複雑・ファジー小説

〜闇の系譜〜(ミストリア編)【完結】
日時: 2017/08/18 17:57
名前: 狐
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel6/index.cgi?mode=view&no=16159

獣人の住む国ミストリアの次期召喚師、ファフリ。
召喚術の才が見出せず、父王に命を狙われることとなった彼女は、故郷を捨て、逃亡の旅に出るが……。

国を追われた彼女が背負う、残酷な運命とは──?

………………

はじめまして、あるいはこんにちは!狐と申します。
(※この度、銀竹に改名致しました!)

本作は、狐による創作小説〜闇の系譜〜の一作目です。
一部残酷な表現などありますので、苦手な方がいらっしゃいましたらご注意下さい。
コメント等は大歓迎です。して頂けたら飛び上がって喜びます(笑)

暇潰しにでも読んで頂ければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

………………

ぜーんぶ一気に読みたい方→ >>1-400

〜目次〜

†登場人物† >>1

†用語解説† >>2

†序章†『胎動』 >>3 >>6-9

†第一章†──安寧の終わり

第一話『隠伏』 >>10 >>13-16

第二話『殲滅』 >>17-19 >>22-30

第三話『策動』 >>35-46 >>52 >>55-58 >>67-68

†第二章†──邂逅せし者達

第一話『異郷』 >>71-79

第二話『果断』 >>80-93

第三話『隘路』 >>94-107 >>112-118

†第三章†──永遠たる塵滓

第一話『禍根』 >>119-137

第二話『慄然』 >>138-143 >>145-160

第三話『落魄』 >>161-186

†第四章†──対偶の召喚師

第一話『来訪』 >>187 >>190-225

第二話『慧眼』 >>226-237 >>240-243 >>245-251

第三話『偽装』 >>252-286

†第五章†──回帰せし運命

第一話『眩惑』 >>287-319

第二話『決意』 >>320-330

第三話『帰趨』 >>331-333 >>336-355

†終章†『光闇』 >>356-357 >>359

†あとがき† >>360

五分くらいで大体わかる〜闇の系譜〜(ミストリア編)第一〜三章 >>144

PV >>244

作者の自己満足あとがき




【その他の執筆もの】
・〜闇の系譜〜(サーフェリア編)《複ファ》
ミストリア編よりも前のお話。
幼少期より召喚師としての生を強いられてきた、ルーフェンを巡る物語。

・〜闇の系譜〜(外伝)《複ファ》
完全に狐の遊び場。〜闇の系譜〜の小話を載せております。

・〜可能性の魔法使い〜《複ファ》
月白鳥さん原作の作品を、銀竹が執筆させて頂いたものです。
可能性を操り、奇跡を起こす魔法使いたちの物語。
主人公は烏くんです。


【執筆予定のもの(いつになるやら(笑))】
・〜闇の系譜〜(アルファノル編)《複ファ》
ミストリア編後のお話。
闇精霊の統治者、召喚師エイリーンの思惑とは……?

・〜闇の系譜〜(ツインテルグ編)《複ファ》
〜闇の系譜〜、完結編。
ツインテルグの召喚師、グレアフォールによって、隔絶された国々、種族、そして召喚師の秘密が明かされる……!


………お客様………

夕陽さん
はるさん
カナタさん
Rさん
羽瑠さん
ヨモツカミさん
まどかさん
ゴマ猫さん
ルビーさん
四季さん
Garnetさん

【お知らせ】
・ミストリア編が、2014年の冬の大会で4位頂いておりました( ;∀;)
大会期間中ほぼ更新していなかったのにも関わらず、投票して下さった方がいたとは……本当に光栄です、ありがとうございます!

>>10 >>30 >>83 >>207にとりけらとぷすさんによる挿絵を掲載いたしました!
是非ご覧ください^^

・サーフェリア編が2016年の夏の大会で銅賞を頂きました!
投票してくださった皆様、ありがとうございます^^

・2014年1月6日〜2017年8月18日、ミストリア編完結いたしました!
約三年半、これまで応援して下さった方々、本当にありがとうございました!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70



Re: 〜闇の系譜〜(ミストリア編)【多分毎日更新】 ( No.360 )
日時: 2017/08/18 21:00
名前: 銀竹 ◆4K2rIREHbE
参照: http://www.kakiko.info/upload_bbs3/index.php?mode=image&file=600.jpg

