BL・GL小説 (オリジナルで全年齢対象のみ)

8月2日。【赤葦×菅原】
日時: 2019/02/11 12:32
名前: 大和 撫

どうも、大和撫です!!
初投稿です...
色々やらかしてしまいそうで怖い(震)
一応完結してるので、どんどん更新していきたいと思います!!
至らぬ点、めちゃくちゃあると思いますが!!よろしくお願いします!!

※ハイキュー 二次創作の赤菅になっています
死ネタになっています!!苦手な方はブラウザバック≡┏( ^o^)┛

2019.2.11 追記
やっちまったよ.....やっちまったよおぉおおお!!!!
はい(平常心)本当は、話の初めに日付が入る予定でした。
結構頑張って矛盾とか発生しないように考えたんですが、
まさかのそれを書いたノートをマイフレンドに渡してしまいました。
はい(白目)後ほどノートを返してもらったら編集します!!


またやっちまったよ... 間違えてコピーじゃなくてペースト押しちゃったよ...
1話分丸々消えました(白目)しかも書いたノートもマイフレンドが持っています
( ◜ω◝ )やばたにえん なので、覚えてる限りで書きましたが、ノートが戻ってきたら
また書き直したいと思います(凡ミス多すぎてワロエナイ)

Page:1 2 3 4



Re: 8月2日。【赤葦×菅原】 ( No.12 )
日時: 2019/02/11 12:37
名前: 大和 撫

きっとあと何日か過ぎればあなたのことは忘れるんだろう。 知ってしまった。だから、
全部忘れる前に、ここから消えてしまおうと思った。 きっとあと数日間でも菅原さんのそばに居たらもう離れられなくなる。 伝わらない気持ちを抱えたまま忘れたくない。けど、これで全部終わりにしよう

『菅原さん』





『好きです。』

ここにあなたはいない。


『さようなら。』




「ごめん。」
誰もいなくなった体育館前。
やっと一人になった。

Re: 8月2日。【赤葦×菅原】 ( No.13 )
日時: 2019/02/11 12:39
名前: 大和 撫

高校の時 叶わない片想いをした
相手は一つ下の後輩 しかも同性の。
きっかけは 高校二年生の最後の年
テレビでお前を見かけた時だった。
一年生ながらエースにトスを上げている姿が
何故か俺の目に焼き付いて離れなかった。 でもその時抱いていたのは ただの憧れだったはずだった。
(きっとこいつもすごいやつなんだろうな)
そんなくだらない潜入感を抱いた。
後に大きな後悔になるなんて知りもせずに。
IHで青葉城西に敗れてすぐ。その話は舞い込んだ。 東京の強豪との合宿。そこにはかつて
練習試合を行った音駒高校も含まれていた。
音駒の他にも、三校の高校でできているグループなんだそうだ。
(..ん?梟谷...か)
梟谷と言えば、一年前に見たあのセッターがいる所ではないか。一年前という事は、今は彼は高校二年生になる。 少し興味があった。
それだけだった。
その時までは、ただ凄いやつなんだと思っていた。同じ副主将でも、自分とは違って
ちゃんと主将を支えているし、実際にトスも上げている。二年生なのに、すごいな。そんな視点で彼を見ていた。

でも、実際はそんなものじゃなかった。

「......もっと、ちゃんとしないと...」
それを聞いて分かった。 合宿三日目の夜。
なんとなく落ち着けず、外に出た時。
体育館前の水場に彼はいた。 どうやら突き指をしているようだったが、何故かなんの処置もせず部屋に帰ろうとするので引き止めた。
(手、やっぱり大きいなぁ)
なんて考えながらテーピングを巻いていく。
その指はきっと今まで何回も突き指をしてきたのだろう。節が少しだけ太かった。
天才なもんか。なんて事を考えていたんだろう自分は。 きっとこいつは今まで血のにじむような努力をしてきたんだ。 俺なんかとは違って
(周りからの嫉妬とかもあったろうになぁ)
会ったばかりだが、試合を見ていたらなんとなく性格が分かった。
きっと 誰にも弱みなんて見せずに頑張ってきたんだ。 そんな馬鹿みたいに真面目なあいつの弱さを見て何故か、守ってやりたいと思ったのだ。そばにいて守ってやりたい。 おかしいに決まってる。彼はただの後輩のはずなのに。心臓が何故かバクバクとうるさい。
だから誤魔化すように笑った。彼の頭を撫でた。 彼を梟谷の部屋に送り届けて自分の部屋に戻るまで、心臓はうるさいままだった。


