BL・GL小説 (オリジナルで全年齢対象のみ)

浪漫なんぞ無くても良い
日時: 2019/06/09 13:17
名前: 千葉サトエ

 こつん。
 窓に何かがぶつかる音がした。
 ベッドから体を起こし、窓を開けて外を見るが、誰もいない。
「おい、こっちだ。下だよ、下」
 声に従って窓の桟の下を覗くとうずくまる様にした人影がひとつあった。
 「勇次郎。何してるんですか、そんな所で」
 そう声を掛けると、人影はもぞもぞと動いて立ち上がった。
 学生帽に学生服。
 少し汚れた黒髪を手で払う顔立ちはまだ幼い。
「何って、あんたに会いに来たんだ。相変わらず、別嬪だよなぁ」
 そう口にするのは何時もの事で、勇次郎は週に二、三回必ずこの屋敷を訪れる。
 どうやら私に惚れている様なのだが、私はこの子と付き合えない。
 まず、体が弱すぎる。その次に、私はー
「今日はな、綺麗な石を見つけたんだ。ほら、綺麗だろ。あんたが何時も手首に巻いてる飾り紐と同じ色だ。」
 そう言いながら綺麗な淡い緑の石を手渡してくる。
「まぁ、確かに綺麗ですね。でも、私はこんな物で貴方になびいたりしませんよ。貴方も懲りませんねぇ。毎回言ってるじゃないですか」
 もっと価値が無くちゃ、と言うと勇次郎は笑いながら「まだ学生なんだ、仕方ないだろ。それに何時か価値のあるもん持ってくるからな」と言ってくる。
 勇次郎の言葉に調子を狂わされていると、不意に勇次郎が懐から時計を取り出して慌てた。
「まずい、学校に行かねぇと」
 じゃあな、と言って彼は鞄を掴むと走っていってしまった。

 彼がくれた石ころを机の上の箱に仕舞っていると、ドアがとんとんと叩かれた。
 たぶん兄だろう
「清志、入るよ」
 兄はそう言うとドアを開けて入ってきた。
 短髪で細身の兄は、常に優しげな微笑みを湛えている。
 だが、机に乗った箱を見た途端笑みが消えた。
「清志、これは何だい?こんながらくたは捨てなさい。体に障るだろう」
 そう言うやいなや箱を掴んで塵箱に棄てようとした。
「待って、待って兄さん。捨てないでください。必ず、後で自分で捨てますから」
 そう頼むと兄はきつい視線を向けた後「そうかい。きっとだよ。約束を破るんじゃないよ」と優しく声を掛けてきた。
 「ああ、そうだ。健診の時間だから先生がいらしたよ。ちゃんと診てもらいなさい」
 そう言うと兄は部屋を後にした。
 その兄と入れ替わりで医師が入ってきた。
 中年の小肥りな医師で、幼少の頃から世話になっている。
 「うん、うん。ああ、これはもうオペラチオンしかないね。悪いところを切りはなそうね」
 と、左上半身にある痣を見ながら言ってきた。歳を重ねるに連れて大きくなった痣。
 それを、切りはなす?オペラチオン?
 「そんな、嫌です。皮膚を切り取るということでしょう。嫌です、そんなの。他の方法は無いのですか」
 医師は少し考える素振りを見せた後に、無いねぇ、と返してきた。

 健診が終わり、医師が出ていった。
 廊下で兄と話しているのが切れ切れだが聞こえる。
 オペ、早めに、後遺症、日時
 そんな単語が聞こえてきた
 ベッドの中で会話に耳を傾けているとドアがいきなり開いた。
「兄様、大丈夫?」
 妹だった。可愛らしいワンピースに身を包んでいる。
「ええ、兄様は平気ですよ。しのも心配しなくていいですからね」
 そう笑い掛けると、妹は笑顔になった。
「兄様、オペラチオンをすればすぐに良くなるって。廊下で哲志兄様と医師が言ってたよ」
 よかったねぇ、と笑いかける顔は暖かい気持ちにさせてくれる。
「そうですね。早く良くなって、しのと遊びたいです」
 そう言うと嬉しそうに妹は部屋から出ていった。

