複雑・ファジー小説

デッドバスター 【完結】
日時: 2015/08/23 08:12
名前: KING ◆zZtIjrSPi.
参照: http://mb1.net4u.org/bbs/kakiko01/image/1643jpg.html

どうも、またまたKINGです。
今回もまた趣味丸出しの小説を書こうと思っています。
もうひとつの小説とともに頑張ります。あっちは週一か月一ペースで頑張ります!(更新は相変わらず亀ですが)
オリキャラ応募は話が進み次第募集します!
荒らしや中傷はまだ体験した時はありませんが、絶対に止めて下さい!


アンケート>>154


用語>>4  人物紹介>>7>>127
プロローグ>>1  オモカゲ  
No1.            一撃必殺>>5>>6
No2.            ヒーロー>>10>>13>>33
No3.            「さ」「い」「か」「い」>>53>>57
No4.            「瀬良隊」>>60>>61
No5.            本部基地へ>>62>>63
No6.           元エースVSしがないCランク隊員>>64>>67
No7.           お家大騒動>>68>>69>>70>>76
No8.           戦場の死神>>97>>100
No9.           黒と白の世界>>104>>112
No10.          想い>>113>>114
No11.          不穏な来訪者>>117>>118>>119
No12.          神光国家>>120>>136
No13.          かぐやと秀也>>137>>138>>139
No14.          切望のフリージア>>140-141
No15.          帝の日記>>142-143>>144
No16.           ここにいて>>145-146
No17.          最高戦力“トップエデン”>>151-152>>153
No18.          猫かぶり似非淑女>>159>>162-163
No19.          神話>>166>>169
No20.          悲しき記録>>170
No21.          覚悟>>172>>>>175
No22.          潜入開始>>178>>181
No23.          瀬良隊VSレオン・ミック>>182>>183>>188
No24.          不遇のラプソディ>>189-190
No25.          不器用>>191-192
No26.          凍てつく躰>>193-194
No27.          襲撃者>>195
No28.          悲劇の再来>>198
No29.          復讐>>199>>200
No30.          秘めたる思ひ>>201
No31.          実力者>>202>>203
No32.          月の剣>>204
No33.          勇者たち>>205
No34.          ラストバトル>>206
No35.          amazing aria>>207>>208
No36.          光の槍と帝>>212
No37.          司令官として>>217
No38.          事の末路>>224
No39.          意気地なしと天邪鬼>>225
No40.          コクハク>>226>>227
最終回            先導者>>228>>229
エピローグ          壊れることのない幸福>>230



番外編 >>103

夏希さんのイラスト  瀬良さん>>105 8年前>>124 かぐや(文字付)>>164 ナル姫さんのイラスト  聖&麗>>110  siyarudenさんのイラスト 雁渡さん>>147 西園寺>>179

Q&Aについて>>75
>>91>>92  >>93>>94  >>95-96  >>101-102  >>121-122  >>125-126 >>173-174

殲滅者紹介>>71
軽い人物紹介>>55>>72

■オリキャラ様
・三城隊
隊長 三城秀也
隊員 来栖 仁
   荒咲 美也子>>11

・瀬良隊
隊長 瀬良 怜音>>28
隊員 草薙 迅>>15
   薔薇園 麗>>46

・雁渡隊
隊長 雁渡 朔揶>>37
隊員 西園寺 零奈>>22
   陸奥 花江>>51

Bランク
神宮司 聖>>8
花京院 空悟>>39

Cランク
櫟 秋良>>21

・幹部者
残像虚無 レオン・ミック>>128
氷の主  イリヤ・シーリン>>130
月の剣  ゴットフリート・フォン・エルリックスハウゼン>>132
雷の羽衣 リム・アミラス>>134

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47



Re: デッドバスター  ( No.228 )
日時: 2015/08/16 20:50
名前: KING ◆zZtIjrSPi.
参照: あと2回で最終回!

―――あれから1か月後。
 かぐやと秀也のカップルは仁と美也子によって瞬く間に広がった。(そのあと秀也から厳罰正拳を受けたが)
 瀬良隊や雁渡隊や梶原さんにも祝福された。なぜか。
 聖は「あとのことは任せましたぁ……っ」と号泣していたし、櫟は楽しそうに聖にティッシュを渡していた。
 ただ、それだけのことであって変わらなかった。
 ただ、変わったのは――――……。





