複雑・ファジー小説

短篇集、Monochrome《無意義な罰-完-》1
日時: 2015/12/20 16:24
名前: 自由帳  (sketchbook.m0415@gmail.com

僕は、虹が大好きだった。

虹が好きだから、雨が好きだった。
雨が好きになれたから、その後に来る晴れも好きになっていた。

曇りだけはどうも気に食わず、僕は1つ気づいた
「僕は彩りが好きなんだ」と。

気づいたからこそ僕は色に囲まれたいと求めた。
それからと言うもの、僕は一心不乱に筆を、ペンを、そんな何かで自分の世界を描き続けた。
いつからか僕はその世界をcolorfulと名付け、そんな世界の物語をキャンパスの上に書き続けた。


だがある日、僕の世界____colorfulは消えてしまった。


原因不明の異常現象だ。その日を境に世界は色彩を失い、全てが明暗だけで描かれる続ける事になっていった。
その世界、新世界を人はMonochromeと呼んだ________。


短篇集、Monochrome。

















皆様はじめまして、そしてお久しぶりですか。自由帳です。
思いつくままに書いて行く短篇を、俺の始まりのサイトであるここで終わらせたいと思い投稿を始めていきます。

ジャンルは混合です。
コメントやメールなど、気軽にお願いします。

リクエスト等も対応しております。

それでは始めましょう。



<//:index>
-完結短篇集-

「これはそんな人間の性、夜行性を失い損ねた人間の何の変哲もない話。」
____無意義な罰(完)
>>1->>2 >>5->>6


-連載中短篇集-

「私はただただ無心に銃弾を放ち、ヒトを肉片に変える。」
____SiKi(未完)
>>3->>4

-SS-

葉月蝉(近日投稿予定)

-予定作-

夢バイヤーと人魚姫(予定作)