Page:1 2



Re: 浪漫なんぞ無くても良い ( No.2 )
日時: 2019/06/19 21:24
名前: 千葉サトエ

 まずは活動写真だ、といって勇次郎に連れていかれたのは小さな建物だった。
「おっさん、券を二枚くれ」
 何をすればいいのかわからず、勇次郎のやることを眺めていると、勇次郎が話し掛けたおじさんが
「あいよ、子供一枚に大人一枚ねぇ」
 と言った。
「違わい!俺は大人よ、子供じゃねぇっての」
「いんにゃ、子供じゃ子供。お前さんはまだ殻も取れてないお子様よ」
「んだと、このジジィ」
 このやりとりを聞いていると、思わず口許が緩んでいたらしい。
 言い合いを終えた勇次郎が不思議そうに顔を覗き込んできた。
 手には大人用の券が二枚握られている。
 結局、大人用をもらえたらしく、意気揚々と建物の中に入っていく勇次郎に続いて、中に入るとそこは真っ暗だった。
 思わず立ちすくんでいると、勇次郎が優しく手を引いてくれた。
 温かい掌だった。
 席に着くと前が光だした。前を見ていると、大きな布に写真が映し出されている。
 そして驚いたのが、その写真が動いていることだった。
 綺麗な女と男前な男が出てくる話だった。
 恋愛もので、最後には愛を誓いあって終わった。
 感動して建物を後にすると勇次郎が嬉しそうに話し掛けてきた。
「良い話だったな」
「そうですね。でも、どうしてアレを選んだんですか?」
「ん?いや、特に理由はねぇんだけどよ。あんたは、ああいうのが好きなのかもな、って思ったんだよ」
 照れ臭そうに地面を見ながら勇次郎は言った。
「確かに、面白かったです。で、これで終わりじゃないですよね?次は何処に行くんですか?」
「次?次はな、洋食屋に行こうと思ってんだ。良い店を知ってんだよ。付いてきな」
 そう言うと勇次郎は細い路地に入っていった。
 慌てて後を追うと、前から来た大柄な男とぶつかった。
「痛ってぇなぁ。姉ちゃん、ちゃんと前見て歩けや」
「す、すいません」
 急いで謝って勇次郎の元に行こうとすると、後ろから腕を強く掴まれた。
「おいおい、姉ちゃん。謝るだけで済むと思ってんのか?えぇ?」
 そう言って腕を捻りあげられる。
 激痛が腕に走った。
「痛いっ。放してください」
 そう言って暴れるが男との力の差は一目瞭然だった。
 激痛に耐えられず、思わず男を睨むと、そこにはニヤニヤと心底気持ちの悪い顔で笑っている顔があった。
 思わず下を向くと、顔を無理矢理上に向けられる。品定めをするように男が見つめてきた。
「ふぅん。姉ちゃん、なかなか可愛い顔してんなぁ。結構オレの好みだよ。だからその顔に免じて、ちょっとお願い聞いてくれるだけで許してやるよ」
 そう言いながら男の手が肩に触れる。着物を脱がせようとしているのが見なくてもわかった。

Re: 浪漫なんぞ無くても良い ( No.3 )
日時: 2019/06/30 13:51
名前: 千葉サトエ

 着物の前が開かれた。私は女ではない。だから、男が期待していたような胸もない。
 ーあるのは醜い、痣だけ。
「ね、やめてくださいと言ったでしょう。見ての通り私は男です。おまけに醜い。貴方が期待していたような女ではありません」
 そう目の前で呆然としている男に声を掛ける。
 男の顔はひきつり、目は汚いモノを見てしまったと言わんばかりだった。
 勝手に期待し、勝手に脱がせ、勝手に絶望する。阿呆らしい。そう感じた。
「気持ち悪ぃな。紛らわしいんだよ。女の格好しやがって。気持ち悪ぃ」
 すると突然、男は考えられる限りの罵倒の言葉を並べ立て始めた。
気持ち悪いという思いと、恥ずかしさがない混ぜになって男の顔は真っ赤になっている。
 最後には罵倒の言葉も尽きたのだろう、殴ろうとしてきた。
 男の太い筋肉質な腕が振り上げられる。
ーコワイ
 どんな罵倒の言葉も平気だった。だけど、殴られるのは怖い。恐怖で身がすくんで、目も閉じていた。
 ー怖い。恐い。こわい。誰か、助けて
「俺の連れに何してるんだ?おっちゃん」
 聞き慣れた声が路地に響いた。
 瞑っていた目をそっと開くと、勇次郎が目の前に立ち塞がっていた。
 細い両腕が男の腕を握りしめている。
「んだ、テメぇ。邪魔すんじゃねぇよ、関係ねぇだろが!」
「関係無いわけあるか!俺の連れにだって言ってんだろ!聞こえねぇのか?!」
 勇次郎が男に向かって怒鳴り付けた。
 普段の勇次郎からは想像出来ないほど大きな声で、男に怒鳴っていた。
 男は口を半開きにして勇次郎の怒鳴り声を聞いていた。
 流石に驚いたのだろう、この少年の体の何処から自分を越える大きさの声が出ているのだろう、と。
 私も多分同じような顔をしていたに違いない。
 暫く勇次郎は男に向かって、遠回しに傷つく言葉を浴びせかけていたが、男が悔しそうに口を歪めて立ち去ると怒鳴り声も止んだ。
「大丈夫だったか?置いていっちまって本当にすまなかった」
 私が着物を直していると、勇次郎が頭を下げてきた。
 彼は何も悪くないのに。それどころか、感謝されるべきなのに。
ーそして謝るべきなのは私なのに。
 私が男であることは、もうバレてしまった。あとは謝るしかない。
「いいえ、勇次郎。顔をあげて。私こそすみませんでした」
 意を決して声を出したのだが、最初の音は掠れて消えそうなくらい小さい。
 頭を下げる。地面に額がついた。石が当たって、痛い。
 それでも額を地面に押し当てていると、勇次郎の声が上から降ってきた。
「………なんで、あんたが謝るんだ?」
「だって、男であることを貴方にずっと隠していました。悪いことをしました。貴方が私を女だと思ってるのを良いことに………本当にすみませんでした」
 語尾が震える。怒っただろうか。嫌われただろうか。不安がとめどなく押し寄せてくる。
 ………返事が、ない。恐る恐る目だけを動かして勇次郎の顔を見ると、きょとんとしていた。
 まるで話を理解していない様な顔だった。
「なぁ、あんたさっきから何言ってんだ?」
「ですから、私が男だということを…」
 もう一度説明しようとすると、それを勇次郎の声が遮る。
「いや、それはもういいんだよ。そこじゃなくて、騙してたってどういうことだ?」
 ー俺はあんたが男だなんて、最初に会ったときから知ってたぜ?

