BL・GL小説 (オリジナルで全年齢対象のみ)

イナズマイレブン オリオンの刻印 感想
日時: 2018/10/12 20:46
名前: 神童みらい

登場人物


稲森 明日人(あーちゃん)
2年生。ポジションはFW(フォワード)/MF(ミッドフィルダー)。背番号8番。


灰崎 凌兵
1年生。ポジションはFW。背番号11番

野坂 悠馬
2年生。ポジションはFW/MF。背番号14番

円堂 守
3年生でイナズマジャパンのキャプテン。ポジションはGK(ゴールキーパー)。背番号1番

坂野上 昇

1年生。ポジションはDF(ディフェンダー)。背番号2番


不動 明王
3年生。ポジションはMF。背番号3番

吹雪 士郎
3年生。ポジションはFW/DF。背番号4番

鬼道 有人

3年生。ポジションはMF。背番号5番

風丸 一郎太
3年生。ポジションはDF。背番号6番

氷浦 貴利名(キーちゃん)
2年生。ポジションはMF。背番号7番

吉良 ヒロト
2年生。ポジションはFW。背番号9番

豪炎寺 修也
3年生。ポジションはFW。背番号10番

剛陣 鉄之助(テーちゃん)

3年生。ポジションはFW。背番号12番

一星 充
2年生。ポジションはMF。背番号13番

基山タツヤ
2年生。ポジションはFW/MF。背番号15番

岩戸 高志(タカリンちゃん)

2年生。ポジションはDF。背番号17番

万作 雄一郎(ゆっぺ)

2年生。ポジションはDF。背番号18番

砂木沼 治
3年生。ポジションはGK。背番号19番

西蔭 政也
2年生。ポジションはGK。背番号20番

神童みらい









Page:1



Re: イナズマイレブン オリオンの刻印感想  ( No.1 )
日時: 2018/10/12 20:46
名前: 神童みらい

感想1【世界への門】

みらい『あーちゃん達、手作りケーキができたよ☆』
稲森『うわ〜美味しそう☆』
灰崎『ってこのデコレーションすげぇ・・・(汗)』
万作『イラストがすげぇ・・・(汗)』
井戸『なんか、リアルでゴンす・・・(汗)』
氷浦『これは、なんの絵なんだ?』
みらい『サッカーをしてる人の似顔絵だよ?』
剛陣『人ってより、モンスターじゃーねーか?』
みらい『人だよ?』
世良『いや、どう見てもモンスターだろう・・・(汗)』
黒みらい『人だよ・・・(黒笑)』
剛陣、世良『は・・・はい!Σ(゚Д゚)』
不動『いや、確実にモンスターだろう・・・』
みらい『ふ〜ど〜う〜く〜ん?(^言^)』
鬼道『これは、火に油を注ぐ奴だなあ。』
吹雪『でも、なぜぐちゃぐちゃに描いてあるの?』
みらい『だって、芸術は爆発って言うじゃん?』
基山『爆発ってより・・・』
円堂『なんか・・・』
野坂『画伯・・・(汗)』
砂木『子供見たら泣くぞ?その絵は・・・(汗)』
みらい『みんな、次の試合頑張ってね☆』
西蔭『話しをそらした・・・(汗)』
豪炎寺『来週も楽しみだなあ。』
風丸『どんな試合かワクワクだな。』
坂野『では。』

Re: イナズマイレブン オリオンの刻印 感想 ( No.2 )
日時: 2018/10/12 20:47
名前: 神童みらい

感想2【失われた最終兵器】


稲森『アジア予選の第一試合は韓国か・・・』
みらい『ファイティhン』
剛陣『何のおまじないだ?』
鬼道『韓国語で頑張ってねと意味らしいぞ?』
井戸『すごいでゴンす☆』
吹雪『いつ、習ったの?』
みらい『別に、習ってないよ?ネットで調べた。』
万作『確かに、便利だな。』
灰崎『あぁ・・・。』
円堂『豪炎寺、シュート良かったぞ☆』
豪炎寺『あぁ、だが、すまない、大事な時に怪我を・・・。』
風丸『まさか、ラフプレイをしかけてくるとはな・・・。』
不動『あれが、奴らのやり方か・・・。』
世良『そういえば、豪炎寺くん、何か光ったと言わなかった?』
豪炎寺『あぁ、急に眩しく・・・。』
西蔭『これは、事件の匂い・・・。』
氷浦『事件の匂いって・・・(汗)』
野坂『推理アニメじゃないんだから・・・(汗)』
基山『そういえば、あの子のおかげで、相手の攻撃によけられたね。』
砂木『何か、攻撃が読めるみたいにな。』
みらい『みんな、怪我だけはしないでね?』
鬼道『あぁ・・・。』
風丸『心配してくれてありがとうな。』
稲森『では。』

Re: イナズマイレブン オリオンの刻印 感想 ( No.3 )
日時: 2018/10/19 21:57
名前: 神童みらい

感想3【刻印を持つ者】


壁山『やっぱ、イナズマジャパンはすごいッス。(モグモグ)』
不動『相変わらず、よく食うよなぁ・・・(汗)』
栗松『しかも、おにぎりにマヨネーズつけすぎでヤンス。』
鬼道『壁山、マヨネーズ取りすぎると肥満になるぞ?』
円堂『壁山、クッキー食うか?』
壁山『円堂さん、ありがとうッス☆』
風丸『おい、おい(汗)』
吉良『ったく、空気よめよ?』
灰崎『まさか、お前と、一緒にシュート合体になるとはな・・・。』
吉良『そっちも、俺のペースについてこれるとはな・・・。』
稲森『二人とも、見事な連携プレーだったね。』
みらい『そういえば、豪炎寺のケガの原因は相手チームの反則プレイだったらしいよ?』
剛陣『マジかよ?!Σ(・□・;)』
吹雪『なんで、知ってるの?』
みらい『今日の放送で吉良に豪炎寺と同じ手口を使っていたでしょ?』
氷浦『確かにね。』
野坂『相手チーム、あれじゃ、レッドカードになるよね…』
万作『豪炎寺、早く、良くなれよ?』
井戸『それまで、俺らが、カーバするでゴンす。』
豪炎寺『あぁ、必ず、足のケガを治すからな。』
みらい『ってか・・・あのチーム、仲間に何、攻撃してるかな・・・(汗)』
基山『そういえば、味方同士なのに・・・・。』
ペク『邪魔な奴は排除なのさ。(笑)』
黒みらい『あれ〜、でも試合に負けて、黒服に強制連行されたよね〜?』
ペク『人を犯人みたいに言うなあああ!』
黒みらい『卑怯な手を使って豪炎寺に怪我をさせたじゃん?』
砂木『風丸の時もな?』
円堂『運悪ければ風丸はあの世きになってるぞ?』
西蔭『そうそう。』
風丸『おい、おい、勝手に俺を殺さないでくれないか?(泣)』
円堂『あぁ、わりィ、わりィ☆そんなに気にすんなって☆』
風丸『気にするわあああああ!スピニングフェンス!』
円堂『ああああああああ!』
キラ〜ン!♪
坂野上『では。』

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。