複雑・ファジー小説

ANIMA-勇者伝-【完結】
日時: 2014/12/23 17:00
名前: 愛深覚羅 ◆KQWBKjlV6o

 古くから残る書物が一つある。
それは神が誕生し、この世界が出来るまで、そして大きな事件まできっちりと書かれている。
 擦り切れた表紙からは魂の温かみを感じ、生きとし生ける者たちはそれを学び、記し、語って行く。
そう、これは歴史だ。
多くの者が血を流し、繁栄した時代に生きる影響者達の一生が描かれている。
そんな歴史書の数ページが何者かにより失われていた。空白の歴史が語る事実はなんだろうか?

その時――世界が動いたのだ。

◆◆◆◆
初めましての方は初めまして、そうでない方はありがとうございます愛深覚羅と申します
もう投稿して何回目でしょうか……懲りずにまたやって行きたいと思います
今回は王道ファンタジーを久々に書いて行こうと思ってます
そして今度もゆっくり更新ながら完結目指して頑張って行きたいと思います!
オリキャラも募集していますのでよければご参加ください

※御指摘・御要望があれば遠慮なく言ってやって下さい。

◆本編
登場人物/用語 >>4
プロローグ >>5

□第一章
第一話 不思議な黒猫リーブル >>23
第二話 樹の中に…… >>27 >>28 >>33
第三話 守る者達 >>37 >>40 >>41
第四話 出発の朝 >>46 >>54 >>55
第五話 桜は血を吸って美しく咲き誇る >>63 >>66 >>70
第六話 例えば…… >>71 >>74
第七話 笑顔 >>77 >>78
第八話 無邪気 >>86 >>95
第九話 藪の中 >>96 >>97
第十話 七色の蝶 >>101 >>106
第十一話 遭い会い逢い >>110 >>113 >>114 >>115
第十二話 魅入られる >>119 >>120 >>121
第十三話 犬猿の仲 >>125 >>129 >>130
第十四話 意味 >>135 >>140
第十五話 噂の真相 >>147 >>154 >>157
第十六話 彼はなんだ? >>160
第十七話 秘宝を賭けて >>163 >>167 >>168
第十八話 ここはどこですか? >>173 >>178 >>179
第十九話 家出少女と旅芸人 >>187 >>191 >>192
第二十話 強くなりたいか? >>197 >>201
第二十一話 怪盗と追いかけっこ >>202 >>203
第二十二話 怪盗の回答 >>204 >>205
第二十三話 道端 >>211 >>212 >>213
第二十四話 海へ! >>216 >>221
第二十五話 船の上の生活 >>224 >>232 >>233
第二十六話 幻の島ヒストリア島 >>236 >>237 >>243 >>246 >>252
第二十七話 いざ行かん、戦場の地へ >>255 >>259 >>260
第二十八話 放浪の末 >>264 >>270 >>275
第二十九話 エターナル王国へ >>276 >>277 >>278 >>279
第三十話 探し人、見つかる >>283 >>287
第三十一話 女王と国王 >>294 >>297
第三十二話 列車の旅 >>300 >>303 >>304 >>305
第三十三話 パルメキア王国の策略家 >>308 >>309 >>310
第三十四話 罠 >>313 >>317 >>318 >>321
第三十五話 対面 >>323
第三十六話 パルメキア王国の王女 >>324 >>325 >>326
第三十七話 合間 >>327 >>330 >>331 >>332
第三十八話 最前線基地 >>336
第三十九話 ゼルフ・ニーグラスと言う男 >>339 >>340
第四十話 終焉の狼煙 >>343
第四十一話 あの場所 >>344
第四十二話 戦後 >>345

□第二章

第四十三話 リベンジ >>367 >>368 >>369
第四十四話 ダンジョン探索 >>370 >>371 >>372
第四十五話 勝利の行方 >>375 >>376
第四十六話 伝説の魚人 >>381 >>382
第四十七話 噂の人魚 >>383 >>386 >>387
第四十八話 全ての元凶がそこに >>388 >>389 >>390 >>393 >>394
第四十九話 動く >>395
第五十話 走る >>396 >>397
第五十一話 レイヤル王国 >>401 >>402 >>403
第五十二話 世界を覆う >>406 >>407
第五十三話 意志と意思 >>410 >>411
第五十四話 境界線にある真実 >>412 >>413 >>414 >>415
第五十五話(最終話) 空白の歴史は動き始めた >>422 >>425 >>426 >>427

