BL・GL小説 (オリジナルで全年齢対象のみ)

レトゲー少年の愛され物語集(コンパス、アタリ受け)
日時: 2019/04/09 04:41
名前: まふぃん@白旗
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=12412

※これは#コンパスの二次創作作品です
アタリ受け・愛されが少なくて発狂した腐れ人間が作ったアタリ受け・愛され短編集です。
パロや年齢操作もあります注意
あと普通に女の子攻めとかあるよ注意(だって受けだもの)
我が家の日常も時々書いていきます。
アタリ君が可愛い
自身が所属してる保育園ギルドの小説も書いています。その場合はっきりと明記しているか(保育)と付けて区別しております。

レトロ総師白旗(ユザネ)
ログインは出来ません

追記3
2000hit行きましたので、リクエスト受付開始!
追記4
…保育園ハッシュタグ…!
追記5
3000hitありがとう!
追記6
4000hit!いつもありがとうございます!
追記7
じわじわと5000hit。感謝感涙です!
追記8
6000hit!本当にありがとう!
追記9
7000hitやったねたえちゃん!
追記10
チョコチョコと8000hitありがとうございます!小説って見てもらえる事が貴重な事だから凄く嬉しいです…!
追記11
いつの間にか9000hit…はわぁ…
追記12
……10000hit?!!?本当にありがとうございます!
追記13
よぉ、俺だ…白旗だ。なーんかいつの間にか15000hit(参照)行ったみたいでよ…ホント、ありがとな?
追記14
ごめんね、許して、大好きだよ、ごめん。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32



Re: レトゲー少年の愛され物語集(コンパス、アタリ受け) ( No.207 )
日時: 2019/04/06 20:13
名前: レトロ総帥白旗

夜叉さんお久しぶり・運営お疲れ様です!
お祝いメッセージありがとうございます…とはいってもまたひとつ婆に近付いただけなのですが()
ああ…学生さんは忙しいですしそれは時間取りにくいですよね…自分の配慮が足りておらず、本当に申し訳ありませんでした…

なるほど、かなり私の考えは穴だらけといいますか…人を気遣えてない所もあったのですね。言われて、初めて気付きました…なのに、急かすような事ばかり言ってしまって…愚かな自分がとても憎くて、恥ずかしい限りです。死にたい。

私も意見というかやりたいとしか言わず、ギルドの現状や状況を知れない身分とはいえ…知ろうと、足掻こうともしなかったので…。

なので…夜叉さんの仰る通り、もっと、話し合いましょう。実は私はそうやって、イベントを立てたりするのが苦手で…あの時コンパスも初めて本当に少ししか経っていなかったんです。だから、私はもっと知らなくてはいけませんね。…夜叉さんの考えられたあの氷柱ゲームは実に見事でした。
……迷惑で、嫌な気分にさせただろうにこんな事を言うのは図々しいでしょうが…どうか、もう一度その力を貸して頂けますか?

Re: レトゲー少年の愛され物語集(コンパス、アタリ受け) ( No.208 )
日時: 2019/04/07 00:09
名前: まちゃポ

私は白旗さんとお話するのが好き
白旗さんとお話するのが心の底から楽しいから。
白旗さんの小説を読むのが好き。白旗さんと派生するのが好き。

だって、白旗さんが好きだから。


だから……
「居なければよかった」なんて言わないで下さい…。
謝らないで下さい…
いかないでください……


おねがいだから、どうか……
はなれていかないで…………

Re: レトゲー少年の愛され物語集(コンパス、アタリ受け) ( No.210 )
日時: 2019/04/15 00:52
名前: まちゃポ

あなたが
元気に
楽しく
何事もなく
幸せに

そんな''毎日''を過ごせていますように___


私の、なんてことない、呟きです







願はくば、あなたともう一度話せる日が来る事を…
心待ちにしております

Re: レトゲー少年の愛され物語集(コンパス、アタリ受け) ( No.212 )
日時: 2019/04/07 21:13
名前: レトロな鎖白旗

アダアタ
「愛を紡いで、首を括る」
*暗い
*一方通行過ぎる愛。


愛は、誰かを想う気持ちだ。
「愛しています」
「貴方以外見えません」
「一日中ずっと、貴方のことばかり」
「好きです」
「狂おしい位に愛らしい」
「何処に行くのですか?御供します」
「ずっと共に在りましょう」
その言葉達を、この想いを。離れられはしない重たい鎖にして、繋げて…貴方の細く折れてしまいそうな首にかけて、ネックレスのようにする。
…これで、少し距離を置こうだなんて、嫌いだなんて…あの橙猫に唆されることも無い。
「ああ…よく、似合ってますよ」
貴方は何を身に付けても似合いますが…と付けたしながら、鏡の向こうにいる自分を見詰める貴方に微笑みかける。
…これで、もう私達は離れられませんね?
赤い糸なんて不確かで脆いものよりも、確固たる繋がりが出来たのですから。
「アタリさん、愛しています」
「っ…あ…だむ…」
私の名前を呼んでくれた満足感に、幸せに耐えきれず…私は優しく、涙を流し続ける瞼に口付けを落とした。