Page:1 2 3



無意義な罰 P4 ( No.7 )
日時: 2015/12/20 00:32
名前: 自由帳  (sketchbook.m0415@gmail.com




「帰ろうぜ」なんて肩を叩く友人も。




「おかえり」と笑う家族も。




「ただいま」と返す時間も。




ずっと、周りよりもずっと速く過ぎていく。


夜行性の彼は今日も帰るべき夜に背を向ける。
孤独を拒んだ彼は、自ら望んだ死を恐れて罰を受ける。

無数の矢となって彼を殺す陽の光を待ち望み、また夜に眠る。


彼____俺はまたノートのページを一枚めくりペンを置く。
夜行性の俺の、世界で唯一の彼の物語を。

他人事のように、現実から目を逸らすように書き続け、いつ来るかわからない限界まで続いていく。

無意義な人生でも、無意味ではなかったと思えるように、彼____俺の物語を、俺____彼は書き続ける。




-fin-

SS 葉月蝉 ( No.8 )
日時: 2015/12/20 16:22
名前: 自由帳  (sketchbook.m0415@gmail.com

彼女、桑原葉月を殺したのは俺だ。

別に桑原葉月の事を愛してはいなかった。

だからこそ、彼女が死んだ時。彼女が俺の名前を呼んだ時に後悔してしまった。その瞬間に、桑原葉月の存在を大きく感じたからだ。

俺がした事は、刑事罰には処されない。
俺がした事は、彼女の死を見届ける事だけだった。

軽トラックが俺達の運転する車に衝突し、俺達はその下敷きになった。
俺は助かり、彼女は死んだ。

人類単位で見れば、よくある事だろう。

それでも俺は後悔をし、それでも彼女は涙を流し、それでも俺は愛を与えず、それでも彼女は俺を愛し、それでも、それでも、でも、でもでもでもでもでもでもでも……。


数え切れない言い訳の中で、彼女が死んだ日から数日経った日に見つけた。

いつかの夏に鳴くのを止めた、蝉の姿を。
その姿が、今は聞こえない煩わしい声を思い出させる。


____ごめんね……私が悪かった


ミーンミンミンミン


____嫌いだよね、こんな私


ミーンミンミンミン


____殺したいなら、殺していいよ


ミーンミンミンミン
ミーンミンミンミン ミーンミンミンミン
ミーンミンミンミン ミーンミンミンミン ミーンミンミンミン


「……ご、めんなさい、私、死んじゃうみたい……。
最後、まで……ずっと……愛、して……たよ」


最後の言葉を思い出す頃に、俺は蝉の亡骸を地面に埋めていた。

葉月の蝉。

きっと俺より幸せで、あいつより愛された蝉を。



SiKi-3- ( No.9 )
日時: 2015/12/20 21:03
名前: 自由帳  (sketchbook.m0415@gmail.com

私は純粋に彼の身の内を知る事を止めた。
このまま聞き出せば、王政の事情を知る機会になった事は目に見えて明らかだったが、私にそれは差ほど重要ではない。
戦場での私は、ただ敵を殺すだけの機械と同じなのだから。

だからこそ今この場での私は、ただのナラヌ・フールとして彼、ハンダトルト・マーゼフと接していたいと答えを出した。

「ジャパン?聞いた事無いな、どこかの独立国か?」
「いいや、過去に滅びた国だよ。私の父がその国を侵略した軍の一員だった」

その国は過去に栄えた、美しき国だったと晩年の父は語っていたのを思い出す。
彼に父の押し売りの知識を、得意気に話した。

「その国には四季という物があったんだ、今となっては昼と夜の判別しか出来ねぇような世界になっちまったが、その時のジャパンという国には、年の中に四つの区分があった」

春。
夏。
秋。
冬。

その全てを語った。
敵対した者同士という肩書きを忘れ、ただただ青年と老いぼれの、2人の人間として。
2人の戦士として、かつて存在していた四季についてを語った。

夜が開ければ、また殺し合う2人はただただ語り続けた。
戦争の在り方。死期を与える所業。死への恐怖。戦いの意味。

「なぁ、もし仮に俺が革命軍に居たら...俺の運命は変わっていただろうか」
「分からんな、我々はただ自分にとっての正義を追い求める種族なんだ。形は違えど何れこうなっちまうんだよ」

「なら、俺は来世でもまた武器を取ってオッサンを殺してやる」
「私は殺されるつもりは無いがね、ハンダトルト・マーゼフ君。君と話せたことはいい機会だった」

夜が開け始めていた。それは即ち、この空間の終焉を表していた。

彼はハンダトルト・マーゼフではなく、政府軍の頭に。私はナラヌ・フールではなく、革命軍のリーダーとして、再び数時間後には弾丸と死体だらけの戦場で殺し合うのだ。

例えここで彼との友情と呼べる代物が生まれていたとしても、そうするのが通りなのだ。
誰が決めたわけでもなく、当たり前のように。

それが戦なのだろう。
理由なんて、理屈なんてなく殺し合う。

存在しない平和のために戦っているのか、はたまた私も私でエゴイズムで戦っているのか。

「またいつか君と、肩書き無しで語れる日が来る事を願っているよ」

私は彼の体を抱き、これからまた敵となる彼に笑う。


夜が開け、きっといつか願った日が来ると信じて私は再びトリガーを引く。

「革命軍-SiKi-リーダー、ナラヌ・フール。私は革命軍として貴様を________





-SiKi-

雑記 ( No.10 )
日時: 2015/12/25 19:50
名前: 自由帳  (sketchbook.m0415@gmail.com

年末年始は更新が疎かになると思います。
依頼されたシナリオを書かなければならないので……

そのシナリオの方も、ノベライズにして投稿します

Re: 短篇集、Monochrome《無意義な罰-完-》1 ( No.11 )
日時: 2016/01/23 23:48
名前: 自由帳  (sketchbook.m0415@gmail.com

最近更新していませんが、更新停止したわけではありません。
ちょっと別の依頼があったため、そちらを優先しております。

少ししたらここにまた帰って来ます。その時は短篇を抱えて……

話は変わりますが、リア友との合作漫画を描いています。
僕が原作を、彼が漫画を。
絵が上手いわけでも、原作がいいわけでもない作品ですが、いつか投稿できたらな、と思っています。
そちらの原作、僕の書いた小説も出来次第、このmonochromeのうちの一つとしたいと思っています。

では、そう遠くない未来でまた

Page:1 2 3



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。