それから何年かたった。 あの時の気持ちが
恋なんだと自覚した頃にはもう 全部が遅かったような気がする。 あんなに親しかったはずなのに、自分でも気が付かない内に距離を置かれていた。理由はわからない。それでも往生際の悪い俺は彼を追いかけた。恋をすると人は馬鹿になると言うけれど、本当だと思う。志望校を変えて東京の大学にした。幸い元々目指していた大学と学力は大差しなかったし、勉強を第一にするなら、と反対はされなかった。東京の大学に進んで、毎日梟谷の練習を見学しに来てる俺は本当に馬鹿になったと思う。そんな中、気づけば二年が過ぎていた。そして彼が事故で死んだというのを聞いた。ショックは大きかった。 けど、片想いのままの現状を後悔はしてはいなかった。彼を追いかけて東京まで来たが、結局俺の気持ちはそれまでだったのだ。 葬式ですれ違った人が何故か彼に似ていて戸惑った。




それからまだ俺は日課のようにここに来ている。隣にはあいつもいる。 俺が倒れた時は
必死に助けを呼んでくれたよな。だから
無力だっただなんて思わないでくれよ。
あの日倒れた後。不安だった。戻ったら
あいつはもうあそこには居ないんじゃないか。
(結局縛り付けてるのは俺なんじゃないか)
それでも やっぱりお前はいるから
お前がどうしようもなく俺の事が好きなんだと伝えるから。

「なんで、なんで、お前は」


こんな事になる前に
お前に会いたかったよ


その次の日。 あいつは来なくなった。

Re: 8月2日。【赤葦×菅原】 ( No.14 )
日時: 2019/02/11 12:40
名前: 大和 撫

いつか。
体育館の前の水場 生きていた頃と変わらない姿のまま そいつはそこにいた
目が合って、 でもやっぱり彼は死んでいるのだと分かった。だから、とっさに見えないふりをした。ごめんな。











「赤葦。好きだよ。」

Re: 8月2日。【赤葦×菅原】 ( No.15 )
日時: 2019/02/11 12:43
名前: 大和 撫

8月2日
あいつが死んでから四十八日、あいつがいなくなってから十日が経った。今日で四十九日目。明日になる前にきっと彼は消えてしまう。


ここは、俺達が恋に落ちた場所。


「お前って真面目なくせして、ほんっと
馬鹿だよな。」
耐えきれず、泣き出した。
「なんで......なんで......ここに、いるんだよ.....」
俺の目の前には、紛れもなく。赤葦がいた
『俺の事が見えてるんですか』
驚いたように言う。
「見えてるに決まってるだろ......っ。ずっと、見えてたよ。あの時お前を見つけた時からずっと。」
『...じゃあ、どうして、』
「だって、お前。俺と居たら成仏できないだろ」
『菅原さん...』
「片想いだったんだよ。ここで好きになってから、ずっとお前のそばにいてやりたかった。」
『俺も......一目惚れだったんです。あなたの笑顔が忘れられなかった。』
触れられない右手であなたに触れる。


自嘲気味に笑った
「なぁ、なんで俺達すれ違っちゃったんだろうなあ。言おうとしてれば、全部言えたのに。 」
もうすぐ夜が明ける。
『......ごめんなさい。もう、思い出せないんです。記憶がどんどん消えていって、忘れて、もう昨日の事は思い出せない。自分の事も何もかもわからなくなって、気づいたらここに来てたんです。それで、あなたと目が合った瞬間、あなたの事を思い出せた。』

『なのに、なんで......あなたの事が、わからない。』
あんなに好きだったのに。どうして
そして、あなたは目を真っ赤に腫らしていった。

「気にしないで。」

「いつかまた、会えるって俺は信じてるから。だから、気にしないで。」
『菅原さん...っ。菅原さん......っ』
涙が止まらない。 きっともう、これで最後のはずなのに、涙でぼやけてうまくあなたが見えない。
「今度はちゃんと、生きてるうちに全部言わせて。」


最後に彼は笑った。


「赤葦。好きだよ」


『菅原さん。好きです。』

これが、最後の記憶となった。

さようなら。 またどこかで。

Re: 8月2日。【赤葦×菅原】 ( No.16 )
日時: 2019/02/11 12:44
名前: 大和 撫

朝。清々しい程の晴天。
完全に消え去った、彼のいた場所を
見る。もうここに彼はいない。 ここに縛られる理由も亡くなった。もしも、あの時にちゃんと向き合っていれば なんて、後悔は有り余るほどにある。 ただ、彼は死んでしまったのだ。 後悔したところで何も変えられるわけではない。 だから、また同じような日々を暮らしていくしかない。 彼の、精一杯の【好き】を抱えて、生きていく。



「またな。」

またいつかどこかで

Page:1 2 3 4



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。