〜あとがき〜


 皆様こんにちは!銀竹です。
ここまで読んで下さった方々、本当にありがとうございました。

 いやぁ……長かったですね(笑)
一度スマホの故障で、十万字のストックが全部消失したときは、どうしようかと思いましたが、無事完結できて良かったです(^o^;)

 兼作していたとはいえ、ミストリア編の執筆には、三年半も費やしてしまいました。
正直ミストリア編は、サーフェリア編を書く練習だ!程度の気持ちで始めたのですが、まさかこんなにがっつり執筆する羽目になるとは(白目)。
でも、こういう長編ものを、ちゃんと公開する形で書いたのは初めてだったので、すごく良い経験になりました(^^)
こうして続けられたのも、一重に応援して下さった皆様のお陰です。

 闇の系譜シリーズは、『厚みがあるけど分かりやすいファンタジー』を目指して書きました(笑)
とにかくくどい描写は削って、ぱぱっと書く。
でも登場人物たちの掘り下げとかはちゃんとしたい……。
そんな二つの目標に挟まれて、悩みつつ書いてきました。

 また、このミストリア編は、自分の中では、かなりの王道を突っ走ったつもりです。
ユーリッドもファフリも、まさに主人公!って感じの性格ですよね。
作中の台詞にも、結構綺麗事を出してます。
この展開を、読者さんが「うん、王道だね!」と捉えてくださったのか、「いやいや、こんな上手くいくわけないよ!」と捉えてくださったのかは、分かりません。
でも私の執筆ものは、結局こういう王道作品になることが多いと思います。
死人も出るし、公害問題とか差別問題とか扱っちゃいますが、結果的にはハッピーエンド。
サーフェリア編は、ハッピーエンドと言えるか怪しいところですが、基本的に頑張ってる登場人物を不幸にするような流れは苦手なので、最後は幸せになります。

 分かりやすさともう一つ、この作品でこだわったのは、種族によって概念が違う、というところです。
つまりミストリア編で言えば、人間と獣人は違うってところ。
例えば最後の展開、読者さんの中には、「ええっ、召喚師の力をファフリが見せつけただけで、他の獣人たち皆、従っちゃうの!? 最終的に暴力で解決!?」なんて思われた方がいるかもしれません。
でも、そうなんです。私の中の獣人は、暴力で解決なんです。
動物の世界は、弱肉強食ですから、強い者が正義なんです。
もちろん、ただの獣ではなく『獣人』ですから、あまりにぶっ飛んだ思考の持ち主が統治者になれば、不満を持つ者は出ます(キリスみたいにね)。
でも、基本的には強い奴が出てくると、「うおー! あいつすげー! 俺たちあいつに従うー!」的な感じで、ついていっちゃうんです。
なんていうか、単純。まさに脳筋って感じですけど、私はそれをイメージしてました。
しかし、サーフェリア(人間)じゃ、こうはいきません。
強力な力を持つ召喚師を、崇拝はしますが、やはりどこかで、「こいつは普通とは違う、異質だ」と敬遠する者達が現れます。
力だけで支配されるのも納得しないし、すぐ自分たちとは違う人間を差別し始めます。
だから、ルーフェンは国王の地位ではありませんよね。
教会とも対立しています。
精霊族に関しては、また別の機会に書ければと思いますが、これらのこだわりを読者さんがもし感じて下さっていたなら、私は本望です。

 今後はサーフェリア編と、長らくお待たせしてしまっている〜可能性の魔法使い〜、それと時々外伝を進めていきます。
あとはアルファノル編を、同時進行するかどうか迷い中です……。
もしこう進めてほしいとか、ご意見等があれば、寄せていただけると嬉しいです!

 ミストリア編は完結しましたが、この物語はシリーズものですから、サーフェリア編や外伝、アルファノル編、そして書くか分からないけどツインテルグ編とも繋がっている部分が沢山あります。
伏線もいっぱい。
ですから、一度読了して下さった方も、読み直して頂けたら感じるものが違ってくるかもしれません。
そうなったらいいな、という希望です(笑)

 最後に、ここまで読んで下さった方、感想を下さった方、挿絵を描いてくださったとりけらとぷすさん。
本当に本当にありがとうございました(*´ω`*)
出来の良し悪しはともかく、楽しく書けたので、私も満足してます!

 これからは、ルーフェンとトワリスを主人公としたサーフェリア編、アルファノル編と続いていきますので、もしよろしければ、読んで頂けると幸せです。
あとがきももう少し続きます(笑)

 それでは、皆様に感謝をこめて。
失礼しましたー!

