BL・GL小説 (オリジナルで全年齢対象のみ)

イナズマイレブン オリオンの刻印 感想
日時: 2019/02/08 21:07
名前: 神童みらい

登場人物


稲森 明日人(あーちゃん)
2年生。ポジションはFW(フォワード)/MF(ミッドフィルダー)。背番号8番。


灰崎 凌兵
1年生。ポジションはFW。背番号11番

野坂 悠馬
2年生。ポジションはFW/MF。背番号14番

円堂 守
3年生でイナズマジャパンのキャプテン。ポジションはGK(ゴールキーパー)。背番号1番

坂野上 昇

1年生。ポジションはDF(ディフェンダー)。背番号2番


不動 明王
3年生。ポジションはMF。背番号3番

吹雪 士郎
3年生。ポジションはFW/DF。背番号4番

鬼道 有人

3年生。ポジションはMF。背番号5番

風丸 一郎太
3年生。ポジションはDF。背番号6番

氷浦 貴利名(キーちゃん)
2年生。ポジションはMF。背番号7番

吉良 ヒロト
2年生。ポジションはFW。背番号9番

豪炎寺 修也
3年生。ポジションはFW。背番号10番

剛陣 鉄之助(テーちゃん)

3年生。ポジションはFW。背番号12番

一星光(ヒカちゃん)
2年生。ポジションはMF。背番号13番

基山タツヤ
2年生。ポジションはFW/MF。背番号15番

岩戸 高志(タカリンちゃん)

2年生。ポジションはDF。背番号17番

万作 雄一郎(ゆっぺ)

2年生。ポジションはDF。背番号18番

砂木沼 治
3年生。ポジションはGK。背番号19番

西蔭 政也
2年生。ポジションはGK。背番号20番

神童みらい









Page:1 2 3 4



Re: イナズマイレブン オリオンの刻印 感想 ( No.13 )
日時: 2019/01/18 21:44
名前: 神童みらい

感想13【ジャパン、新たな輝き】


坂野『いや〜風丸さん、吹雪さん、無事で何よりです。』
風丸『心配かけてすまなかったな。』
吹雪『とは、言うもの芝居だけどね。』
稲森『芝居だったんですか?!』
剛陣『お前ら、演技半端ねぇ・・・(^_^;)』
井戸『それにしても、一星くん、二つの人格持っていたゴスね。』
一星『うん、一人、二役ってとこかな・・・。』
灰崎『まあ、手術肥料は俺たちが全国試合で勝って優勝金はお前に渡すぜ。』
一星『でも、僕は君たちに・・・』
吉良『それは、もういいぜ?』
円堂『これからは、一星は俺たちの仲間だ。』
野坂『改めて、よろしくね。光くん。』
一星『よろしく。野坂さん。』
みらい『みんな〜お疲れさん☆』
氷浦『みらい、それ何?』
みらい『差し入れのみらい特性スペシャルお握り☆』
不動『へぇ、気が利くじゃねぇか。』
万作『美味そうだなぁ。』
砂木『どれどれ。』
パク♪
砂木『・・・・・・((+_+))』
西蔭『どうしたの?砂木さん。』
砂木『みらい、お握りの味が甘いすぎなんだけどね・・・(^_^;)』
みらい『あれ〜ま、チョコ入りすぎたかな?』
稲森『チョコいれたの?!』
みらい『うん☆』
灰崎『いや、普通お握りはチョコは入れないだろう?!(;^_^A』
万作『では。』

