複雑・ファジー小説

魔獣戦争。【12/19 キャラクター紹介更新】
日時: 2017/12/19 16:49
名前: 雪兎
参照: http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=59405554

初めまして、またはお久しぶりです。雪兎と申します。

複雑・ファジーでは初投稿になります!つたない文章になると思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。


なにはともあれ、まずは簡単に登場人物紹介を。

緋木 良太(あかぎ りょうた)…主人公。明陽高校一年生。

坂井 秋穂(さかい あきほ)…良太の幼馴染。同じく明陽高校一年生。

千石 春一 (せんごく はるいち)…良太の親友。同じく明陽高校一年生。

では、もうすぐ本編始まります!


               ☆ 


募集説明>>18
募集説明A>>59


○種族一覧>>60

〇キャラクター紹介 ※随時追加予定
第一弾>>110>>111>>112
         第二弾>>129>>130


○オリキャラ一覧

有楽多 遥(うらた はるか)>>19 ……薊様
聖沢 一生(ひじりさわ いっせい)>>21 ……ユッケ様
相澤 理央(あいざわ りお)>>24 ……はにわ様
光立 燐(ひかりだち りん)>>28 ……バラバラ様
楽都 藍(らくと あい)>>30 ……風死様

5/20 本編の主人公である緋木良太を描きました。URLから見れるはずです。どうでしょうか、皆さんのイメージと合っていましたか?>>93

8/3 今回はヒロインの坂井秋穂を描かせていただきました。ぜひURLからご覧下さい!>>103

10/10 第三弾は良太の親友・春一君です。今回はちょっと背景を凝ってみました。ぜひURLからご覧ください!>>121

12/19 第四弾はメインヒロインの咲を描かせていただきました。ぜひURLからご覧ください!>>131






Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27



Re: 魔獣戦争。【11/16 キャラクター紹介更新】 ( No.130 )
日時: 2017/11/18 12:05
名前: 雪兎

続きです

【名前】樹月(いつき)
【性別】女
【年齢】17歳
【種族】山犬族
【性格】好きなものは好き、嫌いなものは嫌いというサバサバした性格でやや口も悪いが、仲間と認めた者には優しい。人見知り気味。
【容姿】小豆色のワンサイドアップヘアで、同色の瞳。身長164cm。カジュアルな服装を好み、スカートは一度も履いたことがない。
【魔獣化時の容姿】毛と目の色は変わらず、左耳に金色のリングがはまっている。体長は1m50cmで細身。
【技の特徴、戦い方】吐き出すと煙のように形状が変化する珍しい薄紫色の炎。サポート向き。
【備考】タツとともに総山のボディーガードを務めている。5/14生まれ、B型。タツに好意を寄せている。また昔は咲の遊び相手であり、今も姉的存在。両親の育児放棄で死にかけていたところを総山に拾われたため、矢吹家のために自分の全てを捧げることを心に決めている。一人称はあたし。
【サンプルボイス】「あたし?なんでアンタに名前教えなきゃいけないのよ」「ちょっと、咲に悪影響だからやめてよね」

【名前】石上揚羽(いしがみあげは)
【性別】女
【年齢】21歳
【種族】山犬族
【性格】優しいみんなのお姉さん。年下や子供が大好きで、隙あらば頭を撫でようとしたりお菓子を渡そうとしたりする。しかし怒ると非常に怖いらしく、陰では恐れられている。
【容姿】藍色に近い黒髪ロング。水色の瞳。モデル顔負けの顔立ちとルックスを持ち、結婚を申し込む者は絶えないがすべて断っている。身長169cm。無地か蝶柄の着物を着ていることが多い。
【魔獣化時の容姿】藍色の毛、水色の瞳。しっぽの先が白い。見た目は柴犬に近い。
【技の特徴、戦い方】群青色の炎。炎で分身を作り攻撃させることができる。
【備考】家事一般を担当している。特に料理の腕前は超一流。1/31生まれ、A型。一人称は私。
【サンプルボイス】「あら、初めまして。可愛いお客さんね。どうかゆっくりしていってね」「うふふ、今日も可愛いわね。はい、お菓子。……いらない? そう、残念……」

