複雑・ファジー小説

タイトル未定
日時: 2015/11/17 14:54
名前: さま (ID: 9Q/G27Z/)


小説です。タイトルは未定です
のんびり更新。誹謗中傷はやめてください

Page:1



Re: タイトル未定 ( No.1 )
日時: 2015/11/17 15:13
名前: さま (ID: 9Q/G27Z/)


でこぼことした地面を走る。整備がされていない石ころや段差だらけの道を走るたびに車の中ががたがた揺れたり荷物が跳ねたりした。
隣の座席に置いておいたかばんが今は足元に転がっていた

「夜までにつくといいが」

朝の4時に出発して今は午後の6時。地図に書いてある通りの道を進めば午後2時にはつくはずだった。違う道を走ってしまったのかもしれない
彼、古谷(ふるたに)自身今どこら辺を走行しているのか分からなかった

なんだかぐるぐると円をかきながら走っているのは分かった
そして、何回目か分からない曲がり角を曲がったところで気づいた

「ん」

ブレーキを踏んで車を止める。
目の前には草木が生い茂った林しかなかった。道がなかった。行き止まりだった。
自分が上にくだっていたのか下にくだっていたのかは分からなかった。なんせ大きい段差がありすぎて平衡感覚がなくなっていたからだ

「困ったな」

シートベルトを外し足元のカバンを拾い上げ外に出た。車のキーもはずした
車できていた道を引き返し、歩く。








Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。