Re: イナズマイレブン オリオンの刻印 感想 ( No.14 )
日時: 2019/01/25 21:34
名前: 神童みらい

感想14【キラキラ☆サッカーボーイ】


海腹『きゃ〜なつかしい☆あたしたちが出てる☆』
日和『最近、僕たちがオリオンの1話しか出てないからね・・・(´∀`*)』
奥入『そうそう。』
腹部『まさか、懐かしい過去がでるなんてね。』
道成『明日人、インタビューお疲れさん。』
稲森『ありがとうございます。キャプテン。』
剛陣『まさか、インタビューに選べるとはな。』
灰崎『まあ、インタビューなんて軽いさ。』
不動『でも、クマに関する質問されてないよな。』
灰崎『時間がなかっただけだ!』
野坂『灰崎くん、嘘はいけないよ?』
みらい『子供が真似したらどうするの?』
風丸『いや、それはないと思う。(汗)』
氷浦『右に同じく。』
円堂『野坂、グルメが好きなのか?』
野坂『まあ、偶然だけどね。』
井戸『でも、アレス時代では、様々なの食べてきたでゴスね。』
剛陣『俺も白兎饅頭、食べてみてぇな。』
吉良『俺はアイスがいいな。』
みらい『お腹、痛くなるよ?』
吉良『いや、それは、お腹の弱い人の話しだろ・・・(^_^;)』
一星『僕は、焼きそば。』
西蔭『そういえば、あの謎の少年は誰なんだろう?』
砂木『まあ、すぐに分かるさ。』
万作『では。』

Re: イナズマイレブン オリオンの刻印 感想 ( No.15 )
日時: 2019/02/01 19:41
名前: 神童みらい

感想15【趙金雲の弟子】


みらい『ついに、趙金監督に弟子の素顔、公開☆』
稲森『被り物してて、いままで分からなかったよ。』
剛陣『しかし、*無敵ヶ原富士丸*が偽名だったとはな。』
万作『それに、一番気づいたのは、氷浦だけどね。』
氷浦『まあ、俺の冠ってとこかな。』
リ・ハオ『改めて、初めまして。リ・ハオです。次の試合でね。』
円堂『あぁ、お互いに頑張ろうな。』
灰崎『あばよ。』

Re: イナズマイレブン オリオンの刻印 感想 ( No.16 )
日時: 2019/02/08 21:20
名前: 神童みらい

感想16【俺はチームの中に】


井戸『二人とも、無事でよかったでゴス。』
一星『心配させてすみませんでした。』
剛陣『もう、いいぜ。そのことは。』
円堂『そうだぞ?無事に帰れたからな。』
稲森『だけど、野良犬に追いかけられたけどな・・・(^_^;)』
万作『マジかよ・・・(;^_^A』
みらい『ヒカちゃん、浮いてたよね・・・(汗)』
風丸『ヒカちゃん?』
みらい『一星光の事だよ?』
灰崎『なるほどな。』
吹雪『でも、氷浦くんの推理で明日人君たちを探すことが出来たんだよね。』
氷浦『あぁ。ばあちゃんになりかけてね。』
吉良『だから、何者なんだよ?(汗)』
不動『あばよ。』

Re: イナズマイレブン オリオンの刻印 感想 ( No.17 )
日時: 2019/02/15 21:36
名前: 神童みらい

感想17【驚愕のトリプルキーパー】


井戸『まさか、監督が敵チームになるなんて・・・。』
灰崎『まさか、仮病だとはな・・・。』
稲森『でも、何ともなくて良かった。』
円堂『相手はすごかったが俺たちはサッカーをたのしむ事だ。』
砂木『一応うまくいったが、あしをひっぱるなよ?』
西蔭『それは、こちらの台詞ですよ?』
砂木『なぬ?!』
西蔭『あなたは子供ですね。』
砂木『あんたも、子供だろうが!』
黒みらい『どっちでもいい・・・・。』
グリグリ〜
砂木、西蔭『ああああああ!』
氷浦『あれは、痛そうだなぁ。』
吉良『まあ、おもしれから、スマホでネットで流し・・・。』
がし♪←肩を掴む音
黒みらい『プライバシー侵害したら、地獄流しか幽霊電車にのせますよ?』
吉良『あんたはき〇〇うかよ?!』
風丸『では。』

Page:1 2 3 4



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。