂『まあ、女を守るのは男として当然だからな☆』
風丸『円堂・・・・円堂・・・(ブツブツ)』
稲森『風丸さん・・・(汗)』
吹雪『なんか、ブルーだね・・・(;^_^A』
不動『一応、親友だからな・・・。』
井戸『俺、出した手紙の相手が男だったゴス(汗)』
万作『ひかる・・・って名前が男だったのか・・・。』
吉良『今まで女だと勘違いしてたんだな。』
灰崎『まあ名字に(る)と(ほ)や(と)なら性別がややこしいよなぁ。』
氷浦『次はエターナルダンサーズと試合になるとはな・・・。』
坂野『しかも、底知れないスタミナが武器のチーム・・・。』
基山『もしかしたら、リレーが勝つヒントになるのかもね。』
風丸『円堂・・・・円堂・・・・(ブツブツ)』
砂木『あの・・・大丈夫か?』
一星『では。』

Page:1 2



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。