□エピローグ

とある国に伝わる歴史書 >>428

□特別番外編
EPISODE1 生命の息吹 >>349 >>350
EPISODE2 神々の…… >>355
EPISODE3 砂漠と恋の風 >>356 >>358
EPISODE4 桜吹雪 >>362
EPISODE5 幻と共に >>365

□お知らせ
>>348 >>366

□アトガキ
>>431

◆オリキャラ様

オリキャラ募集用紙 >>6

檸檬さん >>7 >>43 キコリさん >>8 芳美さん >>10
コッコさん >>11 >>25 >>34 >>42 >>44 >>61 >>72 >>99 >>108 >>149 >>158(仮) >>171 >>188
不死鳥 >>12 七竈さん >>13 010さん >>14
ばっちゃさん >>15 ブルーさん >>20 はるさん >>21
紫蘭さん>>24 大関さん >>29 凡さん >>49
モンスターさん >>52 calgamiさん >>56 >>174 >>175 トールさん >>58
モンブラン博士さん >>79 >>89 >>117 >>145 >>169
恒星風さん >>82 サニ。さん >>87 >>152 珈琲さん >>91

.オリキャラ募集一旦〆切です。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44



Re: ANIMA-勇者伝-【12/21更新】 ( No.428 )
日時: 2014/12/23 16:38
名前: 愛深覚羅 ◆KQWBKjlV6o

エピローグ とある国に伝わる歴史書

 グライトは目を覚ました。見慣れた暗闇。傍らには影ノ皇が立っている。
目の前に扉が現れた。黒猫がそこへ入っていく。黒猫に連れられた少年も。その景色をグライトと影ノ皇は後ろから見ていた。

「あそこか、テオがいると言う空間は」

影ノ皇はそう言って一歩踏み出す。すると扉は目の前に現れた。その奥にテオがいた。テオは相変わらず神木のような太い木の枝で昼寝をしている。
その呑気な姿をみて影ノ皇はため息を吐きだした。

「情けない」

影ノ皇はそう言って中へ入った。グライトも後に続く。
扉は二人を呑み込み閉じた。次に広がったのは木々がひしめく美しい空間だった。

 二人の気配を感じてテオは起き上がった。眠そうな表情と、くたびれた服は相変わらず、そのテオは不機嫌に目を細める。

「だれだ?」

次の瞬間には目を見開いていた。大粒の涙が一筋テオの頬を伝った。

「……やっと来たか。あっちはどうなった?」
「再生したよ」

グライトは一歩踏み出した。隣に居る影ノ皇に視線を送る。

「テオさん、彼が影ノ皇だよ」
「……あぁ、知っている。覚えている」

穏やかに微笑んだテオは口を動かし「ありがとう」と言った。グライトはほほ笑んで頷いた。

「送ってやるよ。あれからあちらへつなぐ道を創ってみたんだ。こっちとあっちじゃ時間が違うから、あっちでは一瞬だがこちらでは何年もたった。逆にこっちでは一瞬だがあちらでは何年もたっている事がある。……ほら、ここだよ」

テオは神木の幹を叩いた。そうすると黒い穴が現れる。奥の見えない穴だった。

「お前は俺の願いをかなえてくれた。だからお前にお礼をしたい。お前はここを通り過ぎた時、地位と名誉、そして財産を与えられるだろう」

テオはそう言ってグライトの背中を押した。黒い穴はグライトの驚きの顔を呑み込んで行く。最後に見た景色は、テオは影ノ皇に勝負を挑んでいた。



 穴を通りぬけた。そこでグライトは目を覚ます。キョロキョロとあたりを見渡すと、どう見てもあの何もない洞窟では無く、豪華な壁が広がっていた。
グライトは自分が座っている場所を見る。紅い、ふかふかの椅子だった。肘掛は金色でいずれにせよ豪華なのには変わりない。