               最終回    先導者




――場所はバスター本基地屋上。

「本当に、行っちゃうのね」
「ああ、早くくじらが目覚める方法を見つけてやりたいんだ」

 変わるのは、郡司がバスター本基地から出て旅に出ること。
 彼は旅に出るような大きなリュックを背負っている。彼の目的は、未だ目覚めない、もしかするといつ目覚めるかわからない彼女を目覚めさせる方法を見つけるための旅だった。
 彼が旅に出るのは早朝で、誰も来ていない時間だった。
 郡司はこのことをかぐやにしか伝えていなかった。
 かぐやは寂しそうに郡司を見る。
 そんな彼女を見て困ったように笑うとくしゃくしゃと彼女の頭を豪快に撫でた。

「な、なにするのよ!髪の毛グシャグシャになっちゃうじゃない!」
「はっはっは。いやースマンスマン。……寂しそうな顔してたからさ」
「……別に、行くなら行きなさいよ。くじらが待ってるんじゃないの?」

 ムスッと拗ねたようにかぐやはそっぽを向く。
 そんな彼女を見て郡司は飄々といつもの笑みを浮かべているだけだ。

「……ああ。もう行くよ。あと、かぐやと秀也末永く幸せにな」
「言われなくてもよ」
「聖にもちゃんとかまってやれよ、アイツ結構寂しがり屋だからさ」
「……知ってるわよそんなこと」
「困ったら秀也や瀬良隊や雁渡隊に頼れよ。アイツらは頼りがいがあるから」
「そんな困ったことがあったら頼ってあげてもいいわよ……」
「仁と美也子と櫟はやりすぎるところがあるからな、ちゃんと調整してやれよ」
「わかってるわよ!!」

 大きな声でかぐやは叫ぶ。
 じゃないと、もう二度と会えなくなってしまうかもしれない彼の前で泣いてしまうかもしれない。
 だが、涙は目から零れ落ちる。

「やだもう……っ。よりによってアンタの前で泣くだなんて元エース失格じゃないの……!」
「……俺も、悲しい」

 いつもの飄々とした郡司ではない。
 本当で、真実ありのままの心情をさらけ出したような彼の声がかぐやの耳に入る。

「本当ならお前らとドンチャンやりたい。でも、俺はくじらが全てで、大好きだから。そのためならなんだってやってやりたい」
「……郡司……っ」

 ボロボロに泣くかぐやをそっと優しく抱きしめた。
 かぐやもしがみつくように彼の背中に手を回す。

「……でもさ、これが永遠の別れじゃない。きっと会えるから」
「……じゃないとっ……承知しないわよ……!」

 そっとかぐやから離れると、郡司は「じゃあ」と呟いてがっと飛び降りるために一歩を踏んだ。

「【またな】。かぐや」
「ちゃんと成果見つけてきなさいよ、バカ郡司!」
「―――ありがとう」

 そういうと、彼は高くジャンプして飛び降りた。
 彼の姿はあっという間に見えなくなった。

「……死んだら…許さないんだから……」

 泣きながらも、どこか笑っていたかぐや。
 そんな彼女の表情は誰にも知られることはなかった。

Re: デッドバスター  ( No.229 )
日時: 2015/08/19 20:26
名前: KING ◆zZtIjrSPi.
参照: 最終回!残るはエピローグ!

―――さらに、郡司がいなくなって1週間。
 日常は、本当の意味で戻ってきた。
 いくら神光国家を破壊したからと言って殲滅者が消えたわけではない。

「聖!右開いてるわよっ」
「すみません!……ぐっ」

 アパートから引っ越し、かぐやの兄、帝の遺産から一軒家を買ったかぐやの庭にて。
 聖とかぐやの特訓が行われていた。
 秀也はその様子を椅子に座って眺めている。
 カンカンと木刀の打ち合いでビシッとかぐやから右のわき腹に一本入る。
 悔しそうに聖は手足をバタバタさせた。

「くーやーしーいー!なんでかぐやさんから1本取れないんだよー!」
「それはお前にムラがありすぎるからだ」
「秀也さん!でも……」

 しゅん、とうなだれた様に首を垂れる聖。
 ふう、とかぐやは一息つくと彼の頭をぐしゃっと撫でた。

「アンタはまだ若いんだから焦らないの!これからなんだから、アンタは」
「は、はい!よーし、頑張るぞ」

 かぐやの言葉にフン!と意気込む聖。
 かぐやはジュースを飲みながら聖に告げる。

「聖―。午後からまた再開するわよー特訓」
「もちろんです!」
「……二人っきりになれると思うなよ」
「ショ、ショウチシテマス」

 かぐやが玄関へ向かった瞬間、秀也の鬼のような怒気が飛ぶ。
 その怒気に逆らえない聖はカクカクとロボットのように固くなり、畏まった。






「はー、暑い。もう夏かー……」

 燦々と照りつける太陽を見上げながらかぐやは長くため息をつく。

「打ち水でもしようかしら」

 そう呟き、近くにあった桶を採ろうとした瞬間、何かがぶつかったような感触がした。

「ひゃあっ」
「わあっ」

 コロンっと何かが転んだ。
 まじまじとそれを見つめると、ぶつかったのは9歳ぐらいの幼い少年。
 どこか不思議なオレンジ色の髪に綺麗な紫色の目の幼い少年。
 少年はかぐやの顔を見るなりスクッと立ち上がってビシッと背筋を伸ばした。