銀竹

Re: 〜闇の系譜〜(ミストリア編)【完結】 ( No.361 )
日時: 2017/08/18 18:26
名前: ヨモツカミ

先ずはお疲れ様でした!
私が以前コメント残したのは3年前なんですね……タメ口でなんて内容の無い感想を書きやがるのか、今思うと自分を殴り飛ばしたいです(震え)
あの頃からアドラさんのこと好きだったんだなぁ。アドラさんは何処までも格好良かったです!最後のリディアの花が出たところで、アドラさんも好きだった花だ……てなんか泣きそうになってました。

ミストリア編、完結おめでとうございます。私は何度もこの小説を読んでいて泣きました!てか今も泣いてます。
何も知らないか弱い女の子だったファフリちゃんが、何度も辛い思いをして、逃げたくなってもミストリアの為に闘おうって……こんなに、こんなに立派になってっ。本当に良かったなぁ(´;ω;`)て思います。
なんていうか、ミストリア編は全体的に読んでいて懐かしい気持ちになれたんですよね。読んだことのあるファンタジーの物語なんてナルニアとハリーポッターくらいなんですけど、懐かいような、凄く温かい気持ちになれました。ファンタジー大好きなので凄く好きでしたし、読みやすくて、寝る前に読むと続きが気になってむしろ眠れなくなったりw

あと私、リークス王がファフリちゃんのことを愛してなかったわけじゃなくて、リークスさんは国の事を一番に考える上で止む終えずにファフリちゃんを殺そうとしただけで、最後の奇形化した状態でキリスにゃんさんとファフリちゃん達の前に現れたのは、最期まで王としての責務を果たした、というよりは父親としてファフリちゃんの前に現れたんだって、私はそう思いたいです。
ファフリちゃんは無事王女となり、ミストリアが平和になってよかった!それからエイリーンさんやルーフェンさん、グレアフォールさん達のお話も気になりますね!闇の系譜はまだまだ続くって感じで、今後の展開にもわくわくです!

なんだかもっと、ユーリッド君のマジなんだよこのイケメンとか、トワさんの活躍とか、ルーフェンさんの事とか、沢山言いたいことはあるのですが、上手く日本語で表せる気がしないのでツイッターで騒ぐだけにしておきますねw
本当にお疲れ様でした、こんな素敵な小説をありがとうございました!!!

〜闇の系譜〜(ミストリア編)【完結】 ( No.362 )
日時: 2017/08/18 19:56
名前: 銀竹 ◆4K2rIREHbE

>>358
Garnetさん

 お祝いのお言葉ありがとうございます(*´▽`*)
ここでは初めまして(笑)銀竹です!

 なんと、Garnetさんも2014年からカキコにいらしてたんですね^^
このミストリア編は2014年の1月から執筆しておりましたので、大体同じくらいのタイミング!
 こういったがっつりハイファンタジーは、苦手な方も多いでしょうし、実際小難しくなりがちなので、ちょっととっつきにくいですよね(笑)
あの水着のほたるちゃん&ファフリのイラストが、拙作の門を叩くきっかけとなったなら、私も描いて良かったなぁと思います(*´Д`)
そしてこうして、Garnetさんがミストリア編を読了して下さって、更にはコメントまで頂けたこと、本当に嬉しいです!
 第三章のゲスにゃんにゃんはなんかツボりましたw
あれ、最初にゲスにゃんって言い始めたの誰だ?(笑)

 外伝は、遊び感覚で書いてるのですが、本編と一緒に読むことで、登場人物たちにより感情移入して頂けるようになったのなら幸いです(*^^*)
赤ずきんパロも、ふざけるにもほどがあるだろって感じですが、面白いと感じて頂けたなら良かったです(笑)
外伝やサーフェリア編まで読んで下さるなんて、やはりGarnetさんは神様か……!?

 ファフリは、(料理の腕以外は)非の打ちどころがないくらいの可愛い系王道ヒロインを目指しました(*´▽`*)
女の子らしいけど、それだけじゃなくて芯の通った主人公。
気に入って下さって嬉しいです!(・´з`・)
沢山応援してくださって、Garnetさんのパワーもファフリに届いていると思います……!
今後はルートワが主体の物語になってきますが、アルファノル編でまたユーリッドとファフリが出てくるので、是非また応援してやって下さい♪
友達同士なんだか恋人同士なんだか、ていうかもはや夫婦なのか、よくわからないユーリッドとファフリですが、きっと生涯二人は仲良く在り続けることでしょう(*´ω`)

 イラスト下さるんですか……!?
わぁぁぁああぁありがとうございます!( ;∀;)
めっちゃ楽しみにしております!

