BL・GL小説 (オリジナルで全年齢対象のみ)

すとぷりつめつめ
日時: 2019/05/19 20:39
名前: ころちゃん

ここではすとぷりのカップリングが出ます。すとぷりを汚さないで!って人は即座にGoogle、browserをお閉じ下さい。ころん受け出ます。さとりーぬでます。ジェルななでます。その他でます。
このようなカップリングが嫌な人も((ry
上のことを全てOKという人は下へ。
よろしくお願いします。

Page:1 2 3



Re: すとぷりつめつめ ( No.9 )
日時: 2019/05/11 10:36
名前: 佐藤。さん

うっわあああっ!!
すっごい良い作品ですね!最高です!こちらのお話も見てくれてありがとうございます!

Re: すとぷりつめつめ ( No.10 )
日時: 2019/05/13 15:55
名前: ころちゃん

あ、佐藤。さん!みてくれたんですねー!有難うございます!こんな作品ですが、楽しんでいただけて何よりです!

Re: すとぷりつめつめ ( No.14 )
日時: 2019/05/17 21:36
名前: ころちゃん

ちょっと暇つぶしに書く。紫青黄青。紫と青、付き合ってます。みんなに隠してます。
地雷は回れ右!前にも言いましたけど青受け好きだから沢山書きまーす!
ななもりside
ただ今、すとぷりハウスにて会議中でございます。
ななもり「では!すとぷり会議終わりー!またかまそー!!!」
すとぷり会議がやっと終わり、俺はころんに話しかける。
ななもり「なぁころんー。」
ころん「あ、なー君!ちょっと待っててー。」
なんだろう?と思っていたら冷凍庫のアイスを取りに行ったようだった。そこで同じようにアイスを取りに行ったるぅとくんに話しかけられていた。
ころん「あ、なー君、後でるぅとくんの部屋行くねー?」
ななもり「もっとかまそーよー。」
ころん「ごめんねー?後でたっくさん遊ぼうね!」
ななもり「ん”ん”///」
可愛いから許す。
あ、皆さん。もちろん俺はやり取りを見とくよー?だってるぅとくんって俺の恋敵だし。何するか分からないから見とく。

ころんside
ころん「じゃあなー君!行ってくるね!!」
僕はわざとあざとく笑う。すると、
ななもり「がわ”い”い”/////」
とね、なー君、言ってるんですよ。そんななー君も好きー!


ころん「ころんでーす!るぅとくんー?」
るぅと「あ、ころちゃん!入って下さい!」
ころん「るぅとくんー?今さー。そこのドアの窓?みたいなのから覗いてるけどさー。」
るぅと「?」
ころん「るぅとくんの部屋って汚いねーw」
るぅと「別に入って確認すればいいじゃないですか!」


ななもりside
んー?最初は普通にゲームしてるなー。声聞こえないから何話してるのか分からない笑


俺は暇なのでゲームでもしながら待ってると、なんか、るぅとくんのころんへのボディタッチが多くなってる。しばらく放置してると。るぅとくん、告白してた。なんか、雰囲気で分かる。ころん、拒否してるな。良かった。そしたらるぅとくん、あいつころんにキスしようとしてる。急いでドアを開けようとするも、いつの間にか鍵掛けてある。あいつぅ………ドアに耳を澄ますと…ころんの声が。以外にもハッキリと。
ころん「るぅとくん!ふっ…///やめ…//あぅっ///」
ころん「僕には…///なー君が///いる…から!!」
るぅと「なー君に見られてますよ。」
俺の名前が出てきて、俺がいることをバラされた。
ころん「!?な、なーくん…///」
るぅと「なー君、どうですか?」
そう言ってるぅとくんは鍵を開ける。
ガチャ!
ななもり「あ”?てめぇ、人の彼女に何を…」
るぅと「はい?そんなの聞いてませんよ?」
ころん「もう、いーからさ、これはね、るぅとくん!お前が悪いー!!」
るぅと「ころちゃんが言うんだったら…ごめんなさい。」


ななもり「ころん、大丈夫だったか?」
ころん「うん。大丈夫だよ。」
ころん「あのさ、なーくん。」
ななもり「なに?」
ころん「あのさ、るぅとくんのに、上書きして///?」
ななもり「っ///覚悟しとけよ…///」
END
るぅとくんが凄い可哀想なお話。ごめんねー?

Re: すとぷりつめつめ ( No.15 )
日時: 2019/05/19 20:15
名前: ころちゃん

僕の幼馴染(新しいシリーズ)
設定 学パロ
ころん (女)
高校2年。幼馴染のるぅとが居る。
全然るぅとを異性として見ていない。それでも親の勝手で結婚しないといけない。
天然タラシ。低身長。黙ってたら美人。うるさい。
るぅと (男)
高校1年。幼馴染のころんが居る。
めっちゃころんの事を好き。かなり重症である。
顔はすごいイケメンなのに声が可愛い。皆がるぅとはころんが好きという事を知っていて応援している。
さとみ (男)
ころんと同じクラス。
小学生から同じで、ころんと親友。密かにころんを好きでいる。
顔はイケメンだしイケボで完璧だが、口を開けば下ネタばかり。残念なイケメン。よく一目惚れされるが、すぐに引かれる。

Re: すとぷりつめつめ ( No.16 )
日時: 2019/05/19 21:05
名前: ころちゃん

僕の幼馴染1
ころんside
ころん母「ころんー!るぅとくん来てるわよー!!」
ころん「んー!待ってねー!今着替えてるー!」
毎日幼馴染のるぅちゃんは、僕を迎えに来てくれる。え?なんで僕って言うかだって?うーん…なんとなく?


るぅと「もう!ころちゃん遅い!」
ころん「ごめんごめんw」
いつも僕は寝坊するので、いつもるぅちゃんに怒られる。
るぅと「そんなとこも好きですが。」
そう、毎日のように行ってくるんだよー?
ころん「もー!またるぅちゃんはそんなこと言ってー!」
だから僕は毎日のように軽く流す。
るぅと「ほんとですよー?」
ころん「あははw」


るぅと「ではころちゃん、教室まで覚えてますよね?行ってらっしゃいー!」
ころん「もー!またからかうの?wwwwww」
毎日からかってくるるぅちゃん。うぜぇー!!
るぅと「好きですよー!!ころちゃんー!!」
ころん「恥ずかしいから辞めてー!」






やっと嫌いな授業が終わり、るぅちゃんに会う。
ころん「あ”ー!!だるかったー!」
るぅと「可愛いですね。好k」
ぴかぁー!と周りが光る。僕自身は眩しくなかったが僕の体に違和感を覚える。元々短かった髪がるぅちゃん並に短くなる。少し肩幅が広くなり、体の丸みが減る。胸が無くなる。(最初からないけどね)そして何より、あそこにアレが着いた。
るぅと「ころちゃん!だいじょ…う…ぶ?」
ころん「えっ…えっ?!僕…」
るぅと「めっちゃ可愛いけどイケメン。」
ころん「男になっちゃった。」
うわぁぁぁー!!と、僕の叫び声が聞こえる。僕は一体どうなってしまうのだろう。
るぅと「男になっても僕はころちゃんが好きです。」
続く

Page:1 2 3



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。