複雑・ファジー小説

ある国の話【オリキャラ募集中!】
日時: 2017/05/21 19:15
名前: バラバラ ◆wD3p6RHHU6

皆さんこんにちは!

しょっちゅうオリキャラを投稿しているバラバラです。
オリキャラ投稿だけじゃなく、小説書こう!と思ってます。
アドバイスや感想待ってます。

※注意※
・更新は不定期。遅い。主に週末更新。
・読みにくい。
・文才無し。
・スマホでやってるので変になる可能性が…
・失踪します。
応援よろしくお願いします。

↓まとめたオリキャラシート
《オリキャラ募集用紙》

【名前】(洋名)

【性別】

【年齢】

【性格】(詳しく書かなくてもいいです)

【容姿】(詳しく書かなくてもいいです)

【職業・所属】
(出来れば魔法学校の生徒、反乱因子、王国警護隊(騎士団)の所属でお願いします。
魔法学校の生徒の場合は、学年1~5年を記入してください
反乱因子の場合は使う武器と説明をお願いします)

【その他】(なかったらいいです)

【サンプルボイス】(2つ以上、自己紹介は必ずお願いします)
「」
「」

(今更)登場人物>>91
学科紹介>>29

▲目次▼
第1話 王子と王>>1-3
第2話 大きな力と大きな秘密>>6>>15>>19>>23>>25
第3話 魔法学校
>>73>>78>>85>>86>>88
>>89>>90>>96>>98>>108
3-1新入生歓迎会>>92
3-2 ネスパーナ破滅作戦>>109-113
3-3 記憶修正魔法>>114-115 >>119-121
3-4 杖探し>>122>>124-125>>127
3-5薬の作り手>>128-131>>133-134>>138-139>>142-146
3-6 Go to Newworld >>147-152

第4話 放課後座談会
プロローグ>>154>>155

番外編>>97>>137>>153
【お客様・オリキャラ】
桃さん>>7
ニットさん>>8
コッコさん
>>13>>16>>32>>40>>54>>64
>>66>>71>>94>>106
風死さん>>18
御劔さん>>43
黒い月さん>>51
Camさん>>61
檻姫さん>>62
雪兎さん>>69
ショコラミントさん>>76
はにわさん>>79
リヴさん>>102
クッキーさん>>123
イーナさん>>135
マルイさん>>140

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32



Re: ある国の話【オリキャラ募集中!】 ( No.157 )
日時: 2017/07/16 17:50
名前: バラバラ ◆wD3p6RHHU6

放課後座談会A

ロザリアは、2つ目の“お悩み解決”のためにローザに呼ばれていた──。


「今回はこの3人だよ」

そう言われ個室に入ると、

リンネ・ニーグラス
ケイル・ニーグラス
ルミカ・シュバルト

がいた。

「じゃあ今日は『睡眠魔法だけが効いた理由』だね。
私は店の手伝いをするからじゃあね
そうだ、日記は読んでもらったから」

ローザはお題だけ発表してスタッフのスペースに行ってしまった。

━━━*

「えっと……私が最初に発言するなんておこがましいのですけど……その……眠りの魔法に弱いのではないのですか?

「確かに、そうかも知れないな……」

頷くケイルにリンネは反論する。

「でも兄さん、それなら……“兵器”としては意味がないんじゃ?
ごめんなさい、ロザリアさん、こんな事を言ってしまって」

「リンネ。得意不得意というものがあるんだ。
──スリプレン〔睡眠〕」

突然立ち上がると、剣のような形をした杖をロザリアに向け、睡眠魔法を放った。

寝るところまでは行かなかったものの、ロザリアはウトウトしている。

「ね、眠い……」

「ひええええ予想がぁ……当たっちゃいました……」

ルミカは恐怖の表情でテーブルに置かれた紅茶のグラスを両手で握っていた。

「でも、ロザリアさんはまだ寝ていない。他に原因があるはず」

リンネの一言で4人は考え始めた。


(そう言えば、あたしは目覚めた時ネグリジェだった……
あの人の部屋に居たのはあたしが逃げないようにするため。杖を奪うため。
……だけどあの人の目はあたしを見ていた……)