Re: 魔獣戦争。【11/16 キャラクター紹介更新】 ( No.131 )
日時: 2017/12/19 16:42
名前: 雪兎
参照: https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=65618938

咲のイラストができましたので是非ご覧ください。
本編はもう少しお待ちくださいm(_ _)m

Re: 魔獣戦争。【12/19 キャラクター紹介更新】 ( No.132 )
日時: 2018/04/12 18:50
名前: 雪兎

第四十七話 夢

 夕方。孤坂さんと深央、紫苑はそれぞれ家に帰り、女性陣がシャワーを浴びている中。
「え、うん。もちろん泊まりだけど」
「は?」
 良太は、とぼけ顔で自身の髪を弄ぶ親友の言葉に、間抜けな声を上げた。
「いいじゃんいいじゃん、折角の夏休みなんだし。ほら、お前の着替えも持ってきといてやったぜ」
 そう言って得意げに掲げた春一の手には、修学旅行の時に買って以来放置していた黒のボストンバッグがぶら下っていた。
「人の家のクローゼットを勝手に漁るんじゃねえ!……はあ、よく見つけたよなそれ」
「まあな。……んで、今回女の子でも男の娘でもないお前を誘ったのには訳がある。この近くの旅館はウチの一族の奴が経営してるんだが、そいつに今度遊びに来いって言われたんだよ」
「それはまた――急だな」
「だろ?まあ、どうせまたじいちゃんの余計な気遣いだろうな。要するにお前が夏休みは家から出ないだろうことを見越して、最近もいろいろあったんだからリフレッシュしてこいって言いたいんだろ」
 ……う、まあそれもそうだ。良太は完全にインドアで、何ならいつからか日の光もうっとおしいと思うようになった。いや、それはそれとして。
「そうだな……たまにはこういう夏休みもいいかも。あとで元造じいにお礼言わなきゃな」
「やったーー!ありがとう、ぶっちゃけお前に付いてくるであろう秋穂と咲ちゃんが目的だったけど!」
「ぶっちゃけすぎだ! 感動返せ!」

 

 というわけで宿にやってきた。海からは非常に近く、この建物の裏から直接海岸にも行けるらしい。廊下を歩きながら、良太は前を行く春一に声をかける。
「……で、保護者(仮)の柊さんは早くも泥酔中と。雷鳴は?」
「さーなー、あいつ自由だし。散歩でもしてるか、もう帰ったんじゃね?」
 勝手に連れてきておいてなんて言い草なんだ、こいつ……。若干呆れながらも階段を上ろうとすると、後ろから付いてきていた咲が突然抱き着いてきた。そして、にかっと笑って一言。
「なーなー、『咲とアカギの』部屋はまだかー?」
 
 ……ん?

「待て待て待て、聞き捨てならない言葉が聞こえたぞ! 咲ちゃんは俺t」
「咲ちゃんは私と一緒のお部屋ですよー、先に行ってようか、ね!」
 春一の言葉を笑顔でぶった切った秋穂が、笑顔で咲を抱え上げ運んでいく。「なんでだー!」という咲の声とともに、二人の姿は角に消えていった。


 女将さんが取っておいてくれた部屋は二人部屋が三つらしく、じゃんけんの結果、良太は一人部屋を獲得することになり(雷鳴が本当に戻ってこなければの話だが)、春一は泥酔した柊さんの世話という現実にがっくりと肩を落として部屋に入っていった。
 部屋に足を踏み入れると、きっちりと手入れが行き届いた十畳ほどの和室だった。旅館に泊まるなんて何時ぶりだったろうか、と座布団に腰を下ろしながら思う。
 ……とはいえ、一人だとさすがに暇だな。
 部屋の中を一通り見まわった後、なんとはなしにスマホを起動すると、春一に勧められたゲームアプリが目に入る。あまり興味はなかったが、やってみると意外と面白かった。久しぶりにやってみようかとも思ったが、それよりは睡魔のほうが勝ったらしい。良太はいつの間にか眠りに落ちていた――。


 とうさん?

