複雑・ファジー小説

むかしむかしあるところに
日時: 2015/11/15 16:41
名前: かりんとう (ID: 5kDSbOyc)

良い魔法使いと悪い魔法使いがおりました。


+ + +

こんにちはかりんとうです。コメントを与えるととっても喜びます。
学生であるため、時間の関係上投稿は不定期になります。
ではでは、これからよろしくお願いします!

Page:1



Re: むかしむかしあるところに ( No.1 )
日時: 2015/11/17 21:47
名前: ・ス・ス・ス・ス・スニゑソス (ID: 5kDSbOyc)

 前章


むかしむかしあるところに

悪逆非道の魔道師と、

清く優しい天使がおったそうな。

天使は魔道師の邪悪さを忌み、

魔道師もまた、天使の清さを嫌った。


魔道師は幾度か人の血を流した。

たくさん、たくさんの人を殺めた。

天使はそれを悲しんだ。

そして、魔道師の一部を聖なる杖に封じ込めた。

怒った魔道師は悲しむ天使と三日三晩、戦った。

結果、

天使は魔道師の力を封印したが、

魔道師は天使を道連れに死んだ。

最期は二人とも海の底――――暗く、暗く沈んでいった。


そんな、おとぎ話のような、本当のお話。

Re: むかしむかしあるところに ( No.2 )
日時: 2015/11/17 21:48
名前: かりんとう (ID: 5kDSbOyc)

―1―


子供が路地を歩いていた。
この地方では珍しい黒髪黒眼で、恐ろしいほど顔が整った少年である。かぶっている帽子もローブも髪と同じ地味な黒色だが、遠めに見ても上等なものだと分かる。

「やあ坊っちゃん、こんなところに何か用かなぁ?」

そんな少年が声をかけられるのはそう時間がかからなかった。
声をかけたのは見るからに職についていない、汚らしい服をまとった男たちである。
服が良くて、珍しい人種で、おまけに顔が良い。少年は違法方面のゴロツキにとっていいカモだったのである。

少年は男たちを見るとぱっと表情を明るくした。

「ああ、こんにちはおじさん。僕、道に迷ってしまっ―――」
「そうかい、じゃあおじさんが案内してやるよ!」

男は少年の細い腕をつかんだ。少年はそれだけでふらめく。男は手慣れたように腕をまわし、少年の後ろに立つ。
少年は地面に膝をつき、あっと言う間に男に両手をつかまれてしまう。

「―――おじさん」
「へへ、案内するのは坊っちゃんの目的じゃなくって、奴隷商だがなぁ」

男たちは少年を拘束したまま、下品な笑い声を上げる。
その間、少年はずっとうなだれていた。つばの大きい帽子が顔を隠す。

「・・・おじさん、ねえ。手を、外しておくれ」

男が異常に気が付いたのは、さて少年を運ぼうとした時だった。
乱暴に手を引いたせいで、黒い帽子が少年から落ちる。

「おじさん。いや・・・・低俗のゴミムシが」

少年は――――笑っていた。
男は背筋をぞっと凍らせる。
なにか気味の悪い物を直視したときのような、いや、それ以上の――――。

「ひっ・・・!?」

男は思わず手を取り落とす。
それがいけなかった。少年は解放された手をすかさず男の腹に添える。

「大人しく従えばと黙っていたが・・・汚い目で私を見たうえ、体に触るなど、これは躾をせねばならんようだな」

少年はそう言って、添える左手に力を込めた。

それは一瞬の事であった。
轟音。爆音。
頬を焦がすような熱と突風。
吹き飛んだ瓦礫が崩れて落ちる。
驚いて振り返った仲間の男達は、煙の奥で血を流す男と―――愉しそうに笑う少年の姿をとらえた。

「ぎゃっ・・・・・ぎゃああああ!!」
「バケモンだっ、バケモンだぁ!」

少年は溜息をついて怪鳥のように喚き逃げ出す男たちを見送った。
そして漆黒に染まる瞳を、さながら雑草を見るかのように、倒れた男に下ろす。

「仲間をおいて尻尾を巻くとは、本当にゴミムシだな。それとも仲間ではなかったか?」
「・・・」
「おい、手加減はしたはずだ。答えろ、さもなくば殺す」

男の胸が大きく波打った。同時に、ごぽ、と血が吐き出される。
しばらくそれを繰り返していたが、しだいに血の量が少なくなり、そして濁った目が開かれる。
くぐもった返事が血の流れる口から紡がれる。
少年はそれを満足そうに見やり、そして口を開く。

「おい、お前。私の手ごまになれ。チェスのポーンぐらいには使えるだろう?」

少年は笑う。
そう、さながら伝説の悪い魔道師のように。


・・・
かりんとうです。
前章、書き直しました。

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。