複雑・ファジー小説

ある国の話【オリキャラ募集中!】
日時: 2018/03/22 15:36
名前: バラバラ ◆wD3p6RHHU6

皆さんこんにちは!

しょっちゅうオリキャラを投稿しているバラバラです。
オリキャラ投稿だけじゃなく、小説書こう!と思ってます。
アドバイスや感想待ってます。

※注意※
・更新は不定期。遅い。主に週末更新。
・読みにくい。
・文才無し。
・スマホでやってるので変になる可能性が…
・失踪します。
応援よろしくお願いします。

↓まとめたオリキャラシート
《オリキャラ募集用紙》

【名前】(洋名)

【性別】

【年齢】

【性格】(詳しく書かなくてもいいです)

【容姿】(詳しく書かなくてもいいです)

【職業・所属】
(出来れば魔法学校の生徒、反乱因子、王国警護隊(騎士団)の所属でお願いします。
魔法学校の生徒の場合は、学年1~5年を記入してください
反乱因子の場合は使う武器と説明をお願いします)

【その他】(なかったらいいです)

【サンプルボイス】(2つ以上、自己紹介は必ずお願いします)
「」
「」

(今更)登場人物>>91
学科紹介>>29

▲目次▼
第1話 王子と王>>1-3
第2話 大きな力と大きな秘密>>6>>15>>19>>23>>25
第3話 魔法学校
>>73>>78>>85>>86>>88
>>89>>90>>96>>98>>108
3-1新入生歓迎会>>92
3-2 ネスパーナ破滅作戦>>109-113
3-3 記憶修正魔法>>114-115 >>119-121
3-4 杖探し>>122>>124-125>>127
3-5薬の作り手>>128-131>>133-134>>138-139>>142-146
3-6 Go to Newworld >>147-152

第4話 放課後座談会【ロザリア編】
プロローグ>>154>>155
>>156-157

月と光【ロザリア編】
>>159
>>161-163
>>165

番外編>>97>>137>>153
【お客様・オリキャラ】
桃さん>>7
ニットさん>>8
コッコさん
>>13>>16>>32>>40>>54>>64
>>66>>71>>94>>106
風死さん>>18
御劔さん>>43
黒い月さん>>51
Camさん>>61
檻姫さん>>62
雪兎さん>>69
ショコラミントさん>>76
はにわさん>>79
リヴさん>>102
クッキーさん>>123
イーナさん>>135
マルイさん>>140
翌檜さん(リク依頼掲示板)より ショールダン・ルファーギ

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33



Re: ある国の話【オリキャラ募集中!】 ( No.166 )
日時: 2018/01/08 22:40
名前: バラバラ ◆wD3p6RHHU6

その時がやって来た。

早朝。フェルはロザリアの部屋に居た。ベッドの横の椅子に座り、ロザリアが起きるのを待っているようだった。何も喋らず、ただ静かに。

その時のフェルの衣服はいつもと違った。黒いコートは着ておらず、"反乱因子"対策に配備されたドロイドの体部分の様な、いや、『ドロイドの体』を着用していた。

しばらくして、ロザリアが起きてきた。
ロザリアは人の気配を感じてフェルが座っている方を見る。驚いてベッドから落ちそうになるが何とか落ちずに済んだ。

「おどろかせちゃった。ごめんね?
ぼくはアナタの返事をききに来たんだ」

返事……?ピンと来ないロザリア。

「ほら、あの時の。アナタはネスの力になってくれる?って」

ああ、あれか。と思い出す。彼女の返事は、

「うん。あたしはネスの力になりたい」

それを聞いたフェルはにっこりと笑った。

「じゃあ、てきとうに理由でもつけて森に来てよ」

フェルは部屋の窓の前に行き、窓を開け、身を乗り出し飛び降りた。ロザリアが下を見ると、何事も無かったかのように走るフェルが見えた。

━━━*

「ノルアさま、じゅんびできました。あとは生徒がそろうのをまっていてください」

自分のボスに連絡を入れたフェルは、『ドロイドの体』の首にあるボタンを押した。
たちまち顔は隠され、フェルは『ドロイドの中の人』になった。


冬休みは今日で終わり。ロザリア編を完結したかったのですが出来ませんでした……。

Re: ある国の話【オリキャラ募集中!】 ( No.167 )
日時: 2018/01/10 16:10
名前: バラバラ ◆wD3p6RHHU6

生徒たちを乗せた絨毯が学校にやって来た。絨毯から下りた彼らは学校のホール(昇降口)に入って行く。
それぞれの友人を見つけ、仲良く喋りながらホールとは反対側にある大広間に向かう。