「グライト!!」

驚きで言葉を失っていると誰かが腕に飛び込んできた。そのよく見慣れた金髪の髪は見慣れた頃より少し伸びていて、グライトが手を伸ばすと絹のようにさらさらと手から滑り落ちた。

「……どうしたの? 髪なんて触って……何かついてた?」

そう言った彼女は美しいドレスに身を包んでいて、少し大人びた顔だったが、無垢な色を残していた。

「ユーノ……」

グライトが名前を呼ぶとユーノはほほ笑んで首を傾げる。

「どうしたの?」

顔を覗きこむユーノは幸せそうだった。「いや……」グライトはそう言って言葉を濁す。

「それよりさ、グライト吉報だよ! ソラとセレリーが新しい国を創ったんだ!! グライトの協力があったおかげだって二人とも笑ってたよ。奴隷制度も廃止になって嬉しい事だらけだから、今日はその国でパーティーするんだって! 行くでしょ?
あと、お客さんが来てるよ。珍しい事にそのお客さんって言うのがさ、クウゴとミキで……なんか二人とも汚くなってたからお風呂に押し込んできた。もうすぐ来るんじゃないかなァ?
あとね、ライムが明日こっちに見えるんだって。手土産に向こうの土地でとれたワインを持ってきてくれるらしいよ。ほら、前に言ってたエアリィちゃんとルナちゃんも手伝ったんだって。嬉しいね! あとは〜……ッてグライト、聞いてる?」

ユーノは唖然とするグライトの顔を見て、訝しげに眉をハの字にする。

「……どうしたの? 今日のグライトへんだよ……ってえぇ!? グライト、なんで泣いてるの?」

驚いて慌てだすユーノ。グライトはその言葉に自分の頬を触ってみた。冷たい水がしょっぱくて、さらにあふれてくる。
その様子を見て慌てるユーノに向かって「なんでだろうね」と声をかけるグライト。テオが言っていた言葉を思い出し、合点がいった。

「もっと聞かせて、他の皆の事。これからの事とか」
「……う、うん。わかった。だから、泣かないでね?」

ユーノは心配しながらも話しだす。
それはもうすぐこの国で盛大にパーティーが開かれる事や、周辺の大陸の事、グライトの故郷の事、リュウがあれから謀反を起こし、父を倒しただとか、そしてあの洞窟であった事も――。

グライトはその話を頷きながら聞いていた。いつの間にか自分は様々な事に関わっていて、いつの間にか大きな問題は解決していた。自分は関わったらしいが、よくわからない。

自分がこちらに居なかった時間を考えるとざっと10年は経っていた。その間、自分は活動していたらしいがどういうことだろうか?
疑問に思っていると内側から声が聞こえた。影の声だ。影は言った。

私が手伝ってやった。

その言葉にギョッと驚く。まさか、人を殺したり、暴走したり……嫌な可能性が廻るが、全て影に否定された。影は勤めてグライトという人格を守ってくれたそうだ。
感謝を覚えお礼を告げるが影はそれっきり姿を見せない。

そうこうしている間にミキとクウゴが広間に入ってきた。ミキいわく大切にしていた歴史書が突然消えたとのことだ。また何処かへ旅立ったかもしれないとグライトの城の図書室を調べたいと言っていた。
その時は出てこなかったのだが、後々グライトの手元に現れた。その時空白のページは新しく造られていて、著作者「アルベラ・カガリ」となっていた。グライトは驚いて電報を出す。