 ――クソッ。しっかりしろ、香乃!

 かあさんの、なまえ?

 ――あなた……私はもうだめ。良太を連れて、逃げて……

 どうして、ちをながしてるの?

 ――馬鹿野郎、死んだって離れるか! ……まずい、来る!

 こわいよ、とうさん

 ――いいか、ここに隠れて。カズホが来るまで絶対に出るな

 カズホって……

 ――それと、この石を。どんな時でも、肌身離さず持っておきなさい。父さんとの約束だ

 あかい、きれいないし……

 ――いいか、お前はただの子供だ。俺たちの愛しい息子だ。全て忘れて、普通に生きろ

 とうさん、なんでないてるの……?

 ――愛してる。良太、もし、その石が割れ、力が抑えられなくなったら、その時は――


「……ッ!」
 ガバリと身を起こす。周りを見回すと、さっきまでと変わりない旅館の壁が目に入る。
「っ、つうっ……!」
 急に、激しい頭痛に襲われる。手は無意識にあの石を探して動き始め、やがて指先にコツンと当たったものを握りしめてうずくまる。痛みが徐々に引いていくのと同時に、あの夢の内容がぼんやりと頭の中に浮かんでくる。一体、なんだったのだろうか。全て知らない記憶だった。うろ覚えの、血まみれの父親の顔。弱弱しい母の声。そして、カズホという名前。そういえば秋穂のお母さんも一穂という名前だっただろうか。一穂さんは、身寄りのない良太に世話を焼いてくれた。彼女は「あなたのお父さんとは昔からの友達だったのよ」と言っていたが……。やはり関係があるのだろうか。
 ――でも、もう何も考えたくなかった。未だじわじわと残る痛みから逃げるように、もう一度目を閉じた。





 

Re: 魔獣戦争。【12/19 キャラクター紹介更新】 ( No.133 )
日時: 2018/07/16 17:46
名前: 雪兎

第四十八話 クラーケン(仮)

 気だるい体を起こし、腕時計を見る。夜の七時半……夏真っ盛りとはいえ、もう流石に辺りは暗い。ふらりと立ち上がり、ふと窓の外を見ると、もうすっかり人のいなくなった海岸が見えた。海は静けさを取り戻し、建物からの光を反射しながら揺れている。 
「そういえば、もうとっくに夕飯の時間だよな……?」
 唐突に思い出して、テーブルに視線を落とすとメモが置いてあった。
『起こしても全然起きねーから先食ってる! 一階の食堂まで来ること!』
 この勢いのある字は春一のものだろう。そして何やら下の方には、
『早くこないとはずかしい秘密ばくろの刑!』の文字。文字は所々ひらがなだったりして可愛いけど言ってること怖っ!――咲のやつ、下の方にハートをたくさん描いたからって許されるもんじゃないぞ。
「ってこんなことしてる場合じゃねえ!早く行かないとあいつら何話すか……!」
 良太は慌てて、半ば階段を転がり落ちるような勢いで降りて行ったのだった。