Re: 浪漫なんぞ無くても良い ( No.4 )
日時: 2019/07/01 17:02
名前: 千葉サトエ

 え?最初に会った時から知っていた?
 どういうことかわからなかった。ずっと勇次郎は自分を女として見ているのだと思っていた。
 それなのに…………
「わかっていた…………ってどういうことですか?」
「そのまんまの意味だよ。あんたが男だってことはずっと前からわかってた」
 さも当たり前の様に勇次郎がそう告げる。
 でも、ならどうして。どうして勇次郎はあんなに、好きだとか綺麗だとか言ってきたのか。
 その言葉は普通男から女に向けられる言葉ではないのか。
「男が男を好きになるなんて…………有り得ない………」
 思わずそう口走っていた。
「おい、何言ってんだ」
 その声を聞いて、怒らせたかもしれないと思った。
 人の恋愛観念を否定したのだ。怒られても文句は言えない。殴られるのも………勇次郎なら耐えられる気がする
 だが、その後に続いたのは怒りの言葉でも拳でもなかった。
「男が男を好きになって何が悪い。そりゃあ、結婚も出来ねぇし子も産まれねぇ。だけどよ、好きになるのは、愛するのは、自由だろ?」
 続いたのは温かく優しい、愛の言葉だった。
「でも、幾ら愛していても周りが認めてくれません。それにきっと、男同士では映画の様な浪漫もない」
「認めてもらわなくたって構わねぇ。俺と相手が分かってりゃそれでいい。だから、あんたに分かるようにちゃんと伝えるな」

ー俺はあんたを愛してるよ。浪漫なんぞは無くても良い

 そう言う勇次郎の横顔は夕日に照らされて凛々しく輝いていた。
 まだ幼い少年の顔が凛々しく思える自分を可笑しく思いながらも勇次郎の言葉に誠意を持って返す。
「わかりました。今回は貴方の熱意に免じて、私も貴方を愛します。」
 我ながら素直じゃないと思う。でも、照れ臭くて素直になれないのだ。
 だから、手首から飾り紐を外して「私が居ない間も私を思っていてくださいね」そう言いながら勇次郎の手首に括る。
「これ、母の形見なんです」
 勇次郎の手首に結ばれた飾り紐を見ていたら不意に母について話したくなった。
「母は病気がちな人だったんです。何時も床に臥せっている人でした。でもね、手先が器用で優しくて。この飾り紐も床の中で作ってくれました。これは父には内緒だったんです。母が根を詰める詰めると病気が悪くなるって言うのが父の持論だったので。それでね『お父様には内緒よ』と悪戯っぽく笑うんです」
 貴方みたいに、とは恥ずかしくて言えなかった。
 でも、本当に勇次郎の笑い方は母に似てる。口角をほんの少し上げるだけなのに空気が明るくなる。
 後ろから背中をとんとん、と優しく叩かれた。
 勇次郎が背中を叩いてくれていた。
「あんた、頑張ってんだなぁ。今まで泣かなかったんだろ。好きなだけ泣けよ」
 何を言ってるのかと思って頬に手をやると温い水が指に触れた。
 気が付いたら顔を下に向けて泣いていた。
 後から後から涙が溢れてきた。
 母が死んだときさえも出てこなかった涙が八年越しで今更出てきた。
 八年分の涙が頬を伝って袴に、地面に染みを作っていく。
「泣きたいだけ泣けばいい。俺はアンタがオペしてる間もあんたを思ってるよ。忘れねぇ」
 だから大丈夫だ、と言うその声が優しくてまた泣けてきてしまった。
「ええ、私を助けてくれたんですから。貴方を信じてますよ」
 涙で声も掠れて湿っぽくて聞き取り辛かっただろうに、勇次郎は嬉しそうに微笑んだ。
 母に似たあの笑顔で。


 浪漫なんて無い一日だった。家の窓からで始まり路地の隅で終わった一日だった。
 でも、私は一つ貴方に伝えたい
ー浪漫なんぞは無くても良いー

Re: 浪漫なんぞ無くても良い ( No.5 )
日時: 2019/07/10 18:49
名前: ななし

素敵でした また書いてくださいな

Re: 浪漫なんぞ無くても良い ( No.6 )
日時: 2019/07/12 07:53
名前: 千葉サトエ

ななしさん、有り難うございます。嬉しい限りです。またいつか書こうと思います

Page:1 2



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。