複雑・ファジー小説

猫と犬の獣道【☆オリキャラ募集中@基本採用】
日時: 2015/06/01 20:58
名前: ネギトロ丼

 「またしても勝者はライオネット!!! 29連勝だ!!!」
 次の獣王を決める獣王祭。
 適当に穴を掘られただけの雑多な円形のステージの中にいたのは、29の死体とたてがみを逆立てた獣族の男がひとり。
 獣王はこいつで決まりだろう、と誰もが思った。

 「百獣の王だ。あいつに勝てるのはいねぇ」
 「あのパンチをくらったら即死だ」
 「おい、また挑戦者が出たぞ!」
 どうやらまた死体が増えるらしい。
 どんな挑戦者だろうと気になるが、前に観客が溢れかえって何も見えない。
 俺は前に立っていた狐の男の上によじ登った。
 「おい小僧、乗るんじゃねーよ」
 「ハハハ、ちょっとだけ許してよ」

 挑戦者は黒いまだら模様の耳と尻尾をつけたヒョウ系の獣族だった。観客席から飛び降り、ライオネットの前に立つ。
 「決闘を申し込む」
 「ほほーう、俺様に挑もうってか? 死体が30になるな」
 ガハハ、とライオネットは笑い、ヒョウの男を睨みつけた。
 「名前は何だ」
 「いや、名前は無いんだ。とりあえずレパードって呼んでくれ」
 「よし。それじゃあレパード………始めよう」
 決闘開始の合図のゴングが鳴り、一瞬にしてレパードの体は宙に飛んだ。

 ___まぁ、当然の結果だろう。

 「つまんねーの」
 「挑戦しただけでも凄いだろ」
 俺があくびをしながらぼやくと、狐の男は苦笑しながらそう言った。

 「待て待て待て待て、降参だ」
 ライオネットがとどめを刺そうと鉤爪をぎらつかせると、レパードは慌てて手を上げて降参した。
 「降参、だぁ? ガッハハハハハハ!!! 笑わせるな!」

 周囲にどっと笑いが巻き起こった。
 獣族たるもの、一度決闘を申し込んだ者は死ぬまで戦い続けるのが獣としての誇り。
 降参なんてもってのほかだ。 

 「いいだろうレパード、生かしておいてやる。逃げるがいい」
 「いや、降参しても続けて決闘を申し込めば、まだ僕にも挑戦権はあるはずだ」
 そう言ってレパードは再び危ない足取りで立ち上がった。
 これだけ恥を晒されて、まだ懲りないらしい。
 「諦めが悪いと格好悪いぞ、レパード」
 「格好悪くて結構。始めよう」

 レパードはニヤリと笑った。
 こてんぱんにされたはずなのに、何か裏のある笑みだ。

 ___ゴングが鳴った。

 ライオネットの鉄拳が振り下ろされ、レパードは首をヒョイと動かし、難なく回避した。二度目の鉄拳も続けてかわし、ライオネットの背後に目にも止まらぬ速さで回り込む。

 ___ライオネット唖然、観客唖然、俺唖然。

 「今まで遊ばれてたんだな」
 狐の男は興味深そうな顔をして笑った。
 普通の速さではない、異常だ。

 「魔法……だ」
 よく見ると、レパードの足元には風が巻き起こっている。
 風魔法であのスピードを出せるのだ。
 「よくわかったな、小僧。獣族が魔法を使えるってだけでも稀なのに、あんな魔法の使い方ができるのは、もっと稀だ。人族も魔族もできるのはそうそういねー」
 狐の男も魔法だとわかっていたらしい。 

 レパードはあまりにも速いスピードについていけないライオネットを後ろから蹴り飛ばした。
 「拳の力だけが取り柄の鈍足は嫌になっちゃうね」
 レパードはピンとたった耳の後ろをポリポリとかき、ライオネットに詰め寄る。
 たった一度蹴られただけ。
 そのはずなのに、ライオネットは立ち上がることができなかった。
 「降参?」
 「するわけないだろう……俺様には獣としての誇りがある」
 「あ、そう。諦めが悪いと格好悪いよ」
 レパードがバチンッと指を鳴らすと、目の前に魔法で作られた竜巻が現れた。
 竜巻はじりじりとライオネットに近付く。

 「ナーンちゃって、殺しはしないよ。獣王になりたいわけでもないし」
 竜巻は既のところでパッと消え、レパードはステージから立ち去った。

 「待て……」
 ライオネットの声にレパードの足がピタリと止まる。
 「どうしたら……お前に勝つことが出来る?」
 問われ、レパードはうーんと首を傾げて考えた。
 「世界を知ることだね。あ、それと……僕降参ね」
 そう言い残し、今度こそレパードはステージから立ち去った。

 勝者、ライオネット。
 今なら、全身傷だらけで立ち上がることのできないライオネットを倒すことは簡単だ。
 だが、それ以降挑戦者が現れることはなかった。
 


 この時、思ったんだ。
 俺も強くなりたいって。

Page:1 2 3



Re: 猫と犬の獣道 ( No.7 )
日時: 2015/06/01 20:35
名前: ネギトロ丼

突然、変なタイミングでオリキャラ募集。
ネギトロ丼にはいいキャラクターを作るための柔らかい頭が足りないのです。

人族(人間)欲しい、人族。

−−−募集シート−−−

名前【】
性別【】
年齢【】
性格【】
容姿【】
武器【】
魔法(名前/内容)【】【】
戦法【】
SV【】【】【】
備考【】

−−−−−−−−−−−−−−
魔法は一つのみ、簡素な物で(火を作り出す、とかそんなん)。
人族の魔法は微々たるものなのです。

基本だいたい採用。

基本的に、ね?(笑)