                   ☆


「いやあ確かに、女子をかばってサッカーボールを顔面で受けたのはかっこよかったよ。俺叫んだもん、『キャー!緋木くんかっこいいー!』って。でもさあ、そのあと……ぷぷっ、白目むいて倒れて、自分がかばった女子にお姫様抱っこで保健室に運ばれるって……これドリフも真っ青のコントじゃね?ふはは!俺叫んだもん、『キャー!宮島さんかっこいいー!』って。やべ、今思い出しても傑作……くひひ!」
 ――結局(咲いわく)時間に間に合わなかった良太は、おいしい海鮮料理を食べながら自分の過去の失態について聞かさせるという拷問を受ける羽目になっていた。理不尽すぎる。
 そしてなぜか食堂に滑り込んできて夕食をご馳走になっていた謎の美人店員(自称男)こと、妖狐族の孤坂さんがニヤニヤしながら話を促すものだから、春一の話にも熱が入っている。もっとも、その隣に座っている深央はバカバカしいとばかりに冷めた目で麦茶をすすっているし、秋穂は「懐かしいねー」と目をつぶりながら思い出に浸っているし、咲は都合よく「女子をかばった」のところだけ聞き取って目を輝かせているしで、あまり真面目に話を聞いている人はいないようだったが。……うう、助かった。
「ったく……俺ちょっとトイレ――ん?」
 あきれながら、早くこの場を離れようと立ち上がった瞬間、窓の外から見えた海に何か違和感を感じ、目を凝らす。……海沿いの道のライトに照らされた一部分。海に生息する生き物には似つかわしくない――紫色に蠢くもの。それに、不自然にパシャパシャと波が跳ねている。一体なんだ?――何か嫌な予感がする。
 良太は食堂を出ると、旅館の出口に向かった。

 
                   ☆


「まあ、やっぱりなんでもないよなー……」
 海辺に来たものの、特に何も不審な点はなかった。ほっとしたような、少し残念なような――まあ、とりあえず旅館に戻るか。
「アカギ?」
「えっ?」
 声のした方を振り向くと、いつもとは違う袖なしパーカーにショートパンツ姿の咲が立っていた。
「アカギが、外に出ていくのが見えたから――」
 咲が、何やらもごもごとうつむきながら言う。――どうしたんだろう。
「そうか。いや、別に少し外の風を浴びたくなっただけで。暗いから危ないし、もう戻ろう。……咲?」
「ア、アカギには!……アカギには、その……好きな人とか、いるのか」
「え、っと」
 ど、どうしたんだいきなり!?――此方に向けられた咲の顔は赤く火照り、引き結ばれた唇はふるふると震えている。――いやまさか、本気で聞いてるわけじゃない、だろうし。
「いないよ。あんまりそういうこと考える暇もなくて――」
「!ほんとう……?」
 みるみるうちに、咲の顔が明るくなっていく。重くじめっとした夏の闇のなかでもきらきらと輝いているようだ。咲はしかし、照れくさそうにすっと視線を逸らす。
「咲は……咲は、ほんきなんだ。みんな咲のことをこどもあつかいして、樹月も……アカギのことをそんな風に思うのはいまのうちだけだって、いうけど。でも咲は、あの時から――」
「咲……」
 ザザ、ザザと波が静かに揺れる音だけが響く。何も言葉を発しなくなってしまった咲の頭を撫でようと手を伸ばした、その時だった。

 ゴゴゴゴ――……

「な、何の音――っ!!」
 突如夜の静寂を割いた、地響きのような音。その発生源――海の方を見て、絶句する。
 陸から、わずか50メートルほどの海上。濁った紫色をした風船のようなものが、海水をかき分けて浮かびあがってきていた。
「なんっ、だ、あれ」
 その目に捉えたものは、いつかテレビ特集で見た、空想上の生物。 
「大きい――タコ!?」
 咲がぎゅっと抱き着いてくる。安心させるように肩を抱いた良太だったが、自身もこの「ありえない光景」にただ体を震わせることしかできない。

 ――クラーケン。北欧で語り継がれる、巨大なタコの姿をした海の怪物。
 突如夜の海辺に出現した伝説の生物は、今まさに二人の小さな目撃者に向けて、その長い腕を伸ばそうとしていた。
「っ――咲ッ!!」
 とっさに目の前の体を抱きしめ、横に転がる。――今まで二人が立っていた場所を、巨大タコの触腕が薙いでいく。
「やばい、早く建物に……咲!?」
「っ!」
 良太の腕の中から抜け出した咲は、タコの頭部に向けて炎の球を放った。すると、キィイイィ――!と、この世のものとは思えない悲鳴を上げながら、めちゃくちゃに触腕を振り回し始める。
「効いてる……!? 咲、今のうちに走るぞ!」
「うん! ――あっ、危ない――」
 タコが振り回している触腕。そのなかでも細く長い一本が、運悪く、二人めがけて叩きつけられようとしていた。
「あ――」
 ――避けられない。
 とっさにそう判断した良太は、咲の頭を抱えると、目をつぶり衝撃に備えた。

 ――シャキン!