まさか、数分後…その鎖で貴方が自ら命を絶とうととは思いもしなかった。



一方通行にも程があるダム。
鎖で首を吊っタリ君…
所でガラケーの名前「レトロ雑炊白旗」にしたの誰…後でアウエリアヌス闘技場裏に来いや。

Re: レトゲー少年の愛され物語集(コンパス、アタリ受け) ( No.213 )
日時: 2019/04/08 06:09
名前: 部屋に閉じ込められた白旗

グスアタ
「その感情の名前は」
*とうとう有名なのに手を出した
*そうです、何かしないと開かない部屋です…グスタフさん目線。


ドガッ!バキッ!ドゴッ!バゴッ!ベキョッ!
白く無機質な部屋に、似合わない破壊音…打撃音が響く。
その音を発生させている方に目を向ければ、…ガキこと十文字アタリがひたすらに壁を殴り続けていた。
「はあっ…!くそっ、何でこんな頑丈なんだよ!」
ガッ!と蹴りが白い壁に入るが、足跡が残っただけで傷やヒビ等は入っていない。疲れ果てたガキは長い溜め息をついてズルズルと壁にもたれかかった。
「……っつーか、グスタフも手伝えよ!何呑気に備え付けのお茶飲んでまったりしてんだ!」
かと思えば急に此方を指差して、怒鳴り付ける。
「…テメェがそんだけやって傷一つ付かないんだったら俺が手伝った所で結果は同じだ」
無駄に動いて体力を浪費するのは無意味かつ馬鹿な事だろ、と思いながらまた茶をすする。
幸いにも、此処には食料や今飲んでいる茶のように水分もある。
…しばらくすれば俺達が居なくなったことに恐らく忠臣が気が付き何かしら連絡を入れてくれるだろう。
……向こう三年は馬鹿にされそうだが…
嘲笑うようなアイツの顔を思い出して、思わず渋い顔をする。
「え、何そんな苦かったのかよそのお茶…」
「………違う」
いつの間にか机を挟んで、座っていたガキに訂正を加える。
しかしあまり興味を示さずに適当に流される。
「ふーん、あ、お茶俺にもくれよ…出られないんならしょーがねぇし」
随分と切り替えが早い…いや、単に飽きただけだろう。やっぱりガキだと思いながら飲みかけだった湯飲みを手渡す。どうせ気晴らし程度のものだったから何という問題も無い。
「え、良いのかよ?これ飲んでたんじゃ…」
「……俺は良い」
適当に返事をするとガキ…アタリは少し意外そうな顔をして、その後頬を赤く染めてから微笑んだ。
「…サンキュー、お前、結構良い奴だよなぁ」
…その微笑みがガキらしくなくて、なんというか理解のし難い、説明もし難い疼きが胸を通った時だった。
ガチャ
と音を立てて、何もない壁だった筈の空間が扉になって開いたのは。
「お、開いた!んじゃ、先に行くな!」
「オイちょっと待」
言い終わりもしない内に、ガキの姿はあっという間に見えなくなった。
代わりにクシャクシャに丸められた紙が落ちていて、取り合えず拾い上げ破かないように開く。
「………相手のことを好きにならないと出られない部屋…?」
声に出して読み上げてみたが、さっぱり意味がわからん。
今度意味を忠臣に聞いてみるか、と取り合えず丁寧に畳んでポケットに入れた。
…あの、疼きは一体何だったんだ。



「はぁっ…はあっ…!」
どれ位走ったんだろうか。後ろを振り返って、追ってきてない事を確認してその場に座り込む。
…今日ほど、スプリンターだったことを感謝する日は無いと思う。
だって、こんな熱くてきっと真っ赤な顔なんて見せられないから。
「………何で、あーゆーことすんだよ…!」
グスタフの飲みかけが入った湯飲み。それに口を付けるってことは、間接キスを意味していて。
俺はちょっとだけ期待しちまったわけで。
「………相手のこと好きになんなきゃ出られないって…多分ライクの方だよな?出れたのって…」
もう一度確認しようと、ズボンのポケットにねじこんだ筈の紙を取ろうとする。
……何も、入ってないかった。
「……え?あ、え?」
嘘だと、何度も探す。だけど紙所か紙片も出てこない。
え、待てよ。俺…まさか…
「走ってる時に…落とした…?」
あああああ!?嘘だろ?!
…多分走るスピードが早すぎて風か何かで落ちちまったのか…!前言撤回、スプリンターじゃなきゃ良かった…!
「うわああ…頼む、グスタフがあの紙を見てませんように…!」

しかしこの願いは後にダサTを着た総帥によって、叶わなかった事を知らされるのだった。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32