BL・GL小説 (オリジナルで全年齢対象のみ)

龍神様の愛し子
日時: 2020/05/03 21:51
名前: るる鳥

──ねぇ、知ってる?

─何々?

──最近、ここらで龍っぽい物体が撮影されたニュース知ってるでしょ?

─あー!知ってるそれ!河川敷辺りでたまたま撮影されたんでしょ?その日は風もなくて、背景もちゃんと動いてたから本物の可能性が高いってあれでしょ?

──そうそう、それそれ!その同時刻、その周辺で炎が空中浮遊してたの知ってた?

─え、そうなの?!それは知らなかった…!最近そういうニュースが多いね、それで変な宗教団体とかも騒ぎ出しちゃって……。

──ねー!物騒な世の中になっちゃってまぁ……。
あ、そういえば……"彼奴"のtwu〇ttaの裏垢……見付けちゃったの!

─え、マジ!あの"漆黒の孤独者"と名高い彼の裏垢が……?!

──うん、そういう称号を持ってると信じてるのはあんただけだと思うよ。
まぁそれはいいとして……ヤバい内容見ちゃったんだよ、私…!

─えっ、何々教えて教えて妄想の糧にしたい。

──今一瞬私情が混じってなかった?ゲフンゲフン…この話は、うちらだけの秘密だよ?

─ガッテン承知でゴワス!

──何処の時代の人ですかアナータ?って、進まないな……えーとね…こしょこしょこしょこしょ

─………………………………マ?

──長い長い間が長い。
というか絞り出してそれだけしか出ないならアンタはもっと語彙力勉強しなさい勉強を。


キャイキャイ騒ぎながら、さも楽しそうに女子高生達は談笑を続けている。
そんな彼女たちの横を、噂話の中心にいる人物が通ったとは知らずに──。
これは、シリアス(嘘ですシリアルです)がてんこ盛りドタバタ恋愛コメディ(笑)の物語である。

◇◇◇

地味目な眼鏡男子(龍神)と勝気な熱血男子とのイチャラブ……ではなく、実は眼鏡君が受けという感じです。
攻めに見せかけた受けって……いいよね( ・́∀・̀)グヘヘ(おまわりさんこっちです)

さてさて遂に手を出してしまいました妖BL。
果たして今回は何日後まで更新がつづくでしょうか(KONAMI感)
作者は神です、神といっても全国のお父さんが頭を抱えるその一位に君臨する要素です。
ハゲそう。

そろそろアー〇ネイチャーに全国のハゲハゲ同盟の皆さんを連れて大名行列でも開きましょうか。

※この小説(笑)を書いている人は(一応)十代前半です。

注意点!!

・大体の読者の人は察してると思いますが、この小説はかーなーりふざけてます

・山なし谷なしの平坦な小説です(まるで作者の胸の様 ((殴

・掲示板のタイトル見て察してください(面倒臭い人)

・文才?そんなのうざい犬が吸い込んt殴((トビーさんすいません私を殴ってください

・煮詰めた砂糖を練乳の中に溶かしたくらいにはゲロ甘の愛され物です

・主人公(攻)(受)達が中々に可哀想(ただし書くのは楽しい)

・不定期更新です(ネタが尽きた)

以上の事がOKな仏様は是非ともゆっくりお読みください(*´ω`*)
それでは、よろしくお願いします!

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。