「あ、そうだ」

グライトは駆けだした。書斎から抜け、ユーノを探す。ユーノはどうやら一緒にこの城に住んでいるらしい。

「ユーノ!」

ユーノがいたのは厨房だった。コックの人と親しげに話している彼女は、慌ただしく入ってきたグライトに驚き、返事をする。




――「好きだよ! 君が、好きだ。これからもずっと一緒に居てほしい。俺は不甲斐無いだろうけど、それでも君が好きだから……」――。




突然の告白にユーノは顔を真っ赤にして嬉しそうに綻び涙目になり、慌ててグライトを引っ張って厨房から出て行った。
コックはそんな二人を温かく見守っていたそうだ。

「バカ! 恥ずかしいでしょ、あんなところで……てかムードもないじゃん……」
「言っとかなきゃと思ってつい……」

ハハと情けなく笑うグライトは新鮮なユーノの反応にちょっと驚いていた。




――「もう! でもボクも好きだよ……ずっと一緒に居ていいなら、ずっと一緒に居たい」――。




恥ずかしそうにそう言ったユーノにグライトは笑いかけた。




 数日後結婚披露宴だということであちらこちらから人が集められた。もちろん友人である各大陸の彼らもだ。久しぶりに集まる皆は少し大人びていて、グライトはなんだか懐かしく思った。





≪終≫

Re: ANIMA-勇者伝-【12/21更新】 ( No.429 )
日時: 2014/12/23 16:44
名前: コッコ

完結おめでとうございます!グライト達の冒険が終わってしまうのは残念ですが楽しかったです。

Re: ANIMA-勇者伝-【完結】 ( No.430 )
日時: 2014/12/23 16:54
名前: 愛深覚羅 ◆KQWBKjlV6o

>>コッコさん
ありがとうございます!楽しんでいただけて嬉しい限りです。
また何処かのスレで!
重ね重ねですが、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。沢山キャラクターを応募していただき楽しませていただきました。

Re: ANIMA-勇者伝-【完結】 ( No.431 )
日時: 2014/12/23 16:59
名前: 愛深覚羅 ◆KQWBKjlV6o

□アトガキ

 こんにちは、こんばんは。愛深覚羅です。
「ANIMA-勇者伝-」終わりました!無事完結です!!ご愛読ありがとうございました!
長い間応援して下さった皆様には感謝感激雨霰でございます。
コメントとてもうれしかったです!にやにやしながら見てましたすみません。
亀更新で迷惑ばかりかけましたが、また新しいスレを立てた時はよろしくお願いします!

 今回は新しい人も多く新鮮なキャラクターが多くて、個人的にもっと活躍させたかったって言うのが反省です。
なかなか思い通りのキャラで無かったことは承知です。すみません。
でもありがとうございます。

 最後にまとまりのない文章でしたが読んでいただきありがとうございます。感謝してもしきれませんでした!
ではまた、愛想を尽かされていなければ!
さよなら。

Re: ANIMA-勇者伝-【完結】 ( No.432 )
日時: 2014/12/23 17:10
名前: サニ。 ◆6owQRz8NsM
参照: http://sp.nicovideo.jp/watch/sm11984141

完結おめでとうございます!
素晴らしい最後でした。
無事完結を迎えられて、私がホッとしてしまいました。
なんだか創作意欲が湧いてきます。
もしよければグライトくん夫婦のその後とか、ほかの大陸の人々のその後とかも見てみたいです(言うだけタダ)。

それでは、マケドニア大陸&ゼロニルコンビ製作者サニ。より、心からの気持ちを込めて、コメントをさせていただきました。
失礼しますっ!

Re: ANIMA-勇者伝-【完結】 ( No.433 )
日時: 2014/12/23 17:38
名前: 煙草

完結おめでとうございます!

エピローグでもユーノが活躍していて嬉しいです!ありがとうございます!
いやー、壮大な物語でしたね。僕もこんな感じで書ければいいのですけどw

Re: ANIMA-勇者伝-【完結】 ( No.434 )
日時: 2014/12/23 17:46
名前: モンブラン博士

愛深覚羅さんへ
ついに完結しましたか!一年間お疲れ様でした。とても楽しかったです!次回作も楽しみにしています!