 やってくるはずの衝撃はなく、代わりに聞こえたのは、鋭い刃物の風切り音だった。
 ……恐る恐る目を開けると、そこには。

「あき、ほ――?」
「ごめん、遅れて。けがはない?――良太」  

 乱れた前髪の隙間から見えたのは、良太と咲をかばうように立つ、なぜか少し悲しそうに微笑む――幼馴染の姿だった。









Re: 魔獣戦争。【12/19 キャラクター紹介更新】 ( No.134 )
日時: 2019/03/13 13:52
名前: 雪兎

第四十九話 隠された過去、少年の思惑
 
 良太が掠れた声で名前を呼ぶと、秋穂は無言のままクラーケンに向き直った。昼まで見せていた表情とは全く別の、冷えた暗殺者の瞳を見せないために。
「……詳しいことは後で。とにかく、今はお下がりください」

 秋穂はそう声をかけると、一度目を伏せて息を整え、袖の中に隠し持っていた折り畳み式のナイフを構える。今は緊急なので心もとない武器ではあるが……やるしかない。
 新たなターゲットを確認し、うねりながら襲い掛かってきた触手を、目線もくれずに両断する。秋穂はもう一度、背中に守る主人の顔を思い浮かべると、闇夜にそびえる巨大な影に向かって駆けだした。


                     ☆


「一体、どう、なって」
 音もなく目の前に現れた幼馴染。その手に握られた、ギラリと光る銀色の刃。整理したくても、思考が追い付かない。
 秋穂が走っていった方向を呆然と眺めていると、一瞬何かが光を反射してきらめいた後、切断された触手が水面へと落下していった。――戦っている?秋穂が、あの化け物と――。
「アカギ!あきほは……一体どうしてしまったのだ?さっきのあきほは、なんか、べつじんみたいだった……」
 あんなに強かったのか、と困惑したような表情で問い詰めてくる咲に、しかし良太も答えることが出来ない。なんで。どうして秋穂が。さっき、俺に対して敬語を使っていたような。なんで一瞬、あんな寂しそうな顔を――。
 ダメだ。良太は深呼吸して立ち上がり、一緒に咲も立たせる。とにかく今は助けを呼ぶこと、そして被害が出ないうちにこいつを鎮めることだけを考えなければ。良太は、隣でまだ混乱している様子の咲の両肩をつかんで、目線を合わせるようにしゃがみこんだ。
「咲、秋穂のことは……俺も後で聞かなきゃならないことがたくさんある。けど今は、旅館に戻って戦える人をを呼んできてくれ。俺は、秋穂だけここに置いていくわけにはいかないから――咲、頼んだぞ」
「やだ!アカギはなにもできないんだから逃げろ!咲は戦える!」
 ――その言葉に、一瞬何も言えなくなる。そんなことはわかっている。魔獣に知り合いがいて、いくつか事件に巻き込まれたというだけで、自分自身は何も成長などしていない。ただ――嫌なのだ。逃げることが、逃げて後悔するのが。逃げた後で、自分が何かできたかもしれないなんて後悔することを――なぜだかはわからないが、自分はとても恐れている。その思いが、自分の行動理念の一番上に来てしまうくらいに。馬鹿げていると自分でも思う。だけど、だから、戦わずともできることを探す。
「俺は俺で考えがあるんだ。危なくなったらちゃんと避難するから。――それに、万年運動不足で50メートル走8秒台後半の俺より、咲のほうが早く走れるはずだ。な?」
 なんか自分で言ってて悲しくなってきた。咲は――俺が喋っている途中からうつむいてふるふる震えている。そりゃそうだ、魔獣だからといってまだ若干10歳の箱入り娘なのだ。怖くないわけがない。と、良太が説得のためのセリフを考えていると、咲が顔を上げてギッとこちらを睨みつけてきた。あれ、怒ってる?