「あのっ、何かあったのですかっ?」

おどおどしながらルミカはロザリアに尋ねた。

「ちょっと、思い当たる節があって」

「思い当たる節?」

リンネが聞き返す。

「あー……凄く言いにくいんですけど、ランスウェインに“いかがわしいコト”をされたんじゃないかと……」

しばしの沈黙。この沈黙を破ったのはケイルだった。

「……きっと、それで疲れたんだろう」

ロザリアは悩んだ顔をしていたが、ほっとしたような、また呆れたような表情になった。

「なんだ。そんな簡単な理由だったんだ……あたしは睡眠魔法に弱くて、それもあって疲れて寝ちゃったんだ……」


戻った彼女の記憶が、彼女を助けた。2つの“お悩み事”は解決したように思われたが……


「解決したかい?」

ローザは微笑みながら聞いた。

「はい!解決しました。本当にありがとうございました。せっかく素敵なカフェで相談できたと言うのに、2つだけで申し訳ない気持ちです」

ロザリアは笑顔で答えた。彼女はローザに見送られながら寮へ帰って行った。



放課後座談会A 終わり

Re: ある国の話【オリキャラ募集中!】 ( No.158 )
日時: 2017/07/16 18:55
名前: バラバラ ◆wD3p6RHHU6

『2つの“お悩み事”は解決したように思われたが……』
という文章と、
『ロザリアは笑顔で答えた』
という文章が矛盾していると思うのですが、ロザリアがローザに向けた笑顔は見せ掛けです。まだお話は続きます。

イラスト描くのでしばらく更新出来ないです。

Re: ある国の話【オリキャラ募集中!】 ( No.159 )
日時: 2017/08/12 19:13
名前: バラバラ ◆wD3p6RHHU6

【月と光】


「フォル君、起きてる?あたし。ロザリア。話したい事があるの」

フォルの部屋の扉をノックしロザリアは彼を呼んだ。

「……俺に話したい事?」

「そう。ネスパーナの事」

フォルはギクリとした。
まさか、俺がネスパーナを好きな事を知られたのか──?

「そんなに緊張しなくてもいいよ……ほとんどあたしの話になるかもしれないし」

ロザリアはニコリと笑った。しかしその笑顔は儚いものだった。


「あたしとネスパーナの繋がり、気になるでしょ?」










Re: ある国の話【オリキャラ募集中!】 ( No.160 )
日時: 2017/09/12 20:29
名前: バラバラ ◆wD3p6RHHU6
参照: http://www.kakiko.info/upload_bbs3/index.php?mode=article&id=630&page=1

キャライラストを投稿しました。
まず学校のネスパーナ、フォル、ロザリアの3人です。
他の4人も投稿する予定です。

Re: ある国の話【オリキャラ募集中!】 ( No.161 )
日時: 2017/10/09 00:03
名前: バラバラ ◆wD3p6RHHU6

彼女の杖は別々。
不死鳥の目と、あたしの力。

羽の形をした杖の部分が「あたしの力」。
あれはあたしを模した杖。あたしの魔力から創られた。
何処かの聖剣みたいにあれを扱える人を探してたら、それが「彼女」だった訳。

正直、彼女にあたしの力はいらない。不死鳥の目だけで良いのだけれど、「家宝」だった不死鳥の目があたしの力を「器」としてしまったから1つの杖に見えるだけ。


あたしと彼女の繋がりだけど……。
あの杖は「あたしの力」。あたしの一部なの。だからかな、感覚を共有……なんて言ったら言い過ぎだね。あたしの中の魔力と、杖の魔力が繋がってて、何処にあるか分かるの。ずっと離れてたモノが近付いたから、最初あたしと彼女が出会った時、強く反応したの。今は大丈夫。引かれ合う事はないから。でも……彼女の魔力じゃなくて、あたしの魔力になってるみたい。

彼女は強いから。きっと、大丈夫。





最後の言葉は、自分自身に言い聞かせたようにも思えた。

━━━

報告が遅れました、他のキャラのイラストもupしました。良かったらイラスト掲示板にもお越し下さい。(ちょっとだけ埋もれていますがw)

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。