大広間に入った生徒たちは学年ごと座席に座る。ざっくりとクラス分けがしてあり、自分のクラスの座席ならどこに座っても良い。


全員が大広間の座席に着いた。


「ノルアさま、今です」

フェルが言った。
すると、彼女から100m程だろうか。隊列を組んで──いる訳ではないが、何人かの集団が現れた。ゆっくりと歩いて来ている。

フェルは校長に『不審人物発見』とメッセージと拡大した写真を送った(怪しい人物を発見するとこのメッセージと写真が送られる)。

「……"反乱因子"。忘れた頃に何を」

ちょうど朝礼に向かっていた校長・ラルス。そのまま生徒に伝えようと大広間へ走った。


「『おはよう!』と言っている場合ではなくなった!生徒はここで待機しろ!教師は全員外に出る。変な事をしないように!」

ラルスはあえて"反乱因子"の名前を伏せた。
言い終わると教師を連れて行った。

生徒たちはこれはラッキーとばかりにお喋りを始めたり、何事かと窓の外を覗いたりし始めた。

「今がチャンス、なのかな」

広間の中をフラフラと歩き、誰しもも見ていないというタイミングで静かにドアを開け広間の外へ。校舎から出るホール以外の場所から森へ向かった。


森に入ってすぐの所にフェルが居た。彼女はもう『ドロイドの体』ではなく、黒いフード付きコートを着ていた。

「だいじょうぶだったんだね。よかった。ぼくは校長のところにいってくる。まっててね」

フェルは先程校長たちが行った方向に向かって走って行った。


「校長先生」

ラルスは他の教師に指示を出していた。一旦それをやめ、フェルの方を見た。

「狂気の少女か……。何を伝えに来た?」

「ほかの先生もいるからちょうどいいや。
ぼくたちは学校を焼くつもり。はやく生徒を逃がさないとクレイジーなことになるよ?森じゃ危ないし、先生たちといっしょの方がいいかもしれないね。リアルなじっしゅうになるだろうし。

あと校長先生。こんなときだし、『不死鳥』とはなしたらどう?」

Re: ある国の話【オリキャラ募集中!】 ( No.168 )
日時: 2018/02/12 19:09
名前: バラバラ ◆wD3p6RHHU6

「何故、それを……。流石としか言いようがないな……」

フェルは答えず、立ち去った。

「……生徒を集めなさい」

「ラルス……、彼女の言葉を信じるのか?」

校長の言葉に噛みついたのは、彼の幼馴染であるゼルフだった。教師として生徒を守りたいと思っているが、それ以外にも理由がありそうだった。

「ああ。彼女の言葉は本当だろう。反乱因子は魔法学校を恨んでいる。生徒は逃がしたいのだろう。
俺はあの子と話してくる」

「それ以外の理由」とは、ラルスの弟の事件についてだろう。仲が悪くなってしまった幼馴染とのヨリを戻したいラルスは笑顔を見せた。

Re: ある国の話【オリキャラ募集中!】 ( No.169 )
日時: 2018/03/24 23:47
名前: バラバラ ◆wD3p6RHHU6

「さ、えんごえんご」

戻ってきたフェルはロザリアではない誰かと話していた。誰と話しているのか気になったが、彼女は『通信』し続けているようで聞ける気がしなかった。

突然、

ごめんなさい──

ネスパーナの声である。
ロザリアの胸に、それは響いた。
ふと横を見ると、黒いフードの中で笑っているフェルの横顔があった。

「……何をしたの」

「何って……、鳥カゴから出すおてつだいだよ?」

「彼女は怖がってた」

「怖いかそうじゃないかは自分できめること。ぼくはなにもしていないよ」

笑った顔のまま淡々と答えるフェルに反論は出来なかった。
彼女の言葉。──それはある意味、事実なのかもしれない。本人は何もしていないつもりでも、相手が傷つく事もあるのだ。

「さて、ぼくも行かないと。おしごとの時間だ。あなたはここにいて?」

フェルは、ロザリアを森から出すつもりは無いようだった。

「──ねえ」

ロザリアは、フェルの背中に向かって声を張る。

「どうしてあたしを待たせるの?」

フェルは振り向き様に言う。

「あなたの記憶が戻っている事がバレたら、あなたは『光』じゃなくなってしまうから」

桃色の瞳がキラリと光る。黒いコートを翻し歩いて行ったその少女はずっと大人びて見えた。


ふと、空を見上げる。明日への希望が見えるような色であった。

「……いざ、新世界へ」


【ロザリア編終了】

Re: ある国の話【オリキャラ募集中!】 ( No.170 )
日時: 2018/04/14 17:39
名前: バラバラ ◆wD3p6RHHU6

番外編「いじられ役」


トリスト「参照4000超!ありがとうございます!」

ネスパーナ「見てくれる人、いるんだね」
フォル「作者も喜んでるだろうな」

ランスウェイン「嬉しい事だな」
フェル「あれっ?だいじょうぶなの?」
ランスウェイン「君は心配してくれるんだな……。俺は嬉しいぞ」
フェル「え?ぼくはあなたのアホさに『だいじょうぶ?』って聞いたんだよ?
ごめん、ウソ。ぼくは心配してるつもりだよ」

ランスウェイン「(つもり!?)俺っていじられ役なのか……」

トリスト「確かにそうですよねお父さん」
ランスウェイン「我が息子よ、否定しなさい」
(ガックリとうなだれる)
アンナ「はいランスウェインさん回収しまーす……重いですね」
フォル「俺も手伝うか」

(2人によってランスウェインは回収されました)

バラバラ「ちょっと!!私の出番!何が『作者も喜んでるだろうな』だよ!ちょっと寂しそうに言わないで!こっちは悲しいよ!」

トリスト「バラバラさんはボケるよりツッコミの方が好きなんですよ!」
バラバラ「いきなり私の豆知識〜!いらな〜い!」


【お知らせ】
>>97修正したいと思います。やり過ぎた……(・・;)
次からはいよいよクライマックスに向かって行く……のでしょうか?

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。