Re: ANIMA-勇者伝-【完結】 ( No.435 )
日時: 2014/12/25 15:00
名前: 愛深覚羅 ◆KQWBKjlV6o

>>サニ。さん
読んでいただき、有難うございます!
無事完結を迎えられたのも応援があったおかげでございます!
グライト君達のその後は想像にお任せします笑
素晴らしく面白いキャラクターを委ねて下さり感謝してもしつくせません
もっと活躍させたかったのですが、何分文章能力が追い付かず申し訳ない事です
サニさんは新しい小説を始めたようで、ちらちらと影ながら応援させてもらっています!
執筆活動頑張ってください!私も知恵が浮かび次第新しいスレッドでも建てようかと検討しています
重ね重ねですが、最後まで読んで下さりありがとうございました!

>>煙草さん
応援ありがとうございました!
ユーノちゃんとてもいいアドバイサーで何度か助けていただきました!
そんなユーノちゃんの恋路を応援したく、最後にこのような形をとらせていただきました
告白シーンはもっと情熱的でいいセリフ回しが思いついたらよかったのですが、私にはこれが精一杯でした
実は二つほど最終話を用意していた中でこれが一番だったと言う裏話があります笑
ユーノちゃんのような魅力的なキャラクターを生み出した煙草さんならきっと私より素晴らしい文章が書けると思いますよ!
応援しています。お互い日々精進ですね!笑

>>モンブラン博士さん
最後まで応援ありがとうございます!
私の方はあまりそちらへ顔を見せていないのに、毎回コメント嬉しかったです!
一年間かけてやっと仕上がった作品ご堪能いただきましたでしょうか?
途中更新が途切れてしまったりもありましたが、なんとかここまでこぎつけました!それもこれも応援の声を頂いたからだと思います
次回作はまだ未定ですが、その時はよろしくお願いします!
たぶん書くならばオリキャラも募集すると思います
皆さまが投稿して下さったキャラクターが自分の手により動き、しゃべるのは毎度のことながら喜ばしく、楽しくなってきますからね!
また機会があれば会いましょう!

Re: ANIMA-勇者伝-【完結】 ( No.436 )
日時: 2014/12/25 16:17
名前: キコリ ◆yy6Pd8RHXs

アノヨカラ、ニゲテキタヨ>(°д°)≡3 |この世とあの世の境目|あの世

いーつのまにやら完結していた!?
というわけで一気に読破させていただきましたキコリでございます。

んー、終わってみると寂しいものですねw
1年の超大作って感じですね!
え? 三千世界? 僕の小説? いや、あの世から逃げてくるのに必死で(黙
それでも真面目な話、本当に死にそうだったんですよね僕。今はもう安泰との事ですが(^^;)

因みに愛深さんが気になってらっしゃる、僕について下さっている看護婦さんですが、ナイスなバディよりは顔立ちの綺麗さのほうが目立っていたりしますw
ですが、僕の看護婦さんって実は2人いて、日替わりで変わるんですよね……
もう1人のほうは只のオバサンですw
看護婦としての場数はそのオバサンの方がはるかに上のようですがw

完結おめでとうございます!
次回作があれば、またそのときはよろしくお願いします。

Re: ANIMA-勇者伝-【完結】 ( No.437 )
日時: 2014/12/26 22:07
名前: 愛深覚羅 ◆KQWBKjlV6o

>>キコリさん
生還おめでとうございます!!
そしてこちらはつい先日完結させてもらいました!
私的には寂しいと言うか嬉しいんですけどね!
一年かけて書いたわりには色々矛盾も出てくる頃ですが、読んでいただきありがとうございました

小説がんばってください笑
きっと待ってくれている読者の方々がいるはずですよ
とは言うものの入院していたのだから仕方がないですよね〜
今は何より体の健康を思って安静にしていてください
リハビリ小説始めたそうですのでそちらを影から応援させてもらいますね!

看護師さん顔お綺麗なのですね!
見てみたいですね〜私のイメージはおばさんのイメージが強いので笑
しかしやはりナイスバディの方が滾ります←
イヤラシイ意味では無いですよ!断固として違いますええ、違います
芸術性に富んでいて目の保養になると言う意味です

さて、長々と書かせていただきました
次回作は未定ですがその時はよろしくお願いいたしますね!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大4000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。