 ちゅっ。


「ばかーーーー!アカギのばかばかばか、もしけがしたら、はるいちと父さまにしかってもらうから――っ!」
 白い頬を怒りで真っ赤に染めた少女は、そうまくしたてて良太の腹をドスッと殴ると、くるっと背中を向けて走り出した。
「さ、咲……?」
 良太の裏返った声に反応し、こちらを一度だけ振り返るとべーっと舌を出す。そしてそのまま、大きく跳躍して旅館の方角へと消えていった。……ひとり取り残された少年は、おそるおそる唇に手をあてがう。
「……ちくしょー。最近の小学生はこんなことすんのかよ……」
 いやいや、と動揺を吹き飛ばすように良太は大きく首を振る。そして尻ポケットに手を伸ばし、携帯を取り出す。良太の頭の中には、一人の人物の顔が浮かんでいた。上手くつながるかはわからないが、あの人にこの状況が伝えられれば――。
 良太は急いで通話ボタンをプッシュし、早く電話がつながることを祈りながら手のひらを握りしめた。


                     ☆



 秋穂は、次々と襲い掛かる触手をさばきながら、考えていた。
(……こいつは、巨体で力が強い分動けないし、頭もよくない。なら)
 スピードになら自信があった。母親に幼いころからみっちりしごかれてきた脚力は伊達ではない。 
――シャキン、ジャキッ、ジャキン!

 ギャオオオォオ……
 

 すでに両目をつぶされ、何度も切りつけられているクラーケンは、苦しげにうめき声をあげる。
 秋穂の戦闘スタイルは、本来暗殺用のもの。緋木家の敵を速やかに、秘密裏に葬るために完成された術。あの忌まわしい事件が収束してからは、もう使うことはないかもしれないと、しかし一日も怠らずに磨き続けてきた技だった。
 せめて愛用の暗器があれば、と思わずにはいられない。2本のクナイを用いて目にもとまらぬ速さで斬撃を繰り出し、時には投擲しつつ相手を追い詰める。彼女の一族が得意とする戦闘スタイルだった。――だが、そんな弱音を吐いている余裕はない。如何なる時も、何よりも主人の命を優先せよと言い聞かされてきたのだ。――己の死は主人の死、主人の死は己の死。いつも自分を奮い立たせてくれた言葉を心の中で繰り返し唱える。少女の瞳はそれによってさらに静けさを、鋭さを増す。
 ……集中しなければ。触手に守られている金印を捉えられれば、一人でも勝ち目はある。少しずつ弱らせてきたのが功を奏したのか、秋穂の目の前に、道が開けたように、大きく金の印が姿を現した。 

 今しかない。

「取った……!」

 ナイフを両手に持ち、唯一の弱点にその切っ先を突き立て――、

 ――ようとした瞬間。

 人間、勝利を確信した瞬間は油断するものである。そして、この世には予期しようもない悪夢のような偶然が重なることもある。

「っ、何……ぐあっ!」

 気配を感じて横を向いた時にはもう遅かった。一直線に飛んできた、腐ったような紫色をした一羽の鳥が、脇腹に突っ込んできたのだ。
「か、はっ……」
 衝撃と痛みでバランスを崩し、紫色の鳥共々、少女の体は落下していく。

(あ、あ――私はまた、)

 油断は死に直結する。
 ――母の言葉を思い出す。山の中での訓練の帰り、足を滑らせて斜面を転がり落ちた秋穂に容赦なく浴びせられた、母であり師匠でもある人の怒り。こんな時に思い出しても遅いのに。うかつで未熟だった自分のせいだ。
 体が急速に熱を失っていく中、頭の中にあるのはただ一人の顔だけだった。

 ――ちゃんと、逃げたかな。優しいから、もしかしたら私のこと、心配してくれてるかな――。

「りょ……うた、」
「秋穂っ……!」

 目を閉じ、衝撃に備えていた少女が感じたのは、海水の冷たさではなく、力強い温かさだった。


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。