複雑・ファジー小説

リーマン、異世界を駆ける【もう一つのエンド完結】
日時: 2015/09/06 13:33
名前: yesod

キーワード:ファンタジー 異世界トリップ 奴隷 基本ほのぼの たまにシリアス 獣人 ご都合主義
主人公がチート 一人称・視点切り替え


登場人物【詳しいことはこっち>>1 >>267



あらすじ:取引先へ向かう途中、トイレに行ったら異世界につながっていた…
鞄の中も四次元。中から無限に金貨が出せる!?これって・・・大富豪どころじゃない
・・・で、どーしよう
猫の奴隷を買い、リーマンは異世界の中でのんびりせかせか生きていく
第1章 ルチカside >>2-5 不思議な人との出会い
第2章 聖司side >>7-14  1千万の契約がパー  
第3章 ルチカside >>15-22 服を買いに行く
第4章 聖司side >>24-34  自称神と会う
第5章 サイトside >>35-42 新しい主人は黒い髪の男だった
第6章 セージside >>45-52 リーマン、家を買う
第7章 アーノルドside >>57-67 脱いだらすごかった
第8章 セージside >>74-85 脱いでもすごくないです
第9章 エリックside >>88-102 仕事<<<セージ
第10章セージside >>104-116  リーマン、ロリコン疑惑
閑話休題 翼side >>117    新たな家族
第11章 ルチカside >>118-125 セージ、倒れる
第12章 サイトside >>127-131 サイト、彼女ができる?
第13章 セージside >>132-137 セージ、サイトの邪魔をする
第14章 外伝    >>138-140 日本人女性、現る
第15章 セージside >>141-151 神様は沖縄旅行ナウ
第16章 リリナside >>152-157 指導者として悩む
閑話休題2 ルチカside >>158-159  出会いと別れ
第17章 セージside>>161-168 奴隷市場リベンジ
第18章 メルトside>>170-173 変わったご主人様
第19章 翼side >>174-176  未成年は飲酒禁止です
閑話休題3 エリックside >>177 新たな【奴隷】
第20章 レイラside >>180-195 リーマン、見合いをする
閑話休題4 神side >>196    君にもう一度会いたい
第21章 セージside >>199-213 悪夢、再び
第22章 ルチカside >>214-226 姫様のキスでリーマンは目覚めました
第23章 セージside >>228-233 リーマン、爆発しろ
第24章 エリックside >>235-240国王からの呼び出し
第25章 セージside >>242-251 やっと異世界を駆ける
閑話休題5 >>252-253     迷い
第26章 ルチカside >>254-257 新天地にて新しい生活
第27章 セージside >>258-263 リーマン、拉致し続ける
おまけ       >>264-267 登場人物紹介もあるよ
第28章 カスパルside>>268-272 和平を結ぶために
終章   セージside >>276-287
Epilogue ???side >>288

* 
完結しました。
皆様、ありがとうございます
いろいろお伝えしたいことがあるので、後日詳細を書こうと思います。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63



Re: リーマン、異世界を駆ける【もう一つのエンド 更新中】 ( No.309 )
日時: 2015/09/01 21:20
名前: yesod

神は言った。
「まあ、今日ぐらいはゆっくりしなよ。・・・・・・奥さんと一緒に」
神の視線の先をみると、いつの間にかルチカがそこにいた。
出会ったときの姿そのままだ。
「セージ様ぁ!」
視線が合うと、ルチカは泣きそうな顔になる。すぐに俺のほうに駆け寄って抱きついた。
突然のことで感情が入り乱れて整理ができない。
もしかしたら偽物かもしれないという思考が一瞬頭をよぎったが、魂は本物だとわかった。
俺もルチカを抱き締め、ルチカの頭に顔を埋める。
「ルチカ・・・・・・生まれ変わったんじゃないのか」
「ううん、神様がずっと一緒にいていいって言ってくれたの」
あいつがあんなこと言うのか?
普通、神は個人の我が儘は聞かない。
でも、ルチカを直接肌で感じたことによって、俺の心は太陽の光のように暖かくなった。
やはりルチカの存在は俺にとって大きい。
「待っていてくれたんだな、ありがとう」
嫌な視線を感じて顔を上げると、神はニヤニヤして言う。
「明日からキッチリ働いて貰うからね」
全く・・・・・・いいことも悪いこともなんでも突然すぎるだろ。

しかし、神が言ったことには裏がある。
ルチカを人質にとったということだ。
俺が神が言うことに拒否したり、変な動きをしたら、ルチカに何かある。
しばらくあいつの言いなりにならないといけないのか・・・・・・。
だが、俺もいつまでもこの状況でいるつもりはない。

Re: リーマン、異世界を駆ける【もう一つのエンド 更新中】 ( No.310 )
日時: 2015/09/03 19:47
名前: yesod

それから神の下で働いて数年たつ。
神は普段からほとんど仕事しない。やることをさっさと終えたら、あとはどこかに遊びにいく。
実質俺が神の仕事の大部分をこなしている。
神が統治している世界の管理をしている。
主な仕事は死んだ奴等の魂の管理や秩序の統制だ。
滅多にないことだが、秩序が崩れそうな世界の住民に直接警告をだすこともある。
聞き入れてくれない場合もあるが。

俺は力を高めることと他の神と連携をとるようにした。
一目置かれる存在になれば、俺もルチカも簡単に消されないだろうと思ったからだ。
あいつもそうだが、他の神もくせ者だらけだ。
そして、あいつは俺をネツァクの後継者にするつもりはないことがわかった。
あいつとその1つ上の神と仲が悪い。神たちの間でも有名だ。
恐らくあいつはその神を蹴落として、俺を後継者にするつもりだ。
俺が死ぬ前に何をしたのかわからないが、その神はかなり荒れて自暴自棄になっている。なぜか俺にやたら突っかかってくるから避けている。
今とは違い、昔はまじめで完璧主義者だったという。
その神が治めている世界が次々崩壊しているようだ。その結果、降格が決まっている。
その世界に住んでいる人たちの絶望しきった顔を見ると、胸がとても痛む。

気に入らない者を蹴落とし、排除しようとするあいつが許せなかった。

Re: リーマン、異世界を駆ける【もう一つのエンド 更新中】 ( No.311 )
日時: 2015/09/06 13:32
名前: yesod

ルチカを仕事に連れていかないことにしている。
危険な目にあわせたくないのと公私混同したくないのもあるが、こんな酷い世界を見せたくないのが一番の理由だ。
地球だけでなく、あちこちの世界で悲しいことが起こる。そして神は大抵のことは手を出さないように言われている。
ルチカに見せられるようななまともな世界はハポネぐらいじゃないか?
時々連日で仕事をしているときもあるから、寂しい思いをさせて申し訳なく思っている。
だから日本の労働基準法に乗っ取って週に2回仕事を休むことにしている。
休みの日は大抵二人でのんびり暮らしてしているが、時々旅行にいったりしている。
神はここは日本じゃないからとか、なんやかんや文句を言ってるが週に2回ぐらいは働けよ。
こっちはタダ働きだぞ

そして、今日はその休みの一日目だ。
「ルチカ、見せたいものがある」
ルチカにビンをいくつか見せた。
ビンの中には赤や青の水が入っており、キラキラした粉のようなものが入っているものもあった。
ルチカはそれを目を輝かせて見る。
「わあ、きれい・・・・・・。これ、なぁに?」
「新しい世界の・・・・・・卵みたいなものだな」
神から世界の作り方を教えてもらい、それをもとに世界を作っている。
これ、かなり難しいんだ。
条件が揃わないと、水が腐るし。
生物ができるのは至難の技だ。
ルチカは水色の水が入ったビンに興味を示したのか、じっと見ている。
「これが世界?地球と全然違うよ」
「ちゃんとできたら、ビンから出して重力で球体になる」
つまり、ビンは卵の殻のようなもの。ここまで作るのに、何度も失敗した。
ルチカはビンから視線を外し、俺のほうを見ている。
「これがセージ様が創った世界なのね」
「うん。ここにハポネの人たちの魂も住ませるつもりだ」
前世、俺が出会った人達。
彼らと暮らした時間は大切な思い出だ。
彼らから学んだことはたくさんあった。
これからその恩返しだ。どれぐらい先になるかはわからないけど。
神は「死んだ人達の魂は適当な場所に生まれ変わらせた」という。
どこに生まれ変わらせたのか教えてくれないから、探さないといけないだろうなあ。
ルチカと同じ瞳の色をしている青い水が入っているビン。これがうまく出来たらと思う。

うまくできたら、俺たちも一緒に住もうな、ルチカ。
俺は背後からルチカを抱き締めた。

ぷつぷつと云いながら ( No.312 )
日時: 2015/09/06 14:26
名前: 佐渡林檎

 リーマンが更新されていると疾風の如く見に来る佐渡です(五月蠅いですね)。

 セージさんが創る世界が楽しみとともに、また別れた方々と出会えるなんてとても嬉しく思いました。魂……には記憶は無いのかな。セージさんは相変わらず勤労の徒ですね(笑)

 どうでもいいのですが未だセージさんの顔を思いつかない自分です。どの顔も当てはまらない……。うーむ、何でだ。


 募集するのでしたら、募集シートを作っては如何でしょうか?? 
 ……すみません偉そうに……。でも、その企画とても楽しみです。

 えみりあさんの描いたルチカちゃんがとても可愛くて癒された佐渡です(自分の想像と同じで嬉しかったです)。

 唐突に思ったのは誠司さんがいなくなった世界では、どうなっているんですかね……。凄いニュースになってそう。

 これからも忙しいとは思いますが、頑張って下さい。更新を楽しみにしております。


 

Re: リーマン、異世界を駆ける【もう一つのエンド完結】 ( No.313 )
日時: 2015/09/06 15:40
名前: yesod

佐渡林檎さん
さっそくのコメントありがとうございます…!
こっちのエンドはもともと考えていたやつです。
更新はどうしようかと考え、セージが死んだらとりあえず終わろうと考えていました。
結局、こちらのエンドも世に出したという経緯があります。

セージさんは苦労人です。
本人はドライと言ってますが、ドライであるのは特に仲が良くない人に対してだけ(日本では親でさえ心を開かなかった)
役に立たないと思ったら、すぐに切り捨てます。
仲間にあーだこーだ言われたら「うるせーな!」ってブツブツ言いながら何かしてくれます

顔は・・・うん、作者さえ思い浮かばない
ファイアーエムブレム(聖魔)のカイルでいいんじゃないかと雑なことを考えています。
生まれ変わったら、記憶は消えています。
魂の本質だけは同じなので、わかっているのはセージさんだけになります

その後のハポネのことは考えたことがあるんですけど、
自分の頭の中だとアレなことになりそうで・・・^^;
すごいニュースになったのは確かで、葬式は1週間ぐらい世界中で行われたようです。

ありがとうございます。また更新したらよろしくお願いします

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。