「あ、あの!竜堂かぐやさんですか!?俺に、戦い方を教えてください!俺、殲滅者と戦える方法を知りたいんです!」
「そ、そうよ。行き成り何で……」

 急に言われたその言葉。
 思わず面喰ったように目を見開くかぐや。
 豆鉄砲でも受けたような表情だった。
 だが、幼いながらも真剣な少年の顔にどこか見覚えがあって。
 思わずプッと吹き出していた。

「……いいわよ!そのかわり幾らあんたが小さいからって容赦はしないわ。頑張ってついてくることね」
「はい!」

 キラキラと目を輝かせる少年。
 そんな少年をみてかぐやは気が付いた。
 嗚呼、かつての自分なのだと。
 兄を尊敬していた自分とそっくりなのだと。

「ついてきなさい!」

 そう言って後ろを振り向き、少年に手招きする。
 何かを思い出したようにかぐやは少年に問う。

「アンタ、名前は?」
「――有人(ありと)!王城有人(おうじょうありと)です!」

 嬉しそうに幼き少年――有人は言う。
 そしてかぐやは思わざるを得なかった。

――これからも、今もずっと若きものが世界を救う。
 だから自分たちが先導者にならないと、と。



         デッドバスター    finish!

Re: デッドバスター  ( No.230 )
日時: 2015/08/22 13:26
名前: KING ◆zZtIjrSPi.
参照: 最終回!!!!明日に後書きをかきます。

――――3年後―――



「へぇ、またお墓参り行ってたんですか」
「また、じゃねぇよ。お盆と彼岸の日だけだ」

――――キィィィィ……。
 花京院が空港から姿を現す。
 トランクを引きずりながらクールに歩く彼を少しからかう様に、櫟が近寄ってきた。
 そんな彼を鬱陶しそうに花京院は睨みつける。

「……リムの故郷がフランスだからな。祖国に、両親のとこに埋めてやったほうがいいだろうと思ってな」
「恋人だもんね〜」

 軽口を飛ばした瞬間、ゴツン!と櫟の頭に花京院の拳骨が飛ぶ。
 あきれたように彼はため息をついた。

「くだらねえこと言ってんじゃねえ。さっさと行くぞ」
「やーっぱり。手紙やメールでは何だかんだ言ってたくせに、行くんだ。【あの2人】の結婚式」
「……うるせぇ」

 そう言った花京院はどこか楽しげだった。




エピローグ    壊れることのない幸福




「……櫟…遅い……。もう花嫁と花婿着替えているのよ……」
「まぁまぁ、霊奈。そう言わずに。櫟もしっかり花京院さんを連れてきてくれたんだしさ」

 花京院と櫟が式場につくと、静かにだがゆっくりと怒りを見せる西園寺の姿があった。
 そんな彼女を宥めるように花江は彼女の肩に手を置いた。
 2人の姿はいつもの戦闘服ではなく、式に合った正装をしていた。
 彼女たちだけではない。
 雁渡や瀬良隊、聖までもが正装をしていた。

「うう……っ。ぐすっ……」
「泣くな聖!祝ってやろうじゃないか。彼女らの晴れ舞台を」
「はいいい……」

 聖の目から涙があふれる。
 それを元気づける梶原。
 だが聖の涙腺と止まることは知らない。
 聖だって男だ。大抵のことでは泣かないのだが、今回、今日は特別だった。
 なぜなら―――……。

「みんな!花嫁のほう、着替え終わったよ。すっごく綺麗だ」

 バタンと荘厳な赤い扉を雁渡しは思い切り開ける。
 彼女の表情からしてきっと「綺麗」というのは真実なのだろう。
 みんなそわそわしていた。
 それから間もなくない後、雁渡が開けた隣の扉も開いた。

「こっちも終わったぞ」

 フーッとやり切ったような表情で瀬良・麗・草薙が出てくる。
 だが、やり切った感の瀬良とは真逆に麗と草薙は少しげっそりしていた。

「あ、アイツ……。部屋の物を壮大に壊したぞ」
「三城君って不器用だったんだなぁ、意外に。そのせいで体重減った気がする」
「女子か」

 コツン、と草薙は麗の頭に軽くチョップする。
 そして時計を見ながら瀬良は歩み出る。

「じゃあ、行くぞみんな。後はウエディングプランナーたちに任せて俺等は式内に行こう」

 みんなは、このときあえて新郎新婦の様子を見に行こうとはしなかった。
 式が始まってからの楽しみにしようと思ったからだ。







 わー!わー!と歓声が上がる。
 新郎新婦は外に出る。観客も外に出る。
 この行為は花嫁が花束を飛ばすのだ。
 次の幸せな花嫁に幸あれと―――……。

「秀也――!お姫様抱っこしろ!抱っこ!」
「かぐやちゃーん!こっちこっち!」

 騒がしくはやし立てるのは仁と美也子だった。
 この2人のうるささは3年前からずっと変わっていない。
 それを見越している秀也は敢えて怒鳴る。

「うるさい!言われなくても」
「ひゃあっ!行き成り過ぎるのよっ」
「大人しくしろ!」

 仁に言われた通り綺麗に着飾ったかぐやをお姫様抱っこする秀也。
 だか驚いたかぐやは反射的に彼の頬をつねった。

「もう!狙いが定まらないじゃない!」
「外すなよ、【三城かぐや】」
「……!わかってるわよ!誰だと思ってるの!?」

 挑発するような秀也の言葉に乗るようなかぐやの言葉。
 そして大きな歓声の中で両手で思い切りブーケを振りかざし――……。

「えいっ!」

 宙に放る。
 フワフワと、ゆっくり。
 特に女性陣が採ろうと必死になっていた。
 中でもすごいのは聖だった。

「かぐやさんが触ったブーケは俺のものだ―――!!」
「気迫が違う……!」
「出た、かぐやバカ」

 松○修造にも負けないぐらいの勢いでブーケに突っ込んでいくのは聖。
 それを見た花江と西園寺は呆れたような表情で見ていた。
 聖は勝利を確信した。
 ブーケは後5センチで掌に……。
 だが、その瞬間風が靡いた。

「あ――――!」

 それでも無理矢理ブーケを採ろうと必死だった聖の悲鳴。
 これは、ブーケを取れなかった悲鳴ではない。
 ある、人物に向けてのものだった。

「お。間に合ったみたいだな、秀也とかぐやの結婚式」

 ブーケを受け止め、さっそうと現れたのは……。

「郡司!」

 かぐやは思わず大きな声で叫ぶ。
 そんな彼女を見て郡司はニッと笑う。

「せっかく俺が来たんだ。パーティーはこれからだろ?」

Re: デッドバスター 【完結】 ( No.231 )
日時: 2015/08/23 20:03
名前: KING ◆zZtIjrSPi.
参照: 最終回!!!!

後書き




12月から連載を始めて約9か月。
修正した時間もあったとはいえ、半年以上描き切ったことに今感動と、読んでくださった皆様にとても感謝しています。
特に、オリキャらを恵んでくださった皆様やコメントをくれた読者様には本当に感謝しています。
今の私がいるのはあなたたちのおかげです。
一回は今までの作品みたいに打ち切りになってしまうのではないかと葛藤したり不安に会ったりもしましたが、皆様のコメントのおかげで心を入れ替えたりなどして、作品に打ち込むことができました。
自分のキャラクターや個性豊かなオリキャラをここまで動かせたのも初めてだったかもしれません。


まだまだ未熟な自分故、文章力が足りなかったり、誤字脱字があったりとダメダメな部分があったりもしました。
ですが、これでも最終回は自分の満足いくようにかけたのでよかったと思っています。
納得いかない部分もストーリー中にあったりもしましたが、総合的に見れば初完結作品としては自分的にいい出来だったと思います。


話しが変わって、作者であるKINGは只今大学受験中です。AO入試を受けるので試験は9月6日にあって、多忙です。
なので、次回作がその日まで作れない――というか、作れるのかもまだ未定です。
作れたとしたら主×主従ものか双子を主人公とした話になるでしょう。
作れたらいいなぁ……。と思いますけどねwww



ええと、それでは改めてこのデッドバスターを覗いてくださった皆様に感謝の気持ちを。
いつか、もしよかったら近いうちにまた皆様に会いたいです。
その時はどうかよろしくお願いします!

Re: デッドバスター 【完結】 ( No.232 )
日時: 2015/09/05 19:52
名前: KING ◆zZtIjrSPi.
参照: 次回作、近々発表。

大學の試験が終わり、合格かどうかはわかりませんが、とりあえず完結したのにもかかわらず参照5000ありがとうございます!
これも、応援してくださった皆様のおかげです!
本当にありがとうございます。


近々、新作も発表するのでよかったらご贔屓に^^

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。