 最後に、長編にも拘わらず、貴重なお時間を割いて拙作を読んで下さり、重ねて感謝申し上げます(*'▽')
今後も闇の系譜シリーズをよろしくお願い致します!
私もより一層精進いたしますね!

Re: 〜闇の系譜〜(ミストリア編)【完結】 ( No.363 )
日時: 2017/08/18 22:00
名前: 四季 ◆7ago4vfbe2

完結おめでとうございます!三年以上も執筆なさっていたのですね!
私はこのサイトへ来るようになってからまだそれほど経ちませんが、最初、「こんな大作もあるんだ!」と驚いたのを覚えています。まだ最後まで読みきれていませんが(すみません……)今から読ませていただきますね!
次回作も楽しみにしています!

Re: 〜闇の系譜〜(ミストリア編)【完結】 ( No.364 )
日時: 2017/08/19 17:25
名前: 銀竹 ◆4K2rIREHbE

>>361
ヨモツカミさん

 とてもご丁寧なコメント、ありがとうございます(*´▽`*)
ヨモツカミさんは、書き始めた当初からミストリア編を読んで下さってて、その頃からアドラさん推しでしたよね。
第五章で、アドラさんが再登場を果たしたのも、そういった読者さん、ヨモツカミさんたちのおかげです(笑)
 外伝に出てきたリディアの花に気づいて頂けたのも、とても嬉しいです♪
最後の花畑の場面でも、戴冠式の時でも、きっとアドラさんはユーリッドとファフリのことを天国から見守っていることでしょう^^

 拙作を読んで泣いて下さるなんて、本当にありがとうございます( ;∀;)
主人公(ユーリッドとファフリ)の成長物語って、王道でありがちなんですけど、やっぱりそういった展開の方が胸が熱くなりますし、古き良きって感じがしますよね^^
続きが気になって眠れないなんて、最高の褒め言葉です!

 リークス王に関しては、私が込めたメッセージを全部感じ取って下さって、感謝感激です!><
別に、リークス王も悪い奴じゃないんですよね。
国を背負って立つ者として、やはり非情にならなければならない時もあるでしょうし、実際、ファフリは召喚術の才云々以前に、優しすぎる部分があるので、王たる素質を見出せなかったんだと思います。
でもファフリが召喚術の才を継いでしまった以上、もう他に召喚師となりうる子は生まれないので、結果、殺すという選択肢を選ばざるを得なかったのでしょう。
 第五章、奇形化した場面でのリークスは、個人的には、「最期に国の守護者――召喚師としてキリスを討ち、そしてファフリを次の国王と認め、力尽きた」という設定で書きました。
召喚術が使えるようになっても、執拗にファフリの命を狙っていたリークスが、最期はキリスを殺しただけで何もしなかった。
これはやっぱり、この時の戦うファフリの姿を見て、彼女の中に王としての素質を認めたんじゃないかなぁと思います。
でもこの場面は、読者さんによって色々と感じて頂ければと考えてるので、単に「リークスはキリスに復讐して力尽きた」って捉えられたのだとしても、いいかなって思ってます(^^)

 ミストリアも、まだまだ問題は抱えてますが、今後はきっと良い方向に向かうでしょう^^
エイリーンとルーフェンがなんかこそこそと悪だくみしてますが、まあ基本はハッピーエンドの銀竹なので、大丈夫です(笑)

 自分で言うのもなんですが、ユーリッドは本当にイケメンですよねw
元々性格はよいですし、いずれ剣の腕も成長したら、非の打ち所がない男前になるんじゃないかと思います(*´ω`*)

 仰る通り、闇の系譜はまだまだ続くので、よろしければ今後も応援よろしくお願い致します!
こちらこそありがとうございました!(*^▽^*)


>>363
四季さん

 お祝いのコメントありがとうございます♪
そうなんです、なんだかんだで三年半もかかってしまいました……(笑)
ここまでの長編を書くのは私も初めてだったので、試行錯誤しながらの更新でしたが、お褒め頂けて良かったです(*´▽`*)

 いえいえ、読むというお言葉だけで充分嬉しいです^^
長いので、お時間ある時にご覧いただければ幸いです!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存