Re: 猫と犬の獣道【☆オリキャラ募集中@基本採用】 ( No.8 )
日時: 2015/06/05 17:55
名前: 風死  ◆Z1iQc90X/A

ネギトロ丼様始めまして、風死にと申します。
保留中ですがオリキャラ投稿させてもらいます。


−−−募集シート−−−

名前【グレン】
性別【男】
年齢【20】
性格【生真面目で学者肌。馴れ合いを好まない。理論的な思考の持ち主だが、しばし感情を無視する】
容姿【白いローブを身に纏っている。白銀の手入れされていない頭髪で、目の色は緑。目つきは鋭い。丸渕眼鏡をしている】
武器【盾と両刃剣】
魔法(名前/内容)【ライトニング】【光を発する。目くらましに使ったり、光を凝縮し光線として放つことも可能】
戦法【近接戦ではまずは目くらましをして、接近して剣で斬りつける。遠距離では木などに隠れ光線で狙い打つ】
SV
【私は馴れ合うつもりはない】
【どうした? 理論的には何の問題もないが】
【分らんな。これだから感情的な人間は困る】
備考【フィールドワークを好む学者】

−−−−−−−−−−−−−−

Re: 猫と犬の獣道【☆オリキャラ募集中@基本採用】 ( No.9 )
日時: 2015/06/06 23:11
名前: ふぇふぇ


−−−募集シート−−−

名前【クロ】
性別【女】
年齢【16】
性格【いつも無表情でぼーっとしてる。人に嫌われるのを酷く嫌う。】
容姿【ところどころ跳ねている黒髪。目は紅く染まっている。喉を怪我していていつもタートルネックのぶかぶかの黒いワンピースを着ている。小柄で華奢。】
武器【真っ黒な投げナイフ】
魔法(名前/内容)【スピード】【使った対象のスピードを速くする魔法】
戦法【不意打ちなどで魔法をかけたナイフを投げる。暗殺業が得意。】
SV【クロ、って言うの。…よろしくね。】
【貴方は、私の、味方?なら、嬉しい、な。】
【ごめん、なさい。私、喉、怪我、してて。】
備考【暗殺一家に生まれた。暗殺業に長けていたが、暗殺をした者の身内に恨まれ喉を切られ、傷が浅かったために一命を取り留めたが声を出すのがうまくいかなくなる。それにより、人に嫌われ恨まれるのが怖い。また、自分自身の保身のために人に媚びる自分に嫌悪している。】

−−−−−−−−−−−−−−

Re: 猫と犬の獣道【☆オリキャラ募集中@基本採用】 ( No.10 )
日時: 2015/09/06 09:54
名前: バラバラ ◆wD3p6RHHU6

−−−募集シート−−−

名前【リブ】
性別【女】
年齢【14】
性格【動物大好き。人より動物と話す時間が多い。そのわりに誰とでも話せる。】
容姿【炎の様な色の髪、黒い瞳。学校の制服でいることが多い。私服は髪の色と同じ色のワンピース。】
武器【赤い槍】
魔法(名前/内容)【ファイアプロテクト】【一瞬だけ火で盾を作れる。】
戦法【攻撃したら防御の繰り返し】
SV【リブ、って言いますぅ】
【うわぁ、動物さんが一杯!】
【これ、喰らってみるぅ?】
備考【可愛い話し方をする。なので戦う時も可愛くなる。】

こんにちはバラバラです。リブは中学生って設定で。よろしくお願いします!

Re: 猫と犬の獣道【☆オリキャラ募集中@基本採用】 ( No.11 )
日時: 2015/09/06 22:14
名前: 弓道子


名前【マクト】

性別【男】

年齢【21歳】

性格【いつもボケッとして話し方ものんびりとしているが言うことは正論 時々確信をつきすぎて相手を悲しませたりすることがある(マクトは本当のことだからしょうがないと思っている)・冷静ゆえに冷酷・お菓子が好きというかお菓子しか食べない・戦いは面倒くさいからそんなに好きではない】

容姿【桜色の髪を一つに結び三つ編みにしている・童顔・戦闘以外は眠そうな半開きの黒い目・いつも黒に金色のラインが入ったダボダボのジャージ】

武器【小型銃】

魔法(名前/内容)【グラヴィティ】【自分が触れたものの重力を操る・これによりマクトはいつもフワフワ浮いている】

戦法【自分に来た銃弾やナイフなどは無重力にし 物理攻撃をしてきた相手にわざと殴られるなどして触れて 相手の重力を重くし動けなくしたところを殺す】

SV【僕はマクト こんな顔だけど君たちより年上だからよろしく〜 】
【きみのその整理できない感情を何かにあたって収めようとするのやめたほうがいいよ】
【こんな僕まで届かない攻撃が 『最強』 なんだ? 】

備考【昔から魔法で戦って生計を立てていた 一人弟子がいるらしいが気に入らないらしく本当に必要なときしか呼ばない】


ネギトロ丼 美味いですよね(真顔

お願いシャス 弟子の方も必要になったら言ってください!!

